動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年12月14日

民家に猫100匹世話できず 多頭飼育崩壊相談増

Yahoo! JAPAN


ふん尿の臭いが立ち込める薄暗い部屋で、いくつもの大きな目が、息を潜めてこちらを見つめる。県内のある一軒家。そこに居た猫の数は約100匹。世話が行き届かない状態の「多頭飼育崩壊」だった。猫の保護団体によると、近年相談が増える傾向にあるといい、不妊手術をするなど適切な世話をするよう求めている。だが家屋内は外から状況が確認しにくいため発見が遅れ、「解決が難しいのが現状」(自治体担当者)だ。

民家に猫100匹世話できず 多頭飼育崩壊相談増
保護団体が用意したケージが置かれた室内=今年9月下旬、県内の民家
近隣から苦情 家主「不妊していれば」
 餌の声を掛けると、「ドドドドドー」という大きな音とともに、台所や2階からも数十匹が集まってきた。痩せ細り、近親交配の影響か病気があるような猫もいる。
 この一軒家は60代男性が1人で暮らしていた。男性によると、両親と住んでいた十数年ほど前に2匹飼い始め、その後「どんどん増えていった」という。床は土のように乾燥したふんや毛がこびりついていた。
 近所からは苦情の声が上がり、住民は「猫が庭を通り風が吹くと臭う。20匹ぐらいいるのだろうか」と迷惑そうに話した。屋内の状況はよく分かっていない様子だった。
 男性は猫が増えすぎ、「病院代や餌代で給料がほとんどなくなることもあった」。仕事が定年を迎えると今後に不安がよぎり、猫の保護に取り組む団体に相談。「NPO法人西濃地域猫の会」(大垣市)と「犬猫みなしご救援隊」(広島市)が協力し、11月中旬まで約3カ月かけて保護した。栄養状態を改善し、犬猫みなしご救援隊が引き取る。
 西濃地域猫の会理事の野村まりさん(46)によると、屋外で飼う猫も含めた「多頭飼育崩壊」の相談は一昨年、昨年はなかったが、今年は3件受けた。「近年、表面化するケースが出てきた」という。
 街中の野良猫に対しては、自治会が餌やりやトイレ掃除などのルールを決めて世話をする「地域猫活動」がある。県動物愛護センター(美濃市)は自治会の依頼を受けて無料で飼い主のいない猫の不妊手術をした後、地域に戻している。
 しかし、屋内は外から状況が確認しにくい。特に飼い主が地域で孤立しているケースでは事態が発覚しないまま猫が増え続ける悪循環に陥ることもあり、行政は対策に頭を抱えている。
 野村さんは「猫が好きなことと、大切にすることとは違う。不幸な猫を増やさないためには不妊手術は必要」と飼い主の責任に言及する。
 男性は「増えないうちに不妊しておけば自分も猫も幸せだった」と後悔を口にした。

岐阜新聞社


posted by しっぽ@にゅうす at 07:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとりぼっちのお母さん 〜繁殖犬だった老犬を引き取った話〜

ネタりか


保健所のホームページを見ていると

この子は載ってから1週間以上もたつのにまだ決まってない…この子より後から載った子はすぐ飼い主が決まるのに…11歳ていう年齢だからかな。そう思いながら、ある老犬の情報が気になって見ていました。
募集期間も迫ってきていたので、問い合わせて見に行ってみることにしました。

保健所のホームページの写真

保健所に行ってみて

保健所から少し離れた、吠えても何をしても誰にも気付かれなさそうな建物の中にその子はいました。
ドアを開けると尻尾を振りながら寄ってきてくれました。個室の中に1人でいるのに、繋がれている為自由には動けず。こんなところに1人ぼっちでいるんだ。そう思いました。

ブリーダー崩壊という現実

ホームページには飼い主のやむを得ない事情と書いてあったので、保健所に来た理由を聞いてみるとブリーダー崩壊でした。私は飼い主が1人で飼っていて、病気したか亡くなったかで飼えなくなったのかなと思っていたので、現実を聞いて驚きました。

歯がない繁殖犬

その子はほとんどの歯がありませんでした。度重なる出産で栄養がそっちに持っていかれたからではないかと。産んでは取られ、産んでは取られ、あげくの果てには保健所行き…。
その子を見ながら話を聞いていると泣いてしまいそうになり、詳しい話はあまり聞けませんでした。

その場では決められず…

放っておけないとは思ったものの、お留守番の時間があるため、その場で飼うかどうかは決められませんでした。母に泣きながら電話をしたところ、「残りの余生少しでも笑って過ごさせてあげられたらいんじゃない?」そう言われ、その子を引き取る決断をしました。

慣れるまで

やはり、慣れるまでは大変でした。ホームページにはお散歩に行くまでトイレは我慢している様子と書いてあったのですが、何回も家の中でおしっこをしていました。老犬ということもあり、そこまで厳しくしつけをしたくなかったので、トイレを覚えてもらうのはそこまで求めていませんでした。

家にきて1ヶ月

家にきて1ヶ月の写真

家の中でおしっこをしなくなりました。すごいな。偉いな。そう思いました。
お座りもできるようになり、名前も覚えてくれました。なついてくれて、仕事から帰ってきたらジャンプして飛び付いて喜んでくれるようにもなりました。

私も最初は若い子が良いと思っていました。

初めて海へ連れていった写真

この子を引き取ってみて思ったのが、老犬も良いなと言うこと。その子のある程度の性格がわかる為、育てやすいと思うし、落ち着いています。

ペットショップの子犬可愛いですよね。でも、老犬にも目を向けてほしい。年だからという理由だけで、誰にも見向きもされない。年だからいらない。悲しすぎませんか?犬は使い捨てじゃないんです。

確かに長生きはしないかもしれません。だけど、老犬には老犬の良さがある。老犬でも可愛いです。
ペットショップへ行く前に、保健所へ行ってみて下さい。どんな所でどんな風に過ごしているのか。

老犬の良さを少しでも知ってもらえ、年だからという理由だけで見向きもされない状況が少しでも無くなってくれたら嬉しいです。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映像】ネグレクトで生涯ペット禁止 英裁判所が怠慢所有者に判決

Yahoo! JAPAN


イングランド中部ウェスト・ミッドランズの裁判所は12月4日、長年にわたって飼い犬の世話を怠ったとして、同地方ウィレンホールに住むポール・パドモア被告(58)に、生涯ペットを飼うことを禁じる判決を言い渡した。
 同被告は、ヨークシャーテリアの「ポピー」を13年も飼っていたにもかかわらず、ブラシをかけたことも、グルーミングに連れていったこともなく、伸び放題のテリアの毛はドレッドヘア状態で、歩行も困難だったという。
 これを知った英国動物虐待防止協会(RSPCA)がパドモア被告を訴え、獣医がポピーの毛を刈ったが、なんと長さが30センチに達しており、刈った毛の重さが2キロもあったという。
 ポピーはRSPCAを介して新しい里親に引き取られたが、その後間もなく脊髄炎症に見舞われ、永眠した。

(イギリス、ウィレンホール、12月11日、映像:SWNS/AFLO)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:46 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネコノミクス2兆円が“不幸な猫”を救う

日刊SPA!


ここ数年、猫関連の産業が絶好調で、空前の“猫ブーム”と言われている。「動物を商売に利用している」との批判も多いが、実はこのブームが不幸な猫を減らすために一役買っていた!!

ねこ「この『ネコノミクス』と呼ばれる経済効果は、関西大学の宮本勝浩名誉教授の試算によると、年間約2.3兆円(’15年)とのことです」と語るのは、「ねこ経済新聞」編集長代理の廣田清さん。

 東京五輪の経済効果が、招致が決まった’13年からの18年間で32.3兆円というから、1年あたり1.8兆円。ネコノミクスは五輪の経済効果も上回っている計算になる。

 しかし、これに対して批判も多い。「動物を商売のネタにしているのではないか」という点だ。だが、「最近は保護猫に注目が集まってきていて、ネコノミクスの恩恵が猫自身に回るものが増えてきました」と廣田さんは語る。

 全国各地に保護猫を飼う猫カフェが増え、里親探しも頻繁に行われるようになった。猫が店長や店員という設定の店、猫と一緒に行うヨガ、猫好き限定の婚活や合コンなど、単なる商売ではなく、保護猫にお金が回るような仕組みが続々とできている。入居者が保護猫の世話をする「猫付き賃貸物件」というものまで登場した。結果的に猫の事故死や病死、殺処分が減ることにつながっている。

 その顕著な例が東京都千代田区で、行政と民間団体の協力により6年連続で猫の殺処分ゼロを継続中だ。全国的にも’12年度の12万匹から’16年度には4.5万匹と、猫の殺処分は激減している。<取材・文/北村土竜>


posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻希美の”愛犬の妊娠”に動物虐待疑惑?無神経すぎる行動に批判殺到

ネタりか


辻希美(30)が、愛犬のクックが自宅での出産を終えたことをSNSで報告した。クックは2匹の赤ちゃんをみごもっていたが、そのうちの1匹は先天性の病により生まれて間もなく息を引き取った。もう1匹は母親となったクックのオッパイを元気いっぱいに探しているとのこと。

 11月末に「この度新しい命を授かりました」とクックの妊娠を明らかにして以来、クックの妊娠生活の様子をことあるごとにブログにアップしてきた辻。コタツで休んでいるクックを強引に写真に収めたり、気になるからと言ってむやみやたらに抱っこしてみたり……愛犬の出産を見守る立場とは思えない責任感のない辻の行動に批判が集まっていた。

 そんなクックが出産を終えたことを辻は12日のインスタグラムで、「今日クックが二頭の赤ちゃんを出産しました。でも、一頭目の赤ちゃんが「腹壁破裂」という先天性の病気で、息をひきとりました。でもクックが諦めずにずっと赤ちゃんを舐めてあげてる姿を見て涙が止まりませんでした」と涙ながらに報告した。

 さらに辻は、「母性って凄いですね 今回のこの出産で私も子ども達も凄く貴重な経験をさせてもらいました。この経験と感動は一生わすれません。天国に行っても家族です。産まれてきてありがとう‼︎ 大好きだよ」と締めくくっている。

 しかし、辻のこうした投稿に一部のファンからは「子供の世話も躾も出来てないのに飼い犬に出産させて仔犬増やすなんて論外」「本当にクックを大切に思うなら、今は絶対妊娠じゃない。妊娠には早すぎるよ。クックがかわいそう」「望まない妊娠を無理矢理させられて、わけのわからないまま出産になって、生まれた赤ちゃんすぐ人間に取られて。クックが可愛そう」など厳しい批判の声が上がっている。

 1歳3ヶ月の子犬を無理やり妊娠させたことや専門知識もないのに自宅での出産にこだわったことなど、今回ばかりは辻へ愛犬家や動物愛護の観点からも批判が殺到している。辻の動物虐待ともとらえかねない非常識な行動に世間の目は厳しい。

文・内村塩次郎


posted by しっぽ@にゅうす at 07:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

猫13匹虐待、元税理士に有罪判決「動物愛護に反する」

朝日新聞


猫13匹を虐待し死傷させたとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士大矢誠被告(52)=さいたま市=に対し、東京地裁は12日、懲役1年10カ月執行猶予4年(求刑懲役1年10カ月)の有罪判決を言い渡した。細谷泰暢裁判官は「動物愛護の精神に反する悪質な犯行だが、税理士を廃業するなど様々な制裁を受けている」と述べた。

 被告は初公判で虐待を始めたきっかけについて、自宅周辺を猫のふんで汚されたり、税理士の仕事が忙しかったときに手をかまれたりして、猫を恨むようになったと述べていた。判決は、猫の駆除方法をインターネットで調べて虐待を繰り返すうち、虐待行為に楽しみを覚えるようになり、動画を公開することが目的化したと認定。「一連の犯行を正当化する余地はない」と断じた。

 判決によると、大矢被告は2016年3月〜17年4月、埼玉県深谷市の空き家で猫9匹に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして死なせたほか、猫4匹にけがをさせた。(長谷文)

posted by しっぽ@にゅうす at 08:32 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が誤飲してしまった!モノ別の対処法と予防策

ネタりか

犬が誤飲してしまった際の対処法

材料を見る犬

1.食べ物を誤食してしまった場合

基本的に犬には人間の食べ物を食べさせてはいけませんが、人間が食べる物の中でも食べて良いものと悪いものに区別されます。代表的な例を挙げると、タマネギやチョコレートなどは、犬にとって毒になるため絶対にダメです。

このような犬にとって毒になってしまう食べ物をもしも誤飲してしまった場合、どのように対処すべきなのでしょうか。

これらの食べてはいけないと言われている食べ物は、中毒症状を起こしてしまう可能性が極めて高いです。そのため、誤飲してしまったら、すぐに病院へ連れて行き、獣医さんに対処してもらうことが大切です。

この際、「何を食べてしまったのか」「どのくらいの量を食べてしまったのか」「誤飲してからどのくらいの時間が経過しているか」を詳しく説明する必要があります。この説明によって、どの程度危険な状態であるか、また処置方法も変わってくるからです。

獣医さんに診てもらう際には、曖昧にせず、この3つの点をきちんと把握しておくよう、心がけておきましょう。

2.飲み物を誤飲してしまった場合

コップに近づく犬

人間の飲み物の中には、食べ物と同じように犬が絶対に口にしてはいけない飲み物が存在します。代表的な例がアルコールです。

アルコールは人間の体内では分解されるため、飲み過ぎなければ毒にはなりません。しかし、犬の場合は体内でアルコールが分解されず、そのまま残ってしまうため、悪影響を及ぼしてしまうのです。最悪の場合、死に至るケースもありますので、要注意です。

では、もしも誤飲してしまった場合、どのように対処すべきなのでしょうか。これは食べ物を誤飲してしまった時と同様に、なるべく早く獣医さんに診てもらう事が大切となります。

特にアルコールの場合は24時間以内に処置することが非常に重要ですので、「もしかして舐めてしまったかもしれない」と少しでも疑うようであれば、すぐに病院へ連れて行きましょう。他にもコーヒーは中毒性が高いため、アルコールと同じように病院へ連れて行きましょう。

3.おもちゃを誤飲してしまった場合

犬用のおもちゃや子ども用のおもちゃなど、特に小さいサイズの物であれば、誤飲してしまう可能性も0ではありません。特に子犬は舐めたり口に入れたりすることで、その物を確かめようとする習性がありますので、注意が必要です。

もしも誤飲してしまった場合は、まずは口の中を覗いてみましょう。多くの場合、犬が自ら吐き出そうとしているため、おもちゃが見えかかっていることがあります。その場合には、手を口の中に差し込み、抜いてあげる方法が最も迅速で正しい方法です。この時、飼い主さんが動揺し、誤って喉の奥へと押し込まないよう注意が必要です。

続いて、後ろ足を抱きかかえるようにして持ち上げ、背中を強めに叩いてあげるという方法が挙げられます。これは赤ちゃんに対しても行われることのある方法です。犬の場合、背中というのは肩甲骨の間の部分を中心に叩いてあげると効果的です。吐き出しそうになったら、口を覗き、先ほどと同じように取り出してあげましょう。

おもちゃ以外にも、食べ物や飲み物ではない固形物は誤飲してしまう恐れが考えられます。特に散歩中などは、飼い主さんが注意してみていないと、飼い主さんが見ていない間に拾い食いしてしまう可能性がありますので、しっかり見ていてあげましょう。

誤飲しないための予防策は?

2匹の子犬

愛犬が誤飲しないために、飼い主さんはどのような予防ができるのでしょうか。

まず食べ物や飲み物に関しては、飼い主さんが見ていないところでは置きっ放しにしないという事が最善です。犬が必ず手の届かない場所に保管し、物理的に物に触れられないようにするのです。隠すだけでは匂いで見つけてしまいますので、しっかり高さのある場所に置いておくようにしましょう。

アルコール瓶などを床に置いておくという人もいると思います。しかし、飼い主さんが見ていない内に倒し、割り、中身を飲んだり舐めたりしてしまうかもしれません。なるべく戸棚の中など、犬が見つけられない場所に片付けておきましょう。

おもちゃに関しては、口の中にすっぽり入ってしまうおもちゃをなるべく選ばないようにしてあげてください。もしも選んでしまった場合には、お留守番中は渡さないなど、飼い主さんの管理下で遊ぶ用にしましょう。

ぬいぐるみも中に綿が入っているので危険です。ぬいぐるみを噛み千切り、中の綿を取り出し、大量に誤飲してしまうと窒息してしまう恐れがあります。留守番中はできるだけ控え、他のおもちゃを渡すようにしましょう。

まとめ

クッキーを見つめる犬

いかがでしたでしょうか。食べ物や飲み物だけでなく、おもちゃによる窒息も可能性が0ではありません。最後に紹介したような予防策を実践し、なるべく誤飲しないよう努めていきましょう。

もしも誤飲してしまった場合には、食べ物や飲み物であれば獣医さんへ、おもちゃであれば紹介したような対処法を実践してください。おもちゃが取り出せない場合には、すぐに獣医さんに電話で相談しましょう。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする