動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年08月07日

狂犬病、台湾で野生動物の感染例39件に、台中市など7県・市で

新華新聞
36-36.jpg


50年以上、狂犬病の感染がないとされてきた台湾でこのところ、野生動物の感染例が相次ぎ、感染地域が広がっている。現地の狂犬病対策センターは4日、7県・市、25地域でイタチアナグマの感染が38件、ジャコウネズミの感染が1件確認されたと発表した。京華時報が5日伝えた。

これまでに感染が確認されたのは台中市、雲林県、嘉義県、台南市、高雄市、南投県、台東県の25地域で、イタチアナグマが主体だ。

嘉義県や南投県では阿里山、清境農場などの観光地に「狂犬病の感染拡大を防ぐため、ペットを持ち込まないでください」といった表示がされている。

イタチアナグマは標高1000メートル以下の草むらなどに住むイタチ科の動物で、果物や昆虫、小動物を食べる。この動物でなぜ狂犬病感染が多く確認されているのかはまだ分かっていない。

(編集翻訳 恩田有紀)





タグ:狂犬病 海外
posted by しっぽ@にゅうす at 22:36 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんな小さな箱に・・・。猫が箱好きなのはなぜ?

マイナビニュース

01.jpg

箱を見ると、うずうず入りたそうにする子。飛び込んで格闘する子。まったり気持ちよさそうに眠る子。どんなに小さな箱であろうと、箱があれば入るのだという子。猫は箱が大好きなようです。なぜ箱を見ると、猫は何かせずにいられなくなってしまうのでしょうか。

獲物もとれるし、敵からも見つからないし

野生の猫は、獲物を狙うときに木や茂みに隠れて、獲物を狙っていたのだとか。また木のうろや茂みは、獲物を狙えるのと同時に、自分が外敵から狙われにくい場所でもあります。猫が隠れやすい箱に入りたがるのは、そんな狩りの習性からくる、本能的な理由が大きいようです。

独りになりたい時に入る子も

「ちょっと独りにしておいて」という時、箱に入る猫もいるようです。猫は基本的に単独生活を営む動物。しっかり自分をガードしてくれる箱の中で、誰にも邪魔されずにゆっくり休みたいのです。そんな猫にとっての箱は、大事なパーソナルスペース。独り好きな子が箱に入ったら、邪魔せずゆっくり休ませてあげましょう。

中に何が入ってるのか、確かめたい

猫が獲物としていた動物は、小さな穴や木のくぼみを巣にしているネズミや鳥など。小動物の巣を思わせる箱は、本能的にのぞいたり掘ったりしてみたくなるようです。しかし何もないことを確認すると、自分の寝床にしちゃいます。

箱っぽいもので、猫が好きなもの

・スリッパ…手や足をつっこんだり、頭だけつっこんだりします。
・ビニール袋…ほぼ、箱と同じ使い方。
・タンスのすきま…暗闇から、こっちを見る目がらんらんと光っていたりします。
・引き出し…入ってるのに気付かず、閉じないように要注意。
・かばん…持った時にやけに重かったら、中身を要チェック。
・こたつ…箱に引けを取らない、猫に大人気の場所です。



タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 22:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣医さん直伝!悪い子になってしまう犬のNG飼育法3つ

NEWSポストセブン
204142_20130802himeno-100x150.jpg 犬は最もポピュラーなペットですよね。しかし、犬と一緒に生活していると、自分の飼っている犬が世界で一番可愛いと思ってしまい、しつけも甘くなりがちです。しつけのなっていない犬は多くの人に迷惑をかけてしまいます。そこで、犬のNGしつけ法について、田柄動物病院の獣医師、池田丞さんにうかがいました。

■1:一緒の布団で寝ない

寝室をともにし、中には一緒にベッドに入るという飼い主さんも増えています。

そのような行為は飼い主と犬が対等か、場合によっては犬の方が優位という立場を作ってしまいます。飼い主さんに対する依存が強すぎるようになる、命令を聞かなくなるなど、しつけが行き届かない犬になってしまいます。

また、ペットホテルに預ける際などにケージに入れられるのを嫌うようになり、長期の預かりを断られる場合もあるかもしれません。なるべく人間と犬の寝室は分けましょう。


■2:散歩の際に先導させない

犬を散歩に連れて行くとき、犬がリードを引っ張り、道を先導して進む方向を犬自身が決めているというのを良く見かけます。これは「俺がこっちに行きたいのだから飼い主よ、ついてこい!」ということになります。

犬が主導権を持ち強い立場にあるので、こういう子はなかなか人の言うことを聞きにくくなります。なるべく子犬の時期に人間が主導権を取り、散歩も犬が引っ張るのではなく人間について歩くようにしたいものです。


■3:「うちの犬は咬まないから大丈夫!」と思い込まない

池田さんは「うちの犬は咬まないから大丈夫!」という言葉をよく聞くそうです。しかし、飼い主からそう言われながら咬まれた経験のある獣医は、おそらくほぼ全員とのこと。

また、犬が他の人に近づいた際にも同じことをよく言いますが、この世の人たちは全員が犬好きとも限りません。嫌いだけではなく怖いという方もいます。

どんなに小さくとも可愛くとも吠えなくても、苦手な方にとっては犬というだけで怖いのです。出会った相手が犬に対して好意があるかどうか見極めるのも飼い主さんの義務です。

犬を飼うならば、可愛がるだけでなくきちんとしたしつけも重要です。しつけも愛情のうちとして、しっかりとした良い子に育ててくださいね。



タグ:飼育法
posted by しっぽ@にゅうす at 22:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫「が」参加するボランティア活動があるって知ってる?

マイナビニュース
001.jpg


今、日本だけではなく世界中で様々なボランティア活動が盛んです。その中で、猫「が」参加するボランティア活動があることをご存知でしょうか?

AAA…Animal Assisted Activity

AAAは、Animal Assisted Activityの略称で、一般的に動物介在活動と訳されることが多いです。猫や犬などの動物と触れ合う福祉活動のことで、彼らを施設などに連れていき、そこに住む人々を癒やすことが目的です。

AAE…Animal Assisted Education

AAEは、Animal Assisted Educationの略で、動物介在教育と訳されます。ボランティア団体が、犬や猫を連れて学校などの教育の場を訪問します。また、学校の中でウサギやニワトリなどの動物を飼育することもAAEの一環となります。命の尊さを子供たちに知ってもらうとともに、彼らの情操教育にも役立つ活動です。

AAT…Animal Assisted Therapy

AATとは、Animal Assisted Therapyの略です。動物介在療法と訳されます。主にアメリカで行われている心理療法で、患者さんのリハビリのサポートをします。

動物が参加するボランティア活動といえば、犬を最初に思い浮かべる人も多いかもしれません。確かに猫はしっかりと訓練することが難しい動物かもしれませんが、その猫の性格次第で、きちんと参加を果たすことができます。

前述の活動に参加する際は、猫がワクチン接種をしていること、24時間以内にシャンプーを済ませていることなどが条件となります。



posted by しっぽ@にゅうす at 22:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤崎奈々子さんと孔明、劉備 年に1度は「犬診」長生きしてね!

中日新聞
★スムースコートチワワ(オス 13歳)
★ロングコートチワワ(オス 12歳)
PK2013080602100137_size0.jpg テレビや雑誌で活躍する藤崎奈々子さんのペットはチワワ。スムースコートの孔明(こうめい)とロングコートの劉備(りゅうび)。ペットには珍しい名前だが…。

 「孔明と出会う前に、全六十巻の漫画『三国志』を読んでいたので、この子も賢くなればいいなと思って名付けました。四カ月後にもう一匹迎えたとき、諸葛孔明といえばやはり劉備玄徳ですから…」

 孔明が来たのは十三年前。まだ生後二カ月に満たない小さい犬をペットショップで求めた。あまりに小さいうちに親から引き離されたためか、孔明は自分だけで留守番ができなかった。藤崎さんが外出すると、甲高い声で鳴き叫ぶようになってしまった。

 「これではマンションで飼えないので、たくさんの本を読み、解決策を考えました。そして友達をつくれば収まるかもしれないと思い、劉備を迎えたのです」

 二匹はすぐに仲良くなり、孔明の無駄吠(ぼ)えもなくなった。毎朝起きると、互いになめ合って毛づくろいし、まさに「水魚の交わり」のごとく、仲良く暮らしてきた。そしてあっという間に十年の歳月が経過した。

 「でも、寿命というものを考えたとき怖くなりました。そこで十歳を超えたときから、年に一回はドッグドックを受けさせているんです」

 その甲斐(かい)あって、一昨年、劉備の脾臓(ひぞう)に見つかった腫瘍の治療も完了した。

 「悪性だったら死んでしまうと言われたときは食事も喉を通らないほど、不安になり、涙が出ました。いろいろな神社に行ったり、お祈りをしたり…。結局、腫瘍は良性だったので安心しましたが、もし気づかずに放置していたら、やがては破裂して死んでしまうと聞きました」

 脾臓を切除し、獣医師からは「もう大丈夫。長生きできる」というお墨付きまでもらったという。

 「今年も春に受診しましたが、白内障などの症状はあるものの、二匹とも元気な方ですと言われ、一安心です」

 健康管理にはできる限りのことをしている。愛犬のご飯の手作りも。「私、自分のためには料理しないのに、犬のためにはできるんです」

 ところが、予想外のことが起きた。「野菜やチキンを何時間も煮て、味付けはせずにオリーブ油を使ったのですが、二匹がどんどん痩せていってしまって…」

 その激やせぶりは獣医師からも驚かれたほど。「先生からは、ドッグフードの方が栄養バランスが優れているといわれ、手作りフードは中止。結局、自分でスープにして食べました」

 そんな藤崎さんを見つめる孔明と劉備の穏やかな表情が印象的だった。(文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)

 ふじさき・ななこ タレント。テレビ東京の情報番組「7スタLIVE」に準レギュラー出演。2013年に整理収納アドバイザー1級、ナチュラルダイエットマイスターの資格を取得。



タグ:ペット 健康
posted by しっぽ@にゅうす at 22:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。