動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年08月31日

奈良県:奈良市、犬猫殺処分車の処分を検討、県への委託で不要に

奈良の声
奈良市保健所の車庫に待機している移動式処分装置を積んだトラック
=2011年4月、同市三条本町(ナンバーは消しています)
20130222_narasi_idousiki_satushobunsha.jpg 奈良市保健所が、車に犬猫の殺処分装置を積んだ移動式処分装置の処分を検討している。ことし4月、殺処分を県桜井保健所動物愛護センターに委託し、装置が不要になったためだ。

 炭酸ガスを使って殺処分を行う装置を、トラックの荷台部分に積んだもので、2008年、4777万円5000円で購入された。市保健所は11年4月、同市西木辻町から現在の三条本町に新築移転したが、近隣住民が施設内での殺処分に抵抗したため、移動式の殺処分は継続された。

  市保健所生活衛生課は不要になった処分装置について、「今後、市として使う予定はない。資産価値があるものであり、どう処分するか検討中」とする。売却処分する場合、市の条例は、2000万円以上の値段が付く動産について、市議会の議決が必要としている。提案の時期は、次の12月定例議会が考えられるという。

 ただ、同課によると、移動式処分装置を必要とする特殊な事情のある自治体はなく、大抵は自前で処分施設を持っているといい、装置が使われる見込みがなければ、トラックを除いて廃棄の可能性もあるとした。

 移動しながら犬猫の殺処分を行う方法に対しては、動物愛護に反すると批判の声もある。処分装置の使用に反対している人は「奈良市は、装置がまた動物の殺処分に使われることのないようにしてほしい」としている。





タグ:殺処分
posted by しっぽ@にゅうす at 22:22 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、猫は猫嫌いの人に近づくのか?

産経ニュース
猫のいる家庭を数人で訪問した際、なぜか猫は、猫が苦手な人に近寄っていくことがあります。その人にしてみれば迷惑かもしれませんが、足元にすり寄ったり、膝の上に乗ろうとしたりすることもあります。

 猫があまのじゃくだからこのようなことをするのでしょうか? そうではありません。家の玄関を開けた場面から想像してみてください。猫好きの人は猫をじっと見つめ、人によっては「かわいい!」と叫びながら抱っこしようとしたり、写真を撮ったりしようとするでしょう。

 猫は人見知りで、慎重な動物です。じっと見つめられると威嚇されているように感じ、知らない人に声を掛けられたり、なでられたりするのが苦手です。むしろ、自分を無視して知らんぷりをしている人に安心して近づき、敵でないことを十分調べた後で挨拶してみるのです。猫が苦手な人も訪問先の家族の前で、あからさまに追い払うわけにもいかず、我慢しているうちにますます猫が近寄ってくるというわけです。

 ですから、猫に近づいてほしくないなら、自ら猫に近寄っていけば逃げていくかもしれません。逆に仲良くなるためには猫のことは気づかないふりをしてみましょう。好奇心旺盛な猫であれば、家族とリラックスして過ごしている来客がどのような人か調べに来るはずです。怖い人でないと分かったら猫の方から挨拶するでしょう。

 ちなみに、男性が苦手な猫が多いといわれています。これは、猫にとって、男性の太く低い声より女性の声の方が心地よく感じるためです。猫派の男性は高めの声でやさしく話し掛ければ、初めての猫でも仲良くなれるかもしれません。(アニコム損保 獣医師 井上舞)



posted by しっぽ@にゅうす at 22:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母猫が様々な柄の子猫を生むことができるワケ

マイナビニュース
01.jpg


突然だが、「一回の出産で生んだ子猫の最多記録」をご存知だろうか? 1970年に、イギリスのオックスフォードシャーで4歳になる猫が19匹の子供を産み、ギネスに認定されている。ただし、このうち4匹は残念ながら死産であった。

猫は一回のお産で何匹かの子猫をうむ。しかし、その子猫の模様は母猫とは似つかない模様の子猫ばかりだったりすることがある。猫はなぜ、姿かたちが異なる子猫を生むことができるのだろうか?

父親が複数いるから

その理由は実に単純で、母猫が複数のオス猫と交尾したからである。場合によっては、子猫の柄の数だけ父親がいるというわけなのだ。この現象は、過妊娠と呼ばれることもある。

家猫の方によく見られる現象

こうした現象は、実は家猫の方によく見られることが多い。野生の猫の場合、そのテリトリーが広すぎて、メス猫が発情したとしてもオスが近寄ってくる可能性が低くなってしまうためだ。

特定のオスとだけ交尾するメス猫も

場合によっては、特定のオス猫とだけ交尾をするメス猫もいる。しかしながら、自然界の中でそうしたメス猫がいることは実に稀なことなのである。



タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 21:57 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこに穴があるから。とにかく潜りたい猫にゃんたちのスーパーカット動画

KOTAKU
130827ktcatinbox.jpg

猫と美女は世界共通だとかどうとか。

いつか猫が「鍋の中入ってやったぜ!」とツイートする日が来るんじゃないかなと思わなくもないこの頃。どうして彼奴らは狭いところに入りたがるんでしょうね。本能なのか悪ノリなのか。こんなに可愛いなら許しちゃうけどね!

そんな彼奴(キャッツ)らの勇猛果敢な姿、今こそ一挙にご覧じろ!
 


ん、猫以外もいる? なぁに、潜り込みたい気持ちに種の隔たりなど無いのだよ。

こうした狭いところに入り込むのは野生の本能らしいのですが、もしかしたら人間もそうなのかもしれませんね。落ち着くから冷蔵庫とか洗米機とかに入るんじゃないんですか? 良い子は押し入れで我慢です。

どう考えても小さな箱に「諦めるな! 諦めたらそこで終わりだ!」という気概で突っ込んでいく彼奴らのハングリー精神は、我々ホモサピエンスも見習わねばならないと思います。







タグ:動画
posted by しっぽ@にゅうす at 21:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。