動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年04月05日

犬はお花見を楽しめるか?

産経ニュース

日本人の大多数が桜を好み、昔も今も街をピンク色に彩る桜の花は特別な存在です。ワンちゃんは桜の彩りを、どう感じているのでしょうか。

 犬の視覚能力を正確に把握することは難しいですが、いくつかのことが分かっています。例えば、視力は人の3分の1程度しかないといわれています。しかし、動くものであれば1キロ以上先まで認知できたという報告もあり、動く物を認知する能力は高いようです。

 また、感受できる光の波長範囲が人よりも狭いため、色を識別することが苦手です。ある研究では、犬は主に青と黄色の2色で認識していると報告され、人にとっての紫は青に、赤や黄緑は黄色に見えていると考えられています。つまり、ナスは青く見え、トマトは黄色く見えているということになります。なんだか奇妙な世界ですね。

 では、ピンクの桜はどうでしょう? 本当のところは犬に聞いてみないと分かりませんが、光の波長から推測すると、ピンク色は淡い黄色のように見えている可能性があります。

 このように視覚に関して優れているとは言い難い犬ですが、ご存じのとおり、嗅覚は抜群に優れており、その能力は人の100万〜1億倍と考えられています。

 人には視覚が重要であることと同様に、犬にとっては嗅覚が重要なのですね。犬は、私たちと同じようにピンク色の桜を楽しむことはないようです。しかし、もしかすると私たちには分からない桜の香りを嗅ぎ分けて、ひそかに『お花見』ならぬ『お花嗅ぎ』をして楽しんでいるのかもしれませんね。(アニコム損保 獣医師 小川篤志)


タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

処分前に保護、セラピー犬に 中農生が訓練

沖縄タイムス


【うるま】中部農林高校の熱帯資源科の生徒が、動物愛護管理センターに保護された殺処分間近の犬を引き取り、人の治療やリハビリで活躍するセラピー犬を育てている。昨年4月に引き取った犬は「ひまわり」と名付けられ、約1年間の訓練の末、今年2月にセラピー犬の認定試験に合格。生徒はひまわりを連れて小中学校へ出向き、ペットを飼う責任や命の大切さを呼び掛けている。(松田麗香)

 中心メンバーは、セラピー犬を育成する部活動「動物介在活動チーム」の8人。飼育する動物は教材として県費で買うことが決まっており、これまでは「セラピー犬の資質がある」とされる血統書付きの犬を買って育てていた。

 保護された犬を育て始めたのは、地域の産業まつりでセラピー犬の触れ合い体験を開いた際、客に「殺処分される犬はたくさんいるのに血統書付きを買っている」と指摘されたのがきっかけ。「動物愛護を考えてもらうきっかけにしたい」と2012年8月から活動を始めた。

 犬を保護する動物愛護管理センターは、規則で複数の犬を飼育する相手に譲渡していないが、校内で飼育する目的や犬舎、飼育する犬の犬種などをまとめた嘆願書を受け、特例として生後約2カ月の雑種(ひまわり)を譲った。

 初めは警戒心が強く人にほえることも多かったが、学校で多くの人と触れ合う中で人懐っこい犬に成長。認定試験は100点満点中96点を取る優秀な成績で合格した。

 メンバーの一人で3月に同校を卒業した西村藍海さん(18)は「保護犬の引き取り先になるのではなく、人のパートナーとして犬の可能性や魅力を伝えるのが目的」と話す。

 現在、その思いを下級生らが引き継ぎ、ひまわりやほかの犬と一緒に学校などを訪問。さらに、活動をより広く知らせようとヒマワリの花を栽培し、地域に配る計画だ。


posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬も高齢化進み死因1位は癌 犬の癌治療について名医が解説

NEWSポストセブン


犬は昔から私たちの生活に癒やしや和みを与えてくれる存在だが、核家族化が進む現代では、大切な「家族の一員」に注がれる愛情は格段に深くなり、それに伴い、獣医療の世界も劇的に進化している。3月19日に発売された『犬の名医さん100人データブック』(小学館)編集部の完全協力のもと、犬の名医と最新治療を紹介しよう。
 人間と同じで、犬の世界でも高齢化が進んでいる。それに伴い、死因の第1位へと急増したのが、がんだ。麻布大学附属動物病院の信田卓男准教授が語る。
「数年前まで11歳前後だった日本の犬の寿命が、今は13歳を超えています。犬の2年は人間でいうと10年くらい。長生きすれば、当然がんを発症する可能性は高くなりますし、人間よりもがんの進行も早いのです」
 信田准教授は、20年以上前から、がんの診断治療の重要性を見抜き、日本で初めて獣医療における腫瘍科を立ち上げた、「犬のがん治療」のパイオニアである。
「麻布大学では約7000例の様々な症状を診てきました。例えば、直腸の温存が難しい直腸がんでは、日本で初めて行なった『直腸粘膜引き抜き術』で、全摘をやらなくてすむケースも増えています」(信田氏。以下「」内同)
 治療方針は、信頼性があり、オーソドックスな治療を安全確実に行なうこと。そのために最新の機材も用意している。
「放射線治療では、人間も使うリニアックという機械を使います。様々ながんの形に合わせて立体的にピンポイントで放射線を照射することができ、患畜への負担も少なくてすみます」
 また、いち早く検診センターも立ち上げ、早期発見、早期治療にも努めてきた。
「がんの疾患は6歳くらいから増えてきます。8歳を超えたら年1回、10歳を超えたら年2回は検診をしてほしい。飼い主さんがワンちゃんのお腹を撫でたりしたときに、犬のがんで多い乳腺腫瘍を見つけることなどはよくあります。日頃からワンちゃんのことをよく観察してほしいですね」
 100%治るとは言い切れないのが、がんという病気。現在は緩和ケアにも力を入れているという名医を頼る飼い主は多い。
※週刊ポスト2014年4月18日号


タグ:高齢化 健康
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショッピングモールに保護犬の譲渡センターが誕生

マイナビニュース

保護犬の里親探しや犬の殺処分ゼロに取り組むピースウィンズ・ジャパンは、4月1日に広島県広島市西区のショッピングモール「広島マリーナホップ」内に、保護犬と新しい飼い主の出会いの場となる譲渡センターをオープンした。

保護犬は常時5〜10頭を公開

同団体は、災害救助犬やセラピー犬の育成、ドッグランやドッグホテルの運営とともに、捨て犬や迷い犬の保護・譲渡活動も行っている。これまで215頭を保護し、77頭の譲渡・返還を実現した。2013年9月20日からは、広島県が犬・猫殺処分数全国ワースト(2011年度)を記録したことを受け、同県の犬殺処分をゼロにする「1000日計画」にも挑戦している。


気になる犬がいたら、小屋の外に出してふれあうこともできる
譲渡センターは、より多くの人に保護犬を見る機会を設けるとともに、犬と里親の「縁結び」を進めるために開設した。民間団体が、商業施設内に保護犬の譲渡センターを常設することは全国的にも珍しい事例であるという。

センターで常時公開する保護犬は、同団体が現在保護する130頭(3月27日現在)のうち、5〜10頭。スタッフが日常の世話をしながら、里親希望者に保護犬の特徴や性格などを紹介する。あわせて、正しい犬の飼い方を啓発する場としても活用していくという。

希望する犬と出会えた場合、保護犬の引渡しは、事前調査票を記入し、スタッフによる家庭訪問を経てからになる。また、譲渡までの飼育・医療費の一部として、譲渡の際に1万5,000円が必要。

「ピースワンコ・ジャパン広島譲渡センター」は、ショッピングモール「広島マリーナホップ」内。営業時間は、10時〜20時(無休)。



posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする