動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年04月16日

犬の殺処分、9年で30分の1に減った政令市

読売オンライン


札幌市動物管理センターは、2013年度に殺処分した犬が8匹、猫が764匹でいずれも統計のある1972年度以降で最少だったと発表した。

 同センターは「動物愛護の精神が浸透してきて、飼育を放棄して持ち込む飼い主が減り、引き取る人も増えてきたため」と分析している。

 犬、猫の収容件数は減少傾向にある。犬は04年度766匹だったが、13年度は344匹。飼い主からの持ち込みは、04年度の298匹から13年度は119匹に減った。猫も毎年2000匹以上を収容していたが、12年度は1817匹、13年度は1607匹に。これに伴い殺処分も、04年度の犬249匹、猫2406匹から大幅に減少している。

 近年は、持ち込んできた飼い主に「まずは引き取り手を探してほしい」と依頼するようにしており、効果が表れてきた格好だ。引き取る人も増え、譲渡の割合は、犬が04年度の34・3%から13年度は59・3%、猫も5・3%から41・5%になった。引き取り手が現れやすいように、以前は1週間程度だった収容期間を1か月以上にして、09年度からはホームページに画像を掲載する取り組みも行っている。

 また、12年度からは、同センター福移支所(北区篠路町福移)で窓口を土曜日に開く試みを始めた。この窓口で引き取られた犬猫は同年度45匹、13年度は78匹と増加している。14年度も11月までの第2、第4土曜日に窓口を開設。「祝日も開いてほしい」という要望が多かったため、7月21日の海の日にも開く。同センターは「殺処分ゼロを目指す」としている。

 土曜日の窓口開設は午前10時から正午まで。引き取りには身分証明書やケージ、犬の場合は登録手数料3200円が必要。問い合わせは福移支所(011・791・1811)へ。




posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」 ロゴマーク募集中 

WPN


環境省は現在、人と動物の共生する社会の実現を目指す「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」の推進を図るため、ロゴマークを募集している。

 「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」は、犬と猫の殺処分を減らし、最終的にゼロにすることを目指すための具体的な対策について検討を行い、人と動物の共生する社会の実現を目指す目的で、同省が昨年11月に立ち上げた。

 同プロジェクトでは立ち上げ以来、殺処分ゼロを目指し活動を行っている個人や団体などにヒアリングを行ってきたが、今年6月の環境月間に合わせ、検討中の具体的な対策をアクションプランとして公表する予定だ。

 それに先立ち募集しているロゴマークは、同プロジェクト、プランに賛同する国民、事業者、行政などが一体感をもって、その取り組みを展開するために使用するものだそうで、絵柄は自由だが、一例として「人と動物の共生する社会を表現するもの」「犬・猫と人間との幸せな暮らしをイメージできるもの」などがあげられている。

 応募作品はメールもしくは郵送で受けつけており、応募期間は2014年4月9日(水)から5月7日(水)まで。採用された作品の応募者1名には、図書カード5万円分が贈られる。詳細は、同省発表の募集要綱を参照してほしい。


タグ:環境省
posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「わんわんランド」 老犬介護ホーム、来月から

日本経済新聞


犬と猫のテーマパーク事業などを手掛けるわんわんランド(茨城県つくば市)は、老犬の介護ホーム事業に乗り出す。ペットの寿命が延び、痴ほう症で夜鳴きが収まらず近隣に迷惑をかけたり、寝たきりになったりするケースが増えると同時に、飼い主の高齢化も進んでいることに対応する。茨城県は犬の殺処分件数が国内最多で、同社の取り組みが現状の改善につながるかどうかが注目される。

5月12日にオープンする老犬介護ホーム「ひまわり」
画像の拡大
5月12日にオープンする老犬介護ホーム「ひまわり」
老犬はペット医療の進歩などで増えている
画像の拡大
老犬はペット医療の進歩などで増えている
床ずれができなように、寝返りをうたせる
画像の拡大
床ずれができなように、寝返りをうたせる
 5月12日、同社が経営するテーマパーク「つくばわんわんランド」の敷地内に大規模老犬介護ホーム「ひまわり」をオープンする。ホームの犬舎の面積は約257平方メートルで、冷暖房完備の部屋が8部屋(6畳〜8畳)ある。痴ほう症状が出た老犬は、多くの犬と一緒に介護すると症状の進行が遅くなるとの報告もある。このため、個室と何匹かを集める部屋の両方を設ける。

 寝たきりの犬は体の向きを定期的に変えてやり、床ずれができないようにする。年をとって消化・吸収が衰えた犬には専用のエサをあげるなどのサービスも提供。入居後の健康もきめ細かく管理し、同じ敷地内にある系列の動物病院で急な病気にも対応する。

 介護サービスには1年ごとの契約と終生契約の2種類を設定。1年契約の場合、小型犬で1カ月4万円。

 茨城県は犬の殺処分件数が8年連続ワースト1になるという不名誉な記録がある。飼い主から「愛犬を引き取ってほしい」と茨城県動物指導センター(笠間市)に持ち込まれた件数も全国で2番目に多い。

 県では理由の一つに「飼い主が高齢で介護施設に入らなければならなくなったが、ペットを連れて行けず、家族や知人も引き取ってくれないというケースが増えている気がする」ことを挙げる。だが2013年9月、改正動物愛護管理法が施行され、都道府県などは飼い主から犬や猫を引き取ってほしいと依頼された場合も拒否できるようになった。こうした動きも、同社の老犬介護ホーム進出決断のきっかけになったという。

 老犬介護ホームを巡っては一部から「安易に入居させる風潮が生まれればペットのうば捨て山のようになりかねない」という懸念が出ることも予想される。だが、東郷治久社長は「地域社会で暮らすペットと飼い主に貢献したい」と語っており、将来は県内外へビジネスを拡大することも検討している。


タグ:老犬ホーム
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「犬に好かれる人」が持つ共通点

livedoorニュース

犬に好かれる人は何がちがうの?「近寄ってくるまで何もしない」「手元を見せながら触る」

犬に好かれたいと思うなら、自分から近寄ってくるまで何も行動を起こさないようにしましょう。特にいきなり頭をなでるのはNG! 下あごなど、犬に手元を見せながら触ってあげると安心します。犬は興奮して飛びかかったり動き回ったりしても、慌てずゆったりした態度で受け止めてくれる人になつくそう。また、犬との関係を人間同士と同じように考えることが信頼関係を築くためのポイントです。
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のがん 命を続けるだけなくどう終えるかに目を向けるべき

アメーバニュース



ペットの病気をどう治療していくのか、ということは飼い主にとって大きな問題だ。がんと診断されてしまう犬も少なくないが、そんなときどうすべきなのか? 特に考えなくてはいけないのが犬の「がん」だ。

 がん=死と、悲観するのはやめたほうがいい、と麻布大学附属動物病院(東京)・腫瘍科主任研修医の川村裕子さん。

「命をどうしたら続けられるかにこだわるだけでなく、どう終えるかということにも目を向けてみたらいいと思うんです。延命を選んだ場合は、長く生きられるかもしれないけど、チューブをつけられて、横たわっていなければなりません。一方、治らなくてもいろいろな治療方法で痛みを取り除いてあげれば、死ぬ前日まで自分で食事をとり、散歩をすることができる場合がある。

 生活の質を落とさずに、そうした状態を続けられれば、“長くよく生きた”といえるのではないでしょうか」



タグ:健康
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。