動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年04月24日

土佐犬が女性襲い溺死 綱を放した飼い主を逮捕

苫小牧民報社


2月下旬に白老町竹浦の海岸で、凶暴性のある土佐犬2匹をひも(リード)でつなぐなどの注意義務を怠っていたため、散歩中の女性を襲い、死に追いやったとして苫小牧署は23日、飼い主で同町の無職、佐治清容疑者(65)を重傷過失致死の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2月26日午前、同町竹浦の河川敷海岸で大型の土佐犬を散歩させていて、周囲を十分に確認せずに犬をつなぐ綱を手放し、その犬が付近を散歩をしていた同町竹浦の無職、橋場トミ子さん(当時59歳)に襲い掛かり、転倒させて溺死させた疑い。

 同署などによると、同日、海岸沿いで橋場さんが遺体の状態で発見。死因は溺死だったが、遺体に動物がかみついたような多数の跡や佐治容疑者の供述に矛盾があったことなどから、引き続き捜査を進めていた。一般的に土佐犬は凶暴性があるため、リードでつなぐなどの注意義務が必要だったにもかかわらず、リードを付ける処置をせずに放し飼いしている―との情報もあった。

 同署のその後の調べで、橋場さんは波打ち際で土佐犬に襲われ、溺死に至った疑いがあると判断したとみられる。佐治容疑者は「叫び声が聞こえ、見に行くと、犬が女性を襲っていた」と供述しており、「間違いありません」とおおむね容疑を認めているという。同署によると、土佐犬は2匹とも雄で体長約110センチ、体重約50キロ。3月上旬に苫小牧保健所で殺処分されている。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都・吉祥寺に可愛い猫が大集合! -猫の譲渡会開催

マイナビニュース


東京都武蔵野市を中心に、市と協働で活動する地域猫の会「むさしの地域猫の会」は、5月18日に吉祥寺カフェフレンズ(吉祥寺駅北口から徒歩6分)にて、猫の譲渡会を開催する。

むさしの地域猫の会とは

むさしの地域猫の会は2006年9月に発足。ボランティアと武蔵野市環境政策課との協働で、猫によるトラブルをなくし、人と猫が快適に共存できる街づくりを目標にしている。具体的な活動としては、飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の助成、飼い主のいない猫のTNR(一時保護・不妊去勢手術・リターン)活動、里親募集、飼い猫の適正飼育の普及など。

譲渡会にはたくさんの猫たちが参加

今回開催する譲渡会には、子猫から大人の猫までたくさんの猫たちが参加する。実際に猫を見てから判断できるため、猫を飼いたいと思っている人や飼育を迷っている人もぜひ参加を、と同会は呼びかけている。猫を飼育するのが初めての人には、スタッフがアドバイスを行う。譲渡後も、疑問や不安な点の相談にも応じている。

同会は、今回の譲渡会は猫と里親の「お見合い」と位置づけている。実際に猫と会ってみて、気に入った猫がいた場合、連絡先などを記入したエントリー用紙を提出。後日、スタッフと里親希望者が面談の上で、問題がないと判断した場合に、猫と生活する「お試し期間」に入る。猫が正式に譲渡されるのは、お試し期間が無事終了してから。

なお、同会では家族構成や、ペット飼育の状況、アパート住まい等の場合は猫の飼育が許可されているかどうかなど、猫が安心して飼育できる環境かどうか確認する質問を行う。ペット不可の物件に居住している場合は、ペット可の物件への引っ越しが決まっている場合などを除き、譲渡は行っていない。

譲渡会の開催時間は13時〜15時まで。会場は、吉祥寺駅北口から徒歩6分の場所にある吉祥寺カフェレンズ(武蔵野市吉祥寺東町1-4-24)。


posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは何位? 猫による家族の順位付け

マイナビニュース


猫は単独行動が多いため、ボス以外の順位はあまりつけない子が多いとか。しかし一緒に家族で暮らしていると、同等目線で見ている人、ボスと慕っている人、足蹴(あしげ)にしている人で対応を分けているように見えることも多いもの。一体猫は、家族をどう順位づけているのでしょうか。

■猫が道を譲ってくれたら、猫よりも上の立場だということ

猫の世界では、道端で猫同士が出会った時、弱い猫が道を譲ることが多いのだそうです。もしも廊下で猫とばったり出くわした時に、猫に道を譲ってもらえたなら、あなたは猫よりも立場が上だということかもしれません。しかし猫が行く手を阻み、どんと腰を据えて道をふさぐようなら、あなたよりも上の立場だと思っているかも?

■自分よりも、いつも高い位置にいるなら「私の方が上」というアピール

猫は猫同士のケンカを防ぐために、「自分の方が上だ」とアピールする行動を見せることがあります。そのひとつが、高い位置に座るというもの。もしも猫が常に上の位置にいて、自分を見下ろしていることが多いなら、猫が「自分の方が上だ」とアピールしているのかもしれません。

■猫が甘えてくることが多いなら親子、放っとかれることが多いなら兄弟

飼い猫の場合、社会化期と呼ばれる周囲とのコミュニケーションを学ぶ時期に、人間との関係を「親子」のものと認識する猫も多く、ふみふみしたり、お乳を吸ったりする子猫特有の行動が、大人になっても抜けないことがあります。もし子猫のような甘える行動を、自分に対して頻繁に行ってくるなら、猫にとってあなたは「お母さん」です。

一方、何もせず猫から放っておかれることが多いなら、猫はあなたのことを自分と対等な立場、兄弟的な存在だと思っている可能性が高くなります。

■猫に嫌われているのは、上下関係が原因じゃないことも

家族の中で、猫から特に意味もなく嫌われてしまう人が出てくることがあります。これは上下関係が理由ではなく、猫にとって、その人とのイヤな思い出が原因であることが多いようです。猫から近づくことを拒否される時は、自分の行動で猫の逆鱗(げきりん)に触れる行動がないかを、もう一度見直してみたほうがよいかもしれません。

猫が家族を順位づけする場合、多くは「ボス」「お母さん」になる存在だけを自分の上だと順位づけし、それ以外は対等、もしくは嫌いな人と分けることが多いようです。もしも猫にどう思われているか知りたいなら、普段の行動をじっと確認してみてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐犬襲撃:被害女性を助けず帰宅 逮捕の飼い主供述

毎日新聞

北海道白老(しらおい)町の海岸で2月、散歩中の女性が土佐犬2匹に襲われ水死した事件で、23日に重過失致死容疑で逮捕された飼い主の無職、佐治清容疑者(65)=同町=が道警苫小牧署の調べに対し、犬を放した後、女性の悲鳴が聞こえたので駆け付けたが、女性を助けずに自宅へ犬を連れて帰ったと説明していることが、同署への取材で分かった。

 同署によると、女性が襲われてから約3時間後の2月26日午後1時ごろ、佐治容疑者は「海岸に女性が倒れている」と近くの駐在所に届け出たが、自分の犬が襲ったことは隠した。その後、佐治容疑者が海岸で大型犬を放していたとの目撃情報に基づいて、同署が任意で事情を聴いたところ、「倒れていた女性に自分の犬がかみついていた」と、うその説明をしたという。

 容疑は同日午前10時ごろ、同町の海岸で、大型の土佐犬2匹が凶暴なことを知りながら、周囲を十分に確認せずにリード(引き綱)を放した結果、2匹が散歩中の同町、無職、橋場トミ子さん(当時59歳)を襲って転倒させ、海で水死させたとしている。橋場さんの顔や腹などに、かまれた傷が多数あった。

 2匹は3〜4歳の雄で、いずれも体重約50キロ、体長1メートル超。事件後、苫小牧保健所で殺処分された。

 北海道土佐犬普及会の三戸俊裕(さんのへ・としひろ)理事長代行(63)=函館市=は「犬をリードにつなぐという基本すら守っておらず、考えられない。責任は重い」と憤る。土佐犬は普段はおとなしいが、子犬の時でもじゃれ合っているうちに闘争本能が働くことがあるという。「ストレスさえため込まなければ人間の言うことを聞くが、それでもリードを放すようなことはしない」と話した。【斎藤誠、酒井祥宏、三沢邦彦】



タグ:咬傷事故
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする