動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月07日

捨て犬:殺処分ゼロ 神奈川県と川崎市のセンター

毎日新聞


◇「里親探し」にボランティア奔走

 捨て犬や迷い犬を収容する神奈川県内4カ所のセンターのうち、神奈川県動物保護センター(平塚市土屋)と川崎市動物愛護センター(川崎市高津区)で、2013年度の殺処分がゼロになった。ともに1972年と74年の開設以来初。両センターは「里親探しなどをしてくれるボランティアの協力のおかげだが、飼い主は責任を持って最後まで育ててほしい」と呼び掛けている。【斎川瞳】

 県センターは横浜、川崎、横須賀市を除く自治体、川崎市センターは同市の捨て犬、迷い犬を扱う。環境省の統計によると、12年度は県センターで収容した犬約880匹のうち126匹、川崎市センターで約150匹のうち14匹が殺処分された。13年度にゼロを達成した背景には、里親探しに取り組むボランティア団体の協力に加え、昨年9月の県の条例改正で、センターから犬を譲り受ける際、1匹あたり1220円かかっていた手数料が無料になったことなどがあるという。

 犬の殺処分は全国的に減少傾向にあり、同省の統計によると、全国では02年度の約19万3000匹が12年度には約3万8000匹に、県でも同じ期間で15%程度(217匹)に減っている。

 両センターによると、都市化による野犬の減少が主な理由と推測されるが、一方で「飼い主が高齢になった」「自宅を引っ越す」「しつけができない」などと言って、ペットの犬が持ち込まれることは少なくない。

 センターの職員らは簡単には引き取らず、飼い主に対して飼育に関するアドバイスをしたり、犬が殺処分される可能性を説明して他の飼い主を探すよう説得に努めたりするという。

 あるボランティアの女性は「動物を殺したくない思いはみんな一緒のはず。行政と市民がタッグを組み、今後もゼロが続くよう活動したい」。川崎市センターの角洋之所長は「殺処分をなくすために一番大事なのは、飼い主が最後まで責任を持つこと。ゼロを達成したからといって『センターに持ち込めば何とかなる』と安易に考えるのはやめてほしい」と強調している。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ猫は人間の入浴シーンをのぞくのか

マイナビニュース


お風呂に入っていると、猫が「ニャア」と声をあげて、扉を開けろと催促してくることってないでしょうか。しかも扉を開けても、何をするでもなくのぞくだけ。これは飼い主さんの入浴シーンが見たいということなの?猫の不思議な行動を調査してみました。

■猫は、自分のにおいがしないところが嫌い

猫がリラックスできる場所は、自分のにおいがマーキングされている場所です。一方、お風呂場といえば水を使う場所なので、猫がマーキングしても洗い流されやすい場所でもあります。そんな猫にとって、お風呂場はいつも未知なるスペース。自分のにおいがついていないところは、マーキングしなきゃとやっぱり気になるようです。

またシャンプー嫌いな猫にとっては、シャンプーが行われるお風呂場は「怖い場所」として認識されている可能性も。扉の前でニャーと鳴きながら、のぞくだけのぞいて入って来ない猫は、マーキングしていない場所が気になりながらも、怖くて入れない…といった気持ちなのかもしれません。

■お風呂場は好みの水が飲めて、しかもあったかい

人間の入浴シーンをのぞきたがる猫には、人間目的というよりは、お風呂場の水や、お風呂のあったかさを求めてやってくる子もいるようです。特にお湯をわかしている最中の、お風呂のフタの上は猫の大好きなあったかスポット。飼い主がいれば、いつまでもお風呂に長居する子もいるようです。

またお風呂場の水は、なぜか猫が好むことがあり、その水を飲むためだけにお風呂にやってくる子もいるようです。人間の入浴シーンにはお構いなしで、飲みたいだけ水を飲んだら、さっさと出て行く子もいます。

■猫がチェックしに来てるのは、においかも?

お風呂はシャンプーやリンス等、いろいろなものからにおいがする場所です。さらにお湯とともに使うことで、シャンプーやリンスの香りが立ち上りやすくなります。嗅覚の鋭い猫は、そのにおいを嗅ぎつけて、もしかすると「何のにおい?」と確かめにやってきているのかもしれません。

なぜかお風呂に入ると、入浴シーンを見せろと言わんばかりに、扉を開けろとせがんでくる猫。こんな猫の行動ひとつにも、いろんな猫なりの理由があるようです。あなたの猫は何をしにお風呂にやってくるのか、ぜひ詳細をチェックして確かめてみてください。


タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

擁壁に犬、助けるケン 消防と住民救助・西条

愛媛新聞


愛媛県西条市藤之石の山中のコンクリート擁壁上部(高さ15メートル)でけがをし、下りられなくなっていた犬を市東消防署員と市民らが5日、連携して救助に当たり、発見から17時間半ぶりに救い出した。
 4日午後4時ごろ、藤之石の山に散策に来た同市小松町新屋敷の真鍋忠夫さん(67)が擁壁の上でほえる茶色の中型犬を発見。5日午前8時ごろ、心配で再び訪れると、犬は雨に打たれてたたずんでおり、見かねて市消防本部に「救助要請」した。
 署員2人が擁壁を上って救助活動を行う中、真鍋さんの知人も10人ほど集まり、おびえてうなり声を上げる犬をなだめるために署員にパンを渡したり、引き取り先を決めたりした。


タグ:救助
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物ふれあいウィーク:にぎわう 災害救助犬実演も 飼育マナーに理解を−−青森の「県愛護センター」 /青森

毎日新聞


 ゴールデンウイークに合わせ、県動物愛護センター(青森市宮田)で「動物ふれあいウィーク2014」が開かれ、大勢の家族連れらでにぎわっている。6日まで。

 同センターなどの主催で、動物愛護や飼育のマナーに理解を深めてもらうのがねらい。

 5日はNPO法人北東北捜索犬チームが、災害救助犬とともに災害時に建物に取り残された人を捜す様子を実演した。

 災害救助犬は、複数の建物のセットの周囲をまわったうえで、人が隠れたセットの前で立ち止まり「ワン」と鳴いて、中に人がいることを知らせた。

 観客はトレーナーの指示通りに行動する犬に感心した様子。人を見つけた救助犬に大きな拍手を送っていた。助け出される役としてセットの中に隠れた横内唯希くん(6)=青森市=は「暗いところに隠れていたのに来てくれた。お利口なわんちゃん」とうれしそうだった。

 このほか、乗馬体験や犬の散歩体験、動物のお医者さん体験コーナーなどがあり、子供たちの人気を集めていた。【佐藤裕太】


posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする