動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月08日

ついに「犬用1万円のエステコース」も登場…加熱するペット関連サービス、消費増税もなんのその、愛犬費用は「惜しまない」

産経ニュース

かわいい洋服を着てアクセサリーをつけ、しつけのための“幼稚園”に通い、クリスマスや正月には特別料理を楽しむ…家族の一員、「愛犬」をめぐるサービスが進化している。3月には全国でも珍しい、犬専用の「エステ&スパ」サロンが兵庫県西宮市にオープン。愛犬のための手作りごはんのレシピを披露する投稿レシピサイトも開設されるなど、ペット熱は高まる一方だ。(木村郁子)

敷地には幼稚園もブティックも

 今年3月にリニューアルオープンした、阪急西宮ガーデンズにある阪急ハロードッグ。犬のためのファッションブティックや国産・自然食のペットフードをはじめ、シニア犬の介護用品などが併設され、ドッグランや、しつけのための“幼稚園”も。一角にビューティーサロンがあり、そこへ新たにエステ&スパが新設された。

 4月上旬、常連客のトイプードルのココアくん(オス、6歳)が飼い主の兵庫県尼崎市の自営業女性(54)に連れられてやってきた。2週間に1度はシャンプーカットのために来店し、エステを受けるのは2度目。この日は「フレッシュキープコース」を選択。美容成分が入ったシャンプー&リンスと泡パックで、季節の変わり目に乾燥しがちな皮膚に張りを与え、被毛の傷みを改善、ふわふわになるというコースだ。

トリミングで毛先を整えた後、オゾンシャワーで表面の汚れを落とし、いよいよエステに。シルク成分をたっぷり含んだ泡パックを全身に塗り、イオンスチーマーをかけながら、成分をじっくりと浸透させていく。泡をなでつけるように塗っていくと、ココアは鳴き声ひとつ上げず、気持ちよさそうに眼を細め、リラックスしている様子がうかがえる。

予約待ち2カ月

 シャンプーの後はリンスで被毛のキューティクルやタンパク質を保護。ドライヤーで乾かし、耳掃除もして、1時間半のメニューを終えた。

 「アレルギーもあって皮膚が弱くおなかに発疹ができやすいんです。エステを受けると毛並みが立ってりりしくなり、体のかゆみも治まっている様子」と飼い主の女性は満足そうな笑顔。ちなみにこの日のお値段は、1万円(税別)

 ココアを担当したスタイリストの曽余田栄子さんは、「犬も年を取るごとに腸内環境の変化から加齢臭がきつくなります。食事はもちろんのこと、毛穴の汚れを取ることも大切なんです」ときっぱり。エステ・スパのコースは計5コースあり、「毛並みが明らかに変わる」と愛犬家の間で評判が高く、2カ月先まで予約が埋まっている状況だ。

外見だけでなく、中からも美しくなってほしい、と願う飼い主に人気が、手作り食。専門のおそうざい屋がオープンしたり、レシピ本などの発刊も相次いでいるが、手軽に自宅で作れるようにと、インターネットに専門サイトも誕生した。

「ちらし寿司」「オムライス」投稿レシピも

 犬の手作りごはんレシピ投稿サイト「わんわんシェフ見習い中」。ペット食育協会(東京都八王子市)認定の「ペット食育上級指導士」など、専門家による本格的なレシピのほか、全国の愛犬家も投稿。マグロやニンジン、小松菜などで彩りよく飾った「ちらし寿司」や、ケチャップのかわりにトマト缶を使った「オムライス」など、栄養バランスも盛りつけも工夫を凝らしたレシピが並ぶ。

 平成22年9月に立ち上げ、現在、レシピの数は1000以上。愛犬が肥満や、アレルギー、皮膚疾患を抱えるなどの理由から、厳選した食事を与えたいと気遣う飼い主が主なユーザーとなり、1カ月に3万人の利用があるという。

 同サイトを運営するコラビー(東京都千代田区)同代表取締役の瀧谷知之さん(37)は「ペットフードが主流になったのはここ50年。それまでは家族と同じご飯を犬や猫にも食べさせていたんです。ただ、途絶えていた間に、ペットごはんのレシピが分からないという人が圧倒的。二食のごはんと散歩しか楽しみのない犬のために、少しでもおいしい食事を提案したい」と話す。

今年1月、ペット保険などを扱う「ペット&ファミリー」(東京都文京区)が20〜70代の男女1215人を対象に行った「ペットの飼育費に関する家計簿調査」によると、昨年の1カ月あたりの平均飼育費は10002円と一昨年の9065円を大きく上回っている。中でも、美容費は1390円から1511円と約1割アップ。消費増税後にペット関連費用を節約するか尋ねたところ、「節約しようと思わない」と回答した人が56・4%と過半数を占めた。同社は「ペットのための費用は惜しまない傾向が見える」と分析する。

 お父さんのお小遣いは削っても、愛犬の費用は削れない。そんな声が聞こえてきそう。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広がる大学猫<Tークル 共生の環境づくり目指し

産経ニュース


大学構内に住み着いた野良猫を、地域猫ならぬ大学猫≠ニして世話するサークル活動が全国に広がりつつある。1999年、東京・早稲田大にできた「わせねこ」が始まりとされ、猫と人間が共生できる環境づくりを目指す。先輩から後輩へ、学生ならではの活動の継続性も強みだ。

-------------------------------

 活動はまじめかつ地道だ。8匹の大学猫一匹一匹に名前を付け、増減を把握する。餌やりでは適量に気を使い、ふんの処理も日課。殺処分につながる繁殖を防ぐため不妊去勢手術はするが、猫をペット≠フように慣らすことはせず、適度な距離を置いて見守る。

-------------------------------

 立命館大衣笠キャンパス(京都市北区)で活動する「RitsCat」は2011年の発足。初めは職員数人が世話していたのを、学生が引き継いだ。こちらも猫好きに人気で、今春も四、五十人の入会希望があった。


立命館大の大学猫サークル「RitsCat」のメンバーと猫=京都市北区
-------------------------------

 ほかにも千葉大の「ちばねこ」、横浜国立大の「ネコサークル」など大学公認のサークルも増えており、今後も広がりそうだ。
タグ:大学猫
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の気持ちを行動学から知る「サイエンスカフェ」5/23開催

リセマム


文部科学省が主催する情報ひろばイベント・サイエンスカフェが5月23日に開催される。犬の気持ちを行動学から知ることができるイベントで参加費は無料となっており、事前申込みが必要となる。

 情報ひろばは文部科学省旧庁舎を活用して行う、国民との双方向コミュニケーション機能を強化する目的で整備された。文部科学行政の今と昔を広く知ってもらうことで、信頼と親しみを持ってもらいたいとの願いが込められており、さまざまな展示やイベントが年間を通して行われている。

 2014年度第1回目となるサイエンスカフェでは、犬の気質に関する行動遺伝学と行動治療の研究をしている東京大学大学院農学研究科準教授・武内ゆかり氏をゲストに迎え「イヌの気持ち、飼い主の気持ち」をテーマに犬の行動学を学びながら、大切な家族の一員であるワンちゃんのことを知ることができる講演を行う。

 また、ファリシテーターとして筑波大学教授・渡辺政隆氏を擁し、さらなる講演の充実のためサポートをする。犬種や個体ごとの気質の違い、さらには気質を理解したうえでの接し方など、家族として心が通じ合っていると感じるワンちゃんのことをより深く知る機会となる楽しいイベントだ。参加希望者はメールにて事前申込みが必要で、定員になり次第、締切りとなる。

◆2014年度第1回サイエンスカフェ
日時:5月23日(金)19:00〜20:30
場所:文部科学省旧庁舎1F「情報ひろばラウンジ」
テーマ:イヌの気持ち、飼い主の気持ち
参加費:無料
申込方法:メールにて申し込む
※定員になり次第締切り


タグ:イベント
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫に好かれる人の共通点とは……!!

マイナビニュース


猫が好きで、猫をかわいがっている人を見ていると、なぜか似たような性格の人が多いことに気づくことはないでしょうか。これは猫好きが同じ性格なのか、それとも猫が人を選んでいるのか?猫から好かれやすい人の共通点を探ってみました。

■猫は、空気の読める人が好き

猫は自分を中心にした生活を送っているため、飼い主のご機嫌をうかがって行動するということがあまりありません。しかし人間には、自分のご機嫌に合わせて行動してくれる人を望みます。なんとも女王様っぷりが激しい要望ではありますが、自分の機嫌が悪い時にはそっとしておいてくれ、甘えたい時には甘えさせてくれ、ご飯が食べたい時には出してくれる人が猫のお好みな人です。また、そうすることで猫は人間を信用するようになり、人間と信頼関係が結べるようになります。

■猫のように静かに動き、猫目線で接してくれる人

猫は繊細で警戒心が高い生き物なので、大きな音を出して動く人、大きな声でしゃべる人には警戒心をなかなか解かないことがあります。猫のように静かに動き、やさしい声で話し、さらには猫のご機嫌まで伺える人なら、まさに猫にとって理想のタイプと言えるかもしれません。

■猫好きよりも、猫をかまわない人が好かれる?

猫が好きすぎると、どうしても構いたくなってしまうのが人情です。しかり猫の気持ちにお構いなしにグイグイ来る人は、猫にとってちょっとウザい存在。そのため猫が好きで仕方ない人よりは、猫に構わず、猫の好きなようにさせてあげられる人の方が好かれやすいことがあります。

猫好きな人に共通点が多いのは、もしかすると猫から好かれる共通点を満たしているからなのかもしれません。


タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。