動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月09日

神奈川県内の2つの動物愛護センターが殺処分0を達成!

IRORIO


動物の殺処分ほど心の痛む事はない。しかし、ペットとして犬を飼いながら、無責任に飼う事を止めてしまう人間も残念ながら存在している。無責任に捨てられてしまった犬たちには、何も罪はない。

神奈川の動物愛護センターが殺処分0を達成

捨てられてしまった犬は、動物愛護センターに収容される事になる。極力殺処分を避けるべく里親探しに奔走するが、残念ながら殺処分されてしまう犬が存在している。

人間の勝手な都合で奪われる命があってはらない。その思いはみんな一緒なはずだ。

そんな中、神奈川県平塚市の神奈川県動物愛護センターと川崎市動物愛護センターが2013年度の犬の殺処分0匹を達成したことがわかった。動物好きはもちろんのこと、動物好きならずともこのニュースは嬉しいニュースである。

動物愛護センター職員の努力と行政の後押しが達成の原動力

殺処分0は、決して簡単に達成されたわけではない。「飼えなくなって・・・」と愛護センターに犬を持ってくる人に対し、職員の方々が殺処分の可能性を説明するなどして粘り強く交渉し、翻意を促した結果だ。

また、里親探しのボランティアが粘り強く里親探しに奔走した事も要因の1つである。そして、神奈川県の条例改正で動物愛護センターからの里親仲介手数料が無料となった事も大きい。

官、民が協力して殺処分を避ける努力をした結果、殺処分0匹と言う大きな結果を出す事が出来たのである。

飼い主の責任ある行動が求められる

全国的にみても、ペットの殺処分は減少している。しかし、ゼロではないのも事実だ。神奈川県の動物愛護センターは4つ存在しており、残りの2つの愛護センターでは残念ながら殺処分が行われてしまっている。

殺処分が行われてしまっている愛護センターでも、職員の方はなるべく持ち込まれたペットを受け取らないようにするなど努力しているのは言うまでもない。

やはり、簡単にペットを愛護センターに持ち込む飼い主に責任があると言わざるを得ないだろう。責任を持って飼えないのなら、ペットを飼うべきではない。

今後すべての動物、全てのペットが殺処分0となる世の中になることを期待したい。


タグ:殺処分
posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そもそも野生動物であるわんちゃんをシャンプーする必要ってありますか?

マイナビニュース

■オオカミ同士でシャンプーするシーンを見聞きしたことはありません
わんちゃんは元来、野生動物なのでシャンプーは贅沢で不要 !! と思う方がいらっしゃるかもしれません。しかし、それは大きな誤解です。人間と暮らすために何代にも渡って品種改良が繰り返されたわんちゃんは野生動物といえません。いまや、室内での生活が主となりつつあるわんちゃんは、飼い主がきちんとお手入れをしてあげないといけない動物(家族)なのです。

■シャンプーはひと月に1、2回が目安です
シャンプーは地肌や被毛についた汚れや余分な皮脂を取り除き、血行を良くします。ひと月に1〜2回をメドにシャンプーしてあげてください。特に毛が季節によって生え変わらないシングルコートのわんちゃんは必須です。おうちでもかんたんにできるのでぜひチャレンジしてください。
まずはブラッシングして毛玉をほぐしましょう。毛玉のついたままシャンプーすると固まってほぐれなくなってしまいます。さて、いよいよシャンプーです。わんちゃんは熱いお湯が苦手なのでぬるま湯をお尻から首の方へむかって注ぎ、被毛が十分に濡れたらやさしくシャンプーしましょう。顔や頭部のシャンプーは苦手です。また、ゴシゴシこすらず、手早くやさしく洗ってあげてください。また、シャンプーが地肌に残るとフケや痒みの原因になります。丁寧にすすいであげましょう。

■シャンプー後はしっかりと乾かしましょう。生乾きは厳禁です
シャンプーが終わったら吸水性の良いタオルで、できるだけ水分を拭き取りましょう。指やブラシでやさしくとかしながら、ドライヤーの温風(熱風はやけどします)でゆっくりと乾かしてあげてください。室内が暖かいからといって生乾きをさせると風邪をひいたり皮膚炎にかかったり、ニオイのもとになるので注意が必要です。


タグ:シャンプー
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しょこたん、猫の保護施設建設に意欲……「本気の夢のひとつ」

RBBTODAY


愛猫家で知られる歌手・タレントの中川翔子が8日、「いつか、猫が幸せに暮らせる猫パークをつくり、マミタス様(中川の愛猫)の銅像を建てる」とTwitterで宣言した。

 中川は、「宇宙中のねこが、幸せになるべきで。人間のさじ加減や、知らなかった、とかそんなことで処分になる世界を変えたい」とつづる。「みんなで。変えよう、猫は可愛いのだから」と訴え、「いつか、猫が幸せに暮らせる猫パークをつくり、マミタス様の銅像を建てる!!」と意気込む。「本気の夢のひとつ。今日きめた。マミタス様の銅像を、建てる!!!!! 」と熱く夢を語った。

 これまでも中川は、ブログなどで度々「おおきなことがしたい。すこしずつ、殺処分寸前の子猫をひきとり、治療し、里親にだす」「猫たちが幸せにくらせる空、風、緑いっぱいな牧場つくりたい。牧場つくるにはどうしたらいいのかな」(ともに2013年5月8日)など“猫パーク”建設への夢をのぞかせており、Twitterやブログ等を利用した捨て猫の里親募集も随時行っている。

 5日に29歳の誕生日を迎えたばかりの中川。“レベル29”の年の目標は、猫パーク建設への一歩を踏み出すことかもしれない。


タグ:保護施設
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年度ペット関連市場は1兆1564億円

SankeiBiz


産経メディックスは、毎年刊行しているペット関連市場をまとめた「ペットビジネスハンドブック」の2014年度版をこのほど刊行した。

 それによると、統計の対象となっている12年度のペット関連産業の市場規模は1兆1564億円だった。ペットフード・用品メーカー54社、卸売り企業24社、小売業23社などの調査を行ったもので、小売りベースでペットフード4460億円(前年度比1.8%減)、ペット用品1711億円(同2.6%減)、生体750億円(同9.2%減)、トリマーなどのサービス関連4643億円(同2.7%増)だった。

 ペット保険が大きく伸びたサービス関連が前年度比プラスとなったものの、フード、ペット用品ともに前年度割れとなり全体では3期連続でやや縮小する結果となった。

 これまで拡大を続けてきたペット用品は、シーツや消臭剤などは依然として伸びているものの、全体的には前期を下回るものが多かった。

 3期連続で市場規模が縮小した要因としては、ペットの飼育頭数の減少や小型犬化、高齢化、に加え景気の影響が大きいとみられる。13年度も飼育頭数からみて前期実績をクリアできるかどうか微妙な状況という。飼育頭数の拡大に向けての施策と、きめ細かな高齢化するペット対応商品市場の深耕化が課題となっている。


タグ:ペット市場
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする