動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月11日

シーズン到来 今年の予防は?

産経ニュース


動物病院で今年の予防医療についての相談は、お済みですか? 毎年4月から6月はペットの「予防シーズン」。大切なペットを病気から守るため、動物病院が一年間で最も忙しくなる時期です。

 この時期の予防医療の一つは狂犬病予防接種です。国内で犬を飼う場合、狂犬病予防法により年1度の予防接種が義務付けられています。接種時期は毎年4月から6月で、区市町村から各家庭にお知らせが届きます。届いていない場合は、未登録や住所変更が必要な可能性があるので、一度、区市町村の担当部署やかかりつけの動物病院に相談してください。

 また、フィラリアという寄生虫による病気の予防を始める時期でもあります。蚊が媒介するので、住んでいる地域の蚊の発生時期に合わせて予防します。心臓や肺動脈に寄生し、心不全をはじめとしたさまざまな症状を起こす病気ですが、適切に予防すればほぼ100%発症を防げます。毎月の飲み薬が一般的ですが、注射薬や皮膚に垂らすタイプの薬もあります。動物病院で最適な方法を相談しましょう。その年の初回投与前には、既に感染していないか検査することが大切です。

病気の予防はペット自身はもちろん、家族や周りの動物を病気から守る大切な行為です。これからの時期は外出も増え、家族以外の人や動物と接触する機会も多くなります。ペットホテルなど公共施設の利用にも、狂犬病を含む予防接種やノミ・ダニ予防が必要なことがほとんどです。

 予防シーズンは健診を受ける良い機会でもあります。ペットにも人にも安心な社会のために今年もしっかり予防をしましょう。(アニコム獣医師 金子真未)




タグ:健康
posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大震災3年:不明の愛猫戻る 首輪の電話番号が絆に 岩手

毎日新聞


東日本大震災で行方不明になった猫が9日、約3年2カ月ぶりに岩手県大船渡市の家に戻り、飼い主の山岸剛郎(たけお)さん(67)、一子(かずこ)さん(64)夫妻と再会した。子ども2人が独立し、寂しい生活を潤わせていた雄の黒い雑種で名前はスイカ。首輪に小さく書いておいた電話番号が絆になった。「お帰り!」。山岸さん夫妻は優しく抱き締めた。

 県大船渡保健所によると、スイカは4月初め、山岸さん宅から南に約15キロ離れた陸前高田市の杉林で保護された。見つけた人が哀れんで連れ帰ったが、仮設住宅住まいのため周囲に迷惑がかかると同10日、保健所に託したという。

 保健所は、引き取り手のない野良猫は処分するが、人懐こく、首輪も着けていたため「飼い主が現れるかもしれない」と待ち続けた。そして今月8日、里親募集のため写真を撮ろうとした時、首輪の汚れと思っていた部分に、剛郎さんの名前と携帯電話番号が書かれていることに気付き連絡した。

 スイカは約15年前、山岸さんの長男(34)が大船渡市内で拾った。子ども2人が就職して家を出てからは夫妻の生きがいになり、剛郎さんは日曜大工で、庭に日傘付きの寝床を作るほどかわいがった。しかし、震災当日、2人が外出先から帰宅すると、高台の自宅は津波に遭わず無事だったがスイカは消えていた。この年の夏には、諦めて寝床も解体したという。

 そして、3年2カ月ぶりの対面。スイカは着けた覚えのない鈴を3個、首輪に下げていた。保健所の獣医師は「餌もない被災地で、厳しい冬を3回も越すのは無理」と話しており、この間、誰かに飼われていたとみられる。スイカを抱きしめた一子さんは「半分ぐらいに小さくなっちゃって。毛も薄くなったね」とねぎらった。剛郎さんは、さっそく新しい寝床作りにとりかかる。【根本太一】


タグ:被災動物
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<迷子ペット>注目集める掲示板 スピード感で殺処分回避

YAHOOニュース


迷子になったペットの情報をネット上で素早く交換できる掲示板が、昨年9月の開設以降、徐々に利用者数を伸ばし、飼い主たちの注目を集めている。情報の遅れは殺処分につながるため、利用者からは「すぐに掲載されるので助かる」との声が聞こえてくる。

 掲示板を開設したのは、ペット情報誌「とちポチとちタマ」を2012年から発行し、ホームページも開設しているビジュアル(宇都宮市下川俣町、深澤義雄社長)。深澤明子編集長(43)によると、きっかけは取材の過程で多くの犬や猫が迷子になって殺処分されている実態を知ったこと。情報誌でその特集を組んだこともあり、同誌のフェイスブックには「迷子のペットの情報を掲載してほしい」という飼い主からの依頼が増えた。そこで、「迷子情報を一覧で見られるものがあれば」と掲示板の開設を思いついたという。

 掲示板は「迷子のペットを探す飼い主」と「迷子のペットを保護している人」からの投稿に分かれている。それぞれ写真や特徴が紹介されており、思い当たる節があれば投稿者と連絡が取れる仕組みになっている。

 深澤編集長が特に重視しているのは情報の「即効性」と「拡散性」だという。迷子犬や猫は県動物愛護指導センターに保護されるとおおむね4日で殺処分されてしまう。そのため、寄せられた情報はできる限り早く掲載し、フェイスブックを使って多くの人に情報提供を呼びかけている。

 掲示板の知名度が上がるにつれて投稿は増え、今では「解決済み」を含め掲載数は約40件に上る。また、フェイスブックで新たな投稿を知らせると閲覧数は4000を超すようになった。「ラブラドールを保護しています」と書かれたチラシを動物病院で見かけた人が、掲示板で見た写真と似ていることに気付いて情報提供するなど、実際の解決例も既に数件ある。

 深澤編集長は「犬や猫もひとつの命。ペットの幸せを願う媒体として、できることをしていきたい」と掲示板の利用を訴えている。掲示板のURLは(http://tochipochi.com/lost-pet/)。【猪飼健史】
タグ:殺処分 迷子
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。