動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月12日

被災犬に新たな道 安曇野でモンキードッグ目指し訓練中

信濃毎日新聞


2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、同原発から半径20キロ圏内で保護された母子の犬2匹が、農作物を荒らす猿を追い払うモンキードッグになるための訓練を長野県安曇野市で受けている。当初は人を警戒していたが、徐々に心を許すようになってきた。新天地での活躍に、関係者の期待が集まっている。

 2匹は母親の絹(きぬ)(推定6歳)と子どもの一丁(いっちょう)(同3歳、雄)。もう1匹の子の二丁(にちょう)(同3歳、雌)と共に福島県富岡町で保護。会社員川上元安さん(60)=大町市常盤=が2年半ほど前、東日本大震災被災地で保護された犬の新たな飼い主を探す「ゆめまるHAPPY隊」(松本市)を通じて3匹を引き取った。

 川上さんは、散歩中に出くわした猿にほえる絹や一丁を見て、モンキードッグを目指すことを思い立った。大町市の訓練委託事業を活用。安曇野市穂高有明の民間訓練施設「安曇野ドッグスクール」で今年4月に訓練が始まった。

 スクール代表の磯本隆裕さん(61)は、2匹について「来たばかりのころは大変だった」。一丁は震災前後に生まれ、絹は住民が去り、餌が与えられない中で育てていたと推測されるという。絹は磯本さんを常に警戒し、一丁は絹と引き離されるとパニック状態になってしまった。

 磯本さんは2匹がいる小屋に入り、犬の方から寄ってくるのを待った。1週間ほどすると、寄ってくるようになり、次に散歩に出掛けた。現在は、リードを付けたまま猿を追わせたり、飼い主の命令は絶対に従うことを教えたりと、徐々に訓練を進めている。

 磯本さんは「被災した犬が活躍できるのは素晴らしいこと。その一翼を担えることにやりがいを感じる」と話す。

 2匹は、スクールで4〜6カ月間訓練を重ね、飼い主の川上さんの下に戻り活動する予定。指示の出し方や接し方を学んでいる川上さんは、絹が自分に心を許していないと感じる時がまだあると言う。「モンキードッグを目指すとともに、信頼し合える関係になりたい」と望む。絹と一丁の訓練が終わったら、二丁の訓練も検討するという。




posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老ペットの世話 施設で最期まで 高齢飼い主に代わりサービス

東京新聞

生活環境や医療の改善によってペットの寿命が延びる一方、飼い主が高齢や病気のため世話することができなくなるケースが増えている。こうした中で飼い主に代わり、老いた犬猫を最期まで介護するサービスに取り組む施設に問い合わせが相次いでいる。
 昨年九月に施行された改正動物愛護管理法では、飼い主が最期まで世話をする責任が明記され、自治体は受け取りを拒否できるようになった。介護施設の運営者は「行き場をなくしたペットを受け入れる場所が必要」と厳しい表情で話す。
 介護用の低反発マットを敷いた三畳ほどの個室に、人間なら七十〜八十五歳程度に当たる犬三頭が暮らす。いずれも飼い主が病気になり面倒がみられなくなった。
 三頭を預かる新潟県阿賀野市のペットホテル「わんわんぱーく」では、三月から老犬の終身介護を始めた。運営する柿本晃亜(あきつぐ)さん(39)は「高齢になると認知症で一晩中ほえたり、自力での排せつが難しくなったりする」と説明、スタッフ七人が日に三回の体温計測や手作りの餌で体調を管理している。費用は入居費一律五万円のほか月四万〜八万円かかる。
 日本獣医学会などの統計では、一九八〇年に二・六歳だった飼い犬の平均寿命が二〇〇九年には一五・一歳に。飼育数は約千百万頭で、うち半数以上が高齢期とされる七歳以上という。
 長崎市のペットホテル「老犬ホーム アリスの家」には、高齢の五頭が生活する。寝たきりになった中大型犬用のバリアフリーの個室五室は常に満杯だ。〇五年ごろ、高齢になった飼い主から犬を預かったのをきっかけに、これまで二十頭ほどを介護し、みとってきた。
 「最期まで飼い主と一緒に過ごすことが理想だが、人も犬も高齢化すれば事情が変わる」とセンター長の海士元弘(あまもとひろし)さん(52)は力説する。
 環境省によると、ペットホテルなどによるサービスのほか、昨年四月一日時点で十都道県、計二十施設が犬猫の介護専門施設として登録されている。担当者は「同様の施設の需要はさらに高まる」と予測している。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補助犬への理解訴え 松山で利用者ら講演

愛媛新聞

身体障害者のパートナーとなる補助犬への理解促進を目的とした講演会が10日、愛媛県松山市文京町の愛媛大であり、盲導犬や介助犬、聴導犬と生活する男女5人が「飲食店やホテルでの補助犬同伴は法律でも保障されている。社会で受け入れてほしい」と訴えた。
 補助犬の育成や普及活動を行うNPO「Dog for Life Japan」(松山市)が四国で初めて開催し、市民ら約40人が参加した。同団体によると、県内では4月1日現在、盲導犬15匹、介助犬1匹が活動している。
 盲導犬フォリィと登壇したえひめ盲ろう者友の会理事長の高橋信行さん(53)=松山市=は「白杖(はくじょう)で歩いていると、気付けば交差点の真ん中に立っていたこともあったが、盲導犬となら(人の多い)渋谷もすいすい歩ける」と話し、盲導犬と歩く際の指示方法を紹介。「街で補助犬を見かけたら触ったり餌を与えたりせずに愛情をもって無視してほしい」と呼びかけた。



タグ:補助犬
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島大付属動物病院に移動診療車導入

南日本新聞社

鹿児島大学共同獣医学部(鹿児島市)は9日、付属動物病院に新たに導入した外科・内科の各診療車、牛や馬など大型動物用のコンピューター断層撮影装置(CT)、高性能磁気共鳴画像装置(MRI)を公開した。
 「動く動物病院」といえる診療車は、移動が困難な家畜に対し、高度な医療の提供が可能になる。学生が学外で多くの症例に触れられるようになり、臨床実習の充実にもつながる。
 外科診療車は4トントラックを改造。麻酔器や心電計などを備え、手術もできる。内科診療車はワンボックスカーを改造し、内視鏡や血液検査機器などを搭載。いずれも獣医師の依頼に基づき、九州一円での活動を想定している。
 病院内のCTは、体重1トンまで使用可能。MRIは人間用を応用し、体重約250キロまで対応する。従来設備より鮮明な画像が得られる高性能で、同様の機器は国内の獣医学系大学で3例目という。
 鹿大と山口大、帯広畜産大、北海道大は、連携して獣医学教育の先進地・欧州の国際認証取得を目指しており、今回の設備導入はその一環。文部科学省の補助事業で整備した。


タグ:動物病院
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を散歩に連れて行く → 「予防接種でしたー」の動画の反応が面白い

SNN


犬を飼っている人なら分かると思うが毎年恒例として予防接種につれて行かないといけないのである。しかし犬を予防接種に連れて行くのは一苦労。病院に近寄ろうとするだけですごく嫌がるわけで、「そっちに行きたくない」と拒否反応。病院内の先生に向かってもの凄い剣幕で吠えたりする場合もあるわけで。

飼い主も犬をどれだけスムースに予防接種に連れて行くかを試行錯誤しており、散歩と見せかけそのまま動物病院に連れ込むという荒技を使うのである。犬にしてみたら「騙された!」という可愛い反応。

今回はそんな反応が見ることができる動画を紹介。『YouTube』にそんな動画が数多く紹介されているので厳選して紹介したいと思う。
犬も注射が怖いのである。

https://www.youtube.com/watch?v=mLRfW9NeL_k&feature=youtu.be

他、こちらからご覧ください。

http://snn.getnews.jp/archives/313599



タグ:予防接種
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第31回 ロックの会「動物愛護」 ―松田美由紀さん、ゲスト 杉本彩さん・岩井俊二監督ほか(動画)

IWJ Independent Web Journal


5月9日(金)、東京都渋谷区の代官山カフェラウンジで、「第31回 ロックの会」が開催された。松田美由紀さんがオーガナイザーを務め、女優の杉本彩さん(一般財団法人動物環境・福祉協会Eva)、長井英明さん(NPO法人アニマルライツセンター)、岩井俊二さん(映画監督)らをゲストに迎え、「動物愛護」をテーマにトークが行われた。

https://www.youtube.com/watch?v=KWeIO17XZTA

posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。