動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年05月16日

不幸な犬猫 地域で減らす 県が計画改定  広島

読売新聞


 ◇殺処分75%減目標 野良猫去勢・避妊し共存

 県は、犬や猫の殺処分数の削減目標などを明記し、2008年に策定した「県動物愛護管理推進計画」を今年3月に改定した。削減目標をさらに進めて設定したほか、地域ぐるみの野良猫対策を推進する。かつて殺処分数で全国ワースト1だった汚名を返上すべく、県民に広く理解を求める。(中村隆)

 県食品生活衛生課によると、同計画は動物愛護管理法改正(2005年)に伴い、都道府県に策定が義務付けられた。犬猫の殺処分数を年間1万3117匹だった06年度から17年度までに50%減(約6500匹)としていたが、今回の改正で23年度までに06年度の75%減(約3200匹)に定めた。

 県では、11年度に殺処分数が全国ワースト1(8340匹)を記録したものの、県や広島市が動物愛護(管理)センターで犬猫の引き取りを有料にするなどし、殺処分は減少傾向にある。しかし野良犬・野良猫の割合をみると、12年度にセンターへ収容された犬猫8456匹(犬3062匹、猫5394匹)のうち、86%にあたる計7250匹を占め、全国平均77%を上回っている。

 今回の改訂では、地域で野良猫の増殖抑止に向けた取り組みを盛り込んだ。猫に去勢・不妊治療を施し、地域ぐるみで一世代に限って世話をする「地域猫」活動を推進。すでに導入した自治体では、住民らが野良猫の餌やりやトイレの場所を決めて猫を飼いならし、共存を図るなどの取り組みも進んでいるという。

 県は県内4か所をモデル地区として指定し、動物愛護団体などと実施方法を指導。行政だけではなく、地域住民が主体となって野良犬・野良猫対応策を考える協議会の設立も想定している。

 同課は「飼い主を対象にした啓発だけでは改善できない。広く地域に協力を求めながら、少しでも不幸な犬や猫を減らしたい」としている。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物「殺処分ゼロ」へ 県が第2次愛護計画策定 群馬

産経ニュース

■引き取り、収容数減

 県は、人と動物の共生社会を目指すため、「第2次県動物愛護管理推進計画」(平成26〜35年度)をまとめた。19年度に策定した第1次計画を引き継ぐ形だが、新たに「殺処分ゼロ」を目指す行動指針を示したほか、35年度までに「犬の収容数30%減少」などの具体的な数値目標も盛り込んだ。(浜田慎太郎)

                   ◇

 県によると、県などが所有者から引き取ったり、県民の苦情などをもとに収容した犬や猫は、(1)飼い主に返還(2)新しい飼い主へ譲渡(3)殺処分−の3種類の道をたどることになる。25年度の実績をみると、保健所などに集められた犬や猫の約6割が殺処分されているという。

 一方、所有者などからの引き取り数は年々減っており、犬は14年度の1433匹から24年度は282匹にまで減少。猫も14年度の3098匹から24年度は1982匹まで減った。

 また、苦情などをもとに収容した迷い犬も14年度の3229匹から24年度は1815匹まで減少した。猫はロープなどでつないでおく義務がないため、迷い猫として収容されることはない。

 県は「殺処分ゼロ」を目指すため、引き取り数や収容数をさらに減らしたい考え。第2次計画では24年度と比較し、「犬の収容数30%減少」「犬の引き取り数20%減少」「猫の引き取り数30%の減少」の数値目標を盛り込んだ。

 また、収容された犬の飼い主への返還や、引き取った犬や猫を他の飼い主に譲渡することも推進すると明記。県獣医師会や動物愛護団体などと協力して、動物の「譲渡会」などの開催も検討している。さらに、災害が発生した場合の動物対策も新たに加えた。有事の際、「動物救護本部」を設置し、被災動物の収容などに当たるとしている。

 県衛生食品課の担当者は「返還や譲渡の推進も大切だが、まずは引き取り数や収容数を減らすことが重要。そのためにも動物愛護の精神を広めていきたい」と話している。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫で園児送迎場所に猫の頭

福島民報

15日午前8時15分ごろ、兵庫県丹波市山南町村森の駐車場で「猫の頭が置かれている」と近くに住む男性(34)が丹波署に通報した。鋭利な刃物で切られたとみられ、同署が動物愛護法違反の疑いで調べている。

 丹波署によると、駐車場には普段はほとんど車がなく、送迎バスを利用する近所の保育園児が集合場所として使っている。

 死後3日ほど経過した生後約60日の子猫で、隅の地面にむき出しで置かれていた。切られたとみられる痕以外に傷はないという。

 通報者の男性が15日午前7時40分ごろ、自分の子どもを駐車場まで送った際に気付いた。


posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物との関わり考える

タウンニュース

秦野市立南が丘中学校で5月12日、全校生徒を対象に総合学習の一環として講演会「動物とのかかわり方」が行われた。講師は(公財)神奈川県動物愛護協会の山田佐代子会長が務めた。

 講演会では人と動物との関わり合いの歴史を原始時代から説明。プードルなどが狩猟のためにつくられたことなどを紹介した。

 また、猫の殺処分は年々減少しているが、現在、処分されている数の約9割は野良猫が生んだ子猫だという。このような現状を変えるために有効な野良猫の不妊去勢手術に、市が1人5匹まで助成金を出す制度も紹介した。

 山田会長は生徒たちに「動物に興味を持って。もし飼っていたりこれから飼うことがあれば、飢えや苦痛、恐怖などを与えることなく動物の自由も守って最後まで飼って」と話した。


タグ:講演会
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米

CNN


(CNN) 米カリフォルニア州ベーカーズフィールドで、幼児を襲った犬に飼い猫が体当たりして撃退し、幼児を救う出来事があった。現場の防犯カメラがその一部始終をとらえて話題になっている。幼児は軽傷を負ったが元気だという。
男の子は13日、駐車場で自転車に乗って遊んでいたところ、付近をうろついていた犬が車の背後から現れ、男の子に襲いかかった。
男の子が足を噛まれて倒れたところへ猫が飛び込んできて、男の子を引きずろうとする犬に猛烈な勢いで突進。驚いて逃げた犬を追いかけ、犬が走り去るのを見届けて戻った。
お手柄の猫はこの男の子の家族の飼い猫「タラ」だった。母親のエリカ・トリアンタフィロさんはCNN系列局KEROの取材に対し、男の子は数針縫うけがをしただけで済んだものの、もっと大変なことになっていたかもしれないと語った。男の子は「タラは僕のヒーローだ」と話している。
母親によれば、男の子を襲ったのは近所の住人の飼い犬だという。

以下でご覧ください。
http://www.cnn.co.jp/video/12816.html



タグ:動画
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする