動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年06月04日

犬猫の殺処分ゼロ目指す 環境省、行動計画を発表

朝日新聞


 環境省は3日、犬や猫の殺処分ゼロを目指す行動計画を発表した。飼い主やペットショップに責任ある行動を求め、殺処分の原因になっている保健所などへの持ち込みや放棄を減らすことを訴える。各地でモデル事業なども進めるという。

 発表会には、愛護活動に取り組む女優の杉本彩さんと浅田美代子さんも出席。杉本さんは「命がこのように扱われているのは許し難く、みなさんに知ってほしい」。浅田さんは「1日400頭も殺されている。私も自分のできることをやりたい」と話した。

 犬猫の殺処分数は昨年度で約16万頭。環境省が調査している1999年度以降減少を続けているが、プロジェクトを立ち上げた牧原秀樹政務官は「2020年の五輪までにゼロにしたい」と意気込んだ。(奥村輝)


posted by しっぽ@にゅうす at 10:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ猫は机の上にあるものを手当たり次第に落とすのか

マイナビニュース


PCに集中していたり、映画を楽しんでいたりする時に、猫がテーブルの上に乗って、ガラガラガッチャーンと物を落とすことはないでしょうか。しかもそんな時、猫の方がびっくりしてこちらをじっと見ていたりします。こんな時、猫は一体、何を考えているのでしょうか?

■猫がテーブルの上からものを落とすのは、「かまって」の意味が

しばらく静かにしていたなと思ったら、棚の上に登り、棚の上のものをガラガラガッチャーンと猫が落とすこと、ありませんか?これは以前、猫が高いところからものを落とした時に、飼い主さんがしかったり、機嫌が悪いのかと遊んであげたりしたのを猫が覚えているからなのだとか。

猫は、自分の要求のサインをしっかり出す生き物。以前ものを落とした時に、飼い主さんがかまってくれたなら、それをしっかり覚えていて、「同じことをしたら、かまってくれるかも?」とものを落としたのかもしれません。

■猫は飼い主さんにかまってほしい時、物を上手に使う?

猫が飼い主さんにかまってほしい時、遊んでほしい時は、物を使って飼い主さんの気を引くことがあります。例えばおもちゃをくわえてきて、飼い主さんの足元にポトと落としたり、飼い主さんが読んでいる新聞の上に乗っかって、新聞をぐちゃぐちゃにしたりすることも。これも「かまって」「遊んで」の猫なりのサインです。

高いところからわざと物を落とすのも、おもちゃを運んできたり、新聞をぐちゃぐちゃにしたりするのと同じで、物を使って飼い主さんの気を引こうとしているのかもしれません。

■やっちゃダメなことを、わざとやるのも「かまって」

また、わざわざ「やっちゃダメ」なことをやって、飼い主さんの気を引こうとする猫もいます。例えば、といではいけない場所で爪をといだり、飼い主さんの足をカプッとかんだり、たたいたりしてサッと逃げていくような行動です。これもものを落とすのと同じで、飼い主さんへの「かまって」サインです。

こんな時は、ちょっと手を止めて猫と遊んであげるのが大事です。猫は自分の要求が通らないとストレスをためやすい生き物。5分位の短時間でいいので、ちょっとだけ遊んであげましょう。

猫がテーブルの上からものを落とす時は、それなりに何か言いたいことがあって、やっていることが多いようです。ぜひ猫の言いたいことに耳を傾けてあげて、猫とほんのちょっぴり、遊んであげてみてください。


タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 10:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット保険加入者増加 県内900件、5年で倍

徳島新聞


犬や猫などのペットが病気になったとき、治療費の一部を補償するペット保険の加入が徳島県内で増えている。背景にはペットに対する健康意識の高まりがあり、高額の治療費を軽減できることから「費用を気にせず、できるだけ治療を受けさせられる」と好評だ。
 
 全国でペット保険を販売するアイペット損害保険(東京)とアニコム損害保険(東京)の県内の契約者数は合わせて約900件で、5年前に比べ2倍以上に増えた。

 毎月の保険料はペットの品種や年齢によって異なる。補償割合も50%、70%などさまざまで、契約者が保険会社に治療費を請求すると後日補償分が支払われる。会社によっては契約者にペット専用の保険証を発行。保険証を動物病院で提示すると、補償分を割り引いた治療費で済む。

 保険の契約は、インターネットやペットショップで申し込める。とくしまペットハウス(小松島市)では、多いときで1カ月に8件の新規契約がある。金本梨惠店長は「ペットをただの動物ではなく、家族のようにかわいがる飼い主が増え、関心は高い」と言う。

 鳴門市大麻町姫田の会社員林由記さん(33)は飼っていた犬が病気になった際、高額の治療費に驚き、保険に加入した。

 保険料は2匹で毎月約6千円。保険加入後、1匹が外耳炎と胃炎を患い、本来なら約3万円かかる治療費が、保険を利用して1万円ほどの負担で済んだ。林さんは「何度も病院へ行くとお金がかかるので保険は助かる」と話した。
【写真説明】愛犬の保険証を手にする林さん。ペット保険の加入者が増えている=徳島市東船場町2のドッグカフェ


タグ:保険
posted by しっぽ@にゅうす at 09:52 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木)迷い犬猫掲示板で殺処分を回避

朝日新聞


迷子になった犬や猫の情報交換のためのインターネット掲示板が開設された。行政の施設で殺処分される前に、迷い犬や猫を自宅で保護している人といなくなったペットを探している飼い主を結びつけるのが目的で、実際に飼い主が見つかったケースも出ている。

 掲示板を運営しているのは、フリーペーパーなどを発行する「ビジュアル」(宇都宮市)。同社のペット情報誌「とちポチとちタマ」の深沢明子編集長(44)は「ペット情報を扱っていくなかで、殺処分は見過ごすことのできない問題だった」と話す。

 「迷子のペットが行政の施設に収容されると、4日ほど待って殺処分されます。『そのうち帰ってくるわ』と悠長に構えていられないことを、ほとんどの飼い主は知りません」

 自宅でペットを保護している人と、探している飼い主を結びつければ、「命のカウントダウン」を迎える動物を少しは減らすことができる。そう考え、昨年9月に同社のホームページに掲示板を作った。

 「保護している人」「探している人」の情報に分け、ペットの写真とともに「お堀の杭につかまって浮いていたところを保護されました」「カラフルなリードをつけています」など、動物の特徴や連絡先などが並ぶ。

 フェイスブックなどのSNSとも連動させ、情報を短時間で多くの人に広めることができる。これまでに約40件の情報を掲載し、実際に飼い主が見つかったケースも複数あった。

 深沢編集長は「飼い主は必ずペットの首輪などに連絡先を書いてほしい」と呼びかけている。

 掲示板のアドレスはhttp://tochipochi.com/lost-pet/(長谷川陽子)


タグ:迷子 掲示板 SNS
posted by しっぽ@にゅうす at 09:47 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫付きマンションに付いてくる猫を見に、東京都・大塚シェルターに潜入

マイナビニュース


現在大変話題になっている猫付きマンション。飼い主のいない保護猫の譲渡活動などを行うNPO法人キャットガーディアンが考案した猫のための保護システムだ。今回は、猫付きマンションに付いてくる実際の猫を見るため、東京都・大塚にある保護猫カフェに潜入した。

保護されている猫たちを、保護猫カフェから預かり、一緒に暮らすことができるのが猫付きマンション。猫を飼うのはもちろん強制ではなく、入居者の自由。猫を希望した入居者は、キャットガーディアンが運営する保護猫カフェから、一時預かりの形で、猫(1歳以上の成猫)を引き取ることができるのだ。猫を預かっている際の食事代や医療費などは入居者負担となる。

そして、もし引越しをした際など猫と暮らすことができなくなった際は、キャットガーディアンに猫を返すことができる。(もちろん、猫をそのまま引き取ることを選ぶ人もいる)。

実際に会いに行ってみた

さて、入居者はキャットガーディアンが運営する保護猫カフェから猫を選び、引き取ることができる。その対象の猫たちがいる場所に、実際に足を運んでみた。今回訪れたのは、東京都・大塚にある「キャットガーディアン 大塚シェルター」だ。

ビルの最上階に、その保護猫カフェはあった。天井がガラス張りになっており、室内に日光がきちんと当たる。これならば、猫たちも大好きな日光浴ができるだろう。

以下こちらからご覧ください。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/03/catguardian/


タグ:シェルター
posted by しっぽ@にゅうす at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする