動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年06月15日

「子猫捨てないで」 殺処分の6割が子猫 青森県内

デーリー東北新聞社


十和田市で12日、5匹の子猫が捨てられているのが見つかり、十和田警察署に届けられた。青森県動物愛護センターによると、保護されても飼い主が現れる見込みのない動物は殺処分の対象となる。高校生による動物愛護の取り組みなどが行われ、処分される動物は年々少しずつ減少しているものの、依然多くの命が失われているのが現実だ。

 5匹の子猫は同市西一番町の民家敷地内に段ボール箱に入れられ、置き去りにされていた。発見した住民からの届け出を受けた同署が一時保護し、センターに引き渡した。

 センターによると、2013年度に殺処分された猫は1605匹で、そのうち1019匹が子猫だ。猫は繁殖能力が高く、年に数回の出産も可能。一度に4〜6匹産むため、育てられなくなった飼い主が捨てるケースが多く、野良猫が産んで置き去りにした子猫を偶然拾った人が届けるケースも。「愛護センターに集められる猫のうち、引き取り手が決まるのはせいぜい50〜60匹程度」で、里親が見つからない場合は殺処分される。

 センターに保護された動物は獣医師が健康状態や年齢などを診断して、その後の対応を決める。哺乳瓶による授乳が必要な場合や、衰弱が激しく自力で食事ができない動物はやむを得ず安楽死の手段が取られる。今回のように捨てられた猫などは、病気になりやすく、ウイルスまん延の原因にもなりかねないという。

 センターの担当者は「飼い主が最後まで面倒を見るのはもちろんだが、猫の生態をしっかり理解し、去勢や避妊手術をすることで失う命を減らすことができる」と話している。


タグ:遺棄 殺処分
posted by しっぽ@にゅうす at 01:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヌ・ネコ捨てないで 保健所前に子犬3頭  八重山諸島

八重山毎日新聞


今年すでに5件も
 10日午前8時10分ごろ、八重山保健所前に子犬3頭(推定生後2カ月)が段ボール箱に入れられて捨てられているのを出勤した職員が見つけ保護した。

 石垣市内では今年4月から今月10日までに5件の捨て犬や捨て猫が確認され、保健所では「動物を飼う時は最後まで責任を持ってほしい」と呼びかけている。

 捨てられた犬や猫は、ほとんどが生まれて半年もたっておらず、同保健所の担当者は「繁殖期に犬や猫が生まれ、増えすぎて飼えなくなり、捨てていると思う」と話す。

 動物の遺棄は「動物の愛護および管理に関する法律」で100万円以下の罰金が科せられる。

 保健所では、むやみに増やさないよう避妊や去勢手術、放し飼いしないなどの対策を呼びかけている。

 保健所での子犬の抑留期間は5日間。期限を過ぎた場合は南城市の動物愛護管理センターに送られ、譲渡や殺処分などの措置が取られる。

 これまでに確認された捨て犬・猫は4月30日(石垣)子犬3頭▽5月19日(大浜)母犬1頭と子犬4頭▽同23日(同)子犬2頭▽6月4日(石垣)子猫1頭▽同10日(保健所敷地内)子犬3頭。


タグ:保健所 遺棄
posted by しっぽ@にゅうす at 00:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「緑の子犬」産まれ飼い主仰天、“ハルク”と呼ばれ欧米で話題に。

livedoorNEWS



スペインのある街で先日、2匹の緑の毛の子犬が生まれたという。

英紙デイリースターやメトロなどによると、ハウンド種の母犬のお腹から、緑の毛をした子犬が2匹誕生したとき、飼い主は仰天してしまったそうだ。オスとメスの1匹ずつが誕生したものの、出産からわずか数分後に、メスの子犬は不明の原因により死んでしまった。

飼い主は「その2匹を最初に見た時は目を疑いました」「私は子犬たちがただ汚いだけなのかと思って洗おうとしたのですが、その色は落ちなかったんです」と話している。

この緑の毛の犬は、マーベル・コミックのスーパーヒーローに倣い、“ハルク”の愛称で呼ばれ、欧米の多くのメディアが紹介。ソーシャルサイトでも大きな話題を呼んでいる。



タグ:海外
posted by しっぽ@にゅうす at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、「犬肉祭」で大論争 食文化?1万匹処分に反発

産経ニュース


中国広西チワン族自治区玉林市で、1年で最も昼が長い「夏至」(今年は6月21日)に行われる、犬肉を食べる伝統の「犬肉祭り」をめぐり、愛犬家や人気女優が反対、食文化だと反論する食堂などとの間で大論争になっている。

 中国では南部や東北部などで犬肉を食べる習慣がある。玉林市には体の抵抗力をつけるため、夏至の日に犬肉とライチの実を食べる民間伝承があり、1990年代から「玉林ライチ犬肉祭」と呼ばれるイベントを開催。だが約1万匹が食肉にされることに反発が広がり、近年は激しい抗議活動が起きるようになった。

 中国メディアによると、玉林市にある食堂を営む女性社長の携帯電話には最近、中国全土の愛犬家から「犬肉を食べたら仕返しがあるぞ」などと脅迫電話が殺到し、社長は携帯電話を解約した。(共同)


タグ:犬肉
posted by しっぽ@にゅうす at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする