動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年07月12日

猫カフェ:癒やされる?夜の接客 「延長は22時まで」

毎日新聞


◇「動物愛護に反する」に「夜行性で問題ない」

 猫と触れ合える「猫カフェ」の夜間営業を巡り、夜遅くまで楽しみたい客や店側と、猫の健康を心配する動物愛護団体などとの間で論争が続いている。環境省は猫のストレス調査を実施したが結論が出ず、動物愛護法の特例として「午後10時まで」営業を認める規定を、6月から2年間延長した。猫の「接客」の実態を探りに、猫カフェをのぞいた。【阿部周一】

 東京・池袋のビル5階にある「猫の居る休憩所299(にくきゅう)」。平日午後8時過ぎに訪ねると、ソファや書棚が置かれた静かな店内はカップルや会社員ら約30人でにぎわっていた。通常料金は10分200円(飲み物代は別)、客層は20〜30代が中心だ。17匹いる猫を抱いたり、隣に寝そべらせたりしながら、本を読んだり談笑したり。猫たちは気が向かないとふいと移動するなど、気ままに振る舞っていた。

 「自宅で飼えないので、仕事の後も開いている猫カフェはありがたい。疲れが癒やされます」。毎週来店するという常連の男性会社員(42)はそう言って、おもちゃで猫と遊んだ。

 店の営業時間は午前11時〜午後10時だ。オーナーの花田憲昌さん(43)は「ここでは猫たちもそれぞれのペースで過ごす。夜は猫が活発になる時間帯。狭いケージに入れておく方がストレスがかかる」と話す。

 夜間営業論争の始まりは2年前にさかのぼる。環境省は2012年、動物愛護法の省令で、ペットショップなどでの犬や猫の展示を午前8時〜午後8時と定めた。24時間営業を売りにするペットショップが登場し、愛護団体などから犬猫の健康に与える悪影響を懸念する声が高まっていた。この措置に猫カフェの経営者らが「夜行性の猫を夜間、閉じ込めるのは逆にストレスを高める」「夜は利用客が多い」と反発。同省は専門家会合を開き、経過措置として14年5月までの2年間、猫カフェに限って1歳以上の猫の午後10時までの展示を認め、その間に規制の是非を検証することにした。

 同省は昨年、猫カフェ9店で猫のストレス調査に乗りだした。首輪に活動量を測る装置を付け1日の平均を調べたところ、午後8時に閉まる店と午後10時までの店でほとんど差がなく、必ずしも「猫は夜間に活発化する」とは裏付けられなかった。一方、猫の尿を採取しストレス指標となるホルモン濃度も調べたが、三つある指標のいずれにも明確な差は出なかった。

この結果を基に専門家が再び議論したが「データが不十分」と結論は出なかった。愛護団体側は「労働時間をより長引かせる」などの意見を表明したが、環境省は経過措置の16年5月までの延長を決めた。サンプル数を増やして調査を続ける。同省によると国内の猫カフェは225店(昨年10月末時点)。うち午後8時以降も営業する店は76店。

 ちなみに「犬カフェ」は飼い主がペットを店に連れてくる形式が主流で、午後8時までの営業規制に反論が出なかった。「ウサギカフェ」など他の小動物を展示する店については営業時間の規制自体がない。

 環境省の猫ストレス調査に携わった加隈(かくま)良枝・帝京科学大准教授(動物行動学)は「営業時間だけでなく、店舗の広さや清潔さ、明るさなどが猫のストレスを左右する」と指摘。「欧州では1匹あたりの床面積などの基準値を法律で定める国もある。日本もそうした規制を検討すべきだ」と話す。


タグ:猫カフェ
posted by しっぽ@にゅうす at 08:22 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷にビックリ、犬の脱走急増 「迷子札着けて」

くまにちコム


雷が頻発する夏場、雷鳴に驚いて逃げ出す飼い犬が増加する。前日から雷がとどろいた7日だけでも、熊本市動物愛護センター(同市東区小山)では10匹を保護した。同センターは「首輪の緩みなどを確認してほしい」と呼び掛けている。

 同センターによると、1日に保護するのは通常2〜3匹だが、雷の日は保護される犬が増えるという。「犬は大きな音に過剰に反応し、花火や太鼓などにも驚く」と村上睦子所長。パニックになって犬が暴れ出し、リードが切れるケースもあるという。

 対策として、村上所長は「もともと犬は穴や狭い場所を好む習性がある。犬小屋の入り口に毛布を掛けるなどして、安心できる小さな空間を用意してほしい」と指摘。雷が鳴ったら家の中に入れるのも有効という。

 首輪の緩みや、首輪とリードをつなぐフックが古くなっていないかなどの点検も必要。鑑札や狂犬病予防接種の際に交付される注射済み票、飼い主の名前と連絡先を書いた迷子札を首輪に装着しておけば、早期に飼い主に戻る可能性も高まるという。

 10日までに注射済み票の照会や飼い主からの問い合わせなどで、8匹が家に戻ることができた。村上所長は「万が一逃げてしまったら、愛護センターや保健所、警察署に連絡してほしい」と話している。同センターTEL096(380)2153。(後藤仁孝)


タグ:迷子札
posted by しっぽ@にゅうす at 08:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【応募締め切り間近!】世界中の動物実験の廃止を目指した『LUSH PRIZE』2014年7月24日(木)まで受付

産経ニュース


株式会社ラッシュジャパン
動物実験代替法の開発・普及に携わる個人・団体対象/日本語でのノミネート受付中

フレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)は、動物実験をなくすための取り組みとして2012年に英国にてLUSH PRIZE(ラッシュプライズ)を設立しました。2014年度ノミネートは2014年4月よりスタートしており、7月24日(木)まで世界中から受け付けています。このプライズは、化粧品のための動物実験代替法の開発・普及活動を行う個人や団体に賞金を授与するもので、この度日本語でのノミネートが可能となりました。これを契機に、日本国内においても代替法の研究や普及に携わる個人や団体がより活発に取り組める環境になり、一日も早く世界中で動物実験が廃止されることを願い、ラッシュでは引き続き活動を続けてまいります。

LUSH PRIZEに関して:www.lushjapan.com/aboutlush/lush-prize.asp

動物実験の実態
2012年に世界中で動物実験の犠牲となった動物は1億1839万匹にものぼるという調査結果が発表されています。(出展:A Global View of Animal Experiments 2014/LUSH PRIZE)

動物の犠牲をなくすという動物福祉の観点においても、人と動物の生体の差による科学的観点においても、動物実験の代替法を支持する世論が世界中で高まっています。

化粧品のための動物実験廃止に向けた世界の動き
これまで、中国ではすべての化粧品について例外なく動物実験をすることが義務付けられておりましたが、2014年6月30日(月)より、中国国内で製造される一般化粧品※については動物実験を義務付けないという規制緩和が発表されました。この大きな一歩は、動物実験の廃止に向けて活動を続けるヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International, 以下HSI)」の北京チームとそのパートナー団体による2年間の活動の成果です。

ラッシュでは、これまでHSIと共同で世界各国におけるキャンペーンを実施してきました。今回の中国での功績から、他国においても化粧品の動物実験に関心が集まるとともに、市民の声や活動が社会を変える大きな力となる機運が高まると予想されます。

※一般化粧品・・・メイクアップ、香水、スキンケア、ヘアケアやネイルケア用品を指す。毛髪染剤、制汗剤、日焼け止め、美白クリーム及び効果効能を謳う製品については「特殊用途化粧品」となり、対象外。

化粧品のための動物実験廃止に向けたラッシュの働きかけ
ラッシュでは、創業当初より化粧品のための動物実験廃止に向けた取り組みを継続しています。2012年6月にはLUSH PRIZEを設立し、動物実験代替法の開発・普及活動を行う団体や個人に賞金を授与することを決定しました。総額25万ポンド(日本円で約4,350万円)を授与するこのプライズは、特に「代替法の開発」に焦点を当てた世界最大規模のプライズで、2014年で3回目を迎えます。

【2014年度 LUSH PRIZE概要】
期間:2014年4月27日(日)〜7月24日(金)
応募受付URL:www.lushprize.org/ja (日本語サイト)
概要:動物実験代替法の開発・普及活動を行う団体や個人に向けて賞金を授与するプライズ
LUSH PRIZEに関する詳細URL:www.lushjapan.com/aboutlush/lush-prize.asp

≪参考資料≫
LUSH PRIZEとは
2012年6月、ラッシュと消費者団体「Ethical Consumer」の共同で英国にて設立され、動物実験の代替法の開発・普及活動を行う個人や団体をたたえるプライズ。受賞者には、賞金として5分野で総額25万ポンド(日本円で約4,350万円)を授与。

対象となる5分野は、「Science Prize(動物実験に代わる代替法の開発)」、「Training Prize(動物を伴わない方法の研究者育成)」、「Lobbying Prize(代替法の利用を促進するためのロビー活動)」、「Public Awareness Prize(動物実験に関する世論喚起)、「Young Researcher Awards(代替法の研究を専門とした研究者)」。

過去には、日本の団体も受賞

LUSH PRIZEが創設させて2012年度には、Public Awareness Prizeの部門において、日本で活動をつづける「動物実験の廃止を求める会」(以下、JAVA)も受賞しました。

日本の大手化粧品メーカーに対して、署名やデモ行進など積極的なアクションを通して動物実験の廃止を求めたキャンペーンの成功が、高く評価されたことによるものです。

HSIの受賞
同じく2012年度には、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International 以下、HSI)もLobbying Prizeの部門において受賞しています。

この受賞後、ラッシュはHSIとともに各国において化粧品のための動物実験廃止に向けた取り組みを協同して実施し、署名や宣誓を集めるなど、多くの人がアクションを示すことのできる機会創出にも取り組んでいます。


タグ:LUSH 動物実験
posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学生とセラピー犬、お年寄り癒やす…富山

読売新聞


富山市立芝園中2年の男女生徒4人が10日、同市のNPO法人「セラピー犬TOYAMA」のセラピー犬とともに同市長江の介護老人保健施設「チューリップ苑」を訪れ、入居者らと交流した。

 同NPOは、犬との触れ合いを通して高齢者や障害者らの心を癒やす活動に取り組んでいる。生徒4人は、中学2年生を対象に県が行っている職場体験事業「14歳の挑戦」として7〜11日の日程で同NPOを訪れ、犬の世話などを体験してきた。

 4人は10日、同NPOの会員が飼育するベトリントンテリアやチワワなど5頭を連れて同苑を訪問。中学生が入居者ら利用者約30人に、犬を手渡すと、利用者は「かわいいね」と笑顔を見せた。

 チワワを飼っていたという女性(86)は「犬に会えると思わなかったので楽しかった。また来てほしい」と話していた。

 同苑職員が2010年、同NPOの設立を報じた本紙記事を読んだことがきっかけで、同NPOは年6回、同苑を訪問している。同苑によると、犬と触れ合うことで、元気になったり、リハビリに意欲的に取り組んだりする例が増えているという。

 活動を体験した加藤百華さん(13)は「利用者が犬と触れ合ってどんどん笑顔になった。将来はセラピー犬の訓練士になって、犬が人を助ける世界を広げていきたい」と語った。

 同NPOの大村正和理事長(60)は「頑張る中学生の姿を見て元気をもらった」と話した。

2014年07月11日 12時00分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun


タグ:セラピー
posted by しっぽ@にゅうす at 08:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫砂がトイレに詰まったら、塩を流せば良いってホント?

マイナビニュース


猫と一緒に暮らしている人は、毎日毎日猫のトイレのお掃除をします。トイレに流すことができる猫砂を使っている方も多いことでしょう。しかし、流した猫砂が詰まってしまい、トイレがあふれて大騒動! といった話もとてもよく聞きます。そんなときはどうすればいいのでしょうか。詰まったら塩を入れればよいといったウワサもあるようですが……。猫砂メーカーに聞いてみました。

(画像は本文と関係ありません)

まずは知っておきたい「流せる猫砂」の基礎知識

猫砂とひとくちにいっても、その素材は、紙あり、木あり、さらにはおからや鉱物など、いろいろです。猫砂がトイレに詰まったときの対策を教えてもらう前に、まずは猫砂に関する基本知識を押さえておきたいもの。どういうメカニズムでオシッコを吸収し、固めたり、消臭したりするのか? まずは猫砂のイロハから教えてもらうことにしました。

――猫砂には、紙、木、おから、鉱物と素材に4種類がありますよね。なぜ、紙や木などが素材に選ばれているのですか?

「猫砂には、固まるタイプと固まらないタイプがありますが、ほぼ80%以上が固まるタイプです。猫のオシッコやウンチの水分を吸収する吸水性、固めるための粘性を持つ物質を素材や原料として使用しております。

まず、そのような特徴を持つ鉱物が猫砂として普及しました。その後、燃えるゴミとして処理できる素材として紙や木、おからに粘性を付加した商品が販売されています。さらに、素材の吸水性を補強するため吸水ポリマーという高分子化合物を、粘性を高めるために糊剤も加えて加工し、吸水性と粘性をよりよいバランスにしています」

それぞれの猫砂のメリット・デメリット

――4種の猫砂ですが、使い勝手は素材によってどう違うのですか? それぞれに利点・欠点があるのでしょうか?

「まず紙製の猫砂ですが、こちらは軽いので持ち運びに便利、燃えるゴミとして処理できるのというのが利点です。トイレに流せる製品もあります。最近は、尿がかかると色が変わるタイプが衛生的で処理しやすいと人気です。

一方、色が変わらないタイプは尿の色がわかりやすく、血尿などを発見しやすいという利点があります。欠点としては、散らかりやすいことと紙の粉がほこりとして出やすいことです。

木製(おがくず)の猫砂は、天然素材ということで安心感があり、軽くてほこりも出にくく、燃えるゴミとして処理できる点が利点です。欠点としては粒が細かく、散らかりやすいこと。こちらも製品によってはトイレに流せるものや、散らかりにくい大粒タイプもあります。

おから製は食品が原料なので、安全面での安心感があります。また、適度な重さがあるので散らかりにくく、トイレに流せたり、燃えるゴミとして処理できたりするのが利点ですね。ほこりも少なめです。

ただ、おから独特の臭いを嫌がる方も。猫が食べてしまうといったケースもありますが、トイレとして認識すれば、それもなくなるかと思います。

最後に鉱物製の猫砂。この猫砂は強力な吸水性を特徴としており、水を含むと粘性を発揮するべントナイトという天然鉱物が使われています。尿を固めて取り除くことができ、消臭効果も高いことから飼育者や猫からも好まれますが、ゴミ処理が欠点ですね。地域によって異なりますが、ゴミとして収集しないところも多いです」

紙製でもトイレに流せない猫砂がある

――処理という点では、トイレに流せるタイプが便利だと思うのですが、鉱物製はダメで、紙、木、おから製の猫砂なら流せるという理解でよいですか?

「いえ、木製や紙製でも流せないものもあります。木製にはべントナイトを加えた製品もあり、こちらは流せません。また、紙製でも流せないタイプもありますので、商品の説明書をしっかりと確認してお求めください」

どうして「流せる猫砂」が詰まるのか?

――「流せる猫砂」なのに、流したらトイレが詰まったという話を聞いたりもするのですが、これは何が原因なのでしょうか?

「トイレに詰まるケースは、各メーカーの品質の違いにもよりますが、袋に記載のあるトイレに流す時の注意に従って、ご使用いただいていない場合が多いのではないでしょうか」

猫砂を詰まらせないためには注意事項を守ること

――猫砂をトイレに流す時に注意することとは、どんなことでしょうか?

「次の5点を注意していただきたいですね。

1.一度に大量の猫砂を流さない。1回にひと固まりを崩して流し、1日3回ぐらいを限度とする。

2.いくつかの固まりを流すときは、必ず1回おきに水だけを流す。

3.トイレットペーパーと一緒に流さない。

4.硬くなった固まりや固まりの数が多いときは、流さず、燃えるゴミとして処理する。

5.一度詰まったトイレは、構造上詰まりやすいので流さない。

ただし、この通りの処理をすれば絶対に詰まらないとは保証はできません。トイレの詰まりは猫砂が原因でない場合もありますし、トイレの問題に猫砂が相乗して詰まりが生じることもあるからです」

――それでも、万が一、詰まってしまったら?

「先に申し上げたトイレに流す時の注意を守れば、詰まるケースは少ないとは思いますが、誤って一度に多く流してしまった場合や、1日に何度も連続して流してしまった場合など、詰まりのリスクが増大します。万が一、詰まってしまい、自分で直らない場合は、水処理業者に連絡して直してもらうのが最善策かと思います」

猫砂が詰まったら「塩」を入れればいいってホント?

――猫砂が詰まったら、塩を入れると流れるようになると聞いたことがありますが、それって本当でしょうか?

「そうですね、完全に詰まってしまったら効果はないと思いますが、少し流れている程度の状態であれば効果を発揮することもあるかと思います」

――不思議です。なぜ塩が効くのでしょうか?

「猫砂に含まれる吸水性ポリマーや糊剤が塩分に弱いためです。塩分によって吸水性ポリマーは膨張率が極端に弱くなり、流動性が良くなります。糊剤も塩分によって糊的効果が弱くなる傾向があります。それで、トイレの中の流動性が改善され、流れるようになる場合もあるということです」

――塩以外にも、効果のあるものはありますか? たとえば砂糖とか……。

「砂糖はダメでしょうが、酢やクエン酸も塩同様の効果が期待できると思います」

――下水に塩を流すのはNGという自治体もあるとか聞きますが?

「塩を流すといっても、詰まりかけたときの一時的なことですし、大量に流すわけでもないので問題はないかと思います。もともと尿には塩分が含まれていますので、人間のものも含め、下水が流す大量の尿の塩分に比べれば微々たるものです」

――通水カップ(ラバーカップ)の使用はどうでしょうか?

「詰まりかけや完全に詰まった状態でなければ、詰まりが直る場合はあると思います。いずれにせよ、先に申し上げましたようなトイレに流す時の注意を守っていただければ、猫砂でトイレが詰まるというケースは少ないと思います。注意書きを必ずお読みいただきたく思います」

その他の注意点

――ほかにメーカーとして、猫砂の使用に関して飼育者に知っておいてほしいことがあれば教えてください。

「そうですね。猫砂を変える場合ですが、猫は慣れていない猫砂だと嫌がるケースがあります。なので、それまで使っていた猫砂に少量ずつ混ぜて、慣らしつつ切り替えていくのがポイントです。

また、猫トイレは、湿気の少ない、猫の落ち着ける乾燥した場所に設置するのも大切です。トイレのお掃除は、一日に数度行い、衛生的に保ちましょう。糞尿等の臭いが強くなると、猫が他の場所でオシッコをしてしまう場合もあります。

それから、開封して残った猫砂はよく密閉し、乾燥した場所で保管してください。使用後の猫砂を燃えるゴミとして処理する場合は、よく密閉して衛生的に保管し、ためずにゴミ出し処理をしていただきたいです」

――ありがとうございました!

便利な製品でも、使い方を間違えると詰まってしまうことがあるようですね。今回教えていただいた猫砂知識を参考にして、安全、清潔な猫のトイレ生活を実現してあげましょう。


タグ:猫砂
posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐犬飼い主に懲役4年を求刑 検察側

朝日新聞


飼っていた土佐犬のリードを放したことで、犬に襲われた女性(当時59)が死亡したとして、重過失致死などの罪に問われた飼い主の無職佐治清被告(65)に対する論告求刑公判が10日、札幌地裁苫小牧支部(守山修生裁判官)であった。検察側は「土佐犬の危険性を認識していたにもかかわらず、放し飼いにしたことは危険極まりない悪質な犯行だ」とし、懲役4年罰金20万円を求刑した。

 弁護側は「被害者にかみつく土佐犬を懸命に引き離そうとした。非を認め、謝罪もしている」と述べ、刑の軽減を求めた。

 起訴状によると、佐治被告は2月26日午前10時半ごろ、白老町の浜辺で土佐犬(体重約45キロ)を散歩させた際、リードを放せば人に危害を加えると予想できたのに、人がいないと思い込んでリードを放した。それにより、犬にかみつかれて失神し、波打ち際に転倒した橋場トミ子さんを水死させたとされる。


タグ:咬傷事故
posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする