動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月22日

救助犬の能力披露 長岡で防災フェア

読売新聞

中越地震の発生から10年を迎えることから、防災意識を高めてもらうイベント「みんなの防災フェア2014」が20、21の両日、長岡市のハイブ長岡で開かれ、多くの家族連れらでにぎわった。

 TeNYテレビ新潟と同市が組織する実行委が主催。会場には震度7の揺れを体感できる起震車や、土石流の振動や音を再現した3Dシアターなど体験型装置が用意された。災害時の「エコノミークラス症候群(肺塞栓症)」を研究する新潟大の榛沢和彦医師もブースを設置し、同症候群を予防する無料のエコー検診などを行った。

 また、NPO法人災害救助犬協会新潟は、救助犬の訓練デモンストレーションを行った。救助犬が八つの箱の中から人間の隠れた箱を発見する訓練で、救助犬が人の入った箱を当てると、歓声が上がっていた。箱の中に隠れていた長岡市の小学2年塚本美生さん(7)は「犬が見つけるなんてすごいことだと思う」と感心した様子だった。



タグ:救助犬
posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盲導犬はパートナー 動物愛護フェス

読売新聞


 動物愛護週間(20〜26日)に合わせ、府と京都市は21日、身近な動物の働きや、正しい飼い方などについて考える催し「京都動物愛護フェスティバル」を新風館(中京区)で開いた。

 会場にはペットのしつけや病気の相談ができるブースが並び、ステージでは、聴導犬が電話や自転車のベルを知らせたり、盲導犬が障害物をよけたりする仕事ぶりを披露。関西盲導犬協会(亀岡市)のトレーナーは、さいたま市で盲導犬が何者かに刺されてけがをした事件に触れ、「盲導犬は利用者にとって心の支えとなるパートナー。街で困っている姿を見かけたら声をかけて」と呼び掛けた。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:48 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

徳島)啓発が功を奏し犬猫処分数は大幅減 動物愛護週間

朝日新聞


動物愛護週間が始まった20日、神山町阿野の県動物愛護管理センターで、来場者が犬や猫と遊べる「動物ふれあい教室」があった。こうした活動や、飼えない動物を増やさない取り組みが功を奏し、センターで処分される犬猫は開設以来の10年で8割減っている。

 ふれあい教室は、動物に親しんで命の大切さを実感してもらおうと、週1回程度開いている。この日も、親子連れなどが子犬とボール遊びをしたり、猫を抱いたりして楽しんだ。

 徳島市国府町から訪れた主婦の西出美樹さん(36)は先週、センターから子犬を引き取ったばかり。夏休みに子どもと参加した催しで、保護された犬の収容棟を見たのがきっかけだ。「人間の都合で多くの命が失われることにショックを受けました。少しでも減らしたいと思った」という。

 センターは2003年に開所。やむを得ず飼えなくなった犬猫などを受け入れてきた。その多くは殺処分され、初年度は1万513匹だったが、09年には5千匹を割り、昨年度は2290匹と大幅に減っている。

 動物愛護の啓発や、新たな飼い主を探す譲渡会に力を入れてきた結果だという。譲渡先を少しでも増やそうと、県内の動物愛護団体を通じて県外からも飼い主を募っている。

 県は、数年前から各地の住民をボランティアの「動物愛護推進員」に任命。約60人が、飼えないペットが増えないよう、パネル展やチラシで去勢・不妊手術の啓発活動をしている。センターも、譲渡する犬猫は手術してから飼い主に引き渡している。職員の吉田麻里絵さん(25)は「処分される数はまだまだ多い。不幸な命をさらに減らしたい」と話す。

 センターは23日午後1時から、犬猫とのふれあいや、しつけ教室、収容棟の見学などがある催し「動物愛護のつどい」を開く。問い合わせは088・636・6122。(渡辺元史)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:56 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺処分ゼロを」 動物愛護週間、県が命の大切さ呼び掛け

埼玉新聞


動物愛護週間(20〜26日)を前にして、県は18日、さいたま市浦和区のJR浦和駅コンコースで、動物の適正な飼養や命の大切さなどを呼び掛ける街頭キャンペーンを実施した。

 キャンペーンには県職員、イヌやネコの正しい飼い方などをアドバイスしている県の動物愛護推進員、協賛企業の社員、県のマスコットコバトンが参加。駅利用者らに啓発用絵はがき3千枚とウエットティッシュ3千個を配りながら、動物愛護への理解を求めた。

 県は2008年に県動物愛護管理推進計画を策定。最終的に殺処分数ゼロに向け、削減を重要課題としている。取り組みとして、(1)飼育放棄を求める飼い主を粘り強く説得し、動物収容施設に入れない(2)迷子になった動物を飼い主へ返す(3)県動物指導センター(熊谷市)を中心に、処分を待つイヌ、ネコに新しい飼い主を見つけることに力を入れ、具体策を講じてきた。

 県生活衛生課によると、県内の殺処分数は06年度のイヌ、ネコ合わせて9118匹から11年度には4367匹にまで減少。同課は県のホームページを通じた新しい飼い主探しや迷子動物の情報提供、マイクロチップの装着の普及促進、動物愛護団体との連携などを要因として挙げている。13年度は2430匹となり、16年度までに千匹未満にする目標を立てている。

 イヌ2匹、ネコ4匹を飼っているという久喜市の県動物愛護推進員の女性は「人間の都合で安易に飼ったり、手放してはいけない。最期まで面倒を見ることが大切」と話している。10月26日には、桶川市西の同市立桶川小学校で動物愛護フェスティバルが開かれる。動物と触れ合ったり、聴導犬について知ることができたり、獣医の体験コーナーもある。

 問い合わせは、県動物指導センター(電話048・536・2465)へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:55 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫はなぜ爪をとぐの?(上)

産経ニュース


猫の爪は、武器として身を守り、食べ物を取るために必要です。そのため、爪とぎは猫にとって大変重要な行為です。

 猫の爪の構造は人とは異なり、タマネギのように何層にもなっていて、真ん中に血管や神経があります。爪はその血管や神経を中心として層を重ねて伸びていき、外側の層は時間とともに固くなります。一番外側の固くなった層の使い古した爪をはがし、先端をとがらせて新しく柔軟性のある爪にするため、猫は爪とぎをするのです。

 爪とぎの目的は、ほかにどのようなものがあるでしょう? まず、1つ目は自分の縄張りを主張するためです。猫の肉球には汗腺があるので、自分の縄張りにニオイをこすりつけ、爪の痕を残すことでマーキングを行います。2つ目はストレス解消。気持ちを落ち着かせるために行うことがあります。最後に、飼い主の関心を集めたいとき。自分をアピールするため、わざと行うこともあります。

 猫の爪とぎは本能なので、この行為自体をやめさせることは困難です。さらに、やめさせることが大きなストレスになるかもしれません。とはいえ、猫がどこでも自由に爪とぎをすると、家具や壁などに爪痕が残り、部屋中がボロボロになってしまうのも困りものです。家具や壁などで爪とぎをしたからと、猫を怒ってもあまり効果はなく、逆にストレスを与えてしまうことになりかねません。

 猫と楽しく健康的に過ごすためにも、お気に入りの爪とぎ器を見つけ、爪とぎをしてもよい場所を作ってやりましょう。

 次回は、爪とぎ器の選び方についてお伝えします。(アニコム獣医師 堀井典子)
タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫50匹殺し逮捕の自称“愛猫家” 自宅では猫一匹飼っていた

日刊ゲンダイ


猫を路面にたたきつけたとして、プログラマーの久保木信也容疑者(33)が18日、警視庁に逮捕された。大田区内では今年4月から40匹以上の猫の死骸が見つかっている。これらの“猫殺し”についても久保木容疑者の犯行とみられている。

「ストレスのはけ口だった。野良猫への餌やりに腹が立った」と容疑を認めているという。

「久保木容疑者は猫の不審死の報道がされ始めると一時、猫殺しを中断していたが、今月初めには再開しています。『猫の数を減らしたいという衝動がわいてきて、またやり始めた』と話している。これまでに50匹近くの猫を殺しています。それなのに『自分は愛猫家だ』とも話していて、実際に自宅からは猫が1匹見つかっています。虐待されている様子はなく、可愛がられていたようです」(捜査事情通)

 可愛がっているのは自分の猫だけで、他の猫に対しては容赦はなかった。久保木容疑者はインターネットで農薬や不凍液を購入し、エサに混ぜてあちこちに置いたり、捕まえた野良猫を傷つけ、殺していたらしい。

「以前、公園に捨てられていた猫は頭が割られていて、見るに無残でしたよ。ようやく逮捕されたと思ったら、近所に毒入りのエサがたくさん見つかりました。草の下などに隠されているものもあり、そのせいか逮捕の翌日にも猫の死骸が発見されていました」(近隣住民)

 そこまで猫を殺したかったのか。間違っても愛猫家ではない。

タグ:虐待
posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保育所に子猫の切断死骸

日刊スポーツ


20日午前9時半ごろ、沖縄県恩納村の保育所の芝生で、切断されたとみられる子猫の頭部と脚部4本が捨てられているのを、保育所の所長が発見した。石川署は、動物愛護法違反の疑いで捜査している。

 石川署によると、子猫は頭部の大きさから生後約1〜2週間で、胴体は見つかってない。頭部と脚部4本は、保育所の外にある道路から約3メートル先の所内の芝生にあったため、同署は投げ入れられたとみている。保育所はトラブルを抱えていないという。19日夕方ごろには死骸はなかったという。(共同)


タグ:虐待
posted by しっぽ@にゅうす at 07:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする