動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月20日

東京都港区で動物愛護活動家・杉本彩氏のトークショー開催

アメーバニュース


フレッシュハンドメイドコスメ「LUSH(ラッシュ)」は10月4日・5日(日)の2日間、東京都港区・東京ミッドタウン 芝生広場にて、「LUSH LIFE PARK 2014」を開催する。

○動物愛護活動家として知られる杉本彩氏のトークショーも

同イベントは、「2050年のLUSHな(みずみずしく、みどりと潤いにあふれた)未来のために」をコンセプトにした、子供から大人まで未来のことを楽しく考え、体と心をチャージできる、同社初のイベントとなる。

100%自然エネルギーで運営し、音楽やアート、ワークショップ、そしてフレッシュハンドメイドコスメを通して、持続可能な未来の姿を創造するイベントを目指す。期間中は、地球や自然、動物と人がハッピーに共存できる、持続的な未来の実現に向けて、考えに共感し真剣に取り組んでいる多彩なアーティストによるライブやトークショーを実施する。

「LUSH GREEN STAGE」では、"LUSHな未来" の実現に賛同する多彩なアーティストによるライブパフォーマンスを実施。「LUSH CHRISTMAS TREE HOUSE」は、日本のツリーハウス第一人者・小林崇氏によるクリスマスツリーハウスが登場する。「LUSH CHRISTMAS FACTORY」は、限定アイテムの製造体験とPOP-UPショップとなる。

「LUSH LIFE WORLD」「LUSH SPA、GORILLA PERFUME」など、五感すべてでLUSHを楽しむことができるほか、各種エシカルワークショップには「NO!動物実験」のメッセージを訴求するブースも登場。会場内でウサギを見つけて、ラッシュの化粧品のための動物実験反対の取り組みを体感するアクティビティを実施する。

また、動物愛護・動物保護の世界的記念日「世界動物の日」である10月4日には、動物愛護活動家として精力的に活動している杉本彩氏のトークショー出演が決定した。トークショーでは、化粧品のための動物実験廃止に向けたメッセージや、動物愛護の観点から、不要な犠牲のない、動物と人が幸せに共存できる社会の実現に向けその想いや活動などについて語るという。

開催日時は、10月4日・5日 11時〜19時(最終日18時まで)。杉本彩氏トークショーは、10月4日 13時。場所は、東京ミッドタウン 芝生広場(東京都港区赤坂9-7-1)。入場無料。

来場者特典として、空容器のリサイクルに協力した人に「LUSH LIFE PARK エンジョイグッズ」をプレゼント。また、イベント会場にラッシュ商品の空容器5個を持参した人・各日250名に限定オリジナルエコバッグとマグカップを、容器1個持参で限定エコバッグを進呈する。


タグ:杉本彩氏
posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

動物愛護法違反:「ストレスのはけ口」猫を地面に…男逮捕

毎日新聞


◇蒲田周辺で45匹の猫死ぬ、「野良猫餌やりに憤慨」も

関連記事

【公園で見つかった有害物質入りの不審物】
<ニュースの一報>猫の不審死:東京・大田区で相次ぐ…4月以降、25件
猫虐待:容疑で29歳書類送検−−大町署 /長野
シェパード:逃げ、女性3人をかむ いずれも軽傷−−吹田 /大阪
全国初のアニマルポリス・ホットライン:動物虐待相談件数、半年で126件を受理
 東京都大田区で猫を地面にたたきつけて傷つけたとして、警視庁保安課は18日、同区蒲田1、会社員、久保木信也容疑者(33)を動物愛護法違反容疑で逮捕した。同区大森や蒲田では4月以降、半径約500メートル内で計45匹の猫が死に、区がパトロールするなど警戒していた。久保木容疑者は一連の変死事件についても関与を認め、「ストレスのはけ口と、野良猫への餌やりに憤慨してやった」と供述しているという。

 逮捕容疑は18日午前2時半ごろ、同区大森西6の駐車場で、猫の首を絞めて路面にたたきつけるなどしたとしている。猫はその後死んだ。

 同日午前3時20分ごろ、警戒中の警察官が自転車を押して歩いていた久保木容疑者を発見し、職務質問。自転車の前かごに、ビニール袋に入った4匹の猫の死骸があり、事情を聴いたところ、うち1匹を路面にたたきつけたほか、3匹を「今、農薬入りの餌を与えて殺した」と認めた。

 さらに、久保木容疑者は「4月ごろからキャットフードにエンジンの不凍液や農薬を混ぜて公園などに置いた」と供述しているという。【林奈緒美】


posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖マリアンナ医大病院 来春、勤務犬導入目指す

タウンニュース


聖マリアンナ医科大学病院(尾崎承一病院長・区内菅生)は、重い病と闘う患者やその家族に情緒的安定や闘病意欲の向上などを促すことを目的とした犬を使った動物介在療法(アニマル・アシステッド・セラピー/AAT)の導入を目指している。来年4月を予定し、実現すれば大学病院として全国初となる。

 現在国内では2か所の小児医療施設に施設常勤勤務犬(ファシリティドッグ)が導入され、AAT活動が行われている。

 犬が付き添う事で麻酔導入時、使用量が軽減したとの報告や小児がん患者における外科的処置など侵襲性の高い治療に対して犬が患者に精神的な安定をもたらし治療に積極的になるなどの効果が報告されているという。

 同病院では教職員有志でAAT活動を2年前から始めた。(公財)日本盲導犬協会、(社福)日本介助犬協会の協力の元、現在までに13回の活動を行っている。

 現場からは「つらい入院生活のなかでよい思い出ができた」「明日から頑張れる」などの闘病意欲の向上が認められたという。

 その後の医療関係者、患者とその家族に行ったアンケートからは93%以上の人が「効果があった」、導入に関しては97%が「賛成」と回答を得た。また、昨年11月の病院内での署名活動では2000人を超える賛同もあり、今年4月、検討委員会が正式に発足した。

 検討委員会の中心人物の1人として活動してきた同病院附属のブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック師長佐野政子さんは「常にストレスを抱える患者さんをケアするためにも、導入を実現させたい」と話す。

 尚、11月1日に同病院で行われる一般市民向けのオープンホスピタルカフェで、紹介ブースが設置される予定。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬 里親のもとへ

タウンニュース


飼い主を失ったウサギ、イヌ17頭が先月18日に金井で見つかった。

 動物は、保健所から連絡を受けた小さな命を守る会(其木洋子会長=人物風土記で紹介)、いぬねこカフェLUA(成瀬)、その他各ボランティア団体により里親探しが行われている。

 9月18日現在、保護犬17頭中12頭は新しい飼い主を見つけ引き取られている。子犬を含むグリフォン2頭や四国犬3頭などはいまだ里親探し中。

 小さな命を守る会は毎月第2日曜日の午前11時より真心動物霊園内駐車場で里親会を開催している。

 問い合わせは小さな命を守る会

posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

年16万匹の犬猫「殺処分」をゼロへ 著名人キャンペーンや新施設も

産経ニュース


日本で飼われている犬や猫は推計約2千万匹。環境省によると、飼い主の飼育放棄などで殺処分される犬や猫は年間約16万匹に上る。そうした殺処分をゼロにしようという動きが活発だ。自治体が新しい飼い主と出合う場を設けたり、著名人が先頭にたってキャンペーンを展開したりと各地に広がっている。(服部素子)

 ◆ドッグランも

 京都府と京都市は同市南区に「京都動物愛護センター(仮称)」を建設中だ。来年4月の開所に向け、工事を進めている。

 動物愛護センターは、捨て犬や捨て猫を殺す場所、というイメージを持たれることも少なくなかった。だが、府と市の思いは「命をつなぐ施設にしたい」。建設地は、最寄り駅から徒歩5分という好立地で、約1万平方メートルの敷地には、保護した動物の収容施設をメーンに、夜間救急動物診療所や災害時の動物保護施設なども備える。

 すでに犬を飼っている人が、飼い犬を連れてきて自由に遊べる「ドッグラン」も整備。保護犬や保護猫の譲渡会、子供向けの体験学習会なども催し、だれもが足を運びやすい場を目指す。

 市保健福祉局保健衛生推進室の太田眞一課長は「市と府が共同のセンターを持つことで、自治体の管轄区域を超えた、広域的な保護動物の譲渡が可能になる。出合いの機会を増やし、殺処分の減少につなげたい」と話す。

◆国も乗り出す

 自治体の中でも早くから殺処分ゼロに向けて取り組んでいるのが神奈川県。約20年前から行政とボランティアが連携し、行政が保護した犬や猫を登録ボランティアに譲渡、ボランティアがネットワークを駆使して新たな飼い主を探している。保護した成犬をしつけて不妊手術をした上で地域の「モデル犬」として住民に譲渡する、といった取り組みも続けてきた。

 努力が実を結び、県動物保護センター(同県平塚市)は昨年度、昭和47年の開設以来初の「犬の殺処分ゼロ」を達成した。

 こうした動きは自治体にとどまらない。今年5月には、女優の浅田美代子さん、服部栄養専門学校校長、服部幸應さんら37人が呼びかけ人となり、「TOKYO ZERO キャンペーン」をスタート。6年後の東京五輪・パラリンピック開催までに、東京都内の殺処分をゼロにすることを目指し、生後8週までの子犬を生まれた環境から引き離すことを禁じる「8週齢規制」の実現などを掲げる。

 同会の代表理事で、料理研究家の藤野真紀子さんは「海外から大勢の人が日本に訪れる東京オリンピックにあわせて、影響力のある著名人が『殺処分ゼロ』を発信することで、先進国の中で動物福祉が遅れている日本を一気に変えるチャンスにしたい」と意気込む。

国も動き出した。環境省は昨年11月に、犬猫の殺処分ゼロを目指す「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」を立ち上げ、今年6月には実行に向けたアクションプランを発表。飼い主責任の徹底や、自治体を超えた広域譲渡の推進などの具体策を提示している。同省は「動物行政は自治体ごとに課題が異なり、解決にはボランティア、事業者、獣医師、NPOなどとの連携が重要だ」と話している。

タグ:殺処分
posted by しっぽ@にゅうす at 07:13 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島県・動物愛護管理センターで「動物愛護啓発パネル展」が開催

アメーバニュース


徳島県動物愛護管理センターは26日まで、県内各所にて「動物愛護啓発パネル展」を開催している。

○処分を待つ犬や猫の写真を展示

同展は、20日〜26日の動物愛護週間に合わせ、犬猫などの殺処分を減らすために、飼い主のモラル向上などを啓発する目的で開催する写真展。殺処分を待つ犬や猫のなどの写真が展示される。同施設では、平成25年度には2,290頭の犬や猫が処分されている。

同センターでは、動物ふれあい移動教室、子犬や子猫の飼い主を探す会、動物愛護のつどい、しつけ方教室などさまざまな施策を行ない動物愛護の啓発と殺処分個体の減少に努めており、同展もそういった取り組みの一環となる。

会場と日程は、徳島県徳島市幸町2-5「徳島市役所ロビー」が開催中〜19日。徳島県板野郡藍住町奥野字東中須88番地の1「ゆめタウン徳島」、徳島県板野郡北島町鯛浜西ノ須174「フジグラン北島」、徳島県徳島市万代町一丁目1番地「徳島県庁ロビー」が開催中〜26日。徳島県徳島市渋野町入道22番地の1「とくしま動物園」が開催中〜30日。徳島県名西郡神山町神領字本野間100「神山町役場」が20日〜26日。徳島県名西郡石井町石井石井480-1「石井町中央公民館」が18日〜30日。

○動物愛護週間内に「動物愛護のつどい」を実施

また同県では、動物愛護週間内に「動物愛護のつどい」を実施する。同行事は昭和56年度から実施しており、今回が34回目の開催となる。来場者に動物の適正な飼育について理解してもらうとともに、動物を愛する気風を招来し、動物愛護精神の浸透を図ることによって、うるおいのある人間社会の形成を目指すことを目的としている。

主催は徳島県、徳島市、公益社団法人徳島県獣医師会の共催。開催日は23日。開催場所は徳島県名西郡神山町阿野字長谷333「動物愛護管理センター」と、徳島県徳島市渋野町入道22番地の1「とくしま動物園」の2会場。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫が喜ぶ触り方をマスターしておかないと大変なことになる

アメーバニュース


猫と上手に接するには、いくつかのコツがあります。頭に入れておくだけで、猫ともっと仲良くなれることでしょう。今回紹介するのは、猫が喜ぶ触り方、猫が嫌がる触り方についてです。マスターしておかないと、猫と仲良くなれないばかりか避けられるようになってしまうことも…!! 猫と触れ合う前に、しっかりとコツを頭に入れてみましょう。

■猫が喜ぶ触り方…タイミングが大事

まず大切なのは、猫が喜ぶタイミングを見極めるということです。猫はマイペースな生き物。自分が触られたいとき以外の触れ合いは、基本的に好みません。猫に触れるのは、猫がかまって欲しそうに近寄ってきたときがオススメです。こんなときに思う存分触れてあげれば、きっと猫も満足するはず。「自分が触りたいとき」ではなく「猫が触って欲しいとき」を意識してみてください。

■猫が喜ぶ触り方…正しい順番とは

いくら猫が「触っていいよ」と言ってくれても、突然頭の上から手を伸ばすのは、猫を驚かせてしまう可能性が大。きちんと順番を守り、猫を怯えさせないようにしましょう。まずは猫が見えるところから手を出し、人差し指であごの下や首を撫でてあげるのがオススメ。リラックスしてきたら、顔や耳の裏も猫が喜ぶポイントです。できるだけ軽く、優しいタッチで触れてあげましょう。

■猫が嫌がる触り方…ここはNG

猫には「あまり人には触られたくない場所」も存在します。こんな場所を突然触ろうとする人間は、猫に嫌われやすいと言えるでしょう。具体的なポイントは、お腹やしっぽ、前足の先など。お腹は内蔵に近いことから多くの動物が隠そうとする部位ですし、猫のしっぽには細かい神経が通っています。前足の先は鋭い感覚を持っているので、触れられるのを嫌がる猫が多いようです。

■猫が嫌がる触り方…猫によって違う

猫によって好き嫌いが分かれるのが、背中です。背中を撫でられるのが何よりも好きという猫もいれば、どうしても嫌がる猫もいるものです。こんなときは、その猫の性格と合わせるのがベスト。まずは「喜ばれる可能性が高い部位」から優しくなでてあげてください。その後、順番に背中にも触れてみます。もし嫌がるなら、避けるようにしましょう。

猫が喜ぶ触り方、嫌がる触り方はいかがでしたか?もちろん猫の性格にもよりますし、また触ろうとする人間との関係性によっても、結果は大きく変わります。徐々に距離を近づけて、猫と仲良くなってみてください。


タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 07:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする