動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月01日

犬猫チップ装着を助成/茨城

読売新聞


犬の殺処分数が全国最多の県内で、犬や猫に埋め込むマイクロチップの普及に県獣医師会が力を入れている。連絡先などのデータをチップに登録しておけば、迷子になった時、専用の機器を使って飼い主を見つける手がかりとなる。同会は必要な費用を助成して、飼い主に装着を促していく考えで、9月からは飼い主の負担軽減策を拡充する。

 県内の犬の殺処分数は、2012年度まで8年連続で全国ワースト1位。13年度は3115匹が収容され、殺処分は前年度比1019匹減の2158匹だった。猫は3038匹収容され、殺処分は同424匹減の2773匹。犬猫とも過去最少になったが、最終目標のゼロとは隔たりがある。

 収容先の県動物指導センター(笠間市)では現状を知ってもらおうと、8月5〜7日に親子見学会が開かれ、7日には親子21人が参加した。獣医師の田上宣文ひろふみさん(土浦市)は、直径2ミリ、長さ約12ミリのマイクロチップについて紹介。チップには15桁の数字が割り当てられ、皮下に埋め込まれた後、専用の機械で読み取ると、登録しておいた飼い主の情報を確認できる仕組みを説明した。「家族として最後まで面倒を見てほしい」と責任を持って飼うよう求めた。

 県獣医師会では、飼い主の元に戻れずに犬や猫が処分されるのを防ごうと、7月から先着1000匹について、チップのデータ登録料1000円の助成を始めた。9月からは避妊・去勢手術で4000円、同時にチップを埋める場合はさらに2000円を助成する事業を先着1000匹に行う。

 登録の助成を初めて実施した13年度は481匹にとどまり、認知度はまだ低い。

 県内のマイクロチップの装着状況をみると、13年度末現在で、犬が1万9226匹、猫が2769匹。徐々に普及しつつあるが、犬の装着率は1割にとどまっている。

 同会の担当者は「マイクロチップが定着するよう粘り強く取り組み、不幸な犬猫をなくして殺処分ワースト1位返上につなげたい」と話している。問い合わせは、同会(029・241・6242)。



 9月は動物愛護月間。県などは23〜28日に「動物愛護フェア」を水戸市三の丸の県立図書館で開く。写真展のほか、23日午後1時15分から映画「犬と猫と人間と」の上映会、28日午後は絵本の読み聞かせを予定している。入場無料。

 犬の捕獲頭数が県内最多の248匹(13年度)だった神栖市は、市に登録した飼い主を対象に飼い方や動物愛護などのメッセージを添えた愛犬の写真を9月30日まで募集中。広報紙などで紹介し、採用者に記念品を贈る。市環境課は、「一方通行の啓発ではなく、飼い主と双方向のやり取りでマナー向上につなげたい」と期待している。

2014年09月01日 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どものストレスをペットが支えてくれる 「動物介在教育」とは

Benesse


欧米では、教師のペット(主に犬)を教室に連れ込み、子どもたちによい影響を与える「動物介在教育」が盛んだ。日本では、まだ普及していない動物介在教育について、麻布大学の太田光明先生に伺った。

***

オーストラリアの小学校では、教室に1頭の犬を「仲間」として迎えたところ、生徒たちが先生の顔を見ている時間が増え、授業に集中するようになったそうです。さらには攻撃的な行動が減り、クラスの和が深まりました。これを科学的に分析することはできませんが、犬が子どもたちに「よい刺激、よい影響」を与える存在になる可能性を示唆していると考えられます。

このように、教育の現場に動物のチカラを活用することを「動物介在教育(Animal Assisted Education)」と呼びます。動物介在教育は、欧米を中心に多くの学校で導入されており、私が視察したドイツ・オーストリア・スイスでは、教師が当たり前のように、自分の飼っている犬を教室に連れてきていました。日本は文部科学省が「心の教育」を重視し、自然体験活動が注目されているにも関わらず、残念ながら動物介在教育が浸透していません。先生が忙しすぎて、動物介在教育に取り組めないこと、動物介在教育自体を知らないことが大きな要因のようです。

家庭で飼っているペットも子どもに影響を与えます。アメリカの研究者の調査では、「ペットは<特別な友達>であり、<ペットと親密な会話>をしている」と報告されています。ドイツの調査では、9〜10歳の男児・女児のうち79%が「悲しいときペットと一緒にいる」ことを好み、69%が「ペットと親密に分かち合っている」としています。

これらのことから、子どもが何かしらのストレスを感じたとき、その子を支える役割をペットが担っていることがわかります。ほかにもイギリスの研究では、ペットを飼っている家庭の子どもは、飼っていない子どもに比べて、学校に出席する日数が年に3週間多いという報告もあります。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:56 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛する家族の一員を守る!知っておきたい「ペットフード」選びの注意点

マイナビニュース


生活習慣病にかかるのは人間だけではありません。食べ物や運動不足などによって、ペットである犬や猫も生活習慣病にかかります。とくにインスタント食品や添加物の多い食べ物ばかりをあげていると、人間と同じように栄養素が不足したり偏ったりして、ペットの病気を引き起こす原因にもなります。

ペット達は自分で食べるものを選ぶことができないので、私たち飼い主がしっかりとした食生活を意識してあげなければなりません。フードやおやつが原因で病気になってしまったら医療費もかさんでしまい飼い主としても悪循環ですし、そもそも愛するペットの苦しむ姿を見たいと思う飼い主なんていないでしょう。

最近では中国産のジャーキーを食べた犬や猫が死んでしまったという事件もありましたが、ペットフードやおやつの安全性について皆さんはどのくらい意識していますか? 今回の記事では、愛玩動物飼養管理士の筆者が、注意したい現在のペットフード事情についてお伝えします。

■1:“遺伝子組み換え”など成分をしっかりチェック!

骨や細胞、血液などをしっかりと作るにはタンパク質やビタミン類、ミネラルや脂質、炭水化物などをバランスよくペットに食べさせる必要があります。

与えるフードに何が含まれているのか、しっかりと成分をチェックして食べさせるように心がけてください。化学的な香料や防腐剤、着色料などが多く含まれているフードやおやつはペットの健康のためには控えてあげたほうが賢明です。

また、“遺伝子組み換え”の穀物が使われている場合もありますので、気になる方はよく注意してからフードを選んでください。

■2:人間が食べる食品の安全基準よりもゆるい

現在日本では、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)によって原材料や添加物に一定の規制がかけられています。ですが、実はその基準は私たち人間の食品の規制よりも安全基準がゆるく設定されているのです。

例えば、殺菌剤にも用いられる農薬及び飼料添加物の“エトキシキン”について、ペットフードでは酸化防止剤として使用されている可能性があります。

また、“BHA酸化防止剤”と呼ばれる添加物は人間に対してはその発がん性が認められたことから、現在は人間の食品では使用が規制されていますが、ペットフードにはこのような規制はかかっていません。

ペットフード安全法は平成21年に施行された比較的新しい法律ですが、この法律によってペットフードの原材料や添加物などの表示義務が課せられていますので、現在では購入しようとするフードやおやつの成分を消費者が確認することができます。

また、原産国名も表示義務が課せられていますので、消費者としてチェックを怠らないようにしたいポイントです。市販のものは全て安全と思い込まずに、自分のペットに食べさせていいものかどうか、飼い主がきちんとチェックしてから与える心がけが必要です。

■3:手作りフードも選択肢のひとつ

市販のフード類だけでなく、手作りのフードを与えるのも選択肢のひとつです。実際に筆者も週に何日かはササミや野菜を煮込んで作った“手作りフード”を愛犬に与えています。手作りフードを与える際には、栄養のバランスに注意して作ってあげるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。規制がかけられているとはいえ人間と比較するとその内容が異なっているのが、現在のペットフードの実情です。人間の食品ですら表示や内容について偽装や安全性に関する報道が相次ぐ現代において、ペットフードにどこまで注意するか、何を基準にしてフードを与えるかは個々の飼い主の判断となります。

筆者の場合には新しいフードやおやつを愛犬に与える際には、まずは筆者が味見をして化学的な味がしないか、変な臭いがしないか、なども実際に舌で確かめるようにしています。

長期保存やペットの食いつきばかりを重視したフードだと、香料を含む添加物も多く入っている傾向があるようです。気になった方は是非、この機会にペットフードやおやつについても一度、確認してあげてくださいね。


タグ:フード 健康
posted by しっぽ@にゅうす at 06:55 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セラピー犬とふれあい 高齢者の心和む

読売新聞


大阪市東淀川区が、高齢者や認知症の人たちを対象に、地域で開くセラピー犬との交流イベントが好評だ。人の気持ちを前向きにするというセラピー犬は、病院や高齢者施設で活躍するケースが多いが、同区は高齢者の見守りや社会参加の促進にも「効果あり」と判断、昨年8月から1年間で計約30回の会を催し、成果を上げている。(斎藤七月)

 「かわいいなぁ。こっちおいでおいで」

 8月上旬、同区の民間施設で行われた区主催の交流会。参加者のお年寄りが、ラブラドルレトリバーやチワワなどに次々と手を伸ばした。

 この日は大隅西地区の高齢者ら約20人が約1時間、犬を抱っこしたり、犬とボール投げをしたりして楽しんだ。一人暮らしの男性(67)は「犬は大好き。楽しかった」と笑顔で話した。

 同区の65歳以上の高齢者は約3万8800人。データはないが、集合住宅に引きこもる独居高齢者も多いとされる。区役所には、こうしたお年寄りから「話し相手がいなくて寂しい」、「今の住宅では飼いたいペットが飼えない」と相談の声が寄せられていた。

 このため、区が病院などで導入が広がるドッグセラピーに着目。「高齢者が外出するきっかけになり、孤独ですさみがちな心の癒やしにもつながる」と、セラピー犬を養成する日本レスキュー協会(兵庫県伊丹市)に業務委託し、人になつくように訓練を積んできた犬を計11地区の集会所などに派遣した。

 これまでの交流会を通し、家に閉じこもっていた一人暮らしの高齢女性が、化粧を施して外出するようになった例や、他のイベントに顔を見せなかった高齢者が、初めて参加したとの報告もあった。イベントは一人暮らしでなくても参加できる。

 大隅西地域活動協議会の川越孝会長(62)は「いつも顔を見せてくれる高齢者も普段見たことのない笑顔を見せてくれ、周囲との会話も弾んでいる」と喜ぶ。

 区の担当者は「セラピー犬の働きを知ってもらい、将来は地域でセラピー犬を育てる団体が生まれるようになれば」と期待している。

2014年08月31日 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun


タグ:セラピー犬
posted by しっぽ@にゅうす at 06:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラピ&アンジー、結婚祝いに動物愛護団体から2匹のチンチラを贈られる

Walkerplus


23日にフランスで極秘電撃結婚したブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、動物愛護団体(以下PETA)から2匹のチンチラを贈られていたことがわかった。

PETAの代表が明らかにしたもので、「我々が、カリフォルニアにある最大のチンチラ保護場であるValley View Chinchilla Ranchをクローズしようとした際に、ブラッドとアンジェリーナがそこを請け負い、チンチラたちを守ってくれました。彼らの子どもたちの活動も動物保護に貢献していますし、ふたりがチンチラを助け、また毛皮を身に着けることを拒否する姿勢は、動物愛護の見地から最も素晴らしいカップルだと言えます」

「もし彼らの助けがなかったら、ここにいるペットに相応しくないとされた400匹以上のチンチラは、いまごろ感電死しているか毛皮になっていたでしょう。そのうちの2匹を、彼らに結婚祝いとして贈りたいと思います。すでにふたりには手紙を送っています」とcontactmusic.comが報じている。【NY在住/JUNKO】


posted by しっぽ@にゅうす at 06:53 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする