動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月02日

犬猫殺処分、減らしたい 愛護推進委員が出張授業

徳島新聞


人間の都合で殺処分される犬や猫について考える出張授業「生きてるよ!おはなし上映会」が始まった。県内で殺処分される犬と猫は毎年2千匹以上。悲惨な状況を改善しようと、県内の動物愛護推進委員2人が企画した。参加者に飼育時の心構えや知識を身に付けてもらう。

 県から動物愛護推進委員に委嘱されている田中由美さん(51)=徳島市=と辰巳しずかさん(37)=北島町=が1月に実行委員会を立ち上げ、準備してきた。
 
 授業は親子参加型で、初回は神山町の県動物愛護管理センターで8月23日、親子連れ25人が参加して行われた。
 
 「親犬が出産して子犬が増え過ぎた」と、飼い主が身勝手な理由でペットを殺処分に出す様子を捉えたドキュメンタリー映画を上映。田中さんと辰巳さんが講師を務め、殺処分数を減らす方法として▽最期まで面倒をみる▽不妊・去勢手術をする▽里親を探す−などを挙げた。その上で「面倒を見られないならペットを飼うのは我慢して」「動物側の苦しみを理解してほしい」などと訴えた。
 
 石井町から参加した河野翔君(12)=石井中1年=と母ゆかりさん(46)は「愛犬を一層大事に飼おうと思った。命の大切さを学ぶ機会になった」と話した。
 
 県動物愛護管理センターによると、2013年度の県内の犬猫の殺処分数は2290匹。1日平均6匹余りが処分されている。
 
 実行委は、出張授業を希望する団体などを募集している。無料。問い合わせは県動物愛護管理センター。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子猫飼いたいな〜、室蘭で動物愛護フェスティバル

室蘭民報


動物愛護フェスティバル(胆振総合振興局、室蘭市共催)が動物愛護週間(9月20日〜26日)を前にした31日、室蘭市中島町の向陽公園で開かれ、猫たちは愛猫家らから優しく触れられたり、里親に引き取られていった。


Click to learn more...
 会場には、飼い主を求める子猫や成猫計44匹の入った籠が並んだ。同フェスは午前10時から約2時間行われ、大勢の愛猫家らが足を運び、会場には「かわいい」「小さいわ」の声が響き渡り、気に入った猫を抱きかかえる姿も見られた。審査を経て12匹が里親の元に引き取られた。

 室蘭在住のドッグトレーナー亀田磨理さんによる犬の訓練の実演や、獣医師と動物愛護推進員の飼育、健康相談も行われた。

 同振興局保健環境部環境生活課の尾崎伸雄主査は「保健所で処分される動物を減らすこと、また、飼い主のモラルの大切さなどを、この機会に考えてもらいたい」と説明。動物愛護推進員の酒井理江さんは「猫を飼っている方は避妊、去勢手術をしてほしい」と訴えていた。

 同フェスは1993年(平成5年)から年1回開催されている。保健所に引き取られた猫や動物愛護団体に譲渡された猫の飼い主探しも定着しており、昨年は犬と猫合わせて8匹が引き取られたという。
(柴田圭介)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害時のペット救護 9月に講座

わかやま新報


NPO法人「震災から命を守る会」(臼井康浩理事長)が9月23日に和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開く子どもを対象にした防災イベント「家族を守ろう、災害時に備えたペットの救護対策」のポスターが完成した。市立和歌山高校デザイン表現科3年生の藤田美優さん(17)=有田市=のイラストが採用された。同イベントは独立行政法人「国立青少年教育振興機構」の子どもゆめ基金助成事業。

 同NPOは、親しみやすい防災イベントにしたいと毎年同校にイラストを依頼している。藤田さんの作品は、マンションに住むきょうだい2人が被災し、ペットの犬を抱いて避難する様子を描いた。藤田さんは、「両親が共働きで、子どもたちだけで留守番をしている家庭も多いので、子どもたちにも自分たちで命を守ってほしいという願いを込めました」と話していた。

 イベント当日は、午前9時半からと午後2時からの2部制(内容は同じ)。参加対象は、小学5年生から中学3年生までの犬を飼っている人。小学生は保護者同伴、1グループ4人まで参加可能。申し込み制だが、ペットと参加しない人は当日参加も可能。

 内容は、和歌山動物愛護推進実行委員会の石田千晴委員▽和歌山保健所の渡邊喬獣医師▽日赤県支部の南方秀昭救急法指導員――らが各30分で災害時のペットとの避難について話す。

 参加を希望する人は、同NPOの臼井理事長に連絡し、所定の申し込み用紙を送ってもらい、ファクスで送る。問い合わせは臼井理事長。

タグ:災害
posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット連れて行く? 生徒の視点で災害対策

河北新報


愛知県岡崎市の竜南中の3年生34人が28日、防災を通じた交流のある大河原町の金ケ瀬中(生徒91人)を訪れ、災害時の対応などをめぐって生徒同士で意見を交わした。

 金ケ瀬中からは2年生33人が参加。11グループに分かれ、「避難所に愛犬を連れて行くか」「地震後、津波の恐れがある時に近所の1人暮らしのおばあさんの様子を見に行くか」をテーマに議論した。
 生徒たちは「(愛犬の)鳴き声が迷惑になる。家に置いておいた方がいい」「家に残すのはかわいそう。体育館の外でつないでおけばいい」と各自の考えを発表した。
 災害に備える物資をめぐっては、金ケ瀬中の生徒が東日本大震災を振り返り「カセットこんろと予備のボンベが必要」「風呂に入れず、体を拭くシートがあるといい」と意見を出した。丸山拓也君(14)は「実際に体験したことをきちんと伝えていくことが大切だと思った」と話した。
 竜南中生の金ケ瀬中訪問は昨年に続き2回目。津波被害を受けた亘理町の荒浜中を見学したり岡崎市から同町に派遣されている職員の話を聞いたりした。
 竜南中の高橋舞夏さん(14)は「震災から3年半となるのに復興が進んでいない状況を見て驚いた。継続した支援が必要とあらためて実感した」と語った。


タグ:災害
posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約4割の飼い主が、旅行に行く際にペットを預けると回答! その預け先は?

マイナビ賃貸


ペットと暮らしていて困るのが旅行に行く時の預け先。知人やペットホテルなど選択肢は複数ありますが、いざ預けるとなると、ペットがいつもと違う生活にストレスを感じないかなど、飼い主としては気になるところも多いと思います。では実際、みなさんはどう対応しているのでしょうか? 今回マイナビ賃貸では、ペットと暮らしている307人を対象に、旅行のときペットを誰かに預けるかどうかを調査してみました。


■3割以上の人が「ペットを預ける」と回答
Q.旅行のとき、ペットは誰かに預けますか?
 はい……:35.8%
 いいえ……:64.2%
アンケートの結果、3割以上の人が「ペットを預ける」と回答しました。ペットの預け先について聞いたところ、「親」と回答した人が最も多く、4割を占めました。やはり親なら「気楽にお願いできる」(32歳/女性/生保・損保)や「信頼できる」(33歳/男性/食品・飲料)という声が多数。日頃から交流があってペットにも慣れている場合には、「ペットのことをよく知っているし、ペットにもストレスがかからない」(25歳/女性/小売店)ため、安心して預けられるようです。
続いて多かった預け先は「ペットホテル」で、3割の人が利用していることがわかりました。その理由は「預かることを専門にしているため、安心して任せられる」(40歳/女性/医療・福祉)や「誰にも迷惑をかけることがないので」(37歳/男性/情報・IT)、「他に預かってもらう場所がないため、やむを得ず」(28歳/女性/情報・IT)など意見が分かれましたが、やはり困ったときにプロに預けられるペットホテルは心強い存在のようです。その他の預け先には「兄弟」「親戚」などを挙げる声が多く、親の場合と同様に「親戚も動物好きで協力してもらえる」(32歳/女性/医療・福祉)「頼みやすい」(42歳/男性/医療・福祉)などが理由のようです。またかかりつけの動物病院がある人からは「かかりつけなので、性格も理解しているので安心して預けられる」(43歳/男性/情報・IT)といった声もありました。
今回の調査ではペットを飼っている人の4割が旅行に行く際にペットを預けていることがわかりました。「親」「親戚」「兄弟」など身内に預ける人が多く、気心の知れた関係である方が頼みやすいと考えている人が多いようです。ペットにとって落ち着けるところを見つけて、安心して旅行を楽しみたいですね。あなたなら誰に預けたいですか?
調査時期:2014年8月14日〜22日
調査対象:ペットと暮らしているマイナビニュース会員
調査対象数:307人
調査方法: 回答者限定ログインアンケート


タグ:旅行
posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする