動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月06日

ペットから人へマダニのウイルス

NHK

身近なペットが危険なウイルスを運んでくる可能性のあることが分かってきました。
マダニが持つSFTS=重症熱性血小板減少症候群を引き起こすウイルスで、感染すると死に至ることもあります。
マダニは、衣類や寝具など家庭内にいるダニとは違い、野外に生息しています。
もともとは山奥で生息していたと考えられるマダニですが、取材を進めると、ペットを介して感染が広がっている実態が見えてきました。
松山放送局の山下茂美記者が解説します。


ウイルスに感染した男性

松山市に住む62歳の男性は、ことし6月、体調の不調を感じて受診したところ、マダニのウイルスへの感染が分かりました。

38度の高熱が下がらず、食事もできない日々が続き、5週間で体重は10キロ減少。
左目はウイルスによって炎症を起こして見えなくなり、緊急の手術でも回復せず、失明しました。

去年、山口で初確認

マダニが持つSFTS=重症熱性血小板減少症候群を引き起こすウイルスは、人に感染すると出血を止める血小板が著しく減少します。
男性の母親も、ことし4月に、このウイルスに感染。
白血球が減って抵抗力が落ち、肺炎を発症して亡くなりました。

男性の治療に当たった松山赤十字病院内科の藤崎智明医師は、「さまざまな臓器に感染して障害を起こすウイルスで有効な治療法がない」と話しています。
このウイルスによる感染症が日本で初めて確認されたのは、去年1月、山口県でした。
厚生労働省が調査に乗り出したところ、先月下旬までに、西日本で95人が感染。
31人が死亡していることが分かりました。

北海道や東北のマダニからも、人への感染の報告はないものの、SFTSウイルスが見つかっていて、厚生労働省は、マダニが多い山や野原などに行く場合には長袖と長ズボンを着用するよう注意を呼びかけています。

ペットから感染の可能性

男性には、症状が出る1週間ほど前に、感染につながった可能性があると思われる出来事がありました。
飼い犬に付いていた小さな虫を手で潰していました。
それがマダニでした。

男性は、そのときの状況について、「犬の口の周りに付いていた小さな虫を5匹ぐらい指でつぶしたら血が飛び出た」と話しています。

人里に広がるマダニ

なぜ、ペットの犬に、マダニが付いていたのか。
取材を進めると、マダニが人里にも広がっている実態が分かってきました。
去年、山口県でSFTSウイルスを初めて発見した山口大学共同獣医学部の前田健教授が、男性が飼っている2匹の犬を調べました。
犬小屋の周辺には、犬の血を求めてマダニが数多く集まっていました。
マダニの体長は通常3ミリほどですが、犬の血をたっぷりと吸って1センチほどに膨らんでいました。

前田教授が、マダニを研究室に持ち帰って分析したところ、16匹中、少なくとも6匹のマダニから、SFTSウイルスが見つかりました。
また、犬の血液の検査から、2匹ともウイルスに感染していたことも分かりました。

背景に山の環境変化

前田さんは、ペットの犬にマダニがいたのは、山の環境の変化が関係していると考えています。
本来、山奥に生息しているマダニは、鹿やいのししなどの野生動物の血を吸って生きています。
去年の国の調査では、野生の鹿の20%以上、いのししは5%近くが感染の経験があり、前田教授は、そうした野生動物が人里に近い畑などに下りてくることで、マダニが運ばれ、犬や人に触れる機会が増えていると考えています。

野生動物が人里に下りてきて、畑などを荒らすケースは全国で相次いでいて、男性が犬を飼っている場所でもいのししがたびたび目撃されていました。

前田教授は、「日本全国で住宅の周辺にまで野生動物が入り込んでおり、どこでもマダニのウイルスに感染する可能性はある」と話しています。

ペットのマダニ、注意点は

愛媛県の山際に広がる住宅地では、実際にペットからマダニが相次いで見つかっています。
八幡浜市の動物病院によりますと、ペットの犬が、散歩をしていて知らないうちに、顔や耳の辺りなどにマダニを付けている例も少なくないということです。
犬自体は発症しませんが、愛媛県が、ことし行った調査では、野外で飼われていた33匹の犬のうち、3匹がマダニに刺され、SFTSウイルスに感染した経験があることが分かりましました。

動物病院の大山晴嗣院長に、犬を散歩させるときの注意点を尋ねると、マダニは湿り気のある落ち葉がたくさん降り積もったようなところにたくさんいるので、そうした場所に犬を入らせないようにすることだということです。
そして、散歩のあとは、ブラッシングをして、毛に付いた虫を落とすことが大切だということです。
また、人が感染するのを防ぐためにマダニを犬に寄生させないようにする薬も有効だと言います。
市販薬もあるということで、継続して付ければ、犬がマダニに刺されるのを防ぐことができます。
身近なペットの衛生環境や健康状態に日ごろから気をつけることが、人への感染予防にもつながります。

過度におそれず適切な対応を

また、ペットに付いているマダニが、すべてSFTSウイルスを持っている訳ではありません。
国が去年、全国で調べたところ、マダニのウイルスの保有率は5%から15%ほどでした。
しかし、このSFTSウイルスには、治療薬や予防できるワクチンがなく、いったん人に感染すると重症化のおそれもあります。
マダニに刺されないようにすることが最も大切ですが、万が一刺された場合は、無理に取ってはいけません。
マダニの体液から感染リスクが高まることにもなりますので、病院で処置してもらうことが必要です。

posted by しっぽ@にゅうす at 06:48 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノミ予防(駆虫)はいつまで必要?

産経ニュース


春先から始めたペットのノミ予防(駆虫)薬の投与。涼しくなり「もう、おしまいにしようかな」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ノミは気温や湿度が高い梅雨や夏季だけでなく、エアコンや加湿器などで環境を整えた秋冬の室内でも繁殖します。

 ノミに寄生されるとペットは突然、体をなめたり、痒(かゆ)がったりします。確認方法はノミの糞(ふん)を見つけることです。ノミ取り用のくしで背中から腰部付近の被毛を皮膚までかき分け、1ミリメートル以下の「黒い小さな粒」を探してください。ぬらしたコットンの上に粒を乗せてこすり、赤く滲(にじ)んだら、それは吸血をしたノミの糞です。

 ノミが寄生するとかゆみや脱毛だけでなく、吸血した際にノミの唾液がペットの体内に入り、アレルギー性皮膚炎になることもあります。また、ノミが媒介する感染症もあります。

 例えば「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダムシの一種)と呼ばれる寄生虫症や、「猫ひっかき病」と呼ばれるグラム陰性菌による感染症は、人にも関係する人獣共通感染症です。

 そのため、ノミを爪でつぶしてはいけません。中にいる瓜実条虫が卵をまき散らす可能性があるので、洗剤などを薄めた液体に入れて駆除することをお勧めします。

 大切なペットと家族を病気から守るために、定期的なノミ予防と生活環境のケアが大切です。ペットの寝床などを中心に掃除をこまめにしましょう。予防(駆虫)薬はさまざまありますので、かかりつけの動物病院に相談してください。(アニコム獣医師 堀井典子)


タグ:健康
posted by しっぽ@にゅうす at 06:48 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫がキーボードに乗ってくる3つの理由

エキサイトニュース


猫を飼っている人なら、だれもが一度は経験したことがあるのでは? そう、パソコンのキーボードの上に猫が乗ってくること。急いでメールを返さなくてはいけない場面で、猫が突然飛び乗って来たおかげで中途半端な状態で送信してしまった……なんてこともしばしば。

どんなに腕でガードしても、キーボードから引き離しても、必死になってキーボードに乗ってこようとする猫達。なぜこんなにもキーボードがお好きなのだろう?

理由としては、3つほど考えられる。まず1番目の理由、それは、キーボードの暖かさゆえ。猫は人間よりも平均体温が高く、38度〜39度ほどある。平均体温が高い分、人間よりも寒さに敏感なのだ。その上体温調節が下手なので、暖かい場所を探し出してぬくぬくっとするのがお好きのようだ。
そう考えるとキーボードは暖かくて居心地のよい最高の場所。人間でいうところの、床暖房かホッカイロといったところだろうか。キーボード意外に暖かい所を作ってあげれば邪魔防止になるかもしれない!?

続いて2番目の理由としては、飼い主に構ってほしいから、だろう。小さい頃から飼われている猫の場合、主人への依存心が強い一方で自立心はあまりないという傾向にある。キーボードに乗れば、自分にかまってくれると学習した猫は、「パソコンなんかやってないで、ボクのことを見てよ!」という気持ちで乗っかってくるのかも。構ってほしいから飼い主の邪魔をするなんて、甘えん坊で愛らしすぎる……! 思いっきりなで回してあげよう。

さて、3番目の理由としては、キーボードを叩く「指」がおもちゃみたいに見えるから、ではないだろうか。猫は動くものやカチャカチャとした音に敏感な生き物。

文字を入力する指の動きや音が、猫の狩猟本能をかき立ててしまうのだろう。キーボードめがけてダイブしてくるタイプの猫は、日頃の遊びが足りないのかも? 鈴のついたおもちゃや、猫じゃらし系のおもちゃでたくさん遊んであげてはいかがだろう。

全国の飼い主さん、猫からキーボードを守る良い方法があれば、ぜひ教えていただきたい。
(ミソ煮込み2号)
タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬のしつけは「情報収集」が命! ペット&ファミリー調査結果 

WPN


T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社が、犬を飼っている20代以上の男女1000人に「愛犬のしつけに関する意識調査」を実施し、調査結果を発表した。

 猫と違って犬は散歩が欠かせない動物。外に連れて出る機会が多い犬に、しつけや社会性が身についていないと、飼い主はさまざまなトラブルに巻き込まれかねない。しかし、そのしつけ方法で悩んでいる飼い主が多く、また、しつけが上手くいった飼い主と、上手にしつけられないと悩んでいる飼い主の意識と行動に差があることがわかった。

 「愛犬の行動で困っている(いた)ことは?」という質問では、回答者が飼っている犬種数1位の「ダックスフンド」、2位の「チワワ」、3位の「柴犬」、4位の「プードル」、5位の「シーズー」すべてに共通して、「無駄吠え」や「トイレの粗相」という回答が多かった。このうち「柴犬」では、特に「散歩の時に引っ張る」という回答が他の犬種よりも目立ち、柴犬の活発な様子がうかがえた。

 愛犬のしつけ習得を「とても満足している(10点)」「普通(5点)」「まったく満足していない(0点)」という点数で尋ねた結果、しつけ習得完成度は平均が5.47点という結果が出た。しつけに失敗・後悔した経験があるオーナーは57.8%で、「犬がわがままになった(29.4%)」「犬が言うことを聞かなくなった(18.7%)」「主従関係ができていない(15.7%)」と悩むオーナーが続いた。また、しつけ習得完成度が6点以上のオーナーでも、「長期間留守番をさせられない」「犬が臆病になった」という悩みがあり、しつけは日々継続しなければいけないことが浮き彫りとなった。

 しつけの失敗・後悔への対応は、6点以上のオーナーが「もっとほめる(30.1%)」、5点以下のオーナーは「飼い主が知識をつける(27.2%)」といった必要性を感じている。そして、しつけ習得完成者は、「すぐにほめる」「すぐに叱る」ことを重要と感じ、「しつけをする上で参考にする情報源」は「インターネットからの情報」「ペットショップや動物病院からの情報」と続いた。

 今回のアンケートではいずれの回答も、「しつけ上級者」といえる6点以上の飼い主のほうが高い回答率を示した。しつけの情報の入手や、知識の質・情報量の差が、しつけ習得の完成度に影響を及ぼしているのではないか、と同社は推測している。


タグ:しつけ
posted by しっぽ@にゅうす at 06:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南極犬追悼、元隊員がタロ・ジロの故郷へ 北海道

朝日新聞


第1次南極観測越冬隊でタロ・ジロなど樺太犬の犬係だった北村泰一・九州大名誉教授(83)がこの夏、犬ぞり訓練をした北海道稚内市を58年ぶりに訪れ、犬たちを追悼した。元の飼い主たちを訪ね歩き、南極での初越冬を支えてくれた「お礼を言いたかった」との長年の思いを遂げた。

 宗谷湾を見下ろす稚内公園に、1次隊と南極へ渡った樺太犬22頭の供養塔が立つ。北村さんは8月2日、1961年の建立以来続く慰霊祭に初めて出席した。

 両手にストックを握り、足をゆっくり進めて慰霊塔に飾られた犬たちの写真に向き合った。「すまんことした。もうじき僕もそっちへいくから待っててくれ。また会おう」と涙で声をつまらせた。

 北村さんは南極から帰国後、京都大や九州大でオーロラを研究する一方、南極での越冬体験についての講演を関西や福岡で続けた。北海道では、もう一人の犬係で北海道大出身の菊池徹さんが講演活動をしているだろうと思い、自分は行くのを遠慮していた。

 1次越冬隊11人のうち、菊池さんを含め8人はすでに他界。飼い主たちへ感謝を伝えたいとの思いが募った。観測隊の後輩たちが飼い主を捜して今回の北海道訪問がかなった。

 「ヒップのクマ」の飼い主、岸上実さんは亡くなっていたが、岸上さんが始めた鮮魚店は「きしがみストアー」となって比布(ぴっぷ)町役場近くにあった。後を継いだ長男の明さん(79)が店奥の自宅で迎えてくれた。

 南極への壮行会で撮ったヒップと実さんの写真があった。北村さんは「借りていたものがありまして」と切り出した。「南極で僕は腹が減ってたまらず、ヒップの犬用ビスケットを1枚食べちゃったんです」と明かし、福岡土産のめんたいこを写真に供えた。

 明さんも思い出を話した。仕入れた魚や野菜が駅に届くと、それを積んだそりをヒップが店まで引っ張った。「夏はだらっとしていても、冬は元気でした」と目を細めた。

 ベックの飼い主、西島磯松さんは数年前に亡くなり、弟の松雄さん(87)と利尻島の交流施設で会えた。ベックは南極で越冬中に病死した。手元に写真が残っておらず、北村さんは「もっと活躍すると思っていた。撮っておけばよかった」と残念がった。

 松雄さんは「おっきくて強くて、おとなしい犬だった」と振り返った。利尻山で切り出した木をそりでひいていた。北海道大の教授らが南極へ出してほしいと訪ねて来た時のことも覚えていた。「お金は受け取らなかった。たくさんの犬の中から選ばれて行くんだもの、光栄だと思った」

 ポチの飼い主だった伊藤ヒデさん(93)は、利尻島の老人ホームにいた。歩行器でゆっくり歩いて、出迎えてくれた。「生まれたばかりでうちに来たの。小さなミカン箱に入って」と言葉少なに語った。北村さんは「次の隊が交代で入るというので基地に残してきたのに」と悔やんだ。

 長女の星田久美子さん(67)は、ヒデさんが毎朝仏壇で拝んでいたポチの写真と木彫りの犬、32年前に出版された北村さんの著書を自宅から持ってきていた。「名前が残ったのは名誉です。ポチはわが家で一番出世しました」とほほえんだ。北村さんは本に「ポチにたくさん助けられました」と言葉を添えてサインした。

 「これが最後」との思いで訪れた北海道で北村さんは、「真実を伝え残したい」との思いを強めた。自身の南極での日々について、これまで3冊の本につづった。いまは、南極観測を実現するために奔走した人々の話を書きためている。

 もう一つ気がかりなのは、剝製(はくせい)になった兄弟犬だ。タロは北海道大博物館に、ジロは東京・上野の国立科学博物館にいて離れ離れ。「一緒に故郷の稚内に帰してやりたい」。残された使命だと感じている。(中山由美)

     ◇

〈南極観測隊と樺太犬〉 雪上車が極寒で動かない時に備え、1956年11月に第1次観測隊はそり犬として樺太犬22頭を南極へ連れていった。うち19頭が越冬した。58年2月に南極へ着いた2次隊が交代して越冬を続ける計画だったが、船が海氷に阻まれて昭和基地に着けず、越冬を断念。1次越冬隊員と雌犬1頭と子犬8匹を小型機で収容したところで天候が悪化し、15頭を基地に残したまま帰国した。翌年1月、3次隊は生き残っていたタロとジロに再会した。映画やテレビドラマにもなった。


タグ:タロジロ
posted by しっぽ@にゅうす at 06:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする