動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月09日

「地域猫」活動 県が後押し/山口

読売新聞


殺処分年間4000匹、7割減目指す

 県は今年度から、住民が協力して野良猫の世話をする「地域猫」活動の推進に本格的に乗り出す。引き取り手のない猫や殺処分を減らす取り組みの一つで、活動を広く知ってもらおうと、先駆者で横浜市神奈川区福祉保健センター職員の黒沢泰さんを招いた学習会を10日に山口市、11日に周南市で開く。(北川洋平)

 地域猫は、住民が主体となって野良猫の餌やりやフンの始末、周辺の清掃などを行う活動。不妊・去勢手術も施して繁殖を防ぎ、地域で共生しながら野良猫を徐々に減らしていく。1990年代に横浜市で始まり、全国に広がった。手術費用の負担が課題だが、全国的に助成制度を導入する自治体も増えている。

 県内の猫の引き取りと殺処分は、いずれも年間4000匹程度と横ばい状態が続いており、ほとんどが野良猫という。県は活動を定着させることなどで殺処分の減少を目指す。3月に策定した県動物愛護管理推進計画(改定版、2014〜23年度)では、23年度に引き取り、殺処分数を現状から7割削減して1200匹以下にするとしている。

 初年度となる今年度は「動物の飼い方マナーアップ強化期間」(今月1日〜10月末)に合わせ、10日午後2時から県教育会館(山口市)、11日午前10時から周南総合庁舎(周南市)で学習会を開催。黒沢さんに活動や先進事例を紹介してもらう。参加無料。県生活衛生課は「猫のトラブルに困っている人や関心がある人にぜひ聞いてほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは同課(083・933・2974)へ。

2014年09月08日 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
タグ:地域猫
posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物虐待は発覚件数の10倍はある 飼って3日で保健所送りも

NEWSポストセブン


ラブラドールレトリバーの盲導犬・オスカーが、何者かに右背中を刺されるという残酷な事件が発生したが、こうした動物虐待の実態は、統計からは見えづらい。

 環境省が調べた「全国の犬・猫の殺処分数の推移」(2012年調べ)によると調査を開始した1979年の122万頭に比べて2012年は16万頭と、この30年で激減しており、一見すると、動物愛護の精神が日本で広く浸透したように見える。

 だが、同じく環境省が調査した「動物の遺棄・虐待等調査報告書」(2009年調べ)によれば、2008年に動物虐待で警察の取り調べを受けた人間は52人で、これは20年前と比べると7倍に増えているのだ。

 盲導犬・オリバーの飼い主Aさんの知人で、動物愛護団体のNPO法人『アニマルグリーンアップル』副理事の佐藤徳寿さんがこう語る。

「動物虐待というのは、発覚している件数の10倍はあると思います。

 相手が人間の場合と違って、警察に相談しない人がたくさんいますから。仮に通報しても、警察は動物を保護する権限もなく、ほとんどの場合、飼い主への口頭注意で終わりなので、諦めてしまう人が多いんです。

 ぼくの知るケースでいえば、例えば、群馬の愛護協会に保護されたビーグルは、“もういらねぇや”と飽きてしまった飼い主によって、すべての足を鉈で切り落とされた状態でした。人形感覚でチワワを買って、いざ飼ってみたら、よく吠えるし、おしっこやウンチをするので面倒だと、3日で保健所に連れて行く、なんてケースもあるんです」

 保健所に保護された動物は、自治体によって差はあるが、3〜7日後には殺処分されてしまう。

「欧米じゃ考えられません。アニマルシェルターの発達したドイツでは犬猫の殺処分はまずないですし、アメリカではアニマルポリスがいて、動物虐待があればすぐに逮捕されます。動物の命に向き合うということについて、日本はまだ圧倒的に遅れているんです」(前出・佐藤氏)

 実際、日本では昨今、動物虐待事件が多発している。

 今年7月には、長野県小谷村の男性が、捕らえた野良猫を檻に入れて川に沈める様子を動画投稿サイトで生中継し、県警に事情聴取される事態となっている。

 また8月には、東京・大田区蒲田の公園で、口から泡を吹いて不審死していた猫が25匹も見つかっている。

※女性セブン2014年9月18日号

タグ:虐待
posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山)ペットも一緒に安全確保 黒部市などで県防災訓練

朝日新聞


 巨大地震や豪雨などの災害に備えて7日、県内3市町で県総合防災訓練があった。ペットを同行した避難や、身元不明遺体への対応、更衣室や授乳室といった女性に配慮した避難所も体験でき、これまでより実践的な内容が多く盛り込まれた。

 訓練は、黒部市、入善町、朝日町の5会場で、自衛隊や消防、ボランティアら約3千人が参加。黒部市総合公園(同市堀切)では、犬を連れた人が、煙の充満したテントの中を通ったり、高さ60センチほどの台やタイヤ、ブルーシートの上を歩いたりする訓練をした。煙の中では怖がって進めなくなったり、凸凹のタイヤやブルーシートを見ると、後ずさったりする犬もいた。

 シバ犬の「汲(くむ)ちゃん」と参加した黒部市の会社員木本由香理さんは「かわいがっているだけでなく、しつけも大事だと改めて思った。避難する時の持ち物も学ぶことができ、すごくためになった」と話した。

 また、会場内には、行方不明者の相談受付や、遺体収容所も設けられた。黒部市職員らが遺族役になり、県警や歯科医師会、葬祭業者らが連携して、納棺や検視官との引き継ぎの流れを確認した。

 石井隆一知事は閉会式で「災害が増えていることを痛感している。国や市町村と連携して対策に取り組んでいくとともに、県民のみなさんには自助、共助をお願いしたい」と話した。(大坪実佳子)


タグ:防災訓練
posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国 狂犬病で5人死亡 約5000頭の犬が殺処分に

ロシアの声


中国政府は、同国西南部の雲南省で、狂犬病により5人が死亡したことを受け、4900頭の犬の殺処分を認めた。AP通信が7日、伝えた。

処置が承認されたのは、上海市の宝山区。宝山区では、狂犬病対策の一環で10万頭の犬に予防接種も行われた。
このような決定は、大勢の犬の飼い主や、動物の権利擁護活動家たちから非難を浴びた。
一方で、中国ではこのような処置が取られることはあまり珍しくない。中国では、動物を媒介とした狂犬病が定期的に多発している。
2009年には漢中で狂犬病が多発し、約3万7000頭の犬が殺処分された。




posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海が好き】これが犬視点かあ! 猪突猛進で走って海にダイブするラブラドール

Pouch[ポーチ] ‎


もしも自分が犬だったら、目の前に広がる世界はこんなふうに見えているのかもしれない。

そんな気分をひととき味わうことができる映像作品を、動画サイトYouTubeで発見しちゃいました。

イタリア・シチリア島に住む、ラブラドールのウォルターは、海が大好き。飼い主さんがリードを外してあげるや否や、一目散に海へ向かって猛ダッシュです。

自宅と思われる敷地内から門を勢いよく飛び出し、階段を光の速さで駆け降りてゆくウォルター。木々の合間を抜け、やがて辿り着いたのはまばゆいばかりの日差しが降り注ぐ海岸。目の前には、愛しい紺碧の海……!

やや険しい岩場も、人の波もなんのその。それらを風のようにすり抜けて、いざ、ダーーーイブ!!

飛び込んだ際に起こった水しぶき、ブクブク止まない泡の音。それらをダイレクトに感じることができる同作を観ていると、あたかも自分自身がウォルターであるかのような錯覚に陥ってしまうかも。

夏の終わり、そして秋の始まり。季節の境目である今観るととくに、夏が恋しく思えちゃう。そしてなにより、束の間ワンコの気持ちを体感できる1本、必見ですわよ。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする