動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月10日

犬猫処分減へ飼い主モラル向上訴え/徳島

読売新聞

 「動物愛護週間」(9月20〜26日)を前に、飼い主に捨てられるなどして殺処分されるペットを減らそうと、徳島市役所で18日まで飼い主のモラル向上などを訴える啓発パネル展が開かれている。県動物愛護管理センター(神山町)によると、殺処分の件数は減少傾向にあるものの、子猫が殺処分されるケースは依然多く、同センターは、飼い主に猫を室内で飼うことや、避妊・去勢手術を行うことなどを呼びかけている。(皆川聡美)

 同センターでは、「引っ越すのでもう飼えない」「子犬や子猫が生まれて困っている」「飼い主になつかない」など、主に人間の都合で持ち込まれ、殺処分されるペットが後を絶たない。2013年度に同センターに収容されて処分された犬と猫は計2290匹にものぼる。

 パネル展は、約130点の写真やポスターを紹介。処分を待つ犬や猫の写真には「残念ながら、この子たちは、もうこの世にいません」「飼い主さんが迎えに来てくれることを信じて待つ犬。しかし、飼い主さんは現れませんでした」などの説明文が付けられている。

 同センターによると、犬の処分数は10年前と比べて約6分の1に減少しているのに対し、猫は約4分の1にとどまる。処分された猫の約8割が飼い主のいない子猫だという。

 背景には、猫の繁殖力の強さがある。猫は生後4〜12か月で出産が可能になり、年2〜4回、4〜8匹ずつ産む。1匹の雌猫が3年後には2000匹以上になる計算だ。

 また、犬は飼い主の登録や年1回の予防接種が義務づけられているのに対し、猫は、屋外で放し飼いにされることも少なくない。飼い主の知らぬ間に妊娠するなどして、数が増えやすいという。

 このため、同センターは飼い猫を室内で育てることや避妊・去勢手術を受けさせることの重要性を強調。野良猫についても、避妊・去勢手術が有効だとしている。野良猫を捕獲して処分しても、繁殖力が強いため、数を減らすための根本的な対策とはならないためだ。

 今いる猫の寿命を全うさせながら、これ以上増やさないためにはどうすればよいのか。同センターは、地域住民が、野良猫にえさを与える時間を決めたり、ふんの掃除などをボランティアで行ったりして、地域で野良猫を管理する「地域猫活動」を提唱している。地域住民が野良猫の避妊・去勢手術を実施する場合は、費用の全額を県が負担する制度も設けている。

 同センターの藪内園子主事は「不幸な猫をこれ以上増やさないために、パネル展が、猫の飼い方や野良猫への対応の仕方を考えるきっかけになれば」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:14 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラブレッドに静かな余生を 多くが淘汰、関係団体始動

朝日新聞


競馬ファンの夢を背負って懸命に駆けるサラブレッドたちは、引退後に生きて暮らせる保証がない。1頭でも多くの競走馬に静かな余生を送ってもらいたいと、全国11の牧場や団体が立ち上がった。今月、北海道新ひだか町で「引退馬サミット」を開く予定だ。

■「ふるさとに戻してやりたい」

 国内最大の馬産地として知られる日高地方に、高齢馬9頭を養う牧場「ローリング・エッグス・クラブ(REC)」がある。最高齢の「アサヒエンペラー」(オス)は31歳で、人間なら100歳近い。1986年の皐月賞と日本ダービーで3着、87年の天皇賞(春)で2着とあと一歩で栄冠に届かなかった。

 「年を取ると、背中がくぼむんです。冬毛もなかなか抜けなくなるんですよ」と話しながら、スタッフの宮本直美さん(49)が首をなでた。栃木県生まれの宮本さんはサラブレッドの走る姿のとりことなり、日高の牧場で働く男性に嫁いだ。

 育てた子馬が馬主に高く売れた時はうれしいけれど、成績を挙げられなければすぐにも引退させられ、処分されてしまうことがつらかった。「馬はペットではないと思うけれど、殺していいとは思えない。もう見て見ぬふりはせず、1頭でもふるさとの土に戻してやりたい」と話す。

 RECは全国各地のファン約100人が資金を出し合って運営しており、11年間で4頭が天寿を全うした。熊本県氷川町に住む会員の前原喜代さん(50)は「ファンは、たとえ弱くても個性的な馬が好きになるもので、『あの馬は引退してどうなったのか』と気にしている人は多いと思う。縁のあった馬には、生涯を全うするまでかかわりたい」と話す。会員には多くの競走馬を所有する馬主も名を連ねる。

■繁殖終了・乗馬不適…「淘汰」

 国内では毎年約7千頭の競走馬が生まれ、ほぼ同数が引退する。農林水産省などによると、その後約3千頭は乗馬用、約1千頭が繁殖用となるが、引退後の馬について詳しい統計はない。関係者によると、繁殖を終えた馬や乗馬に向かない馬の多くは「淘汰(とうた)」されて馬肉となっているのが実情だという。

 重賞レースを制した有名馬に限れば、高齢馬を養う牧場を日本中央競馬会(JRA)などが資金的に助成する制度がある。97年から続いているが、助成対象は現在200頭余り。助成額は1頭あたり最大月3万円だったが、2012年から2万円に減り、対象年齢も14歳以上に限られた。

 RECは6月、千葉県香取市のNPO法人「引退馬協会」など北海道、東京、千葉、埼玉、岡山、高知、鹿児島の10牧場や団体とともに「引退馬連絡会」を設立した。馬が長生きできるための情報交換をしたり、助成制度を拡充させたりすることで協力し合う。

 さらに、全国の競馬ファンや馬主に引退馬への関心を深めてもらおうと、今月14日午後2時から、新ひだか町の日高軽種馬農協多目的ホールで「引退馬ホースサミット」を開く。全国各地の引退馬をパネルで紹介するほか、生産牧場主と馬主、獣医師らによる討論会も開く予定だ。

 サミットを主催するRECの藤沢澄雄代表(58)は生産牧場の経営者でもある。「厳しい経営環境や後継者不足で、競走馬の生産から手を引く牧場は少なくない。でも、引退馬を養うことは我々の償いであり、馬産地が存続することにもつながることだと思う」と話している。(山吉健太郎)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:13 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通学路やグラウンドに猫の死体 北海道

NHKニュース


北海道北部の増毛町で、小学校の通学路に猫の死体の一部が放置されているのが見つかりました。
増毛町やその周辺では、中学校のグラウンドなどでも同じような猫の死体が見つかっており、警察は関連を調べています。

8日朝、増毛町暑寒町の通学路の歩道に、頭部と足の一部がない猫の死体が放置されているのを登校中の小学生が見つけました。
警察によりますと、見つかったのは子猫とみられ、死んでから数日がたち、傷みが進んでいたということです。
近くの増毛小学校では、不審者への注意を呼びかける必要があるとして、9日、児童の家庭に文書を配ったほか、通学路に教員を配置して子どもたちを集団で登下校させることを決めました。
熊谷一弘教頭は「学校としては不安です。
1人ではなるべく外に出ないよう指導を徹底していきたい」と話していました。
増毛町ではことし7月にも、近くの中学校のグラウンドで猫の死体の一部が見つかったほか、ことし6月には、隣の留萌市の公園でも切断された猫の頭が見つかっています。
警察は、何者かが猫を殺したあと死体を放置したとみて、動物愛護法違反と器物損壊の疑いで不審者の目撃情報などがないか捜査するとともに、3つの事件の関連を調べています。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山犬「富士男」やっと里親見つかりました ガリガリ保護から1年1か月

スポーツ報知


昨年7月、やせ細った姿で富士山頂をさまよい保護された犬「富士男」が里親に譲渡されたことが8日、スポーツ報知の取材で分かった。里親を希望したのは東京都台東区浅草に住む50代の夫婦で、7日に引き渡された。「富士男」を支援してきた東京都昭島市の動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」の佐藤厚子代表(54)は「理想的な里親さんが現れて、本当に良かった」と話した。今後、2週間から1か月の“トライアル期間”を経て、正式に里親となる。(江畑 康二郎)

 富士山頂でガリガリにやせ細った姿で保護されてから約1年1か月、「富士男」に理想的な里親が現れた。

 里親に名乗り出たのは、浅草在住の夫婦。8月30日に東京・三鷹で開催されたRJAVの譲渡会のニュースを見て「富士男」のことを知った。8月末に愛犬が死に悲しみに暮れる中、ニュースを見た9月1日はちょうどその愛犬の誕生日だったという。

 下町で生まれ育った男性は「妻が『天国にいった犬が、富士男と巡り合わせてくれたんじゃないか』と言っていた」と話す。夫婦はすぐにRJAVに連絡して、3日に会いに行った。人なつっこくて優しい「富士男」の表情やしぐさに魅了され、里親になることを決断。7日にRJAVから自宅へ引き渡された。

 「とにかく家族と一緒に生涯楽しく過ごしてほしい」。里親募集にあたって佐藤さんは、たった1頭で富士山頂を1か月以上さまよった「富士男」に二度と同じようなさみしい思いをさせたくないため、厳しめの「条件」を設けた。これまで全国から「里親の申し出」は複数件あったが、条件に合うような人がいなかった。

 里親となる夫婦の年齢は50代。住居は、所有している5階建てビルで室内でも十分に、犬を飼えるスペースがある。大型犬を飼っていた経験もあり、体長約80センチ、体重約21・5キロの「富士男」の散歩にも問題なく対応できるなど、佐藤さんの条件に合致した。

 1年以上「富士男」の面倒を見てきた佐藤さんは「本当にホッとしています。新しいお宅の周りにもワンちゃんがたくさんいて楽しめそう。妥協せずに希望をもって里親を探してきて良かった」と感無量の様子。「早く新しい環境になじんで、ここで暮らせて良かったと富士男が思ってくれればいいですね」と新たな門出を祝福した。

 7日に“引っ越し”して初めての夜を過ごした富士男は、リードにつながれておとなしく寝ていた。一夜明けた8日朝、夫婦の愛情たっぷりの野菜入りのささみご飯もしっかり食べたという。男性は「これからも一緒に仲良くやっていけそうだ」と手応えをつかんだ様子だった。

 ◆里親募集中 RJAV被災動物ネットワークでは現在犬12匹、猫64匹を保護しており、常時里親とボランティアを募集している。活動内容の詳細は公式ホームページ(http://www.rjav311.info/)まで


タグ:富士男
posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎市動物愛護センター 老朽化で中原に移転へ

カナロコ


川崎市動物愛護センター(同市高津区)が2018年をめどに、中原区南部の市有地へ移転する見通しとなった。現施設は築40年で老朽化している上、動物の収容スペースも不足しており、保護環境の改善が課題だった。市が施設整備の基本方針案をまとめた。市生活衛生課によると、新施設の計画地は中原区上平間の上平間管理公舎用地の一部で、公舎は本年度中に解体される。敷地面積は約2500平方メートルで、隣には「(仮称)中部学校給食センター」の建設が計画されている。

 新施設では、犬猫などの収容・保護に加え、動物のしつけ方や感染症の正しい知識などを愛好家らに発信。小学校の課外授業にも利用してもらう。ペット用物資の備蓄も進め、大規模災害時には被災動物の情報収集拠点の役割を担う。

 同センターは1974年開設。昨年度は犬121匹、猫455匹を預かり、初めて犬の殺処分ゼロも達成した。一方、迷い犬などは家庭に近い環境で飼育しようと鉄格子型の犬舎には入れず、廊下や学習室などにケージを設けて収容。施設内は保護動物であふれているのが現状だ。

 基本方針案では、本年度中に基本計画をまとめ、来年度から2年間かけて設計、18年度のオープンを見込んでいる。同課は「大勢の市民に来てもらい、命の大切さを学んでもらえるような施設づくりを目指したい」としている。

【神奈川新聞】

posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする