動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月13日

飼い主啓発、県内なお課題 「ペットみとり義務」法明記1年

静岡新聞


 飼い主がペットの最期をみとるまで責任を持って飼育する「終生飼養」の努力義務を明記した改正動物愛護管理法の施行から、今月1日で1年が経過した。県内では犬や猫の殺処分を減らす活動が進み、処分件数は減少傾向にある。一方で身勝手な理由から保健所に引き取りを求める飼い主も依然多い。保健所や愛護団体の関係者からは「さらに殺処分を減らすには飼い主責任の一層の啓発が必要」との声が上がる。
 8月末、浜松市西区の市動物愛護教育センターで開かれた犬猫の譲渡会。引き取り希望者が保護されている犬猫と触れ合い、特徴や保護の経緯について熱心に職員に問う姿が目立った。この日は3匹の譲り渡しが決まった。
 センターは市内の動物愛護啓発拠点として4月に開所した。迷い犬や野良猫をこれまでの市保健所の数倍、約40匹収容できるようになり、保護できる期間も伸びたため、猫の引き受けが大幅に増えた。
 4〜7月に新たな飼い主に譲渡した猫は245匹。既に2013年度1年間の125匹の倍近い。引き取った猫のうち、新たな飼い主が決まった割合を示す生存率は43・2%と、前年度の16・7%を大きく上回る。
 ただ、改正法施行後も家族の病気やペットの計画外出産などを理由にした同センターへの引き取りの申し出は減っていないという。担当者は「引き取りがある限り殺処分はゼロにならない」とし、「終生飼養の責任とペットの命を預かる難しさをどう周知するかが課題」と指摘する。
 県によると、13年度の犬猫殺処分数は3352匹で前年度比1554匹減。県は地域住民らと協働で野良猫を一時保護して不妊去勢手術を施したり、保護した動物の情報をインターネットで公開したりする地道な活動にも取り組んでいる。動物愛護精神の普及啓発を行う県動物保護協会の担当者は「ペットが命を全うするためにも、譲渡会のさらなる活発化も大切」と話した。

◇改正動物愛護管理法
 2013年9月1日施行。終生飼養の努力義務のほか、終生飼養に反する引き取りを行政が拒否できることなどを明記した。ほかにも生後56日が経過していない犬猫の販売禁止や、みだりに動物を殺傷・遺棄した際の罰則強化も盛り込んだ。
タグ:動愛法
posted by しっぽ@にゅうす at 06:52 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご長寿ペットとスキンシップ

産経ニュース


まもなく敬老の日ですね。人だけでなく近年は獣医療の進歩や飼い主の予防意識・飼育環境の向上などにより、犬や猫の平均寿命が年々延びています。

 動物も人と同様に老化現象が起こります。高齢化のサインとしては、視力や聴力、筋力の衰え▽被毛のぱさつきや脱毛▽行動力の低下−などがあります。その他、白内障や腎不全、心不全、腫瘍などの病気も増えてきます。

 私たちよりも速いスピードで年をとる犬や猫ですが、身体の不調を言葉で訴えることはできません。飼い主が「日頃と違う」というサインを見逃さないようにスキンシップとともに小さな変化に気付くよう心がけましょう。

 日常生活では目や口、皮膚、被毛の状態、歩き方などを注意してみましょう。普段のスキンシップでは全身をよく触ること。

 ブラッシングや耳のケア、歯や爪のケアをすることで歯周病や皮膚病、腫瘍、外耳炎などに早めに気付くことができます。

 病気を早期に発見し、適切に治療することにより、老化によるものとばかり思っていた体の状態を改善できる可能性もあります。

 また、外見上の変化がなくても体の中で進行する病気もあります。大切なペットとより長く一緒に過ごすためにも年1、2回、動物病院で定期検診を受けましょう。

 アニコム損保のペット保険に加入している最高齢は大型犬17歳、中型犬・小型犬19歳、猫21歳です。敬老の日は、笑顔と幸せをもたらしてくれるペットへの感謝をこめて、ゆっくりペットとの時間を過ごしてはいかがでしょうか。(アニコム獣医師 堀井典子)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:50 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ猫は人間の入浴シーンをのぞくのか

アメーバニュース


猫を飼っていると、ときどきその不思議な習性に驚いてしまうことがあります。「こんなことするの、うちの猫だけ?」と、飼い主が戸惑いがちなのが、「人間のお風呂をのぞく」という行為です。お風呂に入るのは嫌いなくせに…どうしてお風呂をのぞきたがるの?その理由を紹介します。

■テリトリー確認

家で飼われている猫にとって、家全体が自分のテリトリー、いわゆる「なわばり」になります。動物には、このなわばりが安全に保たれているかどうかを、確認して回りたい習性があるのです。お風呂場やトイレを使っていないとき、扉をしめ切っている家庭も多いのではないでしょうか。こんなとき、浴室内やトイレ内のなわばりを、猫が確認して回ることは難しいものです。飼い主さんが使っている瞬間こそが、なわばりチェックの最大のチャンスです。もし「お風呂場に入ってきた猫が、飼い主には見向きもせず、マーキングだけして出て行ってしまった」という場合には、この意味合いが強いと考えられます。「今日も確認ご苦労様」と、温かく見守ってあげてください。

■甘えたい証拠

一方で、お風呂場に入ってきてもマーキングをしない猫も存在します。ただ単に飼い主のそばで、お風呂が終わるのを待っている猫…こんな猫は「飼い主から一時も離れたくない、甘えん坊な猫」だと言えるでしょう。まるで母猫のように慕っており、どこに行くにも一緒がいいと考えているようです。かわいらしさ満点ですね。

■お風呂場は天国?

「家の猫は、上二つのどちらもあてはまらないようだけど…」という飼い主もいることでしょう。こんな場合、ただ単にお風呂場の環境が、猫にとって快適なのかもしれません。お風呂場では、いつでも水を飲み放題です。またお風呂のフタの上は、お湯でほどよく温まっていることも多いもの。その上で丸まるのは、猫にとって最高に幸せな時間なのかもしれません。飼い主でも、邪魔すると怒られてしまうのかも…?

お風呂場をのぞく理由は、猫によって様々なようです。中には「個室に閉じこもっている飼い主」の行動が気になって仕方がない、好奇心の強い猫もいるのかもしれませんね。あなたの飼い猫にあてはまる理由はありましたか?



タグ:生態
posted by しっぽ@にゅうす at 06:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「お腹すいた…」猫の鉄壁ガードでご飯を食べられない犬(動画)

らばQ


お腹を空かせた大きな犬がエサを食べようとすると、そこには猫が……。

絶対に食べさせる気がない猫と、どうしても食べたい犬との対決をご覧ください。



タグ:動画 面白
posted by しっぽ@にゅうす at 06:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする