動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月14日

広島土砂災害:直前「キーン、キーン」愛犬が救ってくれた

毎日新聞


鳴きやんだ愛犬の様子を見ようと外に出ると、泥水が押し寄せてきた−−。広島市北部の土砂災害で、飼い犬の異変に気付いた同市安佐南区八木4の塗装会社役員、佐藤正英さん(65)一家は、土石流が自宅を襲う直前に乗用車で避難した。家族を救った愛犬2匹のうち1匹は無事に戻ったが、もう1匹は不明のまま。「何とか逃げていてほしい」。家族は今も捜し続けている。

 佐藤さん宅は4人暮らしで、愛犬はやんちゃだが臆病な「メイ」と、メイの後をついて回るおっとりした「パト」。雑種の兄弟2匹を家族のようにかわいがっていた。

 災害発生前日の8月19日夜、激しい雷雨に、庭の犬小屋のメイが「キーン、キーン」とおびえた声を上げ続けた。20日午前2時ごろ、急に鳴くのをやめたため、おかしいと思った妻裕子さん(64)が寝室のある2階から1階に下りて玄関の扉を開けたところ、泥水が流れ込んできた。

 すぐに1階で寝ていた次女康子さん(38)と孫朔也(さくや)君(3)を起こし、避難の準備をした。その間にも庭に泥水が押し寄せてきた。2匹は犬小屋の柵の前で、「出してくれ」と訴えるように囲いに飛びかかっていた。裕子さんは手の震えを必死に抑えながら柵の扉を開けた。「逃げて」。一緒に連れて行く余裕はなかった。

 一家は乗用車で山裾の道路まで逃げたが押し寄せる泥水で動けなくなり、近くの長男宅に避難した。朝になって自宅に戻ると、自宅は土砂にのまれ、犬小屋も埋もれていた。20日夕、約500メートル離れたファミリーレストランに犬がいると聞き、駆けつけた。泥まみれのメイがぐったりとしていた。爪は擦り減り、汚れがひどく、何度も洗ったり拭いたりした。「泥水に流されたからでは」と裕子さんは考えた。

 パトの行方は分からないままだ。大阪市に住む長女史子(ふみこ)さん(40)がツイッターで呼びかけたり、家族で写真入りのチラシを配ったりして捜している。広島市動物管理センターによると、土砂災害の被災地で飼い犬に関する情報はこれまでに8件あった。このうち5件は飼い主の元に戻ったが、被害が大きかった八木地区の3件は行方不明のままという。「逃げた先で誰かに飼われていてくれれば」。家族はそう願い、パトの帰りを待っている。情報提供は史子さん(090・6834・3713)。【加藤小夜】


posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島動物フェスティバル、殺処分ゼロを目指すイベント開催




広島市西区のマリーナホップにて2014年9月20日・21日の2日間、広島動物フェスティバルが開催されます。

広島動物フェスティバルは、ピースワンコ・ジャパン(PWJ)プロジェクトが殺処分ゼロを目指して開催するイベント。

広島土砂災害の現場で救助にあたっていたPWJの災害救助犬(夢之丞)によるデモンストレーションが行われたり、ドッグトレーナー・獣医によるしつけ・医療相談、子供向けドッグトレーナー体験、保護犬・保護猫の譲渡会、犬猫グッズ販売、動物愛護パネル展、神石高原町フード屋台、公開動物問題対策討論会なども行われる。

広島動物フェスティバルは両日とも10時から16時まで。お問合せはピースワンコ・ジャパンプロジェクト(0847-89-0039)まで。
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬保護施設で火災、寄付金1億円集まる 英

CNN


(CNN) イングランド北部マンチェスターの犬の保護施設で11日夕方、放火と見られる火災が発生した。同施設の職員らが炎の中から約150匹の犬を救出したが、43匹が焼死した。
この痛ましい事件は、欧州でペット愛好家として知られるイングランドの国民に衝撃を与え、火災発生から数時間のうちに同施設への寄付金が集まり始めた。現地時間12日正午現在、寛大な愛犬家たちから寄せられた寄付金の総額は56万1000ポンド(約9800万円)以上に上り、今も刻々と増え続けている。
この募金は、地元紙がこの保護施設を支援する目的で始めたが、当初の目標額はわずか5000ポンド(約90万円)だった。
現在、警察と消防が火災原因を調査中で、グレートマンチェスター警察は、12日に15歳の少年を放火容疑で拘留し、取り調べを行っているとしている。


タグ:海外
posted by しっぽ@にゅうす at 04:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷い犬「富士男」…安住の地は東京・浅草

産経ニュース


昨年7月に富士山頂で保護され、富士男と名付けられた雄の迷い犬が13日までに、東京・浅草に住む50代の夫婦に引き取られた。保護直後から体重は5キロ増え、健康状態は良好。新しい生活にもなじんでいる様子だ。

 保護した動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」によると、富士男は3〜4歳ぐらいの雑種。昨年6月ごろから富士山頂で目撃されるようになった。自分から登ったとは考えられず、飼い主に置き去りにされた可能性がある。

 ネットワークが、新しい飼い主を探していると、テレビで富士男の存在を知った夫婦から今月初旬に「うちで飼っていて、死んだ犬と似ている。引き取りたい」との申し出があった。7日から一緒に暮らし始め、富士男もなついているようだという。

タグ:富士男
posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする