動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月16日

ペットにチップ 遺棄防止へ

読売新聞


犬猫などのペットの体内に埋め込み、飼い主情報が瞬時に読み取れるマイクロチップが広がりつつある。

 チップ装着により迷いペットの殺処分が減り、無責任な遺棄も抑止できると期待されており、環境省では義務化の検討を始めた。ただ、チップの存在自体があまり知られておらず、普及率アップやデータ管理などの制度整備が課題となりそうだ。

登録は98万件

 東京都内の動物病院の診察台で、獣医師の元井宏行さん(56)が犬の首の後ろに円形のリーダーをかざすと、「ピッ」と音がして、リーダーの液晶部分に、飼い主の住所や連絡先が登録された15桁の番号が表示された。

 犬の飼い主の小島昇子さん(56)は、3年前に同病院でチップを装着してもらった。「迷子になるかもしれないので、付けておくと安心です」と話す。

 マイクロチップは、ガラスなどの小さな筒状の容器に入った記憶装置で、直径2ミリ、長さ12ミリほど。専用の注射針にセットし、動物の皮下に注射して埋め込むため、外見からは全く分からない。「装着は一瞬のうちに終わるので、鳴き声を上げたりするケースはあまりないんです」と元井さんは言う。


 チップには番号が記憶されており、動物病院や保健所などにあるリーダーで読み取る。番号ごとに飼い主の情報をデータ登録機関に事前に登録しておき、番号を照会すると飼い主情報が特定できる仕組みだ。

 登録情報を主に管理しているのは日本獣医師会や日本動物愛護協会などからなる「動物ID普及推進会議(AIPO)」。AIPOによると、登録数は2007年度の13万件から13年度末は約98万件と7倍以上に増加している。昨年はチップの照会で飼い主が見つかったケースが150件あったという。

義務化を検討


 マイクロチップが注目を集める背景には、動物の殺処分の多さがある。

 環境省の調査では、年々減少傾向にあるものの、12年度の犬猫の殺処分は16万匹を超え、保健所などに引き取られた犬猫の約77%が殺処分されている。

 保健所が引き取った後にチップで飼い主を特定できれば、殺処分を減らすことができる。災害時などに行方不明になったペットも見つけやすくなる。また、チップ装着で飼い主に責任感と自覚が生まれ、無責任な飼育や遺棄を抑止する効果もあると期待されている。

 AIPOによると、実際に、遺棄された犬にチップが埋め込まれていたため、飼い主が特定された例もあるという。

 チップ装着はスイスやフランスなどでは、すでに義務化されている。日本では今のところ任意だが、環境省では義務化の是非に向けた検討を行っている。今秋から「殺処分ゼロ」を目指すモデル事業の一環として、チップを使う事業を選定する見込みだ。

「知らない」4割

 ただ、チップの普及率と認知度は依然として低い。

 環境省の12年の調査では、普及率は犬猫でも6・8%にとどまった。11年に一般の2700人を対象に行ったインターネット調査では、チップを「よく知っている」「ある程度は知っている」と答えたのは28・3%に過ぎず、「知らない」が38・2%に上った。さらに「かわいそう」「必要ない」など否定的な意見も4割を超え、意見が分かれている。

 運用面でも、飼い主が登録先を把握していなかったり、飼い主が変わったのに変更の届け出がなかったりする例がある。これらは飼い主の意識に頼る部分が大きいだけに徹底が難しい。

 データ管理も大きな課題だ。近年になってAIPO以外にもデータ管理を行うとする団体が現れているが、保健所側や獣医師の認知度は低い。年間3000匹前後の動物を収容する東京都動物愛護相談センターは、AIPO以外のデータベースは把握していないといい、他自治体でも同様のケースが目立つ。都内の獣医師は「データ管理は一元化されるべきだ」と指摘する。

 現在は任意のため、こうしたデータ管理などに規制がなく、同省担当者は「義務化を検討する過程で、データ共有などの制度整備も課題になる」と話している。(井上亜希子)

2014年09月15日 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
posted by しっぽ@にゅうす at 07:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のペットの幸福度調査、あなたの愛、重すぎない?

WPN


日本ヒルズ・コルゲート株式会社と、ペットの健康ケア情報を発信するWEBサイト「Petwell」が共同で、犬・猫のペットオーナー(計403名)を対象に「日本のペットの幸福度調査」を実施した。

 回答者に自身のペットの幸福度を10点満点で採点してもらったところ、犬オーナーで平均7.45点、猫オーナーで7.39点という結果になり、オーナーはペットたちがかなり幸せに暮らしていると感じているようだ。

 また、ペットとの親密度を測る尺度でもある愛犬や愛猫と遊ぶ時間は、1日のうち、犬オーナーは「1時間以上」と「1時間未満」がほぼ半々だが、猫オーナーは「1時間未満」が8割にのぼった。これに関して今回のアンケートの監修を行った動物行動学者で獣医師の入交眞巳先生は、「猫は群れをつくらない動物で、ベタベタした付き合いを好まないと思われがちだが、実は社会性の高い動物なので、起きている間は、声をかけたり、なでたり、ひもでじゃらしてあげたりと、積極的にかまってあげることが大切」とアドバイスしている。

 おやつをあげるときは「ねだられた時」と「寂しい思いをさせた時」が圧倒的に多く、寂しい思いをさせた罪悪感から、ついつい甘やかしてしまう傾向が伺える。それに対して入交獣医師は、「ペットがほしがるからと野放図に与えていると、肥満して、いずれは健康を害することに。今はよくても、あとで後悔することになる」と注意を促している。

 しつけに関しては、犬オーナーの68.7%、猫オーナーの76.2%が自身のしつけを「甘め」と回答。そしておやつをしつけのご褒美として利用している人は犬オーナーで47.2%、猫オーナーで14.3%おり、「仕事をした報酬でごはんをもらうほうが、ただごはんをもらうより好きということがわかっている。そのほうが脳が活性化して覚えもいい」と入交獣医師もしつけへのご褒美の取り入れを評価している。

 多くのオーナーが、「ペットの幸福度は健康度に比例する」とし、とくに「寄生虫の予防やワクチン接種」や、「食事の栄養管理」への関心が高かった。しかし約1/3のオーナーが、現在の愛犬・愛猫の体型は「ぽっちゃり」または「ややぽっちゃり」と答えており、獣医師の調査では、肥満ペットのオーナーの約半数は「肥満の自覚がない」とのデータもあることから、オーナーの自己診断以上に肥満はまん延しているようだ。これに関して、入交獣医師は、「ぽっちゃりを可愛いと感じるオーナーさんも多いが、肥満は生活習慣病の引き金になる。動物病院の定期検診などで太りすぎを指摘されたら、おやつの与え方に注意したり、ペットフードを見直すなどして、早めにケアを」とアドバイスしている。


タグ:調査
posted by しっぽ@にゅうす at 07:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二槽式洗濯機が今売れる理由 ペットの世話や介護で威力

日本経済新聞


2013年は大容量タイプ(8kg以上)の販売構成比が拡大するなど(GfK調べ)、洗濯機は「大型&全自動」タイプの人気が続いている。そんな中、これに逆行する「小型&二槽式」の「マイセカンドランドリーTOM-05」が、2014年5月の発売以来、好調な売れ行きを見せている。

 その名の通り「セカンド=2台目」需要を狙ったもので、運動後のユニホームや介護で汚れた衣類など、用途を絞って洗濯できる。販売元のシービージャパンによると、「特にニーズが高いのがペットを飼う家庭。毛が付いたマットやタオルを洗いたいとの声が多い」といい、家電量販店などに加え、ペット売り場での扱いも増えている。

■洗濯時間の短さに驚き

 小型で、価格は税別1万5000円と手頃だが、性能や使い勝手はどうか。まず製品を見て感じたのは、意外に大きいということ。もちろん一般的な洗濯機と比べると小さいが、高さは約57cm、幅は約55cmある。
その分、洗濯槽の容量は約3.6kg確保されるので、思った以上に洗濯物が入った。用意した8枚のインナーシャツは余裕で入り、あと4〜5枚は追加できそうだった。

洗濯して驚いたのは、洗濯時間の短さ。メーカー推奨の設定時間では、1.2kg以下の化繊製品の場合は約2〜4分間で済む。すすぎと脱水の時間を合わせてもトータルで15分程度だ。それでいて、肝心の汚れ落ちには問題はなかった。この他、二槽式では当たり前だが、洗濯と脱水を同時に行えるので効率よく、脱水のみでの利用も可能だ。

■気になる置き場所の確保

 製品そのものの問題ではないが、2台目として考えた場合、気になるのは置き場所の確保だ。電源と給水、排水ができるスペースが必要になり、なかでも困りそうなのは給水だ。

 水道の蛇口と本体の給水口をホースでつなぐのだが、洗面所など水回りに置けない場合は、別の場所を考えなければならない。ただ洗濯時に必要な水量は7Lからなので、手間にはなるがバケツで水を入れても使える。

 小型で場所を取らず、少量の水で洗濯ができるため節水にもつながる。置き場所を確保できれば、ペットもの専用や汚れもの専用といった2台目の洗濯機として、欠点はないといえる。

(日経トレンディ 羽田健治)

posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒商高生企画のペットイベント盛況

陸奥新報


黒石商業高校商業科3年「ペットビジネス」班は14日、黒石市の津軽伝承工芸館の広場で、ドッグランなどのペットイベントを行った。ペットビジネスの市場動向を把握する課題研究の一つで、弘前市のペットショップLOVERS DOG弘前城東店や同館が協力。市内外から多くの愛犬家が訪れるなど好評で、同市活性化策としての可能性に、手応えを感じていた。
 昨年度の3年生から引き継いだ研究で、会場にはドッグランや相談コーナーなどが設けられたほか、飲食の販売もあり、愛犬も飼い主も楽しめるよう内容を充実。捨てられ、殺処分されたペットの骨を混ぜた土で栽培した花を配る三本木農業高校の「命の花プロジェクト」に賛同し、今年も40鉢を用意して命の大切さを訴えた。


タグ:イベント
posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物カフェ、癒やしスポットに 猫、小鳥、ヤギ…札幌ではウサギ

北海道新聞


動物を眺めたり、触れ合ったりしながら、お茶を飲む喫茶店が多様化している。先駆けとなった「猫カフェ」が全国に広がる中、東京都内には小鳥カフェやヤギカフェ、札幌市内にもウサギカフェが登場。人々の好みに合わせて動物の種類が広がり、ストレス社会の癒やしスポットとして定着しつつある。

 今年2月、東京・南青山にオープンした「ことりカフェ表参道」。28席の店内には大きなガラスケースが2カ所にあり、中では色とりどりのインコなど計約20羽の小鳥が飛び回っている。客はそれを眺めながら、コーヒー(800円=以下、価格はすべて税別)などを飲む。小鳥に直接触れられる部屋もあり、利用料は1回5分で500円だ。

 客は道内をはじめ全国から訪れる。休日には行列になるため、利用を1時間に限定する人気ぶりだ。JR渋谷駅に近い「桜丘カフェ」はヤギ2匹を外のテラスで飼う。ヤギは店内から眺められ、月、水曜日には1回30分の「お散歩」の無料体験もある。

 ウサギカフェも増えており、昨年4月には札幌市内にも「うさぎカフェ モンラパン」(中央区南1西1)が開店した。店内には3組分のスペースがあり、2〜4人ずつ入れる。料金は利用時間で違い、60分コースは1人800円とコーヒー(450円)などの飲み物代。8匹のうち2匹まで選び、ひざの上に抱っこするなどして遊べる。

 動物カフェは法律上、動物取扱業者の展示業に当たり、開業時に都道府県知事か政令市長への登録が必要。展示業には動物園や乗馬施設なども含まれるが、2013年の全国の登録数は2379件で、過去5年で約480件増えた。(東京報道 片岡麻衣子)<どうしん電子版に全文掲載>


タグ:カフェ
posted by しっぽ@にゅうす at 07:26 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする