動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月25日

杉本彩さん、動物行政への思い語る「全国にアニマルポリスを」 大阪

産経ニュース


大阪市東淀川区の大阪経済大学で、動物福祉を考える映画上映会とトークセッションのイベントが開かれ、動物保護活動家としても知られる女優の杉本彩さんらが、動物虐待を取り締まる「アニマルポリス」の必要性を強調したほか、日本の動物行政の課題について思いを語った。

 同大の地域活性化支援センター設立10周年と動物愛護週間に合わせ、同大で動物福祉を学ぶ3年生8人が企画した。

 イベントでは、無責任な飼い方や飼育放棄が後を絶たない日本の現状を追った映画「犬と猫と人間と」を上映。学生のリーダー、今井康太さんは「一人でも多くの人に年間約16万頭の犬や猫が殺処分されている現状と、その原因について考えてほしい」と話した。

 その後のトークセッションでは杉本さんが、自身が中心となった“京都からアニマルポリスを!”の署名運動に7万2千人以上の署名が集まったことを披露し、「その機運を全国に」と訴えた。また、動物関連の訴訟を多く手がける細川敦史弁護士は「終生飼養が守られるよう、ペットを安易に飼えない仕組みづくりも課題」と指摘した。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペットは家族 大切に」 川崎区で動物愛護フェア

東京新聞


動物愛護週間(二十〜二十六日)に合わせ、JR川崎駅東口の地下街アゼリアで二十三日、動物愛護フェアが開かれた。川崎市と市獣医師会の主催。動物愛護団体などが約二十のブースを設け、動物の飼い主が最期まで飼う「終生飼養(しゅうせいしよう)」などを呼び掛けた。
 二〇二〇年までに日本の犬猫の殺処分ゼロを目指す文化人らの集まり「エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議」の動物愛護委員会のメンバーも参加。委員長を務める音楽評論家の湯川れい子さんは「犬や猫は昔から人間とともに文化をつくってきた家族。その命がどう扱われているかで心の豊かさが見えてくる」などと語った。
 市獣医師会によるペットの健康相談や被災時のペットの備えについての啓発、迷子札の作製体験のほか、聴導犬や盲導犬による実演もあり来場者の関心を集めた。
 アイメイト協会(東京)の担当者は「盲導犬が入店拒否される店もまだあるが、目の不自由な人にとっては体の一部。サポートしていただければ」と支援を呼び掛けた。 (上條憲也)


タグ:動物愛護
posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「最期まで育てます」 ペット終生飼育を宣言

大阪日日新聞


動物愛護週間(20〜26日)に合わせ、ペットを最期まで責任を持って飼育することを誓うイベント「ペット終生飼育宣言デー」が23日、大阪市鶴見区の鶴見緑地公園で開かれ、宣言式や保護犬の譲渡会を行った。


愛犬を抱いて「終生飼育誓約書」にサインする飼い主=23日午後、大阪市鶴見区の鶴見緑地公園
 ペットが命を終えるまで飼い主が適切に買うことを明記した「改正動物愛護法」の周知や終生飼育意識を育もうと、社会貢献事業を企画する津柳徹一さん(34)が呼び掛けて開いた。

 宣言式では犬や猫、フクロウ、ミニブタなどさまざまな動物が飼い主とともにレッドカーペットに登場。「大事な大事な宝物」「これからもずっと暮らしていきたい」などと飼い主らがそれぞれの言葉で終生飼育を宣言し、自分とペットの名前を「終生飼育誓約書」に署名。ペットらも肉球などでサインした。

 ポメラニアンの雄、17歳のラッキーと式に参加した日々野敏彦さん(52)=高槻市=は「終生飼育宣言できることをうれしく思う。人間の事情がペットに影響する。大事にしてあげたい」とし、自身もシバイヌを飼っている津柳さんは「最期まで飼うこと、命の大切さを伝え、その人がまた伝えていってくれれば」と思いを語った。


タグ:終生飼育
posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い主のストレス増?ペットは癒しに「ならない」との調査結果

IRORIO(イロリオ)


空前のペットブームと言われ、動物を飼いたいと思っている人も多いはず。しかし必ずしも「ペットを飼うと癒される」とは限らないらしい。

飼い主の2人に1人が寝不足に
英マットレスメーカーMemory Foam Warehouseが行った、1,000人の犬猫の飼い主を対象にした調査では、飼い主の2人に1人が、ペットを飼う前に比べ、睡眠時間が最大で1時間半も減っていることが明らかになった。

理由は夜中や早朝にペットが鳴いたり、吠えたり、爪をといだり、鼻をすりつけてくるため。

特に早朝に鳴き出したり、吠える犬猫は多いようで、47%の飼い主は「それはいつものこと」と日頃の寝不足についてこぼしている。

3割の飼い主が疲れ切っている
しかも夜中に鼻をスリスリしてくるならまだ可愛いが、ペットに噛まれたり、かじられたり、顔の上に座られたりして睡眠を妨げられている人も3%だが、いた。

睡眠不足以外にも、ごみを散らかしたり、リビングを全力疾走したりと、飼い主たちの悩みは尽きないようで、34%の人が「ストレスでボロボロ…」と回答。

今回の調査結果を受け、同社トーマス・ロード氏は「ペットを飼うと健康的になり、生活習慣も改善されると言われるが、ストレス、特に睡眠にこれだけ影響しているとは驚き」とコメント。

可愛いはずのペットだが、やはり生き物を飼うにはそれ相当の覚悟と責任が必要であることを再認識せずにはいられいない。

タグ:調査
posted by しっぽ@にゅうす at 07:35 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ越し理由に高齢犬置き去り 飼い主から謝罪文、持病薬 「捨て場でない」憤慨 東京ドイツ村で保護

Yahoo!ニュース


千葉県袖ケ浦市のテーマパーク「東京ドイツ村」(同市永吉)のドッグランに今月13日、高齢の小型犬が置き去りにされているのが見つかった。後日届いた「引っ越して飼えなくなった」とする飼い主からの謝罪の手紙には、持病の薬が同封されていた。ドイツ村は、従業員らに引き取り手がいないか探したが見つかっておらず、担当スタッフは「ドッグランは犬の捨て場ではない」と憤っている。


引っ越し理由に高齢犬置き去り 飼い主から謝罪文、持病薬 「捨て場でない」憤慨 東京ドイツ村で保護
カールがいたドッグランの隅。駐車場を見つめ飼い主の帰りを待っているようだったという
 ドイツ村によると、置き去りにされていたのは、体長約35センチ、体重3・6キロの雄のシーズー犬。

 13日午後2時ごろ、園内のドッグラン「わんちゃんランド」で、利用者から「あの子の飼い主がいないみたい」と問い合わせがあり、従業員が確認すると、小型犬エリアの隅に座っていた。飼い主の帰りを待つかのように、駐車場の方をじっと見つめていたという。場内放送で迎えに来るよう促したが、飼い主は現れなかった。

 保護していたところ、18日ごろになって飼い主と思われる人物から手紙が届いた。氏名や連絡先はなかった。

 手紙には「名前カール、5月28日生、12歳」とあった。さらには、犬を飼えない所に引っ越し、引き取り手を探したが見つからなかったことや、保健所へ連れて行く前にドッグランで遊ばせようとし、他の犬と遊んでいる姿を見て「ここなら楽しく過ごせると思い、思わず置いて来てしまった。申し訳ありません」などと謝罪文が書かれていた。「心臓が悪い」と粉薬も同封されていた。

 カールは現在、ドイツ村で預かっており、従業員の石川百合子さん(64)らが散歩に連れて行くなど世話をしている。手紙にあった通り、高齢で心臓に持病があるためか、当初はせきが出ていたが、届いた薬を飲ませると良くなった。人なつこく元気で、石川さんが名前を呼ぶと小走りで駆け寄ってくる。

 2010年3月にドッグランがオープンしてから初めてのことだといい、ドイツ村は「あまりにも理不尽。二度とこんなことをして欲しくない」と憤慨。引き取り手を探している石川さんは「ドッグランは捨て場じゃない。ひどい。散歩に連れて行くと、いつも入り口付近でうろうろするので、いつか迎えに来るのを待っているのだと思う」と話していた。


タグ:捨て犬
posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする