動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年09月26日

犬猫の殺処分と人間の高齢化問題/動物愛護センター視察

BLOGOS


2081…。この数字は何のことだかお分かりだろうか? 平成24年度に都内で殺処分された犬と猫の数だ。武蔵野市をはじめ地域猫の活動が広まっているが、殺処分ゼロはまだまだ実現できそうにない。どうすればなくすことができるのだろうか。

■数は減った
 東京都動物愛護相談センターに収容された犬の数は平成24年度で789頭(成犬783、子犬6)。猫は2289頭(成猫660、子猫1629)だった(※)。
 このうち、160頭の犬、1921頭の猫が殺処分されている。犬の約20%、猫の約84%が収容後に殺処分となっていた。

 区市町村別から見ると武蔵野市からは23頭が収容されている。内訳は成犬が8頭、成猫10、子猫が5頭となっていた。23頭のうち殺処分された頭数は統計には出ていないが、割合から考えればおおよその数は分かる。これらの犬や猫を救うことはできないだろうか。

 殺処分をなくすには、まず、収容されないことが一番だ。そのためには、地域猫などの活動が効果的だろう。だが、実際にはゼロになっていないこともあり、現状がどうなっているのかを伺うために、武蔵野市で収容された犬や猫を担当することになる東京都動物愛護相談センター多摩支所(日野市)を視察させていただいた。

 担当者の話によると、引き取り依頼の連絡があったとしてもすぐには引き取らない。特に猫の場合は飼い猫か野良猫なのかの区別ができないので引き取らず、地域猫活動など地域で解決してもらうようにしている。収容する場合は、病気やけがをして動けないケースや生まれたばかりで単独では生きていけないケースが多い。以前のように連絡があれば収容することは止めていると方針変更があったことを話されていた。

 統計を見ると確実に減ってきていた(画像は東京都全体の犬猫の取扱数の推移。八王子市は平成19年4月に、町田市は平成23年4月に保健所政令市となったため、それ以降は両市の数値は入っていない)。



■新たな課題は高齢化
 担当者に、方針が変更されたことで数は少なったとはいえ、未だに殺処分がなくならないのは気が変わったなど飼い主の勝手な理由が多いのかと聞いてみた。すると、そのような理由では収容しない。飼い主が高齢化し飼いきれないケースや飼い主が亡くなってしまった場合が多いと説明されていた。

 高齢化の問題が、ペットにも影響しているのだ。

 高齢者が一人暮らしで犬や猫が生きがいになっている例はよく聞く。しかし、飼い主が亡くなってしまった場合には、犬や猫がどうなってしまうのかの問題だ。

 飼い主が亡くなっても犬の場合であれば、犬がよほど高齢になっていなければ引き取り手はあるのだという。しつけをするなど若い年齢の犬よりも手間がかからないのだそうだ。

写真 1 しかし猫の場合は、子猫なら引き取る人は多く愛護センターと連携している地域猫の会などが引き取り第二の人生(猫生?)を送ることは少ないのだが… という現実がそこにはあった。

 わがままな飼い主は、愛護センターで引き取ることがなくなったため、自宅から遠くまで車で運び、そこで捨ててしまったり、高速のインターでも捨てたりするケースがあるのだそうだ。多摩支所の場合には管内にインターがないのでこのようなケースはないが、地方ではよく聞くケースだという。呆れてしまうしかない。人間のわがままが動物の命を左右していることになる。いつか、そのしっぺ返しが人間にくるのかも、と思ってしまった。

■法改正
 change.orgで愛護動物の虐待及び殺害の厳罰化-刑の厳格化を求めるネット署名が行われている。

 日本では、動物を傷つけても、殺しても罪に問われない事が多く、罪としては器物損壊の方が重い罪になるのが現状だ。そのため、動物への虐待は「器物損壊」としての罪に問われることになる。動物は「物」以下というわけだ。
 
 ネット署名が行われているサイトには、『暴力事件を起こした事がある人の8割以上が動物虐待を経験しています。又、動物虐待は幼児虐待やDVとも関係しています。犯罪行為、暴力行為はエスカレートします。凶悪犯罪が増える中、動物虐待の犯人を厳しく取り締まる事は私達人間の安全も守ることになります』と訴えている。

 地球生物会議(ALIVE)のサイトにも児童期の虐待経験と動物虐待の関連を示す研究についての記事が掲載されている。
 ジェームズ・ブレウェットロンドン大学キングズ・カレッジ、社会福祉労働力研究部部長の研究を紹介する内容で、動物を虐待する児童が暴力的傾向を持つ成人になるかどうかに関して、『動物虐待で有罪宣告を受けたことのある153人の若者の70%は、他者への暴力を含め、動物虐待以外に、少なくともひとつの犯罪歴があることを示しており、これらの若者は、財産関連や麻薬関連の犯罪に関わる率が高かった』という事例を紹介し。文献調査では『虐待が、過去のトラウマの表現であったのは明らかだった』ことも紹介している。
 しかし、動物虐待が他者への暴力へと発展する人間の特定予測はむずかしく、単純に決め付けないよう気をつけなくてはいけない、と警告している。それは、児童福祉団体と動物福祉団体が協力してデータを構築する研究をしてこなかったからだとしていた。

 大阪府立中央図書館のレファレンス事例でも明確な文献はないもののいくつかの文献が紹介されていた。動物虐待と暴力行為の関係は明確でないとはいえ、猟奇的な事件があると動物虐待もあったことが報道されていることが記憶に残っていることを考えれば、何らかの関係性は否定できないだろう。

 厳罰化でどこまで効果があるか、私には分からない。だが、物以下ではない。現状のままでは虐待しても罪にならないのはおかしなことではないだろうか。


■どうすればいいのか
 犬猫の殺処分は以前には保健所で行われ、野犬狩りということも行われていた。今では組織も変わり、野犬狩りなどは行わないと大きく状況は変わり、人間の高齢化など新たな課題もでてきている。人間のわがままに変わりがないのかもしれないが、どうしたら殺処分ゼロになるだろうか。

 動物愛護センターでは、小学校低学年を対象に、動物とふれあう体験により動物愛護精神の普及啓発を無料で行っていた。このような地道な活動から動物虐待や殺処分がなくなっていくのだろう。時間はかかるが、さらに広めていくことがまず必要と思った視察だった。

 話を伺った後、収容されている犬を見させていただいた(猫は公開していない。写真撮影は不可)。けなげに尻尾を振ってくる犬。年老いて動けなくなっている犬。病気になっている犬などがそこには収容されていた。引き取り手があれば、救われるのだが、そうでない場合の結果は明らかだ。気持ちが重くなり帰り際に降り出した雨が何かを訴えているように思えてしまった。愛護センターのわきにあった看板は、殺処分止まれと言っているようだった。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:24 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ドイツ村に「置き去り」の高齢犬、里親のもとへ 千葉

産経ニュース


袖ケ浦市永吉のテーマパーク「東京ドイツ村」のドッグランに、高齢の小型犬が置き去りにされているのが見つかった。心臓に持病があるこの犬は25日、香取市内の愛犬家の善意で無事に引き取られた。ドイツ村では、新しい飼い主が見つかり胸をなで下ろす一方、元飼い主に対する非難やモラルを問うメールが全国から寄せられたことも明らかにした。同園では「二度とあってはならないことだ」と訴えている。

                    ◇

 ドイツ村によると、14日午後2時ごろ、園内のドッグラン「わんちゃんランド」の小型犬エリアの片隅に、1匹で座り込んでいた犬を利用者が発見した。場内放送で呼びかけても飼い主は現れず、同園が保護することになった。体長約35センチ、体重約3・6キロの雄のシーズー犬で、従業員によると、自分が捨てられたことなど少しも気付いていない様子で、「小さな体を震わせながら飼い主を待ち続けているようだった」という。

 4日後、元飼い主からとみられる匿名の手紙が同園に届いた。そこには「カール」という名前や12歳の高齢であること、心臓を患っていることなどが書かれていた。

 置き去りにした理由については「犬を飼えない家に引っ越してしまい、保健所に連れて行くことになった」と事情を説明。続いて、「最後にドッグランに連れてきたところ、楽しそうに遊んでいる姿を見て連れて行けなくなり、置いてきてしまった」ともつづられていた。

 「ここは犬の姥捨て山じゃない」。飼い主の身勝手な行為に、カールの世話をした従業員の石川百合子さん(64)は、怒りと悲しみで涙がこみ上げたという。

 このことがインターネットなどで広まると、全国から元飼い主の無責任な振る舞いを非難するメールが同園に寄せられた。そして、引き取り手を探していることを知った香取市の森田みどりさん(65)が24日、名乗りを上げた。愛犬家の森田さんは「カールの境遇を知り、放っておけない気持ちになった。ひどい仕打ちをした飼い主が許せない」と嘆き、カールの新しい飼い主になることを決意した。

 カールは25日、同園を訪れた森田さんに引き取られた。森田さんが犬の飼育経験が豊富ということを知った石川さんは、「いい人に引き取ってもらえて本当によかった」と胸をなで下ろした。森田さんの腕に抱かれたカールも、安堵(あんど)したように尻尾を振っていた。

 人間なら60〜70歳に相当するというカール。森田さんは「高齢で病気もあるので、とにかく最期まで面倒を見ます」と話した。同園では「平成22年にドッグランがオープンしてからこんなことは初めて。二度とあってはならない」と訴えている。


タグ:捨て犬 遺棄
posted by しっぽ@にゅうす at 09:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットをめぐる問題をアートを通して考える『ペットショップにいくまえに展』

Excite Bit


私達の毎日の暮らしに寄り添ってくれる犬や猫といったペットたち。しかし、飼い主の事情で捨てられてしまったり、その捨てられたペットが生んだ子供など、残念ながら殺処分されてしまう犬や猫は合計で年間で16万頭余り(平成25年度)にものぼるという。

以前にコネタでも紹介した書籍『ありがとう! わさびちゃん』などのヒットもあり、不幸なペットを殺処分から救うためのさまざまな試みについて徐々に認知度が高まってきている昨今。石黒亜矢子さんやヒグチユウコさんら人気の画家やクラフト作家といったアーティストたちが集い、ペットをめぐる諸問題を多くの人に知ってもらおうと作品展示やチャリティグッズの販売を展開する『ペットショップにいくまえに展』が、9月25日より西荻窪のURESICAでスタートする。

この展覧会がスタートした経緯や見どころについて、会場のURESICA・カマタユリコさんにお話をうかがった。そもそものきっかけとなったのは、絵本作家・どいかやさんが2010年開催の個展用に、どいかやさん構想によるフリーペーパー『ペットショップにいくまえに』を制作したこと。

「かわいい絵で興味を惹きつつペットたちを取り巻く事実を知ってもらいたいという、どいかやさんの絵本作家ならではのアイデアでした。会期中には作家の渡辺眞子さんとどいかやさんで“犬猫トーク”と題し、殺処分やペットにまつわる問題をお話いただくイベントも開催しました。その展覧会をきっかけに、2011年からは『ペットショップにいくまえに』展として主旨に賛同してくれた作家のグループ展という形になったんです」

今年で4回目を迎える『ペットショップにいくまえに』展。
発起人のどいかやさんや、先述の『ペットショップにいくまえに』に触発されてフリーペーパー『ネコの種類のおはなし』を制作したという絵本作家のとりごえまりさんを中心に、毎年新たな作家たちが加わって、平面作品だけでなく陶器や木工、ガラス、段ボール彫刻など幅広いジャンルの作品を展示。

今年は京都のギャラリーnowakiとレティシア書房でも、9月28日まで連動展が開催されている。

実力派の作家が思い思いにペットをテーマにしたアート作品のほか、キュートなデザインのお菓子を出品するお店も含めて約20組が参加。ミニ絵本『ねこだっこしたら』、ポストカードなど、チャリティグッズの販売も行われる。

「今年のインパクトあるDMの絵を描いてくださった石黒亜矢子さんとは、展覧会にあわせて小冊子『てんまると家族絵日記1』を作りました。この売上げの一部は、動物保護活動のための寄付金にします。参加作家には、石黒さんとも親交のあるヒグチユウコさん、町田尚子さん、去年に新潟で行った展示に参加されたスドウピウさんや早川純子さん、西荻窪にご縁のある杉浦さやかさんほか、人気作家目白押しの豪華メンバーです。愛護団体を介して猫の里親になったという寅印菓子屋さんも、猫をテーマにしたお菓子を出品してくださいます」

ペット好き&アート好きにとってはかなり興味をそそられる今回の展示。会場のURESICAでは海外のセレクト雑貨やクリエイターたちのグッズなども扱っているので、ショッピングがてらのぞいてみるのもオススメだ。

「動物が好きな方もそうでもない方も、タイトルに『えっ?』と思われた方も、まずは展示作品を楽しみにいらしてください。そしてフリーペーパー『ペットショップにいくまえに』を、ぜひ読んでみてください。身の回りの動物のこと、ペットショップの動物たちはどこからきたのか、売れなければどこへ行くのか……などなど、人間社会を考えるきっかけにもなると嬉しいです」
(古知屋ジュン)

◆『ペットショップにいくまえに展2014』
会場:URESICA
日時:9月25日〜10月13日 12:00〜20:00(会期中の火曜は休み)
料金:無料
※10月5日14:00より獣医師・作家の南部和也さんらによるトークイベントあり(要予約)


posted by しっぽ@にゅうす at 09:12 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きく変化したバンコクのペット事情

Wedge_Infinity


私は根っからの犬好きで、25年程前に某社の駐在員としてバンコクに滞在したときは犬を飼いたいばかりに庭付きの一軒家に住んでいた。当時勤めていた会社は駐在員約50名、合弁会社への出向者約50名、都合約100名の邦人派遣社員を擁する大所帯だったが、治安上の理由から皆マンション暮らしで、一軒家に住んでいるのは社宅をあてがわれている現地法人の社長と我家だけだった。

 当時のことを思い出すと、タイでは犬はあらゆる生き物の中でなぜか最下等という、誠にありがたくない地位を貰っていた。そのため、犬をペットに飼う人などほとんどおらず、飼うとすれば番犬としてだった。そんな訳で、街で見かける犬といえばほとんどが野良犬だった。

 理解に苦しみ、悲しかったのは、普段は穏やかなタイ人が犬を見ると何もしていないのにいきなり蹴飛ばしたり叩いたりすることだった。犬に対する扱いは25年経った今でこそ多少は良くなったが、可哀そうな野良犬たちが相変わらずおどおど、びくびくして暮らしているのは残念なことである。

 さて、ところがである。この国の人々の国王に対する尊敬の念の強さは世界でも知られている通りであるが、10年ほど前から、国王陛下も実は犬好きで、積極的に野良犬を保護し、保護した犬を宮殿でご自分の傍において飼っておられることが世間でも知られるようになった。その影響で次第に近所の野良犬に餌をやったり、首輪を付けてあげたりして地域ぐるみで野良犬の面倒を見る人が少しずつ増え、今では珍しいことではなくなってきた。

そしてここ数年。社会全体が豊かになってきたことを受け、今バンコクは「ペットブーム」を迎えている。昔は犬猫病院を見付けるのも大変だったが、今では大きな動物専門病院、ドッグラン、ペット保育園、ペットホテル、ペット用品店といった具合にペットビジネス大盛況だ。

 安心して犬の散歩が出来るような環境インフラの整備にはまだまだ時間がかかるだろうが、ワンちゃんたちのタイ社会での地位が少しずつ上がってきたことは喜ばしいかぎりだ。

 現在、我家では日本からつれてきた柴犬2匹を飼い、毎朝近所のお決まりコースを30分程散歩しているが、顔馴染みとなった近所の人と簡単な会話を交わすことが楽しみになっている。

 先日は、日本では当たり前のビニール袋にペットボトルを持って「犬の糞片付け」をしていたら、おばさんから「日本人は偉いよね、ありがとう!」と声を掛けられた。ワールドカップでも同じことが世界の彼方此方で話題になったようだが、我家ではワンちゃんのお陰で少し嬉しい気持ちになった。(バンコク在住ビジネスマン)



タグ:海外
posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物愛護団体と連携、家畜福祉基準を強化 ネスレ

鶏鳴新聞

2014.09.15発行
 世界最大の食品会社のネスレ(本社・スイス)は8月21日、「サプライチェーンにおける家畜福祉の向上を誓い、動物愛護団体のNGO『ワールド・アニマル・プロテクション(WAP)』と連携協定を締結した」と発表した。ネスレに原料を供給する畜産農家は、同社とWAPが今後進める家畜福祉についての要求事項の強化に対応する必要があるとしている。
 WAPは、50年以上前から活動している国際的な動物愛護団体。今年6月にWSPA(World Society for the Protection of Animals、世界動物保護協会)から名称変更した。
 ネスレは乳製品を中心に、動物由来原料の直接取引先が世界に約7300社あり、酪農家や養鶏農家を含む数十万の農家が、これらの各社にネスレ向けの畜産物を納入している。
 ネスレは川上の取引先に対し、「サプライヤーコード(納入規約)」のほか、環境や家畜の福祉、労働者の保護、透明性、生産工程について記載した「レスポンシブル・ソーシング(責任ある調達)プログラム」のガイドラインの了承や順守を要求しているが、WAPとネスレは協力して同文書の要求事項の強化を進めているとのこと。
 すでに7月には、今後のサプライヤーコードとガイドラインの原則を示す、サプライヤーコードの付属文書「ネスレの家畜福祉へのコミットメント」を発行。同文書では養鶏についても、早期に廃止すべき生産方法として「従来型のバタリーケージの使用や、(鶏本来の成長率ではなく鶏の健康や福祉に影響する)急速な肥育」を挙げており、これらが今後、取引要件にかかわる各文書に加わってくるとされる。
 新たな家畜福祉基準の第三者認証機関としては、SGS(本部・スイス)を任命し、すでに世界の数百農場で審査を進め、いくつかの審査ではWAPの代表者が同伴して抜き打ちで実施しているとのこと。違反が見つかった場合は、「サプライヤーと協力して改善に努めるが、仮に当該企業が改善できない、またはその意思を示さない場合は、ネスレへの供給を打ち切る」としている。
 ネスレが家畜福祉基準の強化に踏み切った背景には、ヴィーガン(完全菜食主義者)になることを勧める動物愛護団体のMFA(Mercy for Animals、動物への慈悲)の会員が昨年秋に、ネスレの契約農場の従業員になりすまして乳牛の虐待映像を隠し撮りし、米国のNBCなどの大手メディアが報じた経緯がある。MFAは今回のネスレの対応について、「大手食品メーカーがこれまで採用した中で最も包括的な指針だ。他の食品メーカーも後に続くよう望んでいる」とコメントしている。



タグ:福祉
posted by しっぽ@にゅうす at 09:05 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする