動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2014年11月30日

犬税断念の泉佐野市、犬猫の不妊・去勢手術費を助成へ 大阪

産経ニュース


大阪府泉佐野市は、市内在住のイヌ、ネコの飼い主らを対象に、不妊・去勢手術費を助成する方針を明らかにした。狂犬病予防注射の啓発や、処分されるイヌ、ネコの減少が目的で、1匹あたりの助成金は5000円。12月の市議会定例会に、200匹分の助成金など約103万円を盛り込んだ補正予算案を提出する。路上に放置されたイヌ、ネコのふんの除去などにつなげるため、放置ふんを見つけた市民にスマートフォンで位置や画像などの情報を提供してもらう通報システムも導入する。システムのアプリ開発費などは約420万円。

 アプリは来春にも無料で提供する予定。災害時の被災場所の把握などにも役立てる。今後、名称などを決める。

 さらに放置ふんを減らすため、府警OBの環境巡視員を現行の2人から4人に倍増させる方針。

 これまで市は、飼いイヌの放置ふん対策として、飼い主から一律に徴収する法定外税「犬税」(仮称)の導入を目指したが、有識者らでつくる市の検討委は「税負担の公平性が担保できない」と答申したため断念していた。

 市の担当者は、今回の一連の対策について「飼いイヌ登録の推進やマナー向上などの効果が期待できる」と話している。


タグ:助成
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門家が警鐘「きれいめペットフードが犬や猫を苦しめる!」

楽天WOMAN


「家庭で飼う犬や猫にペットフードが普及し始めて約40年。それにつれてペットのがんと尿管結石が増加。いまや犬の死因の1位ががんになっています。その一因はペットフードに含まれる添加物にあるのではと思っています」
 
こう話すのは、ペット愛好家の間ではDr.SAKAIの名で知られる獣医師・堺英一郎さん。家庭でいまペットに与えられているフードの原材料表示を見てほしい。そこには細かく大量の添加物表示があることをご存じだろうか。
 
「なかにはすでに人向けには禁止になっているものや、海外ではペットにも使用禁止になっているものも数多くある。いずれ日本でペットの大量がん死が発生するのではと危惧しています」(堺さん)
 
ペットに危険な添加物とは何か?堺さんに解説してもらった。
 
【1】抗酸化剤(ジブチルヒドロキシトルエン BHT)、酸化防止剤(ブチルヒドロキシアニソール BHA)
「BHTは皮膚炎、アレルギー、発がん性などの問題から、人間の食品に添加されることはほとんどなくなっている添加物。BHAも発がん性が指摘され、バターや魚介乾製品などごく一部に使用が許可されているもの。人に制限しているものがペットフードには無制限の使用が可能。発がん性のリスクがあります」
 
【2】合成着色料(赤色2号、3号、104号、105号、106号、緑色3号、青色1号、2号)
「すべてタール系色素で、欧米では発がん性の問題から食品への使用が禁止されているものが多い。日本でも人の食品では天然由来の着色料にほとんどが移行しています。それがなぜかペットフードには普通に使われています」
 
【3】品質保持剤(プロビレングリコール PG)
「PGは不凍液にも使われる油状液体。 09年の「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)の施行にともない猫のペットフードには使用禁止になりましたが、とくに犬のおやつ製品に使用が目立ちます。皮膚の過敏症、染色体、赤血球、脳などの異常、発がん性などの問題が指摘されています」
 
堺さんはペットフードの選び方について、次のようにアドバイスする。
 
「ひとつの目安として安全なペットフードの価格は1キロ3千円。最近では『人も食べられる』と明記されたペットフードもあり、おすすめ。もし経済的にこの価格が厳しければ、せめて原材料表示をよく見て、解説した1〜3をチェック。最低限、これらを使用していないペットフードを選ぶこと。これが愛するペットを長生きさせることにつながると思います」


タグ:フード 健康
posted by しっぽ@にゅうす at 04:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと納税で、犬の殺処分をゼロに! - 広島県神石高原町

マイナビニュース


「ピースウィンズ・ジャパン」と広島県神石高原町は、ふるさと納税の制度を犬の殺処分ゼロに生かす取り組みを行っている。

「ふるさと納税」を犬たちのために!

「ふるさと納税」は、任意の自治体に寄付をすると、その額に応じて所得税や住民税が軽減される制度。このほど、災害救助犬の育成や犬の殺処分ゼロに取り組む、ピースウィンズ・ジャパンでは神石高原町と連携し、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」上で、神石高原町とともにふるさと納税を「犬の殺処分ゼロ」に活用するガバメントクラウドファンディングのプロジェクトを開始した。

11月11日から開始したプロジェクトは、1週間で計331件481万5,000円を集めた。殺処分ゼロを実現するための犬の養育費・医療費、施設の建設費等として、12月31日までに1億円の寄付を集めることを目標としている。

この仕組みを利用して神石高原町に寄付をすると、寄付額の95%が「殺処分ゼロ」をめざすピースウィンズ・ジャパンの活動費に、残りの5%が町の事業費に使われる。また、確定申告をすることにより、寄付額のうち2,000円を除いた額は所得税や住民税から差し引かれる。

自治体と民間が連携し、ふるさと納税の制度を殺処分ゼロに生かす取り組みは、全国初とのこと。


posted by しっぽ@にゅうす at 04:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改正動物愛護管理法における4党協議について

BLOGOS


公明党の動物愛護への取り組みは、党内に「動物愛護管理推進委員会」を設置し、アニマルウェルフェア(動物福祉)の観点から、殺処分ゼロを目指して、各種の政策提言をしています。また、東日本大震災における、放射能を浴びた牛馬など産業動物やペット動物の救援についても、獣医師会や地元議員と力を合わせて推進してまいりました。

最近、あるサイトで、2年前、4党で力を合わせて成立を見ることができた改正動物愛護管理法について、4党協議における私の発言の意図を曲解した記事が掲載され、誠に遺憾です。

「動物の愛護及び管理に関する法律」は、平成24年9月に改正され、25年9月1日から施行されていますが、この改正案は、各政党(自民、民主、公明、生活)から代表者が参加して、4党協議を重ねて、議員立法として提出・可決した法律です。

したがって参加した各党ともに、その内容に合意・納得したことが大前提のはずですが、参加者のいったい誰を取材したのか、それとも取材もせずに記事を書いたのか、朝日新聞社の週刊誌「アエラ」だけが、同協議会で「ペット業界側の意見を繰り返していた議員がいる──公明党の高木美智代議員である」と、一方的に私の発言を「業界寄り」と決めつけて報道したのです。(ちなみに、この協議はマスコミ非公開でした)

繰り返しになりますが、「8週齢規制」を含めた改正案は、各党の実務者が何度も議論して、納得できる合意点を見出した結果です。

「8週齢規制」の附則についても、第8回の協議会で麻布大学獣医学部の菊水健史教授より「49日齢でスタートして、5年間しっかりデータを集めて検証していくことが有効である」との提言に基づいて各党の実務者で合意した結果です。

一方、党動物愛護管理委員会として法改正に関するヒアリングを行った際、地方自治体の担当者の方たちから、法規制を強化する場合、実施するのは自分たちである、その根拠を明確にして頂かないと現場が困る、との発言があったことも報告させて頂きます。

当時の4党協議がどのような判断に基づくものであったのか、私が述べるより、当時、自民党代表としてその協議会に参加していた松浪健太衆院議員(現在は維新の党)のブログを、ご本人のご了解を得て、掲載させて頂きます。

皆さまには、賢明なご判断を、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
【松浪健太 衆院議員のブログから】

■動物愛護管理法~高木議員は「業界寄り」ではない
2012/09/04

先日、成立した動物愛護管理法について書く。

 成立までは、内部の調整が微妙だったので触れてこなかったが、一部報道で、高木美智代衆議院議員が「業界寄り」と書かれたので、彼女の名誉のために書いておく。

 今回の法改正では、子犬や子猫を親から引き離す時期を定めた。確かに海外では「8週齢」と定めているところもあるが、国内での業界の現在の自主目標は45日である。

 与野党協議にいおいて、高木氏は、「ペット販売業者が納得できる根拠を示すべきだ」と、主張したに過ぎない。

 また当然ながら、政治家は動物については素人である。放射能の規制と同じく、数値は科学的根拠に基づくしかない。

 そこで、与野党協議では、この問題に詳しい麻布大学の菊水健史氏からご意見を伺った。同氏は、これまでのデータを整理し直した最新のデータを提示し、その結果、7週目までが明らかに有意な判断だということを全党が納得した。

 ただ、その有意なデータはアメリカのものだった。

 日本と海外はペットの流通形態が大きく異なっている。海外では、ブリーダーから直接ペットを購入するが、日本の場合はオークションが存在する。

 つまり、海外の場合はブリーダーから手渡された日時から引き離し期間がわかるが、日本の場合はオークションをはさむのでデータを取得しにくい。加えて、オークションという行為が子犬や子猫にどのようなストレスを与えるのかも加味して判断すべきだろう。

 そこで今回の実務者協議では、私は日本の実情に応じた調査をすべきであり、環境省がそのための予算を取りやすいよう法文化することを提案した。

 これについては、自民も民主も生活も異論なく同意したのである。

 またペットのトレーサビリティを高めるために、マイクロチップを普及させることについては、我々自民党の中から強い意見が出され、これを盛り込んだ。

 そもそもペットの生年月日が特定できない現状では、規制がモラルハザードを助長することになりかねない。

 確かに100点満点の改正でなかったかもしれない。

 しかし、週齢規制に関して、実務者協議が紛糾したことはなく、全党が冷静に判断したことを記しておく。



posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ペット殺処分の現実…トンデモ飼い主たちに動物愛護センターもNO!

livedoorニュース

動物を殺処分する施設として、昔ながらの偏見で批判の的となることも多い動物愛護相談センター。でも、なぜそうせざるを得ないか、身勝手な感情論ではなく向き合う責任があるはずだ。飼い主たちの映し鏡でもある、この場所の現実とは!

■トンデモナイ理由でペットを手離す飼い主たち

東京都動物愛護相談センター。捨てられたり、飼い主が亡くなったりして行き場を失ったペットたちを収容する行政機関だ。各自治体にこのような施設が設置されているが、そこで働く人々はどのように動物と向き合っているのか……?

そこで世田谷区八幡山(はちまんやま)にあるセンターを訪問! 業務係長の佐竹浩之さんが案内してくれた。

「もともとここは、昭和20年代に狂犬病が問題になった際に、野犬や放し飼いの犬を収容する施設として造られました。狂犬病問題が収まったら、今度は犬や猫を飼う人が増えるとともに捨てる人や途中で飼えなくなって手放す人も増えて。昭和58年の時点で全国で100万頭以上、都内でも5万6000頭もの動物を殺処分していました。現在の殺処分数は全国で17万頭、都内で約2000頭なので、それと比べるとかなりの数です。当時は都内で一日に200頭以上処分するような時代だったんです」

そんなにたくさんの動物たちが殺されていたとは……。

「でも、今はそんなに野良犬を見かけなくなりましたよね。それに、飼えなくなった飼い主からの引き取りも減っています。というのも、都では昭和55年にできた条例で『やむを得ない場合のみ飼い主から動物を引き取る』と定められているんです。全国的にも昨年9月に法律が改正され、『自治体は飼い主からの引き取りを拒否できる』ようになりました」

実際、どんな理由での引き取り依頼が多いんでしょう?

「昔、一番多かったのは『子猫がたくさん生まれちゃって、これ以上飼えないから引き取ってほしい』というもの。『不妊手術をしてください』と指導しても同じことを繰り返す“リピータ”がいたんです。あと、『飼ってた犬が思ってた以上に大きくなって扱いきれなくなった』なんて理由もありましたね」

あー、意外といそう!?

「そういう飼い主さんはだいぶ減りましたけど、今でも『そんな理由で!?』という方がいまして……。ここ数年、ジャック・ラッセル・テリアという小型犬がはやってますけど、猟犬の習性がある犬種なのですごく活発で、飼うには相当のしつけの技術が必要なんです。その犬を飼った人が『家の中を走り回って大変だから、引き取ってください』と。『それはそういう犬! しつけるのは飼い主の責任です』と当然断りました。

正直、腹が立つような理由もいっぱいありますよ。センターとしては、引き取る前に事情を根掘り葉掘り聞いて、里親探しを勧めたり、飼い方やしつけ方を指導したり、簡単には引き取らないようにしています。あと、ペットショップなどの動物取扱業者が動物を売る前に習性や飼い方をきちんと説明しているかどうかを管理・指導するのも今の私たちの大事な仕事なんです」

なるほど、そんな指導まで!

■“飼わない”という決断も大切です!

「先ほどお話ししたように昔と比べると全国の殺処分数は5分の1まで減少しましたが、それでも多い。これを減らすには“猫”の対策が重要なんです。野良犬は見かけなくなったけど、野良猫はいますよね?」

ウチの近所でも発情期になると鳴き声が聞こえてきます!

「都内の犬の処分数が200頭未満なのに対して、猫はその10倍です。実は猫って規制が何もなくて、飼う場所も自由なので、センターに『猫を保護したから引き取って』と依頼がきても安易に引き取れないんです。どこかの飼い猫かもしれませんからね。ただ、放っておくと誰かがエサをあげたりするでしょ?」

よくそういうのを見ますし、かわいそうで自分もつい……!

「そうすると、『エサがある!』と猫が集まってきますよね。栄養状態もよくなるから、妊娠して子猫を産んじゃう。それでセンターに『近所に子猫が生まれてる』って問い合わせがきて現場に行くと、まだヘソの緒も取れてないような子猫がいるわけです。離乳前の子猫は2時間置きにミルクをあげないといけないので、センターでは面倒を見きれません。だから即日、殺処分せざるを得ないんです」

犬の10倍処分されてる猫の内訳は、そんな赤ちゃんが多くを占めてるってこと?

「ただ、自治体としては『エサをあげないで』と注意するしかなかった。そこで10年ほど前に都が支援を始めたのが“地域猫”活動。『野良猫は“地域の猫”だから、みんなで問題を解決していこう』という考え方ですね。地域住民に対して『お金を出し合って野良猫に不妊手術を受けさせましょう』とチラシを配ったりして自治体やボランティア団体が働きかけたんです。

これでお金が集まって手術を受けさせられれば、その後は世話係を決めて、猫が寿命で亡くなるまで地域全体で面倒を見ます。そうすると、外で暮らす猫は屋内で飼われている猫に比べて寿命が短いので自然と野良猫の数が減っていくんですよ」

なるほど、それで不幸な生まれの猫を増やさないように!

「実際に寄付も集まって、全国的にこの活動は行なわれています。地域猫活動に補助金を出している自治体も多いんですよ」

心ない飼い主がいる一方で、動物のためにこんなに真摯(しんし)に取り組んでいる人たちも!

そんなお話を聞いた後、引き取られた犬や猫がいる建物を見せてもらうことに。犬舎に入るとケージに入れられた犬たちがものすごい勢いでほえてきた!

「飼い主さんが探している可能性もあるので、最低7日間はこの中にいてもらいます。それ以降は都が管理することになります。譲渡できる動物は個人や動物愛護団体にお渡しして、譲渡できない動物は殺処分……。私たちもできるだけ譲渡を増やしたいのですが、だからといって、病気や噛み癖のある犬を譲渡するわけにはいかないんです」

譲渡できる動物は、すべてもらわれていくんですか?

「いや、もらわれずに残っている犬もいますよ。例えば、この犬舎にはダックスフントが多いんですけど、なかなかもらってくれる人がいないんです」

ダックスフントって人気があるイメージですけど……?

「市場では人気です。ただ、胴が長いダックスは腰を悪くしやすいし、よくほえる犬種なんで。飼えなくなって手放す飼い主がいて、ここに来ても引き取り手が見つからない……。実は、半年ぐらいずっと残されているコもいるんです。収容から7日過ぎても、犬舎に余裕があればここで飼いますからね」

では最後に、ペットを飼おうとしている人にメッセージを!

「『本当にペットの命に責任が持てるのか?』と自分自身に問いかけてほしいです。飼えなくなって無責任に手放した動物は、最終的には殺処分になります。機械の中に犬や猫を入れて、二酸化炭素を注入して処分するんです。

二酸化炭素に麻酔作用があることは科学的に証明されていますし、注入する際の濃度の上げ方によってできるだけ苦痛が少ないようにしてはいますが、動物が飼い主から離れて不安ななかで迎える死は、どんな方法であっても安楽死ではないはずです。だからこそ、飼う前にあらゆる可能性を考えて、結果、“飼わない”という決断をするのも、とても大切なことなんです」

(取材・文・撮影/short cut[岡本温子、山本絵理])




posted by しっぽ@にゅうす at 06:54 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のふん見つけたら写真投稿を 泉佐野市がアプリ開発へ

朝日新聞


 犬のふんを見つけたら、スマホで写真を撮って投稿を――。ペットのふんを放置した人に過料1万円を科す条例がある大阪府泉佐野市は、放置現場の情報を市民に寄せてもらうためにスマートフォンのアプリを開発する。対策の重点箇所選びに役立てるという。

 12月4日開会の市議会に提案する一般会計補正予算案に開発費など約420万円を盛り込んだ。来年春にもアプリを利用できるようにする。

 市民は無料でダウンロードし、ユーザー登録する。現場の写真と合わせてGPSの位置情報が市に送信される仕組みだ。市は道路の陥没や災害時の被災状況などの投稿も呼びかけ、情報収集に役立てる。

 市では現在、放置ふんに「イエローカード」を置いたり、ふんを回収したりする「放置フンGメン」が活動している。投稿で集めた情報をもとにGメンの巡回ルートを変更するなど、効率的な対策を取るという。

 また補正予算案にはアプリ開発費とは別に、ふん放置の「現行犯」を見つけた場合に過料を徴収する環境巡視員を現行の2人から4人に増やす費用(約90万円)も盛り込んだ。

 スマホで写真を撮って街の課題を投稿してもらう手法は、千葉市の「ちば市民協働レポート(ちばレポ)」が知られている。泉佐野市もこれを参考にシステムをつくる。(中川竜児)


タグ:ふん害
posted by しっぽ@にゅうす at 06:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫の血液型

産経ニュース


犬や猫にも「血液型」があることをご存じでしょうか。人間の場合と同様、血液型は輸血の際に重要となります。

 犬の血液型は赤血球にある抗原の種類による「DEA(ディーイーエー)抗原式」と呼ばれる分類がよく用いられます。「DEA1・1」「DEA3」「DEA13」など13種類以上あるといわれ、1匹で複数の型を持っています。

 初回の輸血の際は、血液型が一致していなくてもあまり問題になりませんが、2回目以降に拒否反応を起こすことがあります。

 特に重要なのが「1・1」の型です。「1・1」を持っていない犬に、「1・1」のある犬の血液を輸血すると抗体が作られ、再度「1・1」を持っている犬からの輸血で重篤な事態を招きます。

 一方、猫の血液型の分類方法は「AB式」でA型、B型、AB型の3種類です。日本にいる猫の多くはA型でB型は少数、AB型は非常にまれだといわれています。A型とB型は輸血の際の相性が悪く、初回の輸血でも急性溶血反応(血液不適合)を起こし、命の危険を伴うので注意が必要です。

 人と違い動物の場合は血液バンクなどの仕組みがほとんどありません。輸血の際にはドナー犬(提供側)とレシピエント犬(受容側)の血液を混ぜ、肉眼で適合を判定する血液適合試験を実施しますが、緊急時には、適合する血液が見つからない可能性もあります。

 いざというときのため、あらかじめペットの血液型を調べておくと安全な輸血を受けるのに役立つほか、輸血が必要な犬や猫へ提供ができるかもしれません。(アニコム損保 獣医師 山田恵理子)



タグ:血液型 健康
posted by しっぽ@にゅうす at 06:52 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする