動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月27日

犬猫殺処分ゼロへ 大宮でシンポ

東京新聞


飼えなくなったり、所有者不明の犬猫の殺処分をなくすにはどうしたらいいのかを考えようと、「埼玉殺処分ゼロシンポジウム」(県後援)が、さいたま市の市民会館おおみやで開かれた。県の新旧担当者や動物愛護団体、ジャーナリストらが講演。殺処分ゼロに向けて行政と動物愛護団体が連携し、それぞれができることを実行することの重要性が再確認された。 (中里宏)
 シンポジウムは二十一日に開かれ、川越市の「保護猫カフェねこかつ」代表の梅田達也さん(42)が主催。県内外から約二百人が参加した。
 県内で殺処分された犬猫は二〇〇六年度に九千百十八匹(犬三千六百五匹、猫五千五百十三匹)だった。県は〇八年度から十年間で四千五百匹に削減する動物愛護管理推進計画を策定。四年目の一一年度に四千三百六十七匹まで削減して目標を達成し、一六年度までに千匹未満にする新たな五カ年計画と、二三年度までに五百匹未満にする改正計画を策定した。一三年七月には上田清司知事が「犬猫の殺処分ゼロを目指す」と宣言。昨年度は千九百三十九匹まで減っている。
 シンポジウムでは、計画策定を担当した前県生活衛生課動物指導担当の橋谷田元さんと現動物指導担当の福田郡盛(くにしげ)さんが、獣医師として殺処分に向き合う苦悩や動物保護行政の現状を赤裸々に報告した。
 橋谷田さんは「これまでは順調に減ってきたが、これからが厳しい状況になる」と前置きした上で「数に追われると成績至上主義になり、本質的なことが見失われる」と、数字だけにとらわれることの危険性をこう警告した。「埼玉では乳飲み子の犬猫は注射で殺処分している。現時点ではそれがベストだからだ。しかし、ある自治体では自然死させて殺処分にはカウントしていない。自然死とは餓死ということだ。数字にとらわれず、私ならどうするかと考えることが大事だ」
 福田さんは「一三年の動物愛護法改正で、所有者からの動物の引き取りを自治体が拒否できる根拠ができた。所有者のいない子猫の持ち込み数を圧縮するのが一番の課題」と説明。東京ではボランティアが行う野良猫の不妊・去勢手術に二十三区すべてが費用助成を行っているのに対し、県内ではさいたま、秩父、和光の三市だけしか助成制度がない現状を報告した。シンポジウムでは、不要になった犬猫を安易に処分しようとする悪質なペット業者の問題も取り上げられた。
 主催した梅田さんは「殺処分をゼロにするために、一人一人に何ができるのか考えてもらいたかった。参加者から『来て良かった。すぐにも行動していきたい』という感想があり、やってよかった」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:13 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初のペット同行避難も 7月の県総合防災訓練/岩手

岩手新報


 県は25日、県庁と奥州市、金ケ崎町を会場に7月12日に実施する県総合防災訓練の概要を発表した。災害時、ペットの一時的な保護や避難所での飼育相談などを受け付けるペット同行避難所受け入れ訓練を初めて実施。人と動物が共に災害を生き延びるための防災体制の改善に役立てる。

 同日の定例記者会見で達増知事が発表した。ペット同行訓練は県と県獣医師会、県動物愛護推進ボランティアらが協力して実施。奥州市の江刺総合支所・岩谷堂地区センターに設置するテントにペットの犬を同行した避難者用の受付を開設し、ケージで一時的に保護する訓練を行う。

 同行避難を促すためのしつけ方法や健康管理方法、ペット用備蓄品の必要性などについて、獣医師らが飼い主の疑問に答える相談ブースも設ける。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫にガブッとされない触り方

産経ニュース


猫をなでたり、抱っこをしたりすると、ペロペロなめられるだけでなく、時にはガブッとかまれたりすることがあります。今回は猫が好きな触り方、苦手な触り方をご紹介いたします。

 群れを作らず、大昔から単独で生活をしてきた猫にとって、縄張り・行動圏を守ることが何より重要です。猫と仲良くするには縄張りや行動圏を邪魔しないこと、そして、ほどよい距離を維持しつつ、猫の気持ちを尊重することが重要です。いくら飼い主さんになでてもらうのが大好きな猫でも、「これ以上しつこくしないで」というときがあります。雰囲気を察知して、ほどよい距離を置きましょう。

 静かにゆったりとした動作で、猫に関心がないかのように装うと、逆に猫の方からすり寄ってくることもあります。落ち着いた安定した環境をつくりましょう。体に触れたりするときには優しく声をかけ、手を差し出す際には下方からゆっくりと口元に持っていくと良いでしょう。

猫がなでられてうれしい場所は、背中、顎の下、耳の後ろ、首の後ろなどです。苦手な場所はおなか、足、尻尾などです。人に慣れている場合はさほど嫌がりませんが、急に触るのではなく、他の場所をなでながら、様子をみて徐々に触れていくことをお勧めします。また、なでられて喜ぶ場所でも、時には嫌がる場合があります。

 触られすぎて不機嫌になっただけなのか、体調不良やけががないかチェックして見極めましょう。病気を見つける場合もありますので、日頃のコミュニケーションとしても、大切です。(アニコム損保 獣医師 阿部友香)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ:中国の「犬肉祭り」に思うこと

Reuters.co.jp


[玉林(中国)25日 ロイター] - ハンマーで殴られて気絶させられ、絞め殺される犬たち。その後、丸焼きにされ、吊るされた状態で店頭などに並ぶ。この光景は、中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、夏の「風物詩」となっている。

「犬肉祭り」はこの5年ほどの間で、中国国内でますます物議を醸している。

「犬を食べるのと、牛や豚や羊など他の家畜を食べるのと何が違うんだ」。地元住民のニンさんはこのように話す。

ニンさんには、玉林市郊外の美しい農家で出会った。家族や友人と共に、この「伝統的なごちそう」を食べるために当地を訪れたという。犬肉は豚肉と野菜、そして地元で作られたライチ酒と一緒に出される。

写真は撮らせてくれなかったニンさんだが、「皆と同じように、自分も子供のころに犬を飼っていた。私たちはペットの犬と食用の犬を区別している。犬肉は日常の食卓にのぼるものではない。大半の人は年に数回、特別な日に食べるだけだ」と説明した。

多くの住民は、この伝統がメディアの報道によって誤って伝えられていると不満を口にした。玉林市を訪れる前、私は同僚から、こうした感情から写真を撮るのは難しいかもしれないと言われていた。

しかし、私と同僚のテレビカメラマンは、街を案内してくれるという地元住民に会うことができた。

彼は初めに、私たちを小さな犬肉レストランに連れて行った。昼時は過ぎていたが、店は客でにぎわっていた。

「犬肉はおいしいし、体にいい。なぜ中国人はこの伝統をやめなくてはいけないのか」と多くの客が言った。

文化の多様性という点から言えば、彼らの主張も無理からぬことだと言えるかもしれない。だが、犬肉処理場と市場を見て、私は考え直した。

暗くて粗末な処理場の裏通りでは、耳をつんざく犬の断末魔の叫びが聞こえた。地面は血の海だった。そこには、殺された犬たちが積み上げられていた。

犬肉処理者と販売者は、写真を撮ろうとする者には誰に対してもとても攻撃的な態度を見せた。彼らは私たちに罵声を浴びせ、犬肉処理者の1人は大きな木の棒で私たちを追い払おうとした。

動物の権利に対するこのような彼らの無知と虐待が、インターネット上で多くの中国人を、犬肉祭り廃止を求める署名へと駆り立てた。

生きた犬が売買される市場とは、かくも悲惨なものなのか。雑種の、たいていは薄茶色と黒色の犬が、小さなおりに目一杯詰め込まれている。玉林市の住民たちは、こうした毛色の犬の方が他の犬よりもおいしいと好むという。

私は写真を撮る間、とても慎重にならざるを得なかった。

一部の犬は見るからに病気で弱っていて、ひどい扱いを受けていたように見えた。暑さにやられ、恐怖におびえた犬たちは、狭いおりのなかで息を切らしていた。業者は犬を荷物のように扱っていた。

この市場は、犬肉食を支持する人たちと動物愛護活動家との戦いの場となっている。

数十人の動物愛護活動家がやって来て、犬を助けるべく業者から買い取ろうとしている。しかし最初に活動家が直面するのは、犬肉食を支持する一部の怒った住民からの反発だ。犬肉祭りが始まった朝、活動家たちは市庁舎前に反対の横断幕を掲げた。

犬肉を食べることの是非について、私は判断を差し控えたい。ただ私がつらいのは、犬たちが食肉処理されるひどい環境と、殺される前の扱われ方だ。犬が人間の最良の友だと思おうが思うまいが、このような扱いを受けて当然だとは思わないだろう。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本大震災で消えた「小さな命」 広島でペットの絵79点展示

産経ニュース


東日本大震災で命を落としたイヌやネコなどのペットの絵を描いた作品展「震災で消えた小さな命展3」が、広島市中区寺町の本願寺広島別院で開かれている。26日までの午前9時〜午後5時。入場無料。同展代表で、被災者に絵の制作依頼を呼びかけた千葉県東金市の画家、うささん(47)は昨年の土砂災害の被災者からの依頼にも応じる考えだ。

 うささんは東日本大震災の被災地を回って「亡くなったペットの絵を描いてほしい」という依頼をメールなどで募集。国内外の画家の協力を得ながら、これまで計259件の依頼をすべて絵にしてきた。

 展覧会には79点が展示されており、飼い主から聞いたペットの見た目や性格の特徴を反映した元気な姿が表現されている。また、「楽しい思い出をありがとう」などと書かれた飼い主からのメッセージも展示している。

 うささんは昨年8月の広島市の土砂災害を受け、今回の広島訪問を待ち望んでいたといい、「ペットを失う辛い経験をした被災者の方がいるかもしれない。もし依頼があればぜひ描きたい」と話している。

 依頼などの問い合わせは、同展ホームページ経由か、うささん(電)090・6506・3008まで。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする