動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月28日

野良猫 もう増やさない 不妊・去勢手術専門病院 28日、所沢に開院

東京新聞


野良猫の不妊、去勢手術を専門に行う動物病院「所沢さくらねこ診療所」が28日、所沢市狭山ケ丘2で開院する。運営するのは、野良猫の「殺処分ゼロ」を目指して保護活動に取り組む塩沢美幸さん(44)。費用が1匹5000円と安いのが特徴で、塩沢さんは「自分と同じ活動に取り組む人たちの役に立てれば」と話している。 (服部展和)
 保護活動に協力している東京都立川市の「おおにし動物病院」の大西学院長(37)が毎月二回ほど、診療所で手術をする。一匹五千円の手術費用は一般的な費用の半額以下だ。利用希望者は事前に予約し、指定日に猫を診療所に持ち込む。
 塩沢さんは「野良猫を増やさないためには不妊、去勢手術が必要。手術後に地域全体で猫の世話をすれば、殺処分から救うことにつながる」と力を込める。
 塩沢さんが野良猫の保護活動を始めたのは十三年前、入間市から所沢市に転居した際、近所で三十匹以上の野良猫を見たのがきっかけだった。「このままでは殺処分されてしまう」と心配し、猫の飼い主を探し始めた。これまでに引き渡した猫は約四百匹。また、猫を捕獲して手術を受けさせ、元の場所に戻す活動にも取り組んでいる。
 昨年九月には、野良猫と飼い主との橋渡しをする保護シェルター「またたび家」を川越市に開設した。
 所沢さくらねこ診療所は、知人の木造二階建て住宅を借りて改装した。塩沢さんは「比較的安い費用で手術することで、活動の広がりにつなげたい」と期待している。
 開院日は「またたび家」のホームページ(http://matatabike.web.fc2.com/)に掲載する。問い合わせは、同診療所=電080(6845)0422=へ。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公園で「リードなし」で散歩する自由な「ワンちゃん」たち――法的に問題ないの?

弁護士ドットコムニュース


飼い主と散歩する犬たちがさっそうと歩く姿は微笑ましいものだが、ときに、見る人を驚かせることもある。ある女性は、公園でリード(引きひも)をつけずに散歩していた小型犬が、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんにじゃれて飛びつこうとした場面を目撃し、ギョッとしたという。「慌てて、その子の保護者が抱き上げたので、トラブルにはなりませんでしたが・・・」と話す。

また、別の男性は、年老いた小型犬が、リードをつけずに飼い主の後ろを、トボトボ歩いているのを見かけて不安になったそうだ。「狭い道を車や自転車がスピードを出して通っていくので、車にも犬にも危ない」と感じるからだ。

「しつけをした犬だから大丈夫」「リードで制限せずに自由に運動させたい」といった飼い主の気持ちもあるだろう。とはいえ、散歩させているのは公道や公園といった公共の場。こうした「リードをつけずに犬を自由にさせる行為」に法的な問題はないのだろうか。鈴木智洋弁護士にきいた。

●多くの自治体の条例が、犬の放し飼いを禁止
「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)は、第2条で『動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え・・・又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない』と定めています。

これを受けて環境省は『家庭動物等の飼養及び保管に関する基準』を定め、犬の所有者等に対し、犬の放し飼いを行わないように求めています」

国の基準はこうなっているということだが、自治体レベルでは、どのように運用されているのだろう。

「多くの地方自治体が条例で犬の放し飼いを禁止しています。東京都の場合ですと、『東京都動物の愛護及び管理に関する条例』が犬の放し飼いを禁止しています。違反に対しては、拘留または科料の罰則が定められています。したがって、犬にリードを付けずに飼うことは、法的に問題があるということになります」

飼い主は、やはり心してリードをつけなければならないようだ。

「愛犬家なら、動物と人が共生する社会を作るという動物愛護法の理念の実現を図るという観点からも、避けるべき行為です。

リードに犬を繋がずに飼養させたり、散歩させたりすることは、問題です。その犬が車に轢かれて死亡してしまったり、犬が咬みついて他人に怪我を負わせてしまったりすることもありますから」

仮に他人にけがをさせてしまった場合、どうなるだろう。

「リードに繋がず放し飼いにしていた犬が、人に咬みつくなどして怪我を負わせた場合、その飼い主は、民法上の『動物の占有者』の責任を負います。相手方が負った損害の賠償をしなければなりませんので、注意が必要です」

鈴木弁護士はこのように話していた。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:10 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁止の「とらばさみ」小学校付近で見つかる 猫が挟まれ右足切断 今市署が捜査

下野新聞


狩猟で使用が禁止されている金属製のわな「とらばさみ」に右前足を挟まれた猫が26日までに、日光市文挟町で見つかった。今市署は動物愛護法や鳥獣保護法違反の疑いで捜査を進める一方、発見場所の近くには、落合東小や通学路もあることから、同校や近隣住民に注意を呼び掛けている。

 同署などによると、22日午後7時ごろ、同校付近を歩いていた男性から「足にわながかかった状態の猫がいる」と通報があった。

 とらばさみは直径15センチの鉄製。固定されていなかったため、いつ、どこで仕掛けられたかは不明という。

 2007年の鳥獣保護法改正で、狩猟目的のとらばさみ使用は全面禁止された。自治体の許可があれば、有害鳥獣の駆除などで使用できるが、同年以降、同市では一切許可していない。

 猫は、日本動物福祉協会栃木支部に引き渡された。体長約35センチ、体重4キロの若い雄で、動物病院で右前足の切断手術を受けた。

 同校は「学校周辺にとらばさみがあったという事例は今回が初めて。子どもたちには不審物に近付かないよう伝えるとともに、保護者にも注意を呼び掛けるプリントを出した」としている。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる気が欲しいなら 猫動画をみるしかない(研究結果)

Huffington Post


仕事をさぼって猫動画を見ている人(とその上司)に朗報だ。猫動画を見ると仕事がはかどるということが研究で証明された。

心理学の学術雑誌『Computers in Human Behavior』誌に掲載された論文によれば、猫動画をみると元気が出るうえ、ネガティブな感情がなくなるという。そのため、「仕事をさぼって猫の動画を見ても、感情面でのプラスの効果があるためその後に仕事がはかどる」と、論文の執筆者でアメリカ・インディアナ大学メディア学部のジェシカ・ガル・マイリック准教授はプレスリリースで述べている。

というわけで、まだオフィスに残っている人のために、猫動画をみながらこの研究成果をご紹介しよう。

おもしろ猫動画 1


今回の研究でマイリック准教授は、約7000人の猫動画を見る習慣や、見る前と見た後の感情の変化について調べた。

その結果、ほとんどの人が猫の動画を見ると気分がよくなると答えた。「多くの人が、ネットで猫の動画を見た後は、前向きな気持ちになって意欲がわいてくるほか、不安や怒りも和らいだと答えました」と、マイリック准教授は地元メディアの「Indiana Public Media」の取材で述べている。

一方で、猫動画は仕事中や勉強中など、嫌なことを先送りしたい時に見ていることが多いということも分かった。しかし、やるべきことを先送りして罪悪感を感じても、猫動画を見て気分が良くなることの方が罪悪感を上回るということも分かっている。

また、猫動画はわざわざ探して見るものでは無いようだ。回答者の4分の3が「偶然見つけた猫の動画を見ている」と回答している。YouTubeなどに多くの猫動画があふれていることを考えると、これは驚きではないかもしれない。

シンクタンク「ピュー研究所」の調査によれば、オリジナルの動画を公開しているYouTubeユーザーのうち、約45%がペットなど動物の映像を投稿している。そしてそのうちの多くが猫だ。

2014年にYouTubeで公開された猫の動画は200万本で、視聴回数は合わせて260億回にもなった。これは単独で視聴回数が最も多いカテゴリーだったという。

今では猫動画があふれるYouTubeだが、2005年に開設された時には、猫動画が投稿されるまでには丸1カ月かかったそうだ。ちなみにその動画は、YouTubeの共同設立者であるスティーブ・チェン氏が投稿したこの動画だ。




マイリック准教授は、プレスリリースで次のように述べている。「猫の動画について調べることは、学術的にあまり重要なことではないと思うかもしれせん。けれども猫動画がインターネットで最も人気のあるコンテンツの1つであることを考えると、ネットの影響力を理解する上で、猫は無視できない存在です」

ちなみにマイリック准教授自身は、ネットで猫の動画ではなく飼い犬のパグの動画を公開しているという。



タグ:動画
posted by しっぽ@にゅうす at 07:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車エンジン部の「迷い猫」に注意 冬以外に梅雨時も

下野新聞


猫が自動車のエンジンルームに入り込むトラブルは冬だけではなく、6月の梅雨時期にも目立つという。気付かずに運転してしまうと悲劇を招き兼ねないが、ドライバーが取れる対策は限られているのが現状だ。

 17日午前7時ごろ、宇都宮市内にある記者の自宅駐車場で、子猫の鳴き声がした。「まさか」とボンネットを開けると、ブレーキオイルタンクのそばで、白く幼い子猫がうずくまっていた。抱き上げると抵抗して逃げた。

 日本自動車連盟(JAF)栃木支部によると、「車の中で鳴き声がするが、姿が見えない」「エンジンルームに入った猫を捕まえてほしい」といった猫に絡む出動依頼は、少なくても年10件はある。2、3件はエンジンの回転部分が猫の体を巻き込み、ベルトが外れるなどして修理が必要になるケースという。

 5〜6月は、特に子猫がエンジンルームに入り込むトラブルが多い。

 6月ごろは春に生まれた子猫が歩き出す時期。好奇心旺盛な子猫は車体の下からエンジンルームに入り込む。暖かくて居心地が良く、遊び場となるほか、外敵から身を守る場所にもなる。

 成猫ならボンネットをたたくなどすれば逃げていくが、子猫は、じっと動かなくなってしまう。マタタビや猫忌避剤も、子猫には効かない可能性が高いという。




posted by しっぽ@にゅうす at 07:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする