動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月30日

殺処分から犬猫救おう 高知県四万十町有志が啓発団体を結成

高知新聞


2015年06月29日08時18分
 高知県内で年間2千匹を超える犬猫の殺処分を減らそうと高岡郡四万十町の有志が、ボランティア団体「わんにゃん・プロジェクト」を立ち上げ、飼い主や住民への啓発活動を始めている。
  
 動物愛護活動を展開しているNPO法人「地球生物会議(ALIVE)」の調査によると、高知県の人口1万人当たりの犬猫の殺処分数は2011年度まで9年連続ワースト。高知県小動物管理センターなどが譲渡会や飼い主への啓発を行い、2005年度に8626匹に上った殺処分数は年々減少しているが、2013年度も犬434匹、猫2338匹が殺処分されている。

 四万十町には動物病院がなく、予防接種や避妊手術が受けにくい状況があり、飼い主の高齢化で飼育できなくなった犬猫が殺処分される例もあるという。

 「わんにゃん・プロジェクト」は地域での飼い主支援や犬猫の殺処分減を目的に、四万十町琴平町でペットサロンを経営する丸岡奈美さん(36)ら有志が1月に結成した。

 四万十町大正の道の駅「四万十大正」で開かれるフリーマーケットに毎月1回出店。買い物客らにチラシを配って殺処分の現状や避妊手術の助成制度について周知し、お菓子や小物を販売して活動の資金集めを行っている。

 活動は四万十町内外の犬猫の飼い主らに広がり、現在約50人が参加。会員制交流サイト(SNS)などで互いに情報交換しながら活動を進めている。

 丸岡さんは「殺処分を減らすには、飼い主が最期まで責任を持って飼うという意識が大切。少しでも不幸な犬猫が減るよう地域で活動を続けたい」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:57 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野犬がセラピードッグとして生まれ変わる!人と犬の「幸福な関係」

TABI LABO


これまで、人と犬の関係は主に「飼い主」と「ペット」だった。しかし、時代の流れに合わせて、その概念は少しずつ変わりつつあるようだ。

これらの写真は、一見すると見慣れた光景に見えるかもしれない。飼い主がペットを可愛がっている。そんな、ありふれた日常のひとコマ。

ところが、この犬たちはペットとしての役割を担っているわけではない。実は、セラピードッグとして患者を「治療中」なのだ。

これはコロンビアの非営利組織であるAnimal Love Foundationが行なっている取り組み。WHO(世界保健機関)によると、世界中の診療の約8割はストレスやうつ病、肥満などの「現代病」が理由のものだそう。犬との触れ合いを通じてストレスを軽減させ、精神的な健康へと導くドッグセラピーは、こうした状況を改善する特効薬になり得るとされている。
この取り組みの背景には、コロンビアという国の現状もあったようだ。ある専門医は言う。
「コロンビア人は、あまり外出しません。長時間座ったままの人が多く、高血圧や肥満になりやすいのです。でも、犬がいると散歩に行くようになる。笑顔だって増えるでしょうね」
しかも、このセラピードッグたちは、もともとは飼い主のいない野犬だ。Animal Love Foundationは医師や獣医師、生理学者、専門家などの協力を得て1,200匹以上の野犬リストを作成。それを730以上の診療所に送付し、通常の処方に加えてドッグセラピーを導入するよう依頼したのだという。

結果として数百人の患者が生活の質を向上させただけでなく、Animal Love Foundationが引き取った野犬のうち、実に78%が新しい飼い主を見つけることができたと報告されている。

ちなみに、日本の老人保護施設や児童福祉施設、知的障害者施設でもセラピードッグの導入事例は増加中だと聞く。「ドッグセラピスト」といった新たな職種が誕生するなど、今後もその必要性は高まるばかりだ。

人が犬を必要とし、犬もまた人を求める。そんな幸福な関係は、これからも続いていく。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:55 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国道の高架橋で猫の救出作業 約1時間後に確保 東京・世田谷区

FNN


東京・世田谷区の国道246号線高架橋で、高さ10メートルほどの橋脚の上に、猫がいるのが見つかった。
現場には、大型の作業車が駆けつけるなど、大がかりな救出作戦が展開された。
東京・世田谷区玉川の国道246号線高架橋の橋脚の上に、1匹の猫がいるのが見つかった。
橋脚は、高さ10メートルほどあり、警視庁から通報を受けた東京国道事務所の代々木出張所は、午後2時すぎ、橋の点検などに使う高所作業車を現地に派遣して、猫の救助活動を行った。
橋脚の上に作業員が上がり、総勢20人ほどによる救出作業開始から、およそ1時間余り。
猫は、作業員によって確保され、袋の中に入れられて、無事、地上に下ろされた。
猫は、子猫とみられ、国道事務所は今後、飼い主を探すことにしている。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする