動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年12月03日

お宅のワンちゃん、ニャンコは大丈夫?ペットにも「メタボ基準」糖尿病など生活習慣病増加

J-CASTニュース


室内で飼っている犬や猫にメタボが増えている。「ただ肥満になるだけではないんです。人間と同じように糖尿病などの生活習慣病のリスクがペットにも迫っているんです」と石井かおるアナが伝える。わが家の犬や猫は大丈夫か。メタボかどうかを見分ける基準が作られた。
体型チェックや血液検査
山口幹雄さんの愛犬「ミュウ」(13歳)は糖尿病のためインスリン注射を毎日2回打ち続けている。費用は毎月3万円弱。原因は食事とおやつを与えすぎたからだ。
半田美穂さんの4歳の雌猫「柚子」は体重が6キロ以上もあって、抱き上げると半田さんの腕に入りきらないデブだ。共働きの夫婦のため、昼間は猫は家に閉じこもっている。運動不足のうえ、甘えられるとご飯におやつにと食べさせていた。床にドテっと寝そべる姿を見て、半田さんは「太った姿はよけいに可愛い。でもこの体型を見ると、将来に不安を感じます」と話す。
この9月(2015年)、日本獣医生命科学大学の新井敏郎教授らは、ペットのメタボ率の判定基準を作った。「体型チェックに加えて、血液検査で血糖値や中性脂肪の値も計測します。この基準は来年秋ごろに都内の動物病院で活用されます」と説明する。

上から見て腰のくびれなければ肥満
血液検査以外の体型チェックは家庭でもできる。「ペットを立たせて、背中からあばら骨を探ります。触れられればいいのですが、骨らしきものにたどりつけないのは脂肪がたまり過ぎです。次に、お腹の肉の弛み。プヨプヨしているのは太り過ぎです。一番簡単な見分け方は、上から見て腰にくびれがあるかないか。肥満のペットは腰のくびれがなく、左右のお腹が膨らんでいます」(新井教授)
ゲストの玉ちゃん「ビジネスチャンスが見えました。犬や猫のスポーツクラブを作る」
井ノ原快彦キャスターがしみじみと言う。「注射まで打って・・・。太らせたのは人間のせいだよ」
(磯G)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:58 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫に本気で学びたい!「どこでも眠れる」技術

東洋経済


みなさま、こんにちは。犬猫写真家の新美敬子です。世界を旅して街角で出会った犬や猫と人との暮らしを撮り続けて、25年以上たちます。
犬も猫も大好きですが、どちらかというと猫の写真を撮ることが多く、自宅でも5匹の猫を飼っています。
私たち現代人は時間や仕事に追われ、とてもあわただしく生きていますが、猫の生活は真逆です。の〜んびりして好きなことしかしない。まわりなどほとんど気にせず、とことんマイペース。猫の姿を見ていると「ああ、こういう生き方をしたいなぁ」と学ぶことがたくさんあります。
このシリーズでは私が25年の経験で、猫から学んだ人生のワザや楽しみ方をみなさまにお伝えしていきたいと思います。
第1回目は「猫に本気で学びたい!どこでも寝る技術〜入眠編」。
寝不足や不眠に悩んでいる人は、とても多いですよね。そういう人こそ、「眠りの達人」である猫に学んで、快眠を手に入れましょう!
猫に「眠る極意」を学び、不眠を解消した私

一説によると猫の1日の睡眠時間は12〜14時間といわれます。子猫や高齢猫はもっと長時間眠り、「ネコ」の語源は昼間よく寝るから「寝子(ねこ)」という説もあるほど。猫はいつでもどこでも寝られるのです。「暇だから」という理由で寝る猫もいます。

私はいつも猫に話しかけながら撮影をするのですが、先日もオスの猫を「男前だね〜」とほめながら撮っていました。

猫も自分がほめられていることがわかるんですね。まんざらでもない表情になってきて、そのうち「俺ってこんなポーズもできるんだぜ」みたいな感じで、いろんなポーズをとってくるようになったのです。

「こんなんどうだい?」「これはちょっと難しいぜ、普通の猫にはできないぜ」といろいろ披露してくれたのはいいのですが……、彼、ポーズをとったままの格好で寝落ちしてしまったのです(笑)。私は彼を起こさないよう、笑い声をかみ殺すのに必死でした。

私自身、かつてお勤めをしていたときは、本当に寝つきが悪くて悩んでいました。お酒を飲まないと眠れないのです。

ところが、いまはあれほど悩んだ昔がウソのように、ベッドに入るなりバタンキューです。お酒の助けも必要なし。猫に学び、「猫の眠り方」をマネしたら、自分でもビックリするほど快適に眠れるようになったのです。

心地よい「場所」と「寝具」の大切さ

上手に寝付く極意1:自分にとっての「コンフォートゾーン」(安心できる、居心地がいい場所)を見つけ、確保する

世界遺産に登録されたマルタ共和国「ヴァレッタの街並み」。ベランダの手すりで眠る猫は、気持ちよさそうだけれど、危なっかしい。猫が多いことでも知られるマルタ。中世が息づく街で、猫たちから何かを学べるかもしれない。(撮影:新美敬子)
猫は時としてとんでもないところで寝ています。道の真ん中とか、2階のベランダの手すりとか、お店の棚の下とか。でもそれはちゃんと理由があって、「自分なりに気持ちのいい場所=コンフォートゾーン」を探し求めた結果なんです。「風通しがいい」とか「日当たりがよくて暖かい」とか。

猫は自分が落ち着ける場所、気持ちのいい場所をとことん探します。それも1カ所に決めてしまわないで、常に「もっといい場所はないか」と追求を忘れません。居心地のいい場所を本能で探します。

人間だって動物ですから、自分にとっての「コンフォートゾーン」、すなわち「居心地のいい場所」「安心できる場所」を探す能力が本来備わっているはず。それは寝室もそうだし、仕事の合間の居眠りする場所もそう。

まずは自分にとって、居心地のいい、安心できる「コンフォートゾーン」を見つけ、確保するのが、猫に学ぶ「上手に寝付く極意」のひとつめです。

上手に寝付く極意2:「新しくて清潔な寝具」で寝る

イタリア半島東側のアドリア海に面したモンテネグロにある小さな古都ヘルツェグノヴィ。散歩の途中で、カフェのきれいなクッション見つけた猫。すぐさま陣取り、客たちの会話や雑踏を聞き流しながら、心地よい昼下がりの惰眠を貪っていた。(撮影:新美敬子)
猫はおろしたてや洗濯したてのシーツが大好きです。うちはベッドのシーツを新しく取り換えると、猫たちが我先にと乗ってきます。

ソファーのクッションなんかも、新しいものは大人気。でも他の猫が一度でも座ったものは一気に人気下降(笑)。カバーを洗濯するか、固く絞った雑巾で拭いて、日に干すと、たちまち人気復活。猫にはわかるんですね。

極意1「自分にとっての『コンフォートゾーン』を見つけ、確保する」にも通ずることですが、「寝る場所の環境づくり」はとても大事なこと。

一流ホテルの寝具はパリッと糊が効いて清潔で、とても気持ちがいいですよね。家庭で同じことをするのはなかなか難しいけれど、頻繁に洗濯をして清潔に保つことは可能です。何日も洗っていない、グチャッとした寝具では、いい眠りは確保できません。猫も逃げます(笑)。

猫だって「新しくて清潔な寝具」が大好き。猫が喜んで集まってくるような「新しくて清潔な寝具」を整えてみてはどうでしょう。

猫は日向ぼっこが大好き。季節にかかわらず、「コンフォートゾーン」を見つけては日向ぼっこをしています。

猫にとって日向ぼっこというのは、ちゃんとした意味があること。それは「ひとりになって自分を見つめ直す時間」なんです。ただぼーっとしているわけではなく、大切な時間です。

聞くところによると、日光に当たるということは、うつ病や不眠症の症状にとてもいい効果を及ぼすそうです。

オフィスワークの方はなかなか日光に当たるチャンスがないかもしれませんが、ランチのあとに近くの公園のベンチで、あるいは電車での移動中など、ぜひ昼寝をするときは「日向ぼっこ」を活用してみてください。

そこで5分でも10分でも自分との対話をしたり、あるいは居眠りなんかもすれば、午後のエネルギーもしっかりチャージされるのではないでしょうか。

嫌なことがあったら、とにかく寝る

上手に寝付く極意4:何も考えない、心配しない

チュニジアの首都チュニスも、猫の都と言っていい。正体をなくして眠る猫が、幸せのお裾分けをしてくれる。 植木鉢は少し冷たくて、暑い国の猫たちには人気のスポットだ。(撮影:新美敬子)
実はこれこそが、私が猫から学んだ「上手に寝付く極意」ナンバー1です。

寝つけなくて悩んでいるとき、私の布団に入ってきた猫が、丸まるなり寝落ちしたのを見て「さすがだなぁ」と感心するやらあきれるやら。なぜこんなにすぐ眠れるのかと言ったら、「何も考えていない」「何の心配もしていない」からなんですね。

かつて私は、人間関係のちょっとしたことや、翌日の仕事の段取りなんかにあれこれ思いをめぐらし、それで寝つけないことがよくありました。

でも、あまりにノー天気な猫の様子を見ているうちに、悩んでいる自分がなんだかバカバカしくなってしまったんです。考えてみれば、布団に入って悩んだって別に何もいいことはないし、いいアイデアが浮かぶはずもないんです。


「だったら私も、考えるのやーめた!」と開き直った瞬間、すーっと眠りにつくことができました。嫌なことがあっても深く考えない、心配せずにとにかく眠る。その大切さを、私は猫から学びました。

わが家には私に「実演指導」をしてくれる猫たちがいますが、飼っていない方は寝る前に猫の写真を眺めてみるのもいいかもしれません。

明日は明日の風が吹く。今日のところは猫に学んで、何も考えずにぐっすり寝ちゃいましょう。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:56 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANA、ペットとの空の旅行を楽しく…スマホアプリ「ANAペットパスポート」も提供

レスポンス


全日本空輸(ANA)は、「ANAらくのりサービス」を拡充し、ペットと一緒の空の旅を希望する乗客の利便性を向上する。

「ANAらくのりサービス」として2015年4月から開始した「お見送り・お出迎え代行サービス」に続く第2弾として、ペットと一緒に、より安心して楽しい旅をしたい、との乗客の要望に対応し、サービスを向上する。

これまで当日空港で受け付けていた「ペットらくのりサービス」を、12月1日からANA SKY WEB、ANA予約センターでの事前予約サービスを開始した。

また、スマートフォンアプリ「ANAペットパスポート」の提供を開始し、利用する乗客がペットと、空の旅の思い出づくりをできるようにする。事前にペットのプロフィールを登録し、ANAペットらくのりサービスを利用する際、「ペットパスポート」機能を使用すると、出発空港のオリジナルスタンプをアプリ上で獲得できる。ペットらくのりサービス利用回数が5回に達すると、アプリ上で次回分のペット料金無料クーポンと交換可能となる。

獲得した出発空港のオリジナルスタンプをコメントとあわせて投稿することができるとともに、他のアプリユーザーの投稿を閲覧することができる。
《レスポンス編集部》


posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイペット対応動物病院検索」を全面リニューアル!

産経ニュース


アイペット損害保険株式会社
〜全国最大規模(※)の動物病院からあなたのペットに合った病院を探しやすくなりました。〜

「ハートのペット保険」でおなじみのアイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:山内 宏隆、以下「アイペット損保」)は、従来の「アイペット対応動物病院検索」を大幅リニューアルし、全国の飼い主さまにご利用いただける、「全国動物病院検索」サイトを2015年12月2日にリリースいたしました。

[画像: http://prtimes.jp/i/12656/10/resize/d12656-10-671134-0.jpg ]

アイペット対応動物病院検索URL:http://www.ipet-ins.com/map/

従来の「アイペット対応動物病院検索」について
従来のサイトでは、アイペット損保と提携している動物病院(以下、「アイペット対応動物病院」)の病院名と診療時間、その他特記事項などの情報を記載するシンプルなものでした。
今回、お客さまがよりご自身に合った動物病院をお探しできるよう、下記の3つのポイントにおいて機能追加をいたしました。

リニューアルのポイント
1.全国最大規模(※)の動物病院数を掲載
アイペット対応動物病院だけではなく、全国の動物病院の情報を掲載いたしました。
これにより、ペットを飼っている全ての方にご利用いただけるサービスとなりました。

2.動物病院選択の幅を広げる、詳細な情報
アイペット対応動物病院ごとの診療理念や院長先生の情報を掲載することで、お客様がご自身に合った動物病院をお探し頂けるように改善いたしました。

3.分かりやすい検索方法
「エリア検索」「距離検索」「キーワード検索」を追加することで、ご希望の条件から簡単に動物病院を検索できるように改善いたしました。

アイペット対応動物病院制度について
アイペット損保には全国の動物病院と提携し、動物病院の窓口でペット保険「うちの子」または「うちの子プラス」の保険証を提示すると、その場でお客さま負担分のみをお支払いいただくことで診療を受けられる制度があります。
アイペット対応動物病院で受診された場合は、お客さまから保険金の請求をしていただく必要はありません。
こちらの制度は「うちの子ライト」は対応していませんので、ご了承ください。

対応動物病院さまを募集
飼い主さまが気軽に動物病院に足を運び、アイペット損保のペット保険を便利にご利用いただけるよう、今後も窓口清算にご対応いただける病院さまを募集しております。

対応動物病院契約をご希望の動物病院関係者さまは下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。
対応希望の動物病院さまはこちら: https://www.ipet-ins.com/partner_vh

契約者さまからも動物病院を対応動物病院にご推薦いただけます。
契約者さまからの動物病院のご推薦はこちら:https://www.ipet-ins.com/recommend

アイペット損保はこれからも、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る」ことを目指し活動していきます。


全国約75%の動物病院を掲載しています。
掲載動物病院数:8,640件(2015年11月現在)
全国動物病院数:11,259件(平成26年飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)、農林水産省より)

【アイペット損害保険株式会社について】
会社名 アイペット損害保険株式会社
代表取締役 山内 宏隆
本社所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ10F
事業内容 2004年設立、2008年少額短期保険業者として登録、2012年3月損害保険業免許を取得。
ペット保険の販売の他、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る」ため、様々な活動を行っています。
URL http://www.ipet-ins.com/

【ご契約者さまからのお問合せ先】
アイペット損害保険株式会社
アイペット損害保険株式会社 お客さま総合ダイヤル
TEL :0800-919-1525
受付時間:平日10:00〜18:00(土・日・祝祭日・年末年始除く)

【動物病院さまからのお問合せ先】
アイペット損害保険株式会社
アイペット損害保険株式会社 新規専用ダイヤル
TEL :0800-111-1525
受付時間:平日10:00〜18:00(土・日・祝祭日・年末年始除く)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:50 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諫早・森山にドッグラン

長崎新聞


県央地区で動物愛護を訴える市民団体「BLAVE(ブレイブ)企画『犬プラス』」(佐藤忠明代表)が諫早市森山町唐比地区に建設していたドッグラン「カラコカラフィールド」の運営をこのほど始めた。佐藤代表は「気軽に遊びに来てほしい」と呼び掛けている。

 ドッグランとは犬が自由に走り回れる広場。飼い主と犬、ドッグトレーナーらが交流できる場をつくろうと、同団体が5月下旬から手作りで整備していた。

 広場は木製の柵で仕切られ、元気に走り回る犬用と、ゆっくりくつろぎたい小犬や高齢の犬用に二分されている。さらにかみ癖がある犬などの場合、予約をすれば個別で受け入れ、有料でドッグトレーナーの指導が受けられるという。

 運営は土、日、祝日の午前10時〜午後4時。ドッグトレーナーや同団体のメンバーらが常駐する。利用料金は本来500円だが、現在はカウンターなどが未整備のため特別料金の300円で利用可能。1年間のフリーパスは5千円。

 佐藤代表は「今後は大規模なイベントを開くなど、町おこしにもつなげたい」と意気込む。問い合わせは佐藤代表。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする