動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年12月07日

殺処分される猫を社会問題にしない −新しい社会と猫のつきあい方

BIGLOBEニュース


あなたはペットを飼っているだろうか。今や子どもの数よりも、ペットの数の方が多い時代だ。かつては番犬やネズミ捕り用に飼われていたペットたちは、今の時代は愛玩動物の枠を超えて、人間の大切なパートナーとなりつつある。世界的に見ても「ペット大国」である日本は、飼われるペットの数も多いが、捨てられ殺処分されるペットの数も多い。その数、犬は3万頭、猫は10万頭超にものぼる。

 『猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス』(山本葉子:著、松村 徹:著/光文社)の著者の1人、山本葉子氏はペットの「殺処分ゼロ」を目標に、犬よりも遥かに多く殺処分されている猫を守るために「NPO法人東京キャットガーディアン」の代表として24時間、捨てられている猫たちと向き合い続けている。氏は、猫をボランティアとして保護するのではなく、ソーシャルビジネスとして、殺処分される猫を減らすシステムを作ることに成功した。

 世界的にも珍しい保護猫の展示と譲渡を目的とした「保護猫カフェ」を開店し、これまでに保護した猫を里親へ4000頭以上も引き渡した。これは驚くべき数字だ。さらにこの活動を長く続けるために東京キャットガーディアンを維持し続けるシステムを構築した。またインターネットを積極的に活用し、常に猫の情報と「寄付の見える化」を実現させ、透明度の高い組織運営を心がけている。

 本当に処分される猫を減らしたいのであれば、猫を救う活動をしているNPO団体がなくなってしまっては意味がない。殺処分される猫の数をゼロにするためには、長い目で見た活動が必要なのだ。ボランティアを行う人の協力がいるし、活動資金だって必要になる。

 猫への愛情だけでは、殺処分される猫を救うことはできない。殺処分される猫を助けるためにも、組織を長続きさせるためのビジネスが必要だ。

 東京キャットガーディアンは、ソーシャルビジネスを取り入れ、猫を救うための資金を獲得している。東京キャットガーディアンが実際に考案したサービスの1つが「猫付きマンション」だ。猫との生活を夢見る住人のために、猫がいる賃貸マンションを経営するという試みである。賃貸マンションに猫好きを取り込み、保護した引き取り率の低い成猫を保護する居場所を作ったことにより、賃貸マンションに付加価値が生まれるだけでなく、実際に猫を救う保護施設にもなるという。この猫付きマンションは、居住者とマンションのオーナー、そして保護猫、たくさんの猫を救いたい保護団体の四者すべてが幸せになる最高のソーシャルビジネスの1つだ。

 現在、東京キャットガーディアンが行った猫付きマンションを発展させた「猫付きシェアハウス」はフランチャイズ化され、全国にその加盟マンションを増やしつつある。つまり、全国に殺処分される猫を保護することができる保護施設が増えていっているのだ。

 こういった山本葉子氏の活動は、理想だけでも、ビジネスだけでも成り立たない。長く猫を救うシステムを考えた山本葉子氏の猫への本当に深い愛情は、本書でコミカルに語られている。彼女が実際に自分の手でレスキューした猫たちのエピソードは、笑えるものもあれば、思わず涙腺を刺激されるものもある。

 もしも、あなたが猫を飼っているのなら、自分が死んだ後の猫のことを本書を読んで改めて考えることになるだろう。猫は人間よりも小さな命だが、飼い主が先に死ねば、その先に待っているのは不幸な結末だ。そうならないためにも飼い主である、あなたが死んだ後のペットのことを、本書を読みながら真剣に考えてほしい。

 もちろん、ペットを飼っていない人にとっても、本書は猫と社会との関わりを深く考えさせる内容になっている。東京キャットガーディアンの活動が、もっと日本中に広まればきっと殺処分される猫は減り、野良猫が社会問題になることはなくなるだろう。

 もしかしたら、数十年後には東京キャットガーディアンの努力によって、殺処分される猫がゼロになっているかも知れない。そんなステキな未来を夢見て、私たちも陰ながら東京キャットガーディアンを応援しようではないか。

文=山本浩輔


posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペットロス」から立ち直りたい…必要な心構えは?

読売新聞


家族同然に大切に思っていたペットを亡くすことで陥ってしまう「ペットロス」。その愛情が深ければ深いほど喪失感は大きく、なかには長期化・重症化する人もいるようです。ペットを失った悲しみを、飼い主はどう乗り切ればいいのでしょうか? ペットロスの飼い主の心理をよく知る、にほんまつ動物病院の二本松昭宏院長に話を聞きました。
やり場のない思いを獣医師にぶつける飼い主も……

これまで、ペットの最期を飼い主とともに看取ってきた二本松院長。ペットロスに陥ってしまう辛いケースも、数多く目の当たりにしてきたといいます。

「なかには、めまいや拒食など体調を悪くする人や、『飼っていたワンコを思い出してしまってつらいから、犬の事を直視できない』という人、治療をしていた獣医師に怒りをぶつける人もいます。例えば、生前に腫瘍などの治らない病気を患っていた場合は、ある程度心の準備もできます。しかし、交通事故などで亡くなってしまったときは、突然過ぎて受け入れられないという可能性が高く、怒りや後悔の感情を長く引きずってしまう傾向にあると思います」(二本松院長、以下同)

さらに、毎日ほとんどの時間をペットの世話に費やしていた人ほど依存度が高くなり、亡くなったことを受け入れるまでにかなりの日数が必要になるとのこと。

ペットロスから立ち直るために必要なこと
では、ペットロスを重症化させないためにも、飼い主はどのような心構えが必要なのでしょうか?

「最も重要なのは『怒り』や『後悔』といった感情を持たないように努めることです。こうしたマイナスの感情は棘のように心に突き刺さり、喪失感から前に進むことを邪魔してしまいます。『もっと何かしてあげられたんじゃないか』とか、『動物病院のせいで死んでしまったんじゃないか』というところで止まってしまうと、本人にとっても亡くなったペットにとっても不幸です。ペットにとって一番大切なのは、飼い主と幸せに暮らせたかどうかです。ペットを失ったつらさが大きければ大きいほど、それだけ愛情を持って育てていたということ。普段から依存し過ぎずに、ペットの視点に立った幸せを考えてみましょう」

ペットロスから立ち直るためには、逆に「感謝の心」を持つことが大事だといいます。

「ペットが自分と一緒にいてくれたことに感謝をする、『ありがとう』という気持ちを持つことです。結局は時間が解決してくれるのを待つしかありませんが、喪失感から早く立ち直るためにも、『いい思い出にしよう』と気持ちを切り替える努力をすることが必要です」

愛情を注いだペットの死は、胸が締め付けられるようなつらさを伴うもの。前向きな気持ちを持つのはなかなか難しいかもしれませんが、まずはペットに感謝するところから始めてみるといいかもしれません。

●取材協力
・にほんまつ動物病院

posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫好きの聖地、70万匹が暮らす 地中海の島国・マルタ共和国

産経フォト


地中海の真ん中に浮かぶマルタ共和国は、紺碧(こんぺき)の海に美しい石造りの家々や城壁などが調和する印象的な島国だ。十字軍由来の「マルタ騎士団」やハンフリー・ボガートが主人公の探偵にふんした映画でもおなじみのダシール・ハメットの小説「マルタの鷹」などもこの島由来とされる。

港町マルサシュロック郊外の塀を歩くネコ。鳴いた瞬間、笑顔に見えた =マルタ共和国(安元雄太撮影)
 そんなマルタには人口の倍近くのネコ住むとされ、ネコ好きの間では、田代島(宮城県)や青島(愛媛県)と同じ「猫島」として知られている。多くの愛好家が、風光明媚なネコの“聖地”に癒やされにやって来る。

 「ネコは好きだよ。獲った魚はもちろんあげるさ。この島の伝統だからね。すごく古い文化だ」。島東部の港町・マルサシュロックで、漁師のアンソニー・ダマートさん(49)はそう話した。「まあ、あげるのは食べられない大きさのものだけど」

 マルタ共和国は、マルタ島をはじめとする3つの島からなり、面積計約316平方キロ。人口は42万人弱だが、ネコは一説によると70万匹も住んでいるという。フェニキアやカルタゴ、ローマにアラブに騎士団と、紀元前からさまざまな勢力が行き交ったため、さまざまな言葉や風習が混ざり合い、独特の文化を形成した。

首都バレッタの街なかでいつもの場所に陣取るネコ =マルタ共和国(安元雄太撮影)
 要塞の壁に囲まれた旧市街、カラフルな船がずらりと並ぶ漁師町など、マルタ特有の風景の中で気ままに暮らすネコたちは、とびっきりの被写体だ。

 撮影していて、いずれも毛並みがよいことに気づいた。去勢手術を受けたネコも多い。病気のネコも少ないみたいだ。もちろん自然にそうなったのではなく、住民の努力のたまもの。

「喜んでくれる」世話はみんなで

 観光客が多い繁華街セント・ジュリアンズを歩いていたら、「キャットビレッジ」と名付けられた一角に行き当たった。ネコがくつろぎやすいよう、小屋やぬいぐるみが置かれている。

トマシーナ・キャット・サンクチュアリに保護されたネコ =マルタ共和国(安元雄太撮影)
 ローザ・ザミート・サリーノスさん(69)が、自宅前に設置し、地元の名物になっている。ローザさんは、エサだけでなく注射も手術も自腹でまかなっている。募金箱も設置しているが、節約のために魚釣りは欠かせない。

 「このコはジジ。このコはパヴァロッテイ。こっちはメルセデスにバニー」と、10匹以上いるネコの名前を次々とあげる。「このコたちは、ペットじゃなくて子供よ。名前を覚えているのは当然。私は忙しくて結婚することもなかったけどね」

首都バレッタの公園で人間のような座り方をするネコ =マルタ共和国(安元雄太撮影)
 首都バレッタからバスに乗って約30分、オルミという町に、NPO法人「トマシーナ・キャット・サンクチュアリ」が運営する施設がある。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット用の犬、平壌の富裕層に人気

朝鮮日報

つい先日、知人や親戚に会うため中国にやって来た平壌市在住のある男性が3日に電話取材に応じ「ここ3−4年の間に平壌ではペットの犬を飼う家庭が目に見えて増えた」「少し小金のある家では、ペットとして犬を飼うことが流行している」などと伝えた。平壌市中心部の牡丹峰区域に住むというこの男性は「犬を飼うのは女性が多い。彼女たちは市場で金を稼ぎ、その財力を誇示する手段として犬を飼っている」「子犬を家族や親戚、友人にプレゼントすることもあるし、また職員に名節(旧正月と仲秋節)のプレゼントとして与える事業所もある」などとも明らかにした。

 北朝鮮でペット用の犬は平壌市内のデパートや牡丹峰市場、中区域市場などで購入できるという。主に中国から輸入されるマルチーズ、チワワ、パピヨンなどが1匹あたり40−100米ドル(約5000−1万2000円)で取引されているようだ。また市場などでペット用の犬の売買が増えたことで、朝鮮労働党の一部幹部らも貿易業者などと結託して犬の輸入を始めているという。上記の男性によると、北朝鮮ではペットに専用のえさを与えることはほとんどなく、家で人間が食べた飯や魚などがえさとして与えられているという。またペットが高齢になったり、病気にかかったりすると、通常は食用として売りに出されるそうだ。男性は「私も50ドル(約6000円)で犬を購入し、5年ほど育ててから600ドル(約7万4000円)で食用の犬肉業者に売ったことがある」「犬肉業者も不潔なえさばかり食べる雑種の犬よりも、人間と同じ飯や魚を食べて育ったペットを好む」などと述べた。

 北朝鮮でペットを飼うことは一時「資本主義の退廃文化」とみなされ禁止されていたが、1989年の平壌世界青年学生祝典をきっかけに、一部で解禁となった。故・金正日(キム・ジョンイル)国防委員長も生前、朝鮮労働党の幹部らにペットの犬をプレゼントしたことがあるという。幹部らはペットをつれて歩くことで、自らの身分を誇示し、またこれを目にした下級幹部やその金づるたちもまねをするようになり、平壌では一時ペットブームが起こったこともあるようだ。また中にはハワイからペット用の犬を輸入して販売する会社ができたこともある。しかし2011年に衛生問題などを理由に平壌市内ではペットを飼うことが一時禁止されたが、翌年、朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が権力を握ると、市場などでペットの売買が事実上認められ、今ではペット用の犬の取引も活発になっているようだ。韓国政府の情報当局によると、金正恩氏は最近欧州からペット用の犬数十匹と専用のえさ、栄養剤、抗生物質、洗剤などペット用品を大量に輸入したという。

キム・ミョンソン記者


posted by しっぽ@にゅうす at 08:32 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬はなぜ科学者の新たな親友になり得るか 人間の病気に手がかり

ウォール・ストリート・ジャーナル


米マサチューセッツ医科大学(UMMS)の研究者チームによると、犬のDNAは強迫神経症や自閉スペクトラム症といった人間の症状に関する手がかりを提供する可能性があるという。同チームは犬の遺伝学、行動、性格に関する大規模な研究に着手してきた。

 エリノア・カールソン教授(バイオインフォマティクス、統合生物学)率いる研究チームは、さまざまな犬種と雑種の犬を多数調べることで、犬の形質や疾病の遺伝的基盤に対する洞察が深まり、ひいてはそれが人間の治療改善につながると期待している。人間と犬はほぼ同じ遺伝子を共有しており、同じ病気に苦しむことも多いためだ。

 一方、他の科学者たち、例えばデューク大学のブライアン・ヘア博士は、ペットとペットの飼い主に注目し、犬の認知力を調べ、犬と人間がどのように考え、どのように学ぶのかについて研究している。

 UMMSのカールソン教授によると、犬は人間の一部の疾病に関して、マウスや霊長類よりも良い自然のモデルになるという。なぜなら、犬は人間とともに生活しているからだ。同教授は「実験用マウスと比較すると、犬は自然のライフスパンの中で病気になるし、生活環境では人間と同じ汚染物質にさらされている」と話す。

 他の研究者が従来行った犬の研究には、人間の疾病に光を当てたものがある。骨のがんの一種である骨肉種、睡眠障害のナルコレプシー、そしててんかんなどだ。

 骨肉種は、子どもに最も多く見受けられる骨のがんで、特定の犬種でも頻繁に見受けられる。だが、科学者らは犬と子どもの腫瘍でほとんど見分けがつかないことを突き止めた。骨肉腫は、その位置、化学療法に抵抗力を持つ細胞の増殖の度合い、それに特定のタンパク質の機能の変化に類似性がある。このため、犬は骨肉種の適切な動物モデルになるという。一部の科学者は、犬のサンプルをもっと多く集めれば、腫瘍標的の特定と、犬向けのがんの新薬の開発が進展する可能性があり、子どもについても同様だと述べる。

 カールソン教授の研究チームは、国際動物行動コンサルタント協会(IAABC)と連携しており、10月に着手したプロジェクト「ダーウィンズ・ドッグズ」で、犬の遺伝学でさらなる発見ができることを望んでいる。同チームは、特定の犬種や科学者が収集したDNAに着目するのではなく、ペットの飼い主に対し、ペットの行動や性格についての観察と、口腔スワブによるDNAの自宅での採取を依頼する方法を選んだ。これは個人向けの遺伝子解析サービス会社がDNAを採取するのと同様の方法だ。

 カールソン教授は、収集した犬の遺伝と行動に関するデータが、精神症の原因解明の一助になるのではないかと期待している。

一方、前出のデューク大学のブライアン・ヘア博士(同大学脳科学研究所進化文化人類学科の教授)は、犬の認知力について、これと同様のアプローチをとって研究している。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする