動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年12月28日

知らないと怖い!犬から人に感染する動物由来感染症

アメーバニュース


アウトドアに行く際はレプトスピラ症に注意!
レプトスピラ症は、レプトスピラ菌に感染している動物(主にネズミ)のおしっこが傷口につくと感染します。ネズミから犬へ、犬から人へ感染します。

ネズミのおしっこが乾いてもレプトスピラ菌は生きていますので、里山や川原などネズミがいそうな場所へ出掛ける時は、ワクチンを接種してから出掛けることをお奨めします。もし人が感染したら、最初は熱がでてだるくなり、風邪に似たような症状がでますので間違わない様に気をつけましょう。悪化すると肝臓が障害され黄疸がでます。


スキンシップも原因のひとつ!パスツレラ症
この感染症の原因となるパスツレラ属菌は普段から犬の口の中にいます。正常な口腔内細菌として7割近くの犬がもっているため、舐められたり咬まれたりすることで感染します。咬まれた時に腫れて痛みを感じるのは、このパスツレラ属菌も原因の一つになっています。

顔を舐められて副鼻腔炎になる人もいますので、体調が優れない時のスキンシップは控えめにしましょう。


皮膚真菌症の予防にはこまめな掃除を!
皮膚真菌症は真菌(カビ)による皮膚の病気です。真菌は空気中の菌が付着したのち、フケや角質などのタンパク質などを栄養として増殖していきます。

感染している犬を触ったり、抱っこしたりすると感染することがあります。人が感染すると、皮膚が丸く赤くなって、それがだんだん周りに拡がっていき、水疱ができることもあります。治るのに数週間かかりますので感染犬と密に触れ合うのは避けましょう。落ちている毛も感染源になりますので、素手で触らず、こまめに掃除をするように心がけましょう。


海外渡航前は必ずワクチンを!死亡率100%の狂犬病
狂犬病は狂犬病ウィルスに感染している犬に咬まれると感染します。人では1週間〜数ヶ月間、潜伏した後に発症して、ほぼ100%の確率で亡くなります。日本と同じように何十年と発生がなかった島国(例:台湾、イギリス)でも突然、発生しているように、世界各国で年間100人近くの方々が亡くなっています。

狂犬病ウィルスは野生動物(アライグマやコウモリなど)が持っています。それらの野生動物に犬が咬まれて感染します。犬も100%亡くなりますが、亡くなるまでの間に人を咬むと人に移ります。現在日本国内での発生はありませんが、法律で飼い主にはワンちゃんへの予防接種が義務付けられていますので、必ず行うようにしましょう。





posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イノベーション女子」ペットショップとは違う、“譲渡の店”で新風

Forbes JAPAN


どうしても、「生き物を売る」ことに抵抗があった。

12年間ペットサロンを運営していたこともある友森玲子(38)は根っからの動物好き。でも、「値段をつけ、可愛がってくれるかもわからない相手に委ねるのは、絶対にイヤ」という、強い信念を持っていた。

東京・北参道の「ミグノンプラン」は、そんな友森が昨年オープンさせた「保護動物を譲渡する店」。行政に殺処分されそうな動物たちを自ら引き取りに行き、幸せな未来を切り開いてくれると確信した相手に譲渡する。ペットサロン、動物病院からなり、ここで得た利益は動物たちを保護するために使う。3階には保護した動物たちのためのシェルターもある。

きっかけは、糸井重里との対談だった。

「保護動物だけがいる譲渡のお店があれば、みなそこに行くのに」

以前から陰ながらサポートしてくれていた糸井に、友森はそんな話をしていた。動物を飼いたいと思った消費者は、まずペットショップを覗くのがお決まりだ。そこに悪意なんてないけれど、それしか選択肢がないのだ。でも、保護動物を譲渡する場所があれば、きっと、みなそこへ行く。30代後半、守りに入りそうになっていた人生を奮い立たせた。

「店をスタイリッシュにすれば、これまでサポートしてくれなかった人たちも、絶対にこっちを向いてくれる」という糸井のアドバイスもあり、洗練された店づくりにもこだわった。

資本金の目標額は3,000万円。気が遠くなるような数字だったが、かつて勤めていた動物病院の院長らにプロジェクトを話してみたところ、なんと2、3日で3,000万円が集まってしまった。

株主には、利益を還元するのではなく「1年で何匹救うことができたか」で評価してもらう。

「『犬何匹救いました』と言うと、株主たちは『よくやった!』と。株主総会ではそんなやり取りがあるんですよ」

一般の人々への譲渡会は月2回ほど行っている。ネット上に保護動物の情報を載せるだけでは、どうしても人気が集中してしまう。でも、実際に会う場を提供すれば、なかなか譲渡先が見つからなかった動物を、心から気に入ってくれる人が現れる。

「こうした場は、町中につくるべき」と友森は言う。隔離された場所ではなく、東京の真ん中につくったからこそ、近所の住民たちが散歩ボランティアに協力してくれるようにもなった。

「仕事帰りにジムに行く感覚で、活動に参加してもらえればいいですね」

“動物愛護”という言葉が持つ、どこか寂しい響きとは違う、ポジティブで真っすぐな思いがここにはある。


とももり・りょうこ
動物病院に勤務した後、2002年にペットサロンを開業。07年、サロン内で動物愛護団体「ランコントレ・ミグノン」を設立。14年5月にランコントレ・ミグノンの活動をサポートする株式会社「ミグノンプラン」を立ち上げる。営利事業を行いながら、その利益は保護活動のために使う。
古谷ゆう子 = 文 ヤン・ブース = 写真




posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットも健康志向!? 愛犬用の手作り料理教室が活況

日経トレンディ


犬用のごはんを家庭で手作りする動きがブームの気配だ。2015年秋に開催された愛犬のための料理教室には多くの飼い主たちが集まり、盛り上がりをみせた。ペットにも健康志向の流れが押し寄せていることが背景にある。

 一般社団法人ペットフード協会の調べによると、現在の犬の平均年齢は14.17歳。83年の独自調査では7.5歳だったというから、ここ30年で倍近くも伸びたことになる。現在、飼い犬の年齢は7歳以上の割合が53.4%を占めており、そのうち10歳以上の高齢犬も実に19.7%にのぼる。日本の犬社会も、人間同様に高齢化社会なのだ。

 その要因の一つは、ドッグフードやおやつの定着による栄養バランスの取れた食事、ペット保険の充実によって診療機会が増えたこと。さらに、犬用のジムやプールといった運動施設なども増加している。同協会によると、高級ドッグフード市場は431億円、その他、健康志向を反映した消費の伸びが目立っているという。

 「愛犬のためのワンコイン料理教室」は、ペットの総合情報サイト「ペット生活」やペットの動画・画像配信サイト「Pet Film」などを運営するヴェイプスが開催した。この日のメニューは「アイス風わんごはん」。焼いたさつまいもをつぶしてシュガーコーンの上にのせ、アイス風に仕立てたものだ。「普段から愛犬のごはんは手作りしているのですが、こんなに可愛らしい食事ができたらうれしい。休日など時間に余裕がある時に作ってあげたいですね」などの声が聞かれ、評判も上々だった。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスに猫戻る、7年ぶり 独ベルリン

AFPBB News


【12月27日 AFP】ドイツの首都ベルリン(Berlin)で、7年前から行方不明になっていた白黒の猫「ミコ(Miko)」が見つかり、家族のもとに帰った。家族にとっては、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」の新作公開以上の素晴らしいクリスマスプレゼントとなった。

「ベルリンのシャルロッテンブルク(Charlottenburg)地区のある家族は今年、特別な『ハッピーエンド』を迎えるクリスマスの物語を経験した」と26日、ミコが保護されていたシェルターを運営する動物保護団体は述べた。「家族はクリスマスの日に、飼い猫のミコが発見されたと知った。いなくなってから7年が過ぎていた」

 ミコは、自宅からわずか2、3キロしか離れていない、ベルリン・クロイツベルク(Kreuzberg)地区の住民に発見され、シェルターに連れて来られた。身元を示すチップを着けていたため、職員が飼い主に連絡できたという。

 ミコがいなくなった当時、11歳だったエレーナ・ハンケ(Elena Hanke)さんは、父親と姉妹のジェニファー(Jennifer)さんと共にシェルターを訪れ、長い間行方不明になっていたミコと再会。

 長年行方不明だったミコは「少し痩せすぎ」だが元気だと、シェルターの獣医師は喜ぶ家族に話した。(c)AFP



posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。