動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月01日

家族3人襲撃の犬 飼い主を書類送検へ 高崎署

上毛新聞ニュース


 群馬県高崎市吉井町多比良の牛伏山で1月上旬、家族連れが猟犬とみられる2匹の犬に襲われ、3人が重軽傷を負った事故で、高崎署が業務上過失傷害と狂犬病予防法違反(無登録、無注射)の疑いで、地元猟友会に所属する飼い主の男性を近く書類送検する方針を固めたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、この男性は1月9日、補助役と2人で牛伏山に入り、イノシシ猟をしていた。その際に少なくとも猟犬2匹を一時見失い、同市の女性=当時(67)=、孫の男児と女児の2人=いずれも当時(5)=の計3人に重軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 また、男性は犬の所在登録を行政機関に申請していなかった上、法定期間内に狂犬病の予防注射をしなかった疑いもある。

 狂犬病予防法は飼い犬の所在登録を居住地の市町村長に申請するよう定めているほか、年1回の予防注射を義務付けている。

 事故は1月9日午後0時15分ごろに発生。牛伏山の登山道でハイキングしていた市内の家族4人が休憩しようとしたところ、2匹の猟犬とみられる犬と遭遇し、うち3人が襲われた。女性が右腕に全治約1カ月の重傷を負ったほか、男児と女児が尻に軽いけがをした。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【近年判明!】意外と知られてない猫の「フィラリア症」がかなり危険!

@GetNaviweb


「犬がかかる病気」というイメージの強いフィラリアですが、近年、犬以外の動物でも発症することがわかってきたのをご存知でしょうか? もともとフィラリアは、蚊を媒介として犬に寄生する虫で、別名を「犬糸状虫」といいます。蚊の体内で育った幼虫が刺し傷から犬の体内に侵入し、血管を移動しながら成虫へと成長。そして、心臓や肺動脈に寄生することで、「フィラリア症」という病気を発病します。



犬の場合、フィラリアが寄生すると血液の流れが悪くなるほか、心臓が腫れたような状態になるため、肺につながる気管が圧迫されます。重症化すると「咳が出る」「呼吸が苦しくなる」などの症状を引き起こし、最悪の場合、死に至るケースも。暖かくなると増えてくるフィラリア症ですが、今回はあまり知られていない猫の「フィラリア症」にスポットを当て、予防方法などを解説します。



犬ではすでに予防方法が確立されている

フィラリア症の予防は、動物病院で処方される予防薬を毎月1回、1か月間隔で摂取させることで簡単に行えます。投薬期間は、気候や地域によって異なりますが、蚊が発生する4月ないし5月から、出終わってから1か月後の12月くらいまでが一般的です。



その際、注意しなければいけないのが最後の投薬です。ノミやダニの予防薬とは違って、フィラリア症の予防薬は体内への侵入を防ぐものではなく、体内に侵入したフィラリアを幼虫の間に駆除するためのものです。そのため、蚊が出なくなったからと言ってすぐに投薬を止めてしまうと、最後の最後で体内に侵入した幼虫がそのまま成長するのを許してしまうことになってしまいます。動物病院の指示通り、最後まできちんと投薬を続けましょう。



猫のフィラリア症は犬よりも診断が難しい

そしてフィラリアは、実は猫にも感染します。猫への感染はここ10年ほどでわかってきたことで、最新の調査では10頭に1頭は感染履歴があるというデータが発表されています。



猫のフィラリア症も、予防が非常に大切です。というのも、フィラリアは成虫が出すある種の物質を血液から検出して感染の有無を調べるのですが、猫に感染した場合、犬の体内にいる時と違ってうまく成長サイクルが回らず、成虫まで成長しない、もしくはごく少数の成虫のみの寄生のことがほとんどだと言われています。つまり、感染の診断が犬以上に難しいわけです。



突然死の発生率が約10%とのデータも

また、フィラリアにとって猫は本来の宿主ではないため、感染すると過剰な免疫反応を引き起こす危険性もあります。咳や呼吸困難といった症状に加え、犬とは違って突然死が10%くらい症状として起き得るとも言われています。なので、なおさら予防の重要性が高いのです。



猫用の予防薬も動物病院で処方されています。投薬の期間やペースは犬と同じ。薬自体は首筋に垂らすタイプなので猫への負担もないですし、子猫にも使えるものも出ています。近くの動物病院で相談ください。



フィラリア症は、きちんと投薬すれば確実に予防できる病気です。また、予防率が高くなっていけば、皆さんが暮らす地域のフィラリアを減少させることにもつながります。大切な愛犬・愛猫を守るために、飼い主の責任としてフィラリア症の予防は必ず行いましょう。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速バス「はぼろ号」ペット持ち込み禁止へ マナー悪い客、後絶たず

北海道新聞


【羽幌】沿岸バス(羽幌)は4月21日から豊富・羽幌・留萌と札幌を結ぶ都市間高速バス「特急はぼろ号」で、犬や猫などペットの持ち込みを禁止する。道内は既に大半の都市間バスが禁止しているが、同社は運行路線にJRなど代替の公共交通機関がないため、一定の条件で認めていた。ただ一部のマナーの悪い客によるトラブルが後を絶たず、禁止を決めた。

 禁止の理由は、都市間バスは高速道路を利用するため《1》乗客に迷惑がかかる事態が起きても停車が困難《2》停留所の間隔が長く、路線に代替交通手段がないため、悪質な客も途中下車を求められない―など。

 道内では2012年4月、動物の臭いや鳴き声が他の乗客の迷惑になり、アレルギーのある人への配慮もあって都市間バスを共同運行する各社が持ち込みを禁止。このうちジェイ・アール北海道バスが単独運行する札幌―広尾、えりも間と、沿岸バスだけが引き続き認めてきた。

 しかし、「はぼろ号」でもトラブルがたびたび発生。同社は持ち込みの条件として必ずケージに入れ、他の乗客がペットと隣り合わせにならないようペット用の乗車券の購入(通常の半額)を求めていたが、守らない乗客が多かった。

 中にはボストンバッグに入れて乗り込み、座席を犬の尿で汚したり、途中のサービスエリアで犬の散歩をして出発時間に遅れたり、走行中にケージから出して車内の通路を歩かせたりする例もあったという。

 同社によると、はぼろ号への持ち込みは年末年始やお盆など繁忙期の約1週間で20〜30件、通常の週末で月5〜10件程度。今回の措置に千歳市内に住む娘が月1回、小型犬を連れて帰省する羽幌町内の主婦(52)は「マナーの悪い客がいるなら仕方がない。でも、今後は車で千歳まで迎えに行くか、娘に車を持ってもらうしかない」と表情を曇らせた。

 ペットを飼う人の大半は乗車マナーを守っているという。同社は「本当にごく一部の悪質な客のために禁止するのは残念でならないが、他の乗客へこれ以上の迷惑はかけられない」と理解を求めている。盲導犬など補助犬は対象外。(鷲見浩二)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の「殺処分ゼロ」にふるさと納税殺到4億円、対象犬全引き取り実現へ 広島のNPO

産経新聞社


犬の殺処分ゼロの取り組みに共感した人から「ふるさと納税」が相次いでいる広島県神石高原町に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)が30日、県内で殺処分対象となった犬のすべてを引き取ると発表した。6月15日から県内の犬の殺処分をゼロにするという目標が2カ月半前倒しされた形で、PWJの大西健丞代表理事は「ゼロを維持していく新たな取り組みがスタートした。県民の皆様にも協力頂きたい」と述べた。

 PWJは平成25年9月、「1000日(今年6月15日)以内に県内の犬の殺処分をゼロにする」目標を打ち立てて活動を開始。神石高原町とも連携して、犬舎建設などのための募金活動を同町の「ふるさと納税」を使って展開した結果、これまでに1万人以上から4億円近くの寄付が寄せられた。

 これらの寄付金は犬舎の建設や新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(食事代、医療費など)、動物福祉の啓発活動などに活用。広島市と神奈川県藤沢市に保護犬譲渡センターも開設した結果、これまでに567匹を保護して293匹を譲渡、返還してきた。

 平成23年度に2342匹だった県内の犬の殺処分数は、27年度になっても4〜12月の9カ月間で566匹。ゼロには至っていないが、神石高原町のキャンプ場跡地に約600匹が収容可能な犬舎4棟が6月までに完成見込みとなった。

 4月には一部犬舎の完成に目処が立ち、目標より約2カ月半早く、殺処分対象となったすべての犬を引き取れるようになった。引き取った犬は人になつくためのトレーニングなどをしたうえで、譲渡先を探す。

 大西代表理事は、殺処分直前に保護、PWJで訓練した災害救助犬「夢之丞」とともに県庁で会見。「手を抜くと殺処分は始まる。今後は、猫も早くゼロにする計画も進めていきたい」と話した。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌市議会 犬猫生後8週間、親と一緒に飼育 条例可決 /北海道

毎日新聞


札幌市議会は、子犬や子猫に問題行動を起こさない社会性や免疫力をつけさせるため、生後8週間は親と一緒に飼育してから譲渡するとの努力目標を盛り込んだ「札幌市動物愛護管理条例」を可決。10月に施行する。

 市によると、子犬や子猫を親と共に育てる目標期間を盛り込んだ条例は全国で初めて。

 動物愛護管理法は、販売業者に対して現在、出生後45日経過していない犬猫の引き渡しを禁止している。禁止期間が今後、56日にまで引き上げられるのに合わせ、生後8週間を条例に盛り込んだ。

 市の条例では、業者だけでなく、市民に対しても生後8週間、親と一緒に飼育してから譲渡するよう求めた。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:35 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする