動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月02日

猫の避妊・去勢に助成 飼い主の負担軽減 今月から /鳥取

毎日新聞


 県は4月から、飼い猫の避妊・去勢手術にかかった費用の助成を始める。生まれた子猫を育てられずに保健所などに引き渡したり、捨てたりするケースを減らすのが狙いで、利用を呼び掛けている。

 同様の制度は、県獣医師会が2011年度から実施。雌は4000円、雄は2000円の手術費用の助成が受けられるが、一世帯につき1匹、県全体では200匹という上限があった。

 このため県は県獣医師会を通じた新たな助成を考案。2〜5匹目も対象にし、同額の助成をさらに200匹分(雌の場合)まで拡大することにした。獣医師会によると、避妊なら2万〜6万円、去勢なら1万円以上の手術費用がかかるといい、飼い主の負担軽減により猫を手放すのを未然に防ぐことが期待できるという。

 県が14年3月に改定した動物愛護管理推進計画では、保健所での猫の収容数の目標を18年度に900匹以下、23年度に600匹以下に設定。14年度は1107匹で、それまでの3年間は毎年30〜50匹ずつ減少している。

 県くらしの安心推進課は「繁殖の制限は本来は飼い主がすべきだ」として、これまでは避妊・去勢手術への助成には消極的だった。だが、「保健所が引き取る猫の中には、飼い猫から生まれ、飼い主が育てきれなくなった子猫が多い。収容数がなかなか減らないため、対策が必要だ」と話している。

 県内在住の飼い主が対象で、施術する病院も県内に限定する。県獣医師会が4月上旬以降、県内の動物病院に配布する専用の申込用紙を利用。4月15日(消印有効)から5月31日(必着)まで、県獣医師会に郵送で応募する。同じ期間に同会のホームページ(http://www.tori-vet.jp/)からも申し込める。【高嶋将之】


posted by しっぽ@にゅうす at 07:12 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チップリーダー日本獣医師会、県に寄贈 犬猫の特定に効果 飼い主や手術情報管理/和歌山

毎日新聞


日本獣医師会が、犬や猫の個体識別のため体内に埋め込むマイクロチップのデータを読み取るリーダー1台を県に寄贈し、県庁で18日、贈呈式があった。県では、野良猫への避妊去勢手術を進める改正動物愛護条例が成立したばかり。県獣医師会の玉井公宏会長は「手術の有無を猫の外見から把握することは難しいが、チップを使えば誤って2回手術するミスを防げる」と利用を呼び掛けた。


寄贈されたゲート型のマイクロチップリーダー=和歌山県提供
 東日本大震災で動物救護向けに寄せられた義援金を活用した事業で、贈られたゲート型リーダー(約150万円相当)は既に県動物愛護センター(紀美野町)で稼働している。各保健所にある携帯型リーダーと併用し、二重に点検することで、保護された犬猫の読み取り漏れが防げる。

 チップは15桁の数字が記録され、犬猫の肩などに埋め込む。日本獣医師会が飼い主などの情報を管理。災害などの際、ペットの特定に効果を発揮するが、県内でチップを装着しているのは犬5624匹、猫767匹(昨年12月現在)にとどまっている。【稲生陽】


posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の中耳炎 〜わんこを耳の病気から守ろう〜

マイナビニュース


犬の中耳炎とはどんな病気?

犬の耳のどこが中耳?

中耳とは耳の奥の大切な鼓膜を含む部分です。
音を増幅する耳小骨がある鼓膜の後ろの鼓室、咽喉とつながって気圧の調整をする耳管までが神経中耳と呼ばれる部分です。
外側からは見えない部分ですが、ここが何らかの原因で炎症を起こしたものを中耳炎といいます。

中耳炎の症状は?

耳をかゆがる耳が匂う

耳ダレがある耳を触られるのを嫌がる

頭を降ることが多い

目が揺れている感じがするなど。

これらの症状を放っておくと、顔面神経の麻痺などを起こす可能性も。
それは内耳が顔面神経や自律神経に隣り合っているため、中耳の炎症が周りの神経にも影響してしまうためです。

中耳炎の主な原因や罹りやすい犬種について

中耳炎の主な原因は?

外耳炎の悪化による進行

犬、猫の中耳炎はそのほとんどが外耳炎が悪化することで進行します。
外耳炎の炎症が鼓膜を破り、中耳まで達した状態が中耳炎で、それをさらに悪化させると内耳まで進行する恐れがあります。
つまり、外耳炎→中耳炎→内耳炎と進行して行くということです。

外耳炎について

中耳炎の原因のトップである外耳炎について、まずは知っておきましょう。

外耳は鼓膜の手前までの部分ですから、立ち耳の犬は外の風があたる部分、犬が自分の足で耳を掻いた時に当たる部分ですね。

症状はかゆみなので、後ろ足で掻き掻きしたり、床に耳をこすりつけたりしてひどくなると痛みに変わるため、耳を触らせない、落ち着きがなくなる、などの症状が現れます。
また、耳垢に細菌が感染すると臭い匂いがするようになります。

原因は、ダニや、細菌、アレルギなどー様々ですが治療は基本的に耳の洗浄、抗生剤、消炎剤の投与、アレルギー原因の除去で、症状が軽いうちならすぐに治ります。

ウイルスや細菌の繁殖が原因

空気中のウイルスや細菌が犬の口の中で繁殖し、喉の奥とつながっている耳管から内耳に入り込み、炎症を起こすこともあります。
また、キャバリアなど一部の犬種では鼻の奥から中耳に通じる耳管を介して炎症を起こす例もあるそうです。

中耳自体が原因で炎症を起こす場合

中耳に腫瘍、ポリープ、がある場合や、異物混入による外傷が原因で炎症を起こし、中耳炎になることもあります。

中耳炎に罹りやすい犬種とは?

立ち耳よりたれ耳のワンコ

一般的に立ち耳の犬よりもたれ耳の犬のほうが耳の中が蒸れやすいので、細菌が入り込むと、繁殖して炎症を起こしやすいといわれています。
(犬種ではコッカースパニエル、プードル、レトリバー、ビーグル、キャバリアなど)

外耳道が細い犬種

パグ、フレンチブルドッグなどは外耳道と呼ばれる部分が細く、耳掃除がしにくいため、外耳炎などによる悪化がしやすい犬種です。

長毛種より短毛種

毛の短いタイプの犬の皮膚は毛が短い分、皮膚を守るための脂分が多くできています。
その脂分が耳の中に細菌が入ると、細菌の栄養となってしまい炎症を起こします。

これら、耳のトラブルを起こしやすい犬種はもちろん、全ての犬≠フ耳の病気で一番多いのが外耳炎だそうです。
特にかかりにくい犬種というのはありません。

犬の中耳炎の治療方法

基本的な治療方法

外耳炎から悪化する場合がほとんどなので、炎症の原因の菌を調べて、その駆除を行います。

まずは外耳炎と同じく、耳の中をきれいに洗浄して炎症を抑えていきます。
マラセチア、ブドウ球菌によるものいは抗生剤を投与し、炎症をおさえるために消炎剤も使っていきます。
それでも、良くならない場合や腫れがひどい場合などは、外耳道切開という手術を行います。

この手術は、外耳道を縦に切ることで耳の汚れを取りやすくして不快感を減らすものです。
その他に、原因がアレルギーや、甲状腺機能低下症などの場合はその病気の治療が必要です。

治療費の目安は?

中耳炎の場合でCT設備のある病院で詳しく検査したり、注射したりした場合の費用は5万〜6万円かかるようです。

おおよその内訳は、次の通りです

耳洗浄1,500円

耳鏡検査1,000円

レントゲン4,000円

皮下注射1,000〜1,500円

内用薬1,500〜2,000円

CT検査46,000円

この内訳をみると、CT検査が高額ですね。
なるべく症状の軽いうちに気付いて、外耳炎を悪くしないようにしてレントゲンやCTのお世話にならないようにしたいものです。
検査の金額だけでなく、ワンコにも怖い思いをさせてしまいます。

まとめと予防について

我が家のワンコは2頭ともたれ耳なので、なるべく汚れはこまめにふき取るようにしていましたが、それでも小さいほうのワンコは一度外耳炎になりました。

その時は急に目も腫れぼったくなり、頭をプルプルして元気がなかったので、病院へ連れて行きました。
急に腫れたので汚れが原因ではなかったのかもしれませんが、とりあえず耳洗浄と点耳薬をして、抗生剤を処方され、数日後にもう一度診ていただいた時にはすっかり治っていました。

はじめからレントゲンやCTで検査するようなことはないと思いますので、とにかく早く気づくことが大切です。

中耳炎にならないために

中耳炎にしないためには、まずは外耳炎を予防することです。
外耳炎は普段のお手入れで大分予防できますよ。

お手入れはガーゼや柔らかいティッシュを指に巻き付け、ぬるま湯で湿らせて優しく耳の内側の汚れをふき取ります。
乾いた布でこすると傷つけてしまい、そこから細菌が入ることもあるので、必ずしめらせた布で優しくふき取るようにします。
また、綿棒で無理に奥の方まで掃除しないでください。
そうすることで、かえって奥まで汚れを押し込んでしまうことがあります。
あくまでも耳の入り口付近を清潔にしましょう。
脂分の多い皮膚の犬はぬるま湯よりイヤークリーナーなどでふき取った方が良いそうです。

自然派クリーナー

市販のものでも良いですが、わが家の犬たちはあまり匂いのきついのが苦手なので、市販のウエットティッシュのクリーナーは使えませんでした。

ぬるま湯で十分ですが、緑茶を煮出して覚ましたもので拭くと殺菌効果もあり、さっぱりします。
また、水と食酢(りんご酢など)を1:1でわったものも同様に効果があります。

イヤークリーナーも体拭きのウエットティッシュも犬用品に人間がいい香りと感じる香り付きのものが多いですが、わが家のワンコは無香料のほうが嫌がりません。
自分の愛犬の様子を見てその子にあった心地よい、無理強いしないお手入れで、耳のトラブルを防ぎたいものですね。

また、もし少しでも様子がおかしいと思ったら、早めに獣医さんの診断を受けて酷くならないようにすることが、中耳炎から愛犬を守る一番大切なことだと覚えておきましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫も家族に好きな人ランキングをつけるの?

マイナビニュース


犬は家族のメンバーをランキング付けし、自分より順位の低いと決めた人の言うことは聞かなくなるので、注意しなくてはいけないと言われます。犬の祖先のオオカミはチームで生活をする動物であったため、争いを抑えるためにこのような順位制が取られたと考えられています。一方、猫の世界ではこのような上下関係は存在するのでしょうか。

猫は群れない

オオカミのチームとは対照的に、ネコ科は(ライオンを除き)群れを作らない動物です。野生環境では、幼少期を母親と過ごした後は、発情期以外で他の個体とは関わることはありません。

そのため、猫は犬のような厳格な順位制を取らないと考えられています。実際には、猫の社会では優位なオス猫が現れることはありますが、それは縄張りを主張するために支配的な振る舞いをするためです。順位制を敷く動物のリーダーのように、食事を優先して与えられるような特権は持っていません。

猫社会にも変化が

しかし、猫を取り巻く環境も大きく変化しています。人の歴史の中で、農業が発展するにつれ、害獣であるネズミを捕食する猫は人間と共生するようになります。さらにここ数十年で、猫はネズミ捕りとしての実益を求められるのではなく、家族として家庭に迎えられるようになり、さらに生活環境が変化しました。

それに伴い、猫たちは自然環境で生活していた時よりも、狭いエリアに密集して暮らすようになりました。その結果、自然環境では見られなかった新しい社会が生まれました。

例えば「猫の集会」と呼ばれる、数匹の猫達が空き地や駐車場に集まる会合が目撃されることがあります。これまで考えられていた猫の習性からは、なぜ集会が行われるのか説明することは難しく、実際にその理由ははっきりとはわかっていません。

猫は人を猫だと思っている

また、猫は人を猫(同格)と考えている、と説明されることがあります。その根拠として、犬は人を異なる存在として認識し、犬同士で遊ぶ時と人間と遊ぶ時の行動に明確な違いが認められるからです。

一方猫には、人を異なる存在として認識する行動がありません。猫同士で遊ぶ時と同じ方法で、人とも遊ぶのです。そのため、猫は人を特別視していないと考えられます。猫の基本的な社会観を人にも当てはめると、やはり同格の人間に順位をつけることはなさそうです。

特定の人間だけ攻撃することもあるが……

一方で、飼い主さんから「うちの猫は私だけに激しく攻撃してくる、牙が刺さるほど噛み付いて困る」というような相談を受けることがあります。こういった行動は、あたかも「特定の人だけを下に見ている」「順位をつけているのでは」と感じさせます。

猫同士でも限られた面積の中で猫の頭数が増えると、1匹のはみ出し者が出ることがあります。猫社会からのけ者にされた猫は他の猫から攻撃されるため、非常に用心深くなります。それと同様に猫は時に、ある特定の人間をはみ出し者扱いし、頻繁に攻撃を仕掛けることがあります。

これは順位をつけているのではなく、何かきっかけとなる行動や事故があり、それに対して猫が嫌悪感を持っていたり、猫が不安を抱えているため、攻撃行動を起こしていると考えられます。きっかけや不安を起こす原因を特定し、除去することで攻撃行動の改善を目指します。

まとめ

猫は社会性が高い犬のように、家族内で順位をつけることはしないでしょう。前述の通り、猫は長年単独で生活してきた歴史があること、人を特別視せず同格とみなしていることが理由として挙げられます。しかし、生活環境の変移により猫社会にも変化が起きています。仮説ですが、猫の集会のような場では、地域のリーダー猫を決める会議を行っているのかもしれません。

それと、猫の方が人間順位をつけていなくても、猫の飼い主さんは愛猫に尽くす方が多いですから、人間の方が自分で順位を猫の下につけているのかもしれませんね。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬や猫に最適な食事とは?

産経ニュース


私たち人間と同じように、犬や猫も毎日食事をとっていますね。ビタミンやミネラル、タンパク質など、食事にはいろいろな栄養素が含まれていて、体の中でさまざまな働きをしています。

 犬や猫に必要な栄養素の種類は、人間とほとんど違いはありません。しかし、それぞれの栄養素がどのくらい必要なのかといった“バランス”は異なっています。それでは、犬や猫にとっての「よい食事」とはどのような食事なのでしょうか。

 この問題を考えるにあたって、まずは犬や猫の体の状態をよく知る必要があります。ところが、犬や猫にはさまざまな品種があるため、ひとくくりに考えることができません。体のサイズや品種が違えば必要な栄養素のバランスも大きく違ってくるからです。

 特に、犬は品種によって体重や体形に大きな差があります。例えば、最も小さい「チワワ」と、体が大きいことで知られる「セントバーナード」を比べると、その体重の差は50倍。人間に置き換えてみると、体重40キロの小柄な人と、体重が2トンもある大柄な人がひとくくりにされているようなものです。必要な栄養素のバランスが違っていて当たり前ですよね。

また、大きさが同じくらいでも、品種によって毛の長さや質、体形など特徴はさまざまです。成長期なのか中高齢期なのかによって、必要な栄養素も異なってくるのです。

 動物と暮らすうえで、こうした品種や年齢による差を理解することが欠かせません。これから、このコーナーでは、経験豊富な獣医師が犬や猫の特徴や健康維持のために注意したいポイントなどをご紹介していきたいと思います。(ロイヤルカナン ジャポン 獣医師・原田洋志)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:04 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする