動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月09日

保護犬を災害救助犬に育成…取り組み広がる

読売新聞


候補犬選抜、飼い主募集…徳島県

 路上で拾われるなどして自治体に引き取られた「保護犬」を、災害救助犬に育てる取り組みが広がりつつある。南海トラフ巨大地震などへの備えが急務となっていることに加え、「殺処分ゼロ」を目指す動物愛護意識の高まりも背景にある。動物の命を救い、人命救助につなぐ試みだ。(行田航、佐藤祐理)

◆救われた命

 「行け!」。合図の掛け声とともに、2匹の犬が高さ約1メートルの細長い板の上を順にスイスイと歩いた。いずれも雄で雑種のモナカ(1歳)とゲン(同)。昨年拾われ、施設に収容されていた保護犬だ。

 3月上旬、徳島県神山町の収容施設で行われたのは、捜索活動に必要な適性を見る1次審査。難なくクリアした2匹は、今年度から県が独自にスタートさせる災害救助犬の認定試験に挑むことが決まった。

 県の計画では、若い保護犬から運動能力や人への慣れ具合などを見極めて選抜し、飼い主を公募。訓練所で1年以上の講習を受けてもらい、県独自の認定試験にパスすれば、救助犬として登録される。自治体としては初の取り組みで、今後拡大を目指すという。

 昨年、公募に応じたモナカとゲンの飼い主は、犬の訓練士を目指す団体職員の女性(19)(徳島県上板町)と、地域の防災に貢献したいという警備業の男性(73)(同県三好市)。2人は「試験を突破し、早く犬と現場に出られるようになりたい」と意気込む。

◆殺処分減少

 南海トラフ巨大地震による被災が想定される県内だが、登録犬は6匹。大災害に備えるとともに、殺処分減につなげる狙いもある。

 各自治体は伝染病予防などを目的に、飼い主が見つからない犬や猫の殺処分を行ってきたが、近年は動物愛護のムードが高まり、2014年度に全国で殺処分された保護犬は2万1593匹と、最近10年で7分の1に減少。各地で引き取り先捜しなどの対策が進んでおり、昨年度約600匹の犬が処分された県内でも課題となっていた。

◆ネパール、台湾へ

 先駆けは、災害の被災地支援を行うNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ、広島県神石高原町)の取り組みだ。

 10年、殺処分目前に引き取った雑種「夢之丞ゆめのすけ」(推定5歳)は14年8月の広島土砂災害で初めて捜索活動に出動し、昨年4月のネパール地震、同8月に台風被害に見舞われた台湾でも被災地を駆け回った。当初は人間を恐れてばかりだったが、おやつを与えるなどして慣らし、専用の施設で訓練を続けたという。

 PWJの救助犬は現在、養成中を含めて計5匹。保護犬出身は夢之丞を含めて2匹いる。プロジェクトリーダーの大西純子さん(44)は、「当初は自分の殻に閉じこもっていた夢之丞も訓練と経験を積み、めきめきと自信を付けた。殺処分寸前だった保護犬の活躍は、人々の希望にもつながるはず」と語る。

2016年04月08日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 08:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェアハウスで、保護猫の命を守る―殺処分を減らす「一時預かり」とは?

ウートピ


猫を飼いたいと思っていても、「住んでいる部屋がペット禁止」「一人暮らしなので面倒をみきれない」「飼い方がわからなくて不安」などの理由から、飼えずにいる人は多いのではないか。

そんな「猫を飼いたくても飼えないで悩んでいる人」と「保護猫」を繋ぐのが、ねこシェアハウス299。猫の殺処分ゼロを目指す取り組みのひとつとして、「飼い主を増やすことも大切」との観点から考え出された、猫と暮らせるシェアハウスだ。

現在、東京都練馬区の平和台と小竹向原の2か所で運営され、どちらも女性専用となっている。代表は、自身も「猫を飼いたくて飼えずに悩んでいた」という松尾江美子(まつお・えみこ)さん。ねこシェアハウス299を始めたきっかけから、立ち上げの経緯について話を聞いた。

ねこシェアハウス誕生のきっかけ

――ねこシェアハウス299の「299」を「肉球(ニクキュウ)」と読ませたり、物件名が鳴き声にちなんだ「myuhouse(ミュウハウス)」だったりと、猫への温かい愛が伝わってくる取り組みです。どんな思いを込めてスタートしたのでしょうか?

松尾江美子さん(以下、松尾):とても長い間、ずっと猫を飼いたいと思っていたんですけど、家族が猫嫌いだったこともあって、なかなか飼えなかったんです。私自身に猫アレルギーもあったので、「もうこのまま飼うことはないのかな」とあきらめかけていました。でも、2年くらい前に、猫の殺処分に関するドキュメンタリー番組を見て、こんなにたくさん猫が殺されていて、里親募集もしているのに、自分が何もできないことに悔しさを感じて。「私にできることって一体何だろう」と考えた末に、私と同じように猫を飼うことをあきらめている人に猫と暮らせる場所を提供することならできるな、と思いついたのがきっかけでした。

「一時預かり」としてのねこシェアハウス

――平和台のシェアハウスの定員は人間5名に猫5匹、小竹向原の定員は人間6名に猫6匹となっています。シェアハウスで暮らす猫は定住しているわけではなく、里親会で新しい飼い主が見つかるとハウスを卒業し、また新しい保護猫を迎え入れるというサイクルだそうですね。

松尾: 里親会や譲渡会の主体となるのは保護団体ですが、たくさんの保護猫をそれらの団体だけで抱えるのは大変です。ねこシェアハウス299は、ボランティアで保護猫を預かってお世話をすることで保護団体をお手伝いする立場にあります。

保護猫の所有権はあくまで保護団体にあり、里親会や譲渡会の開催、里親の審査なども、シェアハウスではなく保護団体が行っています。ハウスの猫も定期的に譲渡会に参加していて、オープンから1年で6匹が卒業していきました。

保護猫を保護団体から預かってお世話するボランティアは、「一時預かり」と呼ばれています。猫を飼ってみたいけど躊躇していた方はけっこういると思うんです。いきなり飼うのは大変ですが、ねこシェアハウスの一時預かりを通して猫と暮らす経験をすれば、「自分でも飼えるかも」と自信がつきます。環境が整わなくて飼いたくても飼えないという人も、一時預かりをする場、例えばこのシェアハウスがあれば猫と関わることができますし、保護猫をお世話することにも繋がります。一時預かりというシステムはまだあまり知られてはいませんが、今後はもっと広めて、保護猫の面倒をみられる場を増やしていきたいと考えています。

ねこシェアハウス299

入居者の各個室に猫専用ドア

――ねこシェアハウスでは、どんなふうに人と猫が生活を送っているのでしょうか。

松尾:入居者は、実家に猫がいたという方と、猫を飼ったことがないという方が半々くらいいます。通常のシェアハウスと同じように入居者一人ひとりに個室があるのですが、猫だけが行き来できる猫専用ドアも付いていて、猫が家中を自由に歩き回れるようになっています。

ねこシェアハウスは、普通の一軒家を改装して利用しています。猫と暮らすとき、においは大きな問題ですよね。いろいろ調べたところ、内壁に漆喰を塗ると、においや湿気を吸収してくれると知り、自分たちで塗装作業をしました。ハウスを作るにあたっては、先に近隣住民に手紙を出すなどして理解を得られるように努力しました。そのおかげか、猫が脱走したときには、ご近所のみなさんがとても親切に協力してくださるんです。

ねこシェアハウス299
猫は高いところが好き。壁には猫が登れる棚も設置されている。
「完全室内飼い」「不妊・去勢手術」で猫を守る

――ねこシェアハウス299では、完全室内飼いだそうですが、なぜですか?

松尾:猫を危険な目にあわせないためです。都会だと交通量も多く、車にはねられたり、事故にあったりする可能性があります。病気になってしまうとか、迷子になって帰れないということもありますし。また猫の糞尿被害の問題もあり、ご近所トラブルを防ぐことも目的のひとつです。

――猫を飼うとなると、不妊や去勢の手術も必要になってくると思いますが、それについてはどう考えていますか?

松尾:不妊・去勢手術は、ホルモン値が安定して長生きする、病気のリスクを減らせる、性格が穏やかになるなどの効果もあるそうです。特に殺処分を減らすには、不妊・去勢手術は有効な手段です。実は殺処分されている猫は、野良猫が産んだ子猫がほとんどなんです。環境省の統計によると、保健所に引き取られる猫のうち71%が子猫で、子犬は19%です。猫の場合、子猫を増やさないようにする取り組みが、猫の殺処分を減らすことに直結するわけです。不妊・去勢手術の是非は、どういう猫が殺処分されているのか、どういう過程でそういった猫が生まれてくるのか理解した上で議論する必要があると思います。

「猫=飼いやすいペット」という誤解

――いまは「猫ブーム」といわれていますが、どう思われますか?

松尾:日本人はブームが大好きで、スイーツでもブームがよく移り変わるじゃないですか。そんな「ノリ」を猫ブームにも感じてしまって、「ブームが終わって、次のブームに乗りかえようってなったら、猫の命はどうなるの?」と懸念しています。

「猫って犬より飼いやすくていいよ」という発言にも疑問があります。猫って、そんなに飼いやすいわけではないんですよ。何を考えているのかわからないし、「こうしてほしい」とコミュニケーションをとろうとしても伝わらず、まったく予測がつかない動きをするんです。部屋を散らかしたり、大切な物を壊されたりすることだってあるし。そういう場合に「許せない!」「もう無理!」と感じれば、ブームにあおられて猫を飼った人の中には、ポイッと捨てちゃう人だっているかもしれない。安易に猫を飼うと、猫も人間も苦しむことになる可能性だってあるんです。

いまだ1日300匹の犬・猫が殺処分されている

犬・猫の殺処分の数は、ここ10年で約4分の1に減少している。その理由のひとつとして、迷子の犬・猫を元の飼い主に返したり、捨て犬や捨て猫を新たな飼い主に渡したりする、「返還・譲渡」の取り組みがある。自治体や動物保護団体などによる地道な努力のおかげで、保健所に引き取られた犬・猫の返還・譲渡の割合は、2004年の7%から、2014年には33%まで増えた。

しかし、犬・猫の殺処分は、いまだ年間10万匹以上も行われており、いまなお1日300頭もの犬・猫が命を奪われているという現実がある。そうした現状の只中で、ねこシェアハウスから学ぶことは多い。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4917頭の猫を救出!今までなかった「猫を助ける仕事」とは?

アメーバニュース


東京キャットガーディアンという、ソーシャルビジネスの手法で猫の保護活動を行うNPO法人団体があります。2016年の4月1日で活動8周年を迎えました。

殺処分ゼロを目標とする動物保護団体は多くありますが、そのなかでもこの東京キャットガーディアンの存在は異彩を放っています。

カジュアルに猫とふれあえるイベントやセミナーを開催するかと思えば、「猫つきマンション」「猫つきシェアハウス」などのユニークな不動産業にも進出。

そして、猫に関する相談を受け付ける「ねこねこ110番」、地域猫に対する不妊去勢手術を行っている「そとねこ病院」、ペット用品を購入することで保護活動に参加できる「Shippo TV」、ペット保険代理店の引き受けなど、他にも着手している企画は数え切れないほどです。

特に、猫を飼いたい人が猫を譲り受ける場を提供する「猫カフェ型開放型シェルター」は、“ペットはペットショップやブリーダーから購入するものだ”という従来の固定概念を打ち壊すのに役立っている、画期的な取り組みです。

2015年11月、東京キャットガーディアン代表の山本葉子さんと、不動産研究の第一人者である松村徹さんの共著『猫を助ける仕事』(光文社)が出版されました。

本気で猫を助けるとはどういうことなのか、キャットガーディアン代表の山本さんにお話をうかがってきました。

■いまの日本に足りないのは愛情ではなくシステム

日本では、年間約10万頭強もの犬や猫が、行政の保護施設で殺処分されています。

環境省発表の統計資料によると、2014年度に殺処分された犬は21,593頭、猫はそのほぼ4倍以上の79,745頭だというのですから背筋が凍ります。

猫の処分数が犬よりも格段に多い背景には、猫は犬にくらべて元の飼い主に返還されたり、新しい飼い主に譲渡されたりする率がぐんと低い事実があるそうです。

「日本では行政の保護施設や民間の保護団体からペットを譲り受ける習慣があまりないことが、殺処分ゼロの大きな障害になっている可能性が高いのです。足りないのは愛情ではなく、システムです」と山本さん。

ここでいうシステムとは、「法規制だけでなく、ペット流通や保護活動のあり方も含めた社会的な仕組み」を意味しています。

「たとえは悪いですが、赤ちゃんを育てられなくなったときに、赤ちゃんポストとコインロッカーとではどちらを選ぶか、ということです」

山本さんの言葉は強いですが、わかりやすいです。

「動物をかわいがりましょうなんていう啓蒙活動は、わざわざするものではないんです。特別に動物が好きでなくても殺せないのは普通の感覚としてほとんどの人にあると思うんです。愛情よりシステムが必要というのはそういうことです」

猫カフェ型開放型シェルターを通じての譲渡率は右肩上がりに上がっており、これまでに4,917頭(2016年3月現在)もの猫が、新しい飼い主と出会うことができました。

■猫をどこで入手すれば殺処分につながらないのか

では保護団体からの猫の譲渡数が上がれば、殺処分の数が減るかといったら、必ずしもそうではないと山本さんはいいます。

一般に知られる殺処分数というのは、あくまで行政によって処分された数であり、民間の生体販売業者やブリーダーによる処分の数は含まれていないからです。

「末端の要求に応じて商売は存在するんです。変わるべきなのは、市民の意識なんです。そのために、生体販売業者、ブリーダー業界の可視化は必要だと思っています」

2015年度の日本ペットフード協会の「愛護団体からのペット入手について」の調査結果(猫)によると、「愛護団体の存在を知っているが入手検討はしなかった」人は42.9%、「愛護団体を知らなかった」人も同じ42.9%。

つまり、85.8%もの人が、それ以外のルートから猫を入手しているのです。そこへキャットガーディアンがペット産業へ進出してきたわけです。

新しいペットの流通ルートをつくるだけでなく、先に挙げた「猫付き」不動産にも着手し、他にも進行中の企画がいくつもあるといいます。伸びしろはかなりありそうですね。

■「ソーシャルビジネス」としての猫を助ける仕事

活動の永続性確保や事業拡大に適したやり方として「ソーシャルビジネス」という手法を選んだ東京キャットガーディアンの運営哲学は、一般企業のそれとなんら変わりません。

スタッフに求められるのは高いプロ意識と効率性、それに加えて、命に対する鋭い感覚でしょう。

事実、山本さんにお電話でお話をうかがっている間にも、ある行政の保護施設から、生後まもない仔猫が搬送されてきている途中だということでした。仔猫は夜通し3時間おきの授乳が必要です。

また、「ねこねこ110番」以外にも、団体の代表電話にまで、連日、猫に関する相談の電話があとを絶たないといいます。



いままでにないやり方で保護活動の道を切り拓く東京キャットガーディアンは、現在進行形の保護活動のロールモデルとなっているように感じました。

東京キャットガーディアンの今後の活動に注目し、小さな命を守るために自分たちになにができるか、考えていきたいですね。

(文/石渡紀美)



posted by しっぽ@にゅうす at 08:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の歴史

産経ニュース


ペットとして、私たちにもっとも身近な動物の一つが「犬」ですね。みなさんは、そのルーツがオオカミだということを知っていますか? 約1万年前、オオカミが人の住居の見張りや狩りの補佐役として餌付けされ、家畜化されたのが、人との出会いの始まりとされています。

 オオカミは群れを作り、群れで行動します。群れの中には厳密な上下関係が存在し、リーダーには服従することが絶対のルールです。犬は、オオカミからこの習性を引き継いでいるため、人との暮らしの中で主従関係を認識することができるのです。

 狩猟犬や牧畜犬のように、ほかの動物と比べても人と仕事をすることが多いのは、主従関係が理解できるからです。

 犬は、狩猟や牧畜といったさまざまな仕事に合わせ、長い歴史のなかで数多くの犬種が生み出されました。その種類は、現在約300種類。かわいらしい見た目で人気のダックスフントも、本来の仕事は狩猟犬でした。胴が長く、四肢が短い独特の体形は、アナグマが潜む巣穴に入り、追い出すのにぴったりなのです。これを表すように、「ダックスフント」の「ダックス(Dachs)」は、ドイツ語でアナグマという意味なんですよ。

 ただ、狩猟や牧畜に適した体格で生まれてきた犬が、ペットとして暮らす場合には注意しなければならないこともあります。

 例えば、食事の量。狩猟犬として活動している犬は、1日に必要なエネルギー量がペットの2倍以上なので、狩猟犬をルーツとしている犬は食欲が旺盛な傾向があります。しかし、ペットとして暮らす場合は、肥満に注意しなければなりません。

 それぞれの犬の歴史を学びながら、食事をはじめとした生活スタイルを見直してみてもいいですね。(ロイヤルカナン ジャポン 獣医師・五十嵐靖)

posted by しっぽ@にゅうす at 08:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メリットは数え切れないほどある」ペットの“忌引き休暇”を推奨する米企業に話を聞いてみた

IRORIO(イロリオ)


愛する人と永遠の別れは辛いもの。それが例え動物だからといって悲しみが軽くなるわけではない。

以前IRORIOでもお伝えしたが、昨今海外では、ペットが亡くなった際に有給で休みがもらえる忌引き休暇制度を取り入れる企業が増えてきているという。

そこで今回は、同制度を導入しているアメリカのある企業に、その仕組みや利用する社員の反応について話を聞いてみた。

ペットの死で有給休暇1日付与
ワシントン州シアトルに本拠地を置くTrupanionは、ペットのための医療保険会社。

加入数は27万“匹”を誇っており、北米で2番目に大きなペット保険企業だ。

TrupanionTrupanion
同社では、社員の飼っているペットが亡くなった場合、慶弔休暇として有給の休みを1日分付与するそう。

同社の広報担当Trang Nguyenさんに話を聞いてみた。

―いつ頃からこの制度を実施しているのですか?

理念は当社が始まった時からあったのですが、正式に導入したのは5年前からです。

以降、現在までに12名以上がこの制度を利用しています。

―導入したキッカケは?

社員の士気向上のためです。

当社の社員は動物が大好きで、ペットは家族の一員のようなもの。ペットを失う痛みは、子どもを亡くすのと同じくらい大きいときもあります。

ShutterstockShutterstock
社員の精神的安定を大切にしたいというところから、制度導入のインスピレーションを得ました。

鳥やフェレット、うさぎも対象
―制度を利用した社員からの反応はどうでしたか?

愛するペットを失った悲しみを受け入れる時間が得られるとして、皆とても喜んでいます。

社員の中には、ペットの死でショックを受けている子どもと一緒にいるためにこの制度を利用した者もいました。

―対象は犬や猫だけですか?その他の動物は?

特に制限は設けていません。

ShutterstockShutterstock
犬や猫だけではなく、馬や鳥、フェレットやうさぎを飼っている社員もいるためケース・バイ・ケースで判断します。

愛するペットを亡くした時に受ける精神的なショックを考慮するので、もし喪失感が大きく業務に支障がでるようであれば、(ペットの種類を問わず)ゆっくりと休んでもらいたいと考えています。

悪いところゼロ、イイとこばかりの制度
―メリットとデメリットを教えてください。

今のところ、デメリットはありません。逆にメリットは数え切れないほどあります。

この業界で働いていると、ペットの死を思い出してしまうタイミングがしばしありますが、悲しみを乗り越える時間をしっかりと設けることで、仕事の生産性を欠くことなくいつもの業務に復帰できるのです。

社員数の多い会社ですが、すべての社員がこの制度をとても尊重してくれています。

休暇の日数を増やす可能性も
現時点では悪いところが見つからないというTrupanionの特別休暇制度。

ペットの健康と密接に関わっている同社ならではの福利厚生ではあるが、社員のパフォーマンス向上のためには精神面のケアが欠かせないというのは、どの業界でも同じことが言えるだろう。

Trupanionでは今後、ペットの忌引きで付与される休暇日数を増やすことを検討しているそうで、Nguyenさんは、「社員が悲しみを乗り越える過程を全力でサポートし続けます」と語ってくれた。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする