動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月16日

熊本地震で「ペットの迷子」が相次ぐ!愛護団体が“一時預かり”を実施

IRORIO(イロリオ)


最大震度7の地震が発生した熊本県で、ペットの迷子が相次いでいる。

益城町で震度7、熊本市でも震度6
14日21時26分ごろ、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生。

熊本県益城町で震度7、熊本市や玉名市などで震度6弱を観測したほか、中部地方の一部から九州地方にかけて揺れを観測。

余震も多発しており、翌朝6時までに震度1以上を観測する余震が103回発生した。

「ペットが行方不明に…」という投稿が続々と
この地震で、揺れに驚くなどして逃げ出し迷子になる犬や猫が多発。ネット上には「迷子になった」「保護している」とペットに関する投稿が多くよせられている。


<拡散希望>

親戚の飼っている犬が地震の際に驚いて逃げ出してしまったみたいで未だ行方が分かりません(>_<)

★ゴールデンレトリバー
★まだ1歳の赤ちゃん犬です
★熊本市中央区付近

見かけた方、情報提供お願いします(>_<) pic.twitter.com/1zPIntssPs

− ゆい☺︎ (@yuuuui_2GT) 2016年4月14日


この他にも、ネット上には多くの迷子のペット情報が飛び交っている。

過去の災害でも「ペットの迷子」が多発
過去に起こった災害でも、ペットの迷子は多く発生した。

2011年の東日本大震災では、飼い主とはぐれたペットが放浪状態となったケースが多発。これを受けて環境省は、災害時におけるペット救護対策ガイドラインを作成した。

ペット救護活動支援の準備が進む
地震でペットが迷子になった人や、迷っている犬・猫を保護した人は、今後どのように対処すればいいのだろうか?

現在、一般財団法人「ペット災害対策協議会」が行政機関や獣医師会などと連絡をとってペットの救護活動支援の準備を進めている。

また、「ドッグレスキュー熊本」という動物愛護団体が、昨夜の地震で一時的に飼育できなくなった犬の預かりを実施。



迷子になって保護された犬の一時預かりも行うという。

ペットを連れての避難はどうすれば?
余震が続く中、ペットを連れてどのように避難すればいいのだろうか?

避難所におけるペットの取扱いは、屋内飼育が認められるケースやペット専用係留場が設置されるケースなどさまざま。

熊本市の避難所マニュアルには、避難所の居住スペースへのペットの持ち込みは原則禁止。ペットは敷地内の屋外に指定スペースを設け、リードで繋いだり柵等で囲って飼育すると書かれている。

「ペットと泊まれる宿」をリストアップ予定
一般財団法人「ペット災害対策推進協会」は、一時預かりや同行避難が困難な人の為に、熊本地方一帯でペットと一緒に泊まれる宿泊施設をリストアップする予定だという。

ペットがいるからと避難所に入らずに車で過ごす人もいるかもしれないが、2009年の新潟中越地震では同様の理由で車中泊を続けていた女性がエコノミー症候群で死亡するという事故が発生している。

出典元:平成28年4月14日21時26分頃の熊本県熊本地方の地震について(第3報) - 気象庁(4/15)
出典元:ペットのための地震対策 - 地震情報サイトJIS


posted by しっぽ@にゅうす at 07:03 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを病院に連れて行きたくない…トラウマで苦しむ飼い主

T-SITE

犬や猫などのペットを飼っている人は、大事な彼らの病気に頭を悩ませることもあるだろう。話せない彼らは、飼い主がその異変に気づき、どうにか対応をしてあげなければならない。
だが飼い主の中には、ペットを動物病院に連れて行ったことがない人もいるという。
■男性飼い主の4割は病院に連れて行きたがらない?
しらべぇが全国20代〜60代のペットを飼ったことがある男女762名を対象に調査をしてみたところ、全体では30.7%の人が該当した。男女別で見ると、男性の飼い主に病院に連れて行かない人が多いと明らかに。
病院に連れて行く必要がないくらい元気なのか、病気への危機意識がないのか…。3割もの人が動物病院と無縁だとは、ペットのことを考えると少し心配にもなる数値である。
■動物病院にトラウマを抱えた飼い主の悲痛な思い
編集部では、犬を飼っているという30代女性に、動物病院についてどのように思っているのか話を聞くことができた。
「昔、メスのシーズー犬を飼っていたのですが、血液の病気で亡くなりました。動物病院に何度も通い、さまざまな治療を試みて…最後には輸血までしたのですが、その数時間後に息を引き取りました。
インターネットでも病気の症状と対処法をいろいろ調べて、素人でありながら知識を詰め込んでいました。なので、その獣医師の処置の過程がどうも納得できなかったんです。言葉に出したくないですが…医療ミスだとも思っています。
過去にそうしたことがあったので、動物病院が信用できなくなりました。今、新しい家族を迎えましたが、また変な病院にあたったらどうしよう…と連れて行く勇気がありません。前の愛犬には辛い治療を長い間続けてしまったので、もう寿命をまっとうさせてあげたほうが幸せなのではないかと、検診に行くことすらためらってしまいます」
■病院に連れて行かずに後悔した人も…
こうした飼い主がいる一方で、愛犬を病院に連れて行かずに後悔をしたという40代女性もいる。
「チワワを飼っていたのですが、生まれつき歩けない体の子でした。6歳ぐらいまではワクチンをしに行ったりで病院にもお世話になりましたが、とくに大きな病気もなかったので、それから病院での検診は長年していませんでした。
でも13歳を迎えたころ、急に愛犬の様子がおかしくなって。息が苦しそうで、痛そうに泣いて…心配になってすぐに病院に連れていきました。7年ぶりの病院です。
診察の結果、愛犬は低体温で今すぐに亡くなってもおかしくない状況だと言われました。また、心臓病を患っているとも。お腹も壊さず内臓は丈夫だったので、病気の心配はしていなかったのに。
病院では応急処置として点滴をし家に連れて帰りましたが、その10分後に天国へと行ってしまいました。まさかと思いました。朝までは家にいたのに、数時間の出来事でした。
私たち家族は、『もっと早く病院に連れて行っていれば、愛犬ともっと長い間一緒にいられたのではないか』と、今も自分を責め続けています」
ペットを病院に連れて行けない理由は、飼い主それぞれあるだろう。だが、こうした飼い主の声を聞くと「せめて定期健診だけは行ったほうが愛するペットのため」と思えるのではないだろうか?
(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie)



posted by しっぽ@にゅうす at 07:02 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクルート、オンラインでペットの病気を獣医師に相談できるサービス『Pet's All Right(ペッツ・オーライ)』の事前ユーザー登録を開始

AFP


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄 以下、リクルート)の事業育成機関である「Media Technology Lab.」は、飼っているペットの病気や気になる症状をオンラインで獣医師に相談できるサービスを7月にリリースする予定です。このサービス開始に先駆けて、サービス利用ユーザーの事前登録ができるWebサイトをオープンいたします。( https://www.petsallright.net )

なお、事前登録いただいたユーザーのみなさまには、本サービスが開始したのち初月無料の特典および、日本全国の獣医師からのペット医療に関する情報や、しつけやケアなど日常でためになる情報を会員限定で提供いたします。



――――――――――――――――――――

『Pet's All Right』のサービス内容概要

――――――――――――――――――――

飼っているペットの体調不良や病気の兆候を感じた際に、咳やくしゃみ、震えなど飼い主が撮影した症状の動画や問診票を基に、獣医師による簡易なアドバイスをオンラインで受けたり、治療に最適な病院の情報を受けることができます。また、通院時には通院先の病院でも簡単なカルテ情報を記入してもらえる機能を実装予定のため、飼い主への確実な情報伝達や投薬内容の開示(注意点含め)が可能となります。

なお、本サービスはリクルートの新規事業提案制度『Recruit Ventures』を通じて提案されたものです。サービスの継続は、一定条件や期間のもと判断されます。



―――――――――――――――――――

今後の予定

――――――――――――――――――――

4月6日(水)事前登録Webサイトをオープンした後、約3か月間の事前登録受付および会員に向けた情報提供の期間を設け、7月中に本サービス開始予定です。





▼Media Technology Lab.

http://mtl.recruit.co.jp/



▼リクルートグループについて

http://www.recruit.co.jp/



――――――――――――――――――――

【本件に関するお問い合わせ先】

https://www.recruit.jp/support/form/

posted by しっぽ@にゅうす at 07:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のルーツは犬と同じ? 

産経ニュース

愛らしい独特の表情やしぐさで人気が高い猫。書店では特設コーナーが設けられていることもあります。猫のルーツをご存じですか?

 猫の祖先は、アフリカや中近東などの乾燥地帯に生息する「リビアヤマネコ」であることが分かっています。さらにリビアヤマネコの祖先は5000万〜6000万年前に生息していた「ミアキス」という肉食動物です。

 実は犬も、このミアキスからさらに別の種に分かれて進化してきた動物です。森の中に住み続けて進化したのが猫、森から出て平原で暮らすようになったのが犬です。今では、犬は肉食に近い雑食動物ですが、猫は肉食動物です。

 では、人と猫が共に暮らすようになったのはいつごろからでしょうか?

 そもそもの始まりは、農耕を行うようになった人間が、保管された穀物を荒らすネズミを捕らえる「番人」として、猫を飼い始めたのがきっかけとされています。猫にとっても、人間と暮らすと獲物を得やすいため、都合が良かったのです。

この時期は4000〜5000年前といわれていますが、1万年近く前と考えられる飼育例も見つかっています。犬の方が人と暮らした歴史が長いとされていますが、猫との付き合いも案外長いようですね。

 現在、猫は世界でおよそ60種類ほどの品種が確認されています。猫は群れを作らないので服従性が低く、犬のように仕事をさせる目的で飼うのは難しかったため、美しさやしなやかさなどを重視した結果生まれてきたものでしょう。猫も犬もペットとして愛されてきましたが、生態による違いが、大きく容姿にも影響しているのです。(ロイヤルカナン ジャポン 獣医師 福山稔)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チンパンジー「チャチャ」が脱走 電線伝って逃走…住宅街で捕獲

産経ニュース


14日午後1時20分ごろ、仙台市太白区の八木山動物公園で、チンパンジー1頭がおりから逃げたことに飼育員が気付いた。チンパンジーは、住宅街の電線を伝って逃げたが、午後3時10分ごろ、捕獲された。

 動物園によると、チンパンジーは5頭飼育しており、逃げたのは雄のチャチャ。来園者の安全のため、動物公園は臨時閉園になった。けが人は確認されていない。

 近くの市立八木山小では脱走当時、2〜6年生の児童約400人がいたが、捕獲まで下校を見合わせた。山口敬司教頭は「テレビで見たら結構大きかったので、子供たちを外に出したら危ないと思った。無事捕まり、ほっとしている」と話した。

 八木山動物公園は、JR仙台駅の約5キロ南西にあり、昭和40年に仙台市が開設した。市によると、昨年3月末現在、ホッキョクグマやトラなど124種、478匹を飼育。南側には住宅地が広がっている。






posted by しっぽ@にゅうす at 06:56 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする