動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月20日

野良の犬猫と共生を 弁護士らパネル展

河北新報


仙台弁護士会の有志グループ「動物との共生を考える弁護士の会・東北」(通称ハーモニー)は、仙台市青葉区の青葉通地下道ギャラリーで初めてのパネル展を開催している。飼い主のいない犬や猫など動物の権利擁護を呼び掛ける。29日まで。

 パネル展は石巻市の動物愛護団体アニマルクラブ石巻との共催。人間に捨てられた動物の過酷な暮らしや、人間と野良猫の共生などを伝える写真、ペットを終生飼育する義務を定めた動物愛護法の説明などパネル計170枚を展示した。
 ハーモニーは犬や猫などのペットを飼育する弁護士が2013年に設立し、現在のメンバーは13人。他都市の取り組みを学んだり、市動物愛護センターを見学したりしながら、動物のために弁護士として何ができるかを模索してきた。
 対外的な活動の第一歩として、パネル展開催を支援したアニマルクラブ代表の阿部智子さん(57)は「虐待や遺棄などを禁じる動物愛護法の精神はあまり知られていない。法律家がともに活動してくれることは心強い」と歓迎する。
 ハーモニーは今後、動物との共生に向けた条例制定の働き掛けや、高齢者がペットのために財産を残す信託制度の周知などに取り組むという。代表の佐藤由紀子弁護士(62)は「動物と人間の共存に向け、弁護士としての経験を生かしたい」と意気込んでいる。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:10 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年熊本地震に伴う被災ペット救援物資の受入れは現在停止しています

熊本県


平成28年熊本地震により被災した飼い主と同行避難しているペットについて多くの方から御心配をいただき、ありがとうございます。

 ペット救援物資の受入れについてのお問い合わせを多くの方からいただいておりますが、現在、余震が続いていることや交通事情により、ほとんどの宅配事業者が本県内への配送の受付を中止している状況となっております。

 被災地は、まだ大きな余震が続いており、一部損壊や半壊の家屋では更なる崩壊等、大変危険な状態が続いています。各地から応援に駆けつけた自衛隊・警察・消防等により、連絡が取れない方々の人命にかかわる捜索活動が行われている状況にもあります。

 そのため、現在、みなさまの救援物資を受入れる状況にはありません。今後、みなさまに救援物資のお願いができる状態になりましたら、再度このページにて詳細をお知らせしますので、御理解をよろしくお願いいたします。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと遠出、北海道新幹線で手軽に 客室内、ケースでOK

北海道新聞


北海道新幹線の開業により、愛犬家や愛猫家が、北海道と都府県との行き来がしやすくなると歓迎している。飛行機はペットを貨物室に預けなければならないが、新幹線は小型犬や猫であれば、規定サイズのケースに入れて客室内で一緒に過ごせるためだ。函館市内のホテルも「ペット連れの客が増えるのでは」と期待している。

 飛行機(国内線)は盲導犬や介助犬を除いて客室内に犬、猫を持ち込めず、ペットは飼い主と離れて貨物室で過ごさなければならない。このため普段と異なる環境に置くのは酷だとして、遠出を諦める人も多い。 

 道内と道外とを結ぶフェリーの中には、ペットと同じ部屋で過ごせる客室や、いつでもペットの様子を見に行ける専用スペースを用意する船舶もあるが、乗船時間の長さなど別の問題がある。

 一方、新幹線は在来線同様、規定のケース(長さ70センチ以内で縦・横・高さの合計が90センチ程度など)に入れてあれば、犬や猫、鳥などの小動物を「手回り品」として有料(280円)で客室内に持ち込める。ケースから出すことはできないが、乗車時間もフェリーに比べてはるかに短い。

 ミニチュアダックスフントを飼う札幌市の富樫かなえさん(44)は飼い始めた8年前から、旅行の行き先は車で移動できる道内だけだったが、「新幹線なら一緒に東北の桜を見に行ける」と期待する。札幌から新函館北斗駅まで車で移動して駅前の無料駐車場に止め、新幹線で1〜2時間で東北各地へ―。そんな行程を思い描く。

 ペット同伴可の客室を5室用意する函館市内の「HAKODATE男爵倶楽部ホテル&リゾーツ」には3月末以降、ペット連れの宿泊客が新幹線を利用して訪れるようになったという。斉藤将嗣総支配人は「これまでペットを連れたお客さまは、自家用車とフェリーを組み合わせて利用するのが大半だったが、冬場は車の運転が難しく旅行しにくかった。新幹線による新たな需要拡大が期待できる」と話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット連れ専用大型テント設置、熊本県益城町の総合体育館芝生広場

WPN


◆ペット連れ専用大型テント設置、熊本県益城町の総合体育館芝生広場 [2016.4.19]
 14日以降大きな地震が続いている熊本県益城町の総合体育館芝生広場に、ペット連れ専用の避難所として緊急支援活動用の大型テント「バルーンシェルター」が設置された。

 「バルーンシェルター」を設置したのは、避難所支援に取り組んでいるNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(本部・広島県神石高原町・PWJ)の救援チーム。ピースウィンズ・ジャパンは、女性専用とペット連れ専用の避難所として「バルーンシェルター」を2基設置。1基あたり約70名が避難できる「バルーンシェルター」内には、床代わりとなるパレット130枚、養生マット100枚、毛布約60枚が準備されているほか、ケージも手配中だという。

 18日夜は、ペット連れ専用のシェルターに犬や猫を連れた被災者10人が宿泊。シェルターの近くに設置されているテントにも、犬連れが宿泊した。

 環境省による「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」では、「ペット同行避難」が推奨されているが、実際にペットを連れた避難所生活は心理的にも厳しいものがあるようだ。このようなペット連れ専用の避難施設がもっと増えることを望みたい。
[関連URL]
・【熊本地震】避難所支援:18日の活動報告 NPO法人ピースウィンズ・ジャパン



posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする