動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月26日

ペット連れ、避難所で苦労

大分合同新聞


ペットを連れた被災者は車中泊を強いられたり、避難先で肩身の狭い思いをしたりするなど苦労するケースが多い。広島市で2014年8月、76人が犠牲になった土砂災害では、避難所での扱いを想定した市のマニュアルがなく、用意した仮住まい先も「ペット可」はほとんどなかった。
環境省は13年、避難所や仮設住宅では他の被災者と交わらないよう、飼育スペースの設置などを促すガイドラインを作成した。11年の東日本大震災で、鳴き声によるトラブルなどが問題化したためだ。
広島市によると、安佐南、安佐北両区に設置した学校などの避難所計16カ所のうち、教室を専用の飼育スペースとするなどして対応したのは4カ所だけ。担当者は「ペットの受け入れは避難所の責任者次第で、場当たり的だった」と振り返る。
安佐南区で被災した無職桑原緋佐子(くわばら・ひさこ)さん(69)は、愛犬を抱え公民館に避難。「家族と同じペットを残すわけにいかない」。ペットフードは支給されたが「ほえて迷惑を掛けるのでは」と、他の被災者と離れ階段下の物置スペースで過ごした。
桑原さんらは、車中泊して飼い主がエコノミークラス症候群を患う危険性があるとした上で「ペットがいる被災者用の別室があれば、お互いにストレスを感じなくて済んだ」と指摘する。
災害発生の約4カ月後、避難所から最後に退所した家族は愛犬家だった。市は仮住まい先として公営住宅を用意したが、ペットと入居できる物件は少なく、自分で家を探して生活再建が遅れた。
市は15年3月に改定した地域防災計画で、ペットの飼育スペース確保に努めると定めた。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット診察へ医療チーム 福岡県獣医師会 益城町などへ派遣 熊本地震 [福岡県]

西日本新聞


熊本地震で被災したペットの健康管理に役立とうと、県獣医師会は獣医師や動物看護師で編成する災害派遣獣医療チーム(VMAT)を、被害が大きかった熊本市や熊本県益城町に派遣している。

 VMATは、県獣医師会が全国に先駆けて2013年に発足させた。専門の講習を受けた獣医師31人と動物看護師22人が登録。実際の災害派遣は今回が初めてで、22日に熊本県獣医師会から要請を受けた。

 現地での活動は24日に始まり、25日は獣医師2人が熊本県獣医師会が設置した相談窓口で犬やネコを診察したり、飼い主からペットの健康相談を受けたりした。派遣は30日までの予定で、避難所の巡回なども行う。

 県獣医師会によると、被災地では、ペットの持ち込みが禁止された避難所が大半で、飼い犬を抱えて避難所の軒先で夜を明かしている避難者もいるという。県獣医師会は「周囲に遠慮してストレスを感じている飼い主の心のケアにも取り組みたい」としている。

 一方、県は25日、熊本県菊陽町と大津町に派遣している県健康管理支援チームに、久留米市が26日から、大牟田市が5月16日から新たに加わると発表した。

=2016/04/26付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事前の準備がカギ! 地震時にペットと避難するときの心構え

ウーマンエキサイト


癒しを求め、犬や猫を始めとしたペットを飼っている人は多いのではないでしょうか。

どんなに疲れて帰って来ても、自分を迎えてくれるペットを見ると一気に疲れが吹き飛んでしまいますよね。

しかしペットを飼う場合には、ただかわいいという気持ちだけでなく、 飼い主としての責任が伴うことになります 。

日頃のしつけはもちろん、災害による被害を受けた場合にペットを助けてあげられるのは飼い主であるあなたしかいませんが、その準備ができているという人はどれほどいるでしょうか。

緊急時ということから、普段なら問題とされないようなことが他人へ多大なストレス感じさせてしまうこともあります。

ここでは、地震が起きた際のペットとの避難方法についてご紹介いたします。

●原則は一緒に避難

災害が発生した場合、ペットが飼い主と離ればなれになってしまうことでさまざまな弊害が起こります。

逃げ出してしまえばペットを保護するための労力が必要となり、エサをもらえなくなってしまえば衰弱、死亡するおそれもあるでしょう。

また、不妊・去勢が行われていない場合、繁殖によって数が増加し公衆衛生上の環境悪化 も問題となります。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと避難 癒やしの効果 獣医の小此木さんが報告

上毛新聞ニュース


 災害現場に出動して動物を救う「群馬VMAT」の隊員として熊本市や熊本県益城町で活動した、獣医師の小此木正樹さん(56)=伊勢崎市=が25日、上毛新聞の取材に対し、現地の状況を証言した。

 物が倒れてきて足を骨折したり、逃げる際に爪を損傷したペットや、ストレス性の下痢にかかった動物が目立ったという。ただ、熊本市内の動物病院の7〜8割が診療可能なため、VMATの治療が必要な場面はなかった。

 避難所にはペット連れの人が複数いて、周囲も受け入れている様子だったという。動物保護団体などの協力でペット用の水や食料、シートを提供するブースも用意されていた。

 小此木さんは「一緒にいることでペットはストレスが緩和され、飼い主も精神的に癒やされていた」と同行避難の効果は高いと指摘。「群馬県での発生に備え、普段からしつけをしたり、支援物資が届くまで5日程度のペット用食料の備蓄が重要」と話した。

◎被災地の猛獣5頭緊急移送 群馬サファリ・川上園長
 被災地の動物園の猛獣を緊急移送した、日本動物園水族館協会理事で群馬サファリパーク(富岡市岡本)の川上茂久園長は25日、上毛新聞の取材に対し、「熊本の被害はひどく復旧には時間がかかる。連絡を取り合って必要な支援を続けたい」と述べた。

 川上園長は21日夜、富岡市をトラックで出発し、20時間かけて熊本市動植物園に到着した。園内の道は亀裂が入り、液状化している場所もあった。猛獣が入っている獣舎は壊れていた。ライオンとアムールトラ、ユキヒョウを各1頭、ウンピョウ2頭をおりに入れてトラックに積み、福岡、大分両県の動物園などに移送した。

 市動植物園は園内の安全確保と動物のストレス軽減のため、全国151園が加盟する協会に支援要請した。協会はホースやビニールシートなどを届けた。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:29 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする