動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月27日

ペット同行避難難しく 場所、人手なお不足

西日本新聞


熊本地震の被災地では、ペット連れのため避難所に居づらく、車中泊など不便な生活を強いられている人たちがいる。ペットと「同行避難」できる動物病院や専用テントが現れ、一時預かりなど支援の動きが出てきているが、人手や場所が不十分など課題も多い。

 熊本市東区の熊本県立第二高の駐車場。社会保険労務士事務所勤務の荻生清高さん(40)は、妻(38)と義母(76)、犬2匹と車中泊を続けている。犬がいるため、最初から避難所は諦めた。義母は足が悪く今の生活は負担が大きい。「家族も犬もくつろげる場所に早く移りたい」と願う。

 益城町の津田秀雄さん(67)は、同町の総合体育館内の入り口近くで高齢の犬2匹と共に過ごす。「人が多いとストレスも心配」。2匹ともおとなしいが、子どもをかんだりしないか気に病んでいる。

 支援の動きも出てきた=表。同行避難を受け入れる竜之介動物病院(熊本市中央区)は、病院が入るビル内の3、4階にある専門学校の教室を開放している。現在70人程度が避難。「人用の炊き出しは量が少ないが、受け入れ場所は余裕があるので利用してほしい」と呼び掛ける。

 「ペット同行で避難所に入るのを断られた」。動物愛護団体ドッグレスキュー熊本(菊陽町)には、こんな相談が600件近く寄せられている。犬だけを預かっており、現在43匹。支援の人手が足りず、受け入れはぎりぎりの状態だ。生松義浩代表(55)は「ペットを預かることで飼い主が家を片付けられる。早く一緒に住めるようになることが、人のためにもペットのためにもなる」と話す。

 益城町の総合体育館では、NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島県)がペット連れや女性向けにテント36張りを設営している。ペット連れの需要が高く、うち33張りを利用。テントを増やしたいが適地探しは難しい状況だ。リーダーの大西純子さん(44)は「ペットと同居できる仮設住宅などの準備も必要になってくる」と指摘する。

=2016/04/27付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 08:37 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット診察へ医療チーム 福岡県獣医師会 益城町などへ派遣 熊本地震 [福岡県]

西日本新聞


熊本地震で被災したペットの健康管理に役立とうと、県獣医師会は獣医師や動物看護師で編成する災害派遣獣医療チーム(VMAT)を、被害が大きかった熊本市や熊本県益城町に派遣している。

 VMATは、県獣医師会が全国に先駆けて2013年に発足させた。専門の講習を受けた獣医師31人と動物看護師22人が登録。実際の災害派遣は今回が初めてで、22日に熊本県獣医師会から要請を受けた。

 現地での活動は24日に始まり、25日は獣医師2人が熊本県獣医師会が設置した相談窓口で犬やネコを診察したり、飼い主からペットの健康相談を受けたりした。派遣は30日までの予定で、避難所の巡回なども行う。

 県獣医師会によると、被災地では、ペットの持ち込みが禁止された避難所が大半で、飼い犬を抱えて避難所の軒先で夜を明かしている避難者もいるという。県獣医師会は「周囲に遠慮してストレスを感じている飼い主の心のケアにも取り組みたい」としている。

 一方、県は25日、熊本県菊陽町と大津町に派遣している県健康管理支援チームに、久留米市が26日から、大牟田市が5月16日から新たに加わると発表した。

=2016/04/26付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 08:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱湯掛け猫を殺す、動物愛護法違反で41歳男を逮捕

日刊スポーツ


野良猫に熱湯を掛けるなどして殺したとして、警視庁田園調布署は26日までに、動物愛護法違反の疑いで東京都大田区の自称アルバイト小松卓也容疑者(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月17日夜、自宅の風呂場で猫1匹に熱湯を掛けたり、頭部を廊下の床にたたき付けたりするなどして殺した疑い。同署によると「仕事のストレスを発散するためだった」と容疑を認めている。

 小松容疑者の自宅からは鉄製のケージを押収。「昨年8月以降、約10匹の野良猫を殺して、自宅近くに捨てた。猫は近所に置いたケージで捕獲した」と供述しており、同署が裏付けを進める。

 小松容疑者の自宅近くで4月、猫の死骸が見つかり、「殺された猫がいる」との通報が寄せられたことから、同署が付近を聞き込んだ結果、同容疑者が浮上した。(共同)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中に遺棄された猫21匹を長野市が保護 県警で捜査

産経ニュース


長野市は26日、同市信州新町の山中で、何者かに遺棄されたとみられる猫21匹を同市保健所が保護したと発表した。市は愛護動物の遺棄事案と判断し県警に通報した。長野中央署が、動物愛護法違反(遺棄)の疑いで捜査を進めている。

 長野市保健福祉部によると、21日午後1時半ごろ、市民から信州新町越道の山中にある中尾浄水場付近に2、3日前から突然十数匹の猫がいるとの連絡を受けた。現地で市保健所は、推定年齢4カ月から3歳の猫が多数いることを確認。21日に13匹、22日に5匹、25日に2匹、26日に1匹を保護した。いずれも極めて空腹の状態にあり、衰弱している猫もいるという。

 猫たちは、市保健所担当者が21日に現地で確認した際、さみしそうに寄り添っていた。しかし保護する際に逃げ出す猫もいたため“一網打尽”とはいかなかった。同時に遺棄された猫がなおも山中に残っている可能性があるという。

 保護した猫の多くは人に馴れているうえ、周辺に人家がほとんどないことや給餌をされている様子がないことから、市と県警は、特定の人物が飼い猫か預かっていた大量の猫を山中まで運び遺棄したとみている。

 動物を捨てる行為は動物愛護法に抵触し、100万円以下の罰金の対象となる犯罪だ。長野市は、大切に飼育する人に譲渡するとしており、譲受希望者は市保健福祉部食品生活衛生課(電)026・226・9970まで。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬がゲップをする原因について

T-SITE


犬がゲップをする原因について


犬も人間のようにゲップをすることがあります。犬のゲップの原因は何なのでしょうか。

水をがぶ飲みしている

犬も人間と同じように、水をがぶがぶ飲んでしまった時など必要以上に多くの酸素を吸ってしまって居ることがあります。人間も酸素をたくさん含んだ炭酸水などを飲むとげふっとゲップがでるかと思います。犬にとってもこのような生理現象のゲップは、特に問題ありません。
しかし、あまりにもいつも犬がゲップをするようであれば、食器を変えて多くの酸素を吸わせないようにしましょう。犬は首を下にさげて水を飲むため、重力に逆らって水を飲まなければなりません。そのため、首を下げる角度が緩やかになるように、台のついた食器で水を飲ませるようにすると吸う空気の量が減り、犬がゲップが出にくくなるでしょう。




ご飯を急いで食べている

ご飯を急いで食べている犬の場合も、空気をたくさん吸い込んでしまってゲップが出ている事があります。ご飯も、上記の水飲み台のような台の上において食べさせるようにすると、犬のゲップが減ってくるでしょう。


犬のゲップから考えられる病気について

最近、犬のゲップが多くなり、そのゲップが臭うようになってきたなと思うときは、病気になっている可能性もあります。


消化不良を起こしている

食欲もあり、とても元気だという場合でも、吐いてしまったり下痢になってしまっている場合は消化不良が考えられます。
消化不良の場合、犬がゲップをすると臭います。胃腸以外にも、膵臓等の病気の初期症状であることも考えられますので、早めに獣医さんに見てもらうようにしましょう。


口の中が病気になっている


犬は固いものを食べたり、尖ったものを食べることがよくあります。そのため、歯茎に傷が付きやすくなってしまいます。傷が付くと、炎症を起こして歯周炎になってしまうことがあります。
それ以外でも、歯垢や歯石がたまってしまい、口の中の細菌が繁殖することで口の中が炎症を起こしてしまう事もあります。歯の表面に歯垢や歯石がついていなくても歯周病になってしまっている事もありますので、トリミングをしてもらう際に一緒に歯磨きをしてもらうようにし、歯垢や歯石が貯まらないようにしましょう。


胃拡張や胃捻転になっている


胃拡張とは、胃が異常に大きくなることをいいます。胃拡張になると、胃に血液が渡らなくなり、それがずっと続くと胃捻転になります。
胃捻転とは、胃の中のガスが発酵してしまい、胃がねじれることをいいます。胃捻転になると、緊急手術が必要となります。開腹手術しか方法がなく、この手術を行っても亡くなってしまうケースもよくあります。


胃拡張は、空気をたくさん吸い込んだり、胃の中のガスが発酵してしまうことで起こります。胃捻転は、ご飯をバクバクと早食いし、その後水をがぶがぶ飲んでしまった時起こります。内蔵が細い犬種だけではなく、ラブラドールレトリバーやコリーなどの大型犬にもよくみられます。ご飯を食べた後は衝撃を与えないようにしましょう。胃捻転になると、ゲップだけではなく、よだれが大量にでたり、胃が異常に膨れて苦しそうだったり、吐いたり、水を大量に飲んだりします。


上記のような症状がでたら、すぐに病院につれていくようにしましょう。


まとめ


犬のゲップは、生理現象のものから死に関わる重大な病気まで様々な原因があります。まずは飼い主が犬にゲップをさせないように工夫することで大切な愛犬を守っていくようにしましょう。
いつもと違うと感じたらすぐに病院につれていけるよう、常日頃愛犬の様子をチェックするようにしましょうね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする