動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年04月30日

飼育グッズ、貸し出しや支給 熊本市動物愛護センター、ペット同伴の避難者に [熊本県]

西日本新聞


熊本市動物愛護センター(同市東区小山2丁目)は、熊本地震で犬や猫などのペットを連れて避難生活を続ける市民に、飼育グッズの無料貸し出しや支給を行っている。センターには「ペット同伴の避難生活に役立てて」と、全国から多くの支援物資が届いている。

 貸し出し品はケージ(大中小)、コンテナ型のバリケンクレート(大中小)、犬用サークル、猫用キャリー(かご)など。支給品は犬・猫用フードや首輪、リード、食器、鳥・小動物用フード、ペットシーツ、犬用おむつ、猫砂など。

 貸し出しと支給は、同センター愛護棟で実施。平日は午前10時〜午後4時、5月8日までの土日祝日は午前10時〜午後3時。センターは「家族の一員としてペットを守るグッズがそろう。避難所によっては動物アレルギーのある人もいるので、配慮が必要になる」と話している。センター=096(380)2153。

=2016/04/30付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 06:25 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被災犬1匹受け入れ 鳥取県、飼い主を募集へ

日本海新聞


鳥取県西部総合事務所生活環境局犬管理所(米子市東福原1丁目)は28日、熊本地震で被災した熊本市動物愛護センターで保護されていた犬1匹を受け入れた。

県西部総合事務所生活環境局犬管理所に到着した犬の旺多=28日、米子市東福原1丁目
 同センターは、地震の影響で犬猫の受け入れが増加するとして、環境省を通じ近畿、中国、四国地方の自治体に犬29匹、猫2匹の受け入れを要請。このうち犬1匹が鳥取県に譲渡された。

 犬は推定3〜5歳の雑種の雄で名前は「旺多(おうた)」。昨年12月、熊本市内で保護された。熊本市を27日夜出発し28日午前、米子市に到着した。長距離の移動や環境の変化に少しおびえていたが、職員になでられると落ち着いた様子だった。

 県西部総合事務所生活安全課の林原健吉係長は「落ち着きを取り戻し、責任ある飼い主に引き取ってもらえたら」と話した。

 同管理所で1週間程度生活し、5月に県のホームページで飼い主を募集する。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの健康相談、治療 福岡VMATの獣医師が被災地入り

読売新聞


災害時に動物の救護を担う、福岡県獣医師会の「災害派遣獣医療チーム」(福岡VMAT)が県内に入り、被災地でペットの健康相談や治療にあたっている。2013年、全国で初めて発足して以来、初の本格出動。ペットと共に、慣れない避難生活を過ごす飼い主に安心感を与えている。

 「愛情をいっぱい注いであげて」。益城町内の避難所に設けられたペット健康相談コーナー。生後3か月の子犬を連れてきた親子に福岡VMATの獣医師が語りかけると、不安そうな表情が安堵あんどに変わった。

 親子は子犬が他の動物と接触するのを避けるため、車内泊を続けていた。子犬に嘔吐おうとや下痢の症状が出たため、駆け込んだ。

 診察を行った獣医師は重い病気ではないことを確認し、「地震が続く環境下でストレスを受けている。体調の変化は当たり前です」と説明。飼い主の女性(46)は「不安だったので、専門の人の話を聞けて安心した」と話した。

 福岡VMATは、11年の東日本大震災でペットの救護が課題となったことを受け、全国に先駆けて結成された。所属する獣医師や獣看護師が災害時の行動の仕方を学んできた。

 熊本地震では、熊本県獣医師会の要請を受けて24日に到着。5月上旬まで益城町のグランメッセ熊本と熊本市役所のペット健康相談コーナーで診療したり、獣医師のいない地域を移動診療車で訪ねたりする。

 メンバーの船津敏弘獣医師は「初めて現場に出て、ニーズの高さを感じた。つらい避難生活をペットと共に乗り切る手助けになれば」と話している。

2016年04月30日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 06:19 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震が起きたときに、ペットの不安を和らげる方法

ガジェット通信


J-WAVE平日夜の番組「JAM THE WORLD」(火曜ナビゲーター:掘潤)のワンコーナー「CASE FILE」。今週は、動物問題に詳しい作家の渡辺眞子さんにお話をうかがっています。

4月14日に発生した熊本地震では、多くの犬や猫も被災しました。東日本大震災以降、避難所での「人とペットの共生」を認めるガイドラインもまとめられていますが、現実には受け入れられないこともあるそうです。震災が起きたときにペットと一緒に避難するにはどうしたらいいのでしょうか。

ペットにとって地震とはどんなものなのか、動物に詳しい作家の渡辺眞子さんによると、人間が感じるのと同じように、驚き、恐怖、驚愕以外の何物でもないとのこと。

「地震が起きた、すごい音をして家具が倒れた、家族のみんながキャーキャー言って怖がっている…。これは動物にとっても非常に怖いことです。『これは自然災害なんだよ』とか『もうすぐ収まるよ』とか、言葉では伝えてあげられません」(渡辺さん、以下同)

ペットにとって、もっとも身近な存在の家族(飼い主)が落ち着かせてあげることが大事だと言います。難しいかもしれませんが、まずは飼い主側が落ち着きましょう。

「そして、大丈夫だよと安心させてあげる。普段の声と同じトーンで」

難しいところですが「大丈夫だよ」「一緒にいるよ」「ほら、もう平気」などと言いながらペットに接することは、飼い主自身にとってもリラックス効果があるのではないか、とのことでした。

被災地には、ペットが入れる部屋を確保している避難所もあるそうです。また、「猫は地震が起きるとタンスの裏に入ってしまい、犬よりも捕まえにくいことが多い」とも。猫を落ち着かせて救出するのは難しく、普段からいろいろなことを想定して、家族みんなで相談しておきたいものです。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/


posted by しっぽ@にゅうす at 06:16 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする