動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年05月05日

ペットの健康被害も深刻 地震影響、獣医師ら「預かり所利用を」 [熊本県]

西日本新聞


熊本地震で被災した家庭の犬や猫の健康問題が深刻化している。避難所を巡回してペットの健康相談に応じている災害派遣獣医療チーム(VMAT)によると、避難所生活や車中泊など環境の変化でストレスや疲れがたまり、食欲不振や下痢、嘔吐(おうと)といった症状を訴える声が飼い主から相次いでいるという。獣医師たちは「動物病院の預かりサービスを利用し、一時的でもペットに休息を与えてほしい」と呼び掛けている。

 「水やドッグフードを口にしようとしない」「震災後、急に体をかゆがるようになった」。益城町や西原村の避難所に駆け付け、対応した小川篤志獣医師=東京都=によると、寄せられる相談は、こうした消化器や皮膚に関する症状が多いという。小川獣医師は「車中泊が続くなど、ストレスが最大の原因」と指摘する。

 東日本大震災でも、ストレス性のぼうこう炎などペットの健康被害が多発。対策として「ペットフードにお湯を入れてふやかしたり、水で薄めたスポーツドリンクを飲ませたりして、脱水症状を起こさないよう工夫することが大切」とアドバイスする。

 地震発生から3週間近くがたち相談件数は落ち着いてきたが、最高気温が20度を超える日が続いていることから、県獣医師会は熱中症への対策も促している。

 同会は、ペットの症状として、呼吸が浅い▽意識がもうろうとしている▽よだれが大量に出ている−などの異変が表れた場合、水を直接体に掛けたり、ぬれたタオルを首や脇に当てたりして体温を下げるといった処置を勧めている。

 ペットも家族の一員として一緒に避難している世帯は多く、VMATの船津敏弘獣医師=福岡県=は「高齢で体力が低下していたり、心筋症や関節痛などの慢性疾患があったりするペットは特に注意が必要。積極的に預かりサービスを利用するといった目配せをしてほしい」と話している。

 県獣医師会とVMATは8日まで、益城町のグランメッセ熊本と熊本市役所に無料相談コーナーを設けている。一時預かりがある動物病院などの問い合わせは同会災害救護対策本部=096(369)7807=へ。

=2016/05/05付 西日本新聞朝刊=




posted by しっぽ@にゅうす at 08:17 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

益城町 行方不明のペットを捜す支援

NHK


熊本県益城町で、千葉県から来た絵本作家たちが、地震で飼い主と離れ離れになり行方が分からなくなったペットを捜す支援をしています。
支援活動をしているのは、千葉県から来た絵本作家の「うさ」さんたち3人です。東日本大震災でペットと一緒に避難するための支援を行った経験から、今回の熊本地震では益城町を中心に活動しています。
これまでに犬と猫合わせて4匹を捜す依頼を受け、4日はペットが飼われていた家に戻ったときに保護するための専用のケージを確認したり、周辺のがれきの隙間を捜したりしていました。
今月1日に「うさ」さんたちに保護した犬を送り届けてもらった岡村多恵子さん(75)は、「見つかったとき飛びついてきたので抱きしめました。12年間一緒に暮らしたので、子どものような存在です。今は知人に預けていますが、いいところが見つかったら、また一緒に暮らしたいです」と話していました。
「うさ」さんは「姿形は違っても、その命を大事に思う人にとっては大切な家族なので、生きているならば見つけてあげたい」と話していました。
今月11日まで支援活動を行ったあと、いったん千葉県に戻りますが、その後も再び熊本県に戻って支援を続けるということです。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子、食欲なし…写真で追う被災ペット 熊本地震

日本経済新聞


熊本地震の発生から2週間以上たっても余震が続き、長期化する避難生活。避難所では鳴き声や汚物をめぐるトラブルなどで、ペットの連れ込みが難しいところもある。家族の一員ともいえるペットと共に避難している人も多い中、「迷子」になった犬や猫もいる。被災地での様子を追った。

震災翌日に保護されたメス犬。飼い主が迎えにくるのを待ち2週間が過ぎた(2日、熊本市東区の熊本市動物愛護センター)

熊本市動物愛護センターには行方不明のペットの問い合わせがたえない(2日)

 熊本市東区の熊本市動物愛護センターでは迷子になった猫や犬を預かっている。被災ペットの問い合わせは、5月1日時点で483件にのぼり、電話が鳴りやまない状態だ。「飼い犬を引き受けてくれないか」といった相談もこの数日で増えている。村上睦子所長は「飼育放棄する前に必ず相談してほしい」と危機感をにじませる。

 施設内を案内してもらった。おりの中には震災翌日に保護され、飼い主が迎えにくるのを待つメス犬がさみしそうな目をしていた。高齢のため白内障を患っており、エサをあまり口にせずぐったりとした犬もいた。飼い主が現れない場合は里親を探すことになるという。

4月22日から保護されている白内障を患ったメス犬。エサをあまり口にしていない(2日、同センター)

 竜之介動物病院(熊本市中央区)は被災者とペットの同行避難を受け入れている。2011年の東日本大震災で福島県を訪れた際、被災地でのペット問題を目の当たりにした経験からだ。多いときで200人以上が同病院にペットと避難した。徳田竜之介院長はペットが体調を崩すと飼い主も連なって体調を悪くする場合があると指摘し、「被災現場では一心同体」と話す。

 ペットと共に竜之介動物病院で避難暮らしを続ける水本和子さん(48)。当初は車中泊で5日間過ごしていたが、ストレスで犬がエサを食べなくなり、動物病院への同行避難を決意したという。飼い犬の体調も回復へと向かい、「犬は唯一の私の家族。なんとしてもこの子たちを守りたい」と話した。

ペットと共に竜之介動物病院で避難暮らしを続ける水本和子さん(3日)

動物病院に届いた応援メッセージ(3日)

全国から集まったドッグフードやトイレシートなどペット用支援物資。避難所にいる被災ペットに分別して運ばれる(3日、同病院)

飼育ケージの中で不安な表情を見せる猫。4月15日から預けられ、飼い主が迎えにくる日はまだ決まっていない(3日、同病院)


犬の背中に埋め込まれたマイクロチップ(上部)が見えるレントゲン写真。地震後、犬にマイクロチップを埋める人が増えたという(3日、熊本市中央区の同病院)

ストレスがたまらないよう、保護した犬の散歩をする熊本市動物愛護センターの溝端菜穂子さん(2日、熊本市東区)
(写真部 小高顕)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と触れ合い 愛護学ぶ/和歌山

読売新聞


◇県動物センターでフェスタ


 犬たちと接して動物愛護の精神や、しつけ方の普及・啓発を目指すイベント「わうフェスタ」が4日、紀美野町国木原の県動物愛護センターで開かれ、大勢の親子連れでにぎわった。5日も午前10時〜午後5時に行われる。

 狂犬病予防注射期間(4〜6月)や大型連休に合わせて実施しており、今年は3日に開幕した。

 県内各地で保護されるなどした後センターが飼育している雑種の「スタッフ犬」4匹と触れ合ったり、餌やりを体験したりするコーナーでは大勢の子供たちが列をつくっていた。また、犬やヤギの散歩体験、ウサギをひざにのせる「ふれあいコーナー」、犬のしつけ相談なども行われた。

 犬の体をなでていた大阪府熊取町の小学5年田中柚羽さん(10)は「しっぽを振る姿がかわいい。自宅でも飼ってみたい」、同府貝塚市の西川結菜ちゃん(5)は「一緒に散歩して楽しかった。いつかは小型犬と暮らしたいな」と話していた。

2016年05月05日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒグマに襲撃されて死亡…『どうぶつ奇想天外!』で起こった最悪の事故

エキサイトニュース


普段、何気なく見ていたバラエティ番組に突如発生した事故。家族でも安心して見れるその内容からは、あまりにも似つかわしくない「死亡」の二文字に、世間は驚きました。同時にそのニュースは、いつも安全圏でテレビを観ている私たちに、現場で制作者の身に起こっているリアルを痛感させる事件でもありした。そんなに命懸けで撮影していたのか……と。

事件の発端となった番組は『どうぶつ奇想天外!』。1993年から2009年の長きに渡ってTBSにて放送されていた、動物をテーマにしたクイズ番組です。2001年9月には番組最高視聴率となる19.6%をマークするなど、子供からお年寄りまで幅広い層に人気を博しました。
そんな『どうぶつ奇想天外!』が放送を開始して4年目のこと。1996年に事件は起こりました。同番組の取材目的でロシアを訪れていた、写真家の星野道夫がヒグマに襲われて死亡してしまったのです。

ヒグマ撮影のプロに一体何が?

もともとこの写真家は、アラスカでグリズリーの写真を幾度も撮影してきた実績のある、いわばその道のプロフェッショナル。当然、熊の習性などは熟知していたはずなのになぜ、このような悲劇が起こってしまったのでしょうか? 事件の一部始終はこうです。

星野は自身の持ち込み企画である「ヒグマと鮭」を題材にした写真を撮影するため、TBSのクルーと共にロシアのカムチャッカ半島南部のクリル湖畔へとやってきました。付近には身の安全を確保できる小屋や「鮭観察タワー」などの宿泊施設があったものの、彼は敢えて湖畔のほとりにテントを設置し、そこへ寝泊りすることを選択します。

この時、季節は7月。「この時期は、サケが川を上って食べ物が豊富だから、ヒグマは襲ってこない」との見識に基づいた判断でした。

体長2m超の巨大なヒグマが現れる

到着してから2日後の夜、異変が起こります。宿泊用の小屋に備え付けてある食糧庫にヒグマがよじ登り、飛び跳ねていたのです。発見したのは、星野の近くでテントを張っていたアメリカ人写真家。体長2 m超・体重250 kgはあろうかという巨体を持ち、額に赤い傷のある雄クマだったと言います。
このヒグマ、数日前にも食糧庫を荒しており、どうやら空腹のようなのです。なぜ食べるものに困らない時期のはずなのに、人間の食糧を欲するのでしょうか? 実はこの年、サケの遡上が例年よりも遅れていたのです。さらに、この赤い傷を負ったヒグマが、地元テレビ局の社長によって餌付けされた個体であったため、人間への警戒心が薄かったとも考えられています。

深夜のキャンプ場で起こった惨劇

しかしこの時、そんなことは分かっていません。「たまたまだろう」と思ったのか、星野は再三に渡るガイドの忠告を聞き入れず、テントでの宿泊を続行します。そして、2週間が経過したある日の深夜。悲劇は起こったのです。
キャンプ場に突如として響き渡る絶叫。その声がすぐに星野のものだと分かったTBSスタッフは、急いで小屋から出ていきます。するとそこには、額に傷のある例のヒグマが彼を咥えて、悠々と森の中へ戻っていく姿が見えたのです。

「テント!ベアー!ベアー!」とガイドに叫ぶスタッフたち。それを受けて、すぐにガイドがシャベルで応戦したものの、それをもろともせずにヒグマは立ち去っていきました。森の奥深くで発見されたときには、星野は無残に食い荒らされた後でした。

以上はTBSが作成した「遭難報告書」に基づく内容ですが、どうやらアメリカ人写真家やガイドの証言とは、いくつか食い違いもあるようです。果たして真相は……。いずれにしても、野性の動物を相手にした時、いかに人間が無力で無知かを思い知らされる事件でした。
(こじへい)



posted by しっぽ@にゅうす at 07:53 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。