動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年05月30日

保護された猫と触れ合い 札幌のNPO、29日カフェ開店

北海道新聞


 身寄りのない猫を保護し、飼育している札幌市北区のNPO法人「侍にゃぱん」が29日、同市白石区本郷通8南2の8に、保護した猫と触れあえるカフェ「猫サン カフェ」をオープンする。猫の譲渡も行う予定で、理事長の斉藤歌奈子さん(30)は「猫と人両方が幸せになる拠点を築きたい」と話している。 

 カフェは、飲食店だった2階建ての建物を約130万円かけて改装。延べ床面積約70平方メートルで、2階には「スタッフ猫」9匹と、譲渡対象の2〜5匹が暮らす。1階はカフェのみで、猫が苦手な人も利用できる。

 同NPOは昨年6月、斉藤さんと、夫の彰さん(45)が設立。ボランティア12人とともに、市の動物管理センターに持ち込まれた迷い猫や捨て猫、飼い主が高齢になり飼えなくなった猫など、これまで約60匹を引き取って飼育し、40匹以上を新たな飼い主に引き渡してきた。猫が新しい飼い主と出会う機会を増やし、猫が捨てられている現状やNPOの活動も知ってもらおうと、カフェを開くことにした。

 斉藤さんは保護活動やカフェの運営に専念するため、3月に看護師の仕事を退職。猫の世話や掃除などを手伝うボランティアも1〜2人常駐する。斉藤さんは「猫を飼いたい人は、ペットショップで買う以外にも、保護された猫を引き取る選択肢があると知ってほしい」と話す。

 カフェは月曜定休。営業時間は、金、土曜日が正午〜午後10時、それ以外は正午〜午後7時。1ドリンク付きで30分500円、1時間千円など。店では寄付も募っており、保護活動や猫の医療費などにあてる。問い合わせは同店(電)080・5652・5827へ。(本郷由美子)

■猫殺処分が大幅減 札幌広がるボランティア譲渡 離乳させ新たな飼い主に

 札幌市動物管理センターに収容された生まれたばかりの子猫を、動物愛護団体が離乳までボランティアで育てて譲渡につなげる「ボランティア譲渡制度」の取り組みが広がっている。離乳前の子猫は、すぐに殺処分の対象とされてきたが、制度の導入で子猫の譲渡が進み、2015年度の猫の殺処分数は過去最少の48匹と大幅な減少につながった。

 センターは猫の殺処分数減を目指し、14年度にボランティア譲渡制度を導入した。ボランティア団体が離乳前の子猫をセンターから譲り受け、離乳まで育てて譲渡につなげる取り組みで、登録団体は14年度の10団体から15年度には23団体に増加した。

 そのうちの一つ、一般社団法人「ねこたまご」(札幌)は本年度、すでに56匹をセンターから譲り受けた。14、15年度はそれぞれ100匹前後の離乳前の子猫をセンターから譲り受け、市内や近郊に住むメンバー約30人がそれぞれ自宅で離乳まで飼育。譲渡会などを通じて新しい飼い主を見つけている。

 代表理事を務める佐藤真妃さん(42)は「一般家庭でも育てやすくなる離乳まで子猫を育て、できるだけ多くの新しい飼い主につなげたい」と力を込める。現在、センターに収容された子猫2匹を自宅で育てる。生後間もない子猫は夜間も数時間おきに哺乳瓶でミルクを与えるなど世話が大変だが、「猫の殺処分が無くなるよう力になりたい」。離乳してペットフードが食べられるようになる6月ごろの譲渡を考えている。

 センターによると、離乳前の子猫は免疫力が低く感染症にかかりやすいため、飼い主不明の生後間もない子猫は、これまで収容後すぐに殺処分されてきた。06年度には収容した猫2585匹のうち、約9割が殺処分された。その後も年間2千匹程度が収容され、その約7割が殺処分されてきた。相当数が野良猫が産んだ子猫とみられる。

 ボランティア譲渡制度が導入された14年度の殺処分数は534匹に減少。15年度は48匹に減り、初めて100匹を下回った。センターは「殺処分をなくそうという社会的な機運が高まっている。登録団体との連携をさらに広げ、殺処分ゼロを目指したい」と話す。(根岸寛子)




posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷い猫が帰ってくる…「猫返し神社」の不思議な御利益

dot.


いなくなった猫が帰ってくる――そんな御利益がある神社が、東京都立川市にある。猫が帰ってくるという話は本当なのか、現地を訪ねてみた。

 JR立川駅から少し離れた、住宅街エリアにある阿豆佐味天神社・立川水天宮。ここにはさまざまな神様が祭られたお社があるのだが、そのなかに「猫返し神社」と呼ばれるものがある。ここにお参りすると、いなくなってしまった猫が帰ってくるというのだ。

 訪ねてみると、出迎えてくれたのは猫の像。狛犬ならぬ、“狛猫”といったところだろうか。思わず頭をなでてしまいたくなるかわいらしい風貌だ。その隣には猫の柄が描かれた絵馬があり、そこには「みーちゃんが帰ってきますように」といった、飼い猫に思いをはせた文章が並ぶ。

 奥にはお社がありお参りできるようになっているのだが、そこに掲げられているのは「蚕影(こかげ)神社」という文字。どういうことなのか。

 宮司の宮崎洋さんによると、実は「猫返し神社」というのは30年ほど前に呼ばれるようになった名前で、正式名称は「蚕影神社」だという。立川はかつて養蚕業が盛んな地域だったため、蚕を「お蚕さん」と呼び祀ったのが始まりだそうだ。なぜ、蚕を祀った神社が、「猫返し」になったのだろうか。

「実は30年ほど前に、ジャズピアニストの山下洋輔さんが立川に引っ越して来られたんですが、その時に飼い猫のミオちゃんがいなくなってしまったんです。それで方々探すうちに、うちの神社にたどり着いて。引っ越しのご報告と、猫が帰ってきますようにということをお願いしたんだそうです。そうしたら間もなく、その猫のミオちゃんがよれよれになりながら戻ってきてくれたそうです」(宮崎さん)


このエピソードはその後、雑誌で山下さん自らが紹介したことで広く知られるようになった。「猫返し神社」というのも、山下さんが雑誌の中でそう語ったことから、呼ばれるようになったものだという。

 山下さんの「猫返し」エピソードは一度だけではなく、代替わりした別の猫がいなくなった際にも、神社にお参りしたところ無事戻ってきたという話がある。二度にわたる「猫返し」で、山下さんも「いよいよ御利益は本物だ」と話していたという。

 もともとジャズ好きだったという宮崎さんはこれをきっかけに山下さんと親交をもつように。のちに、山下さんは神社のために雅楽の曲「越天楽」のピアノバージョンを弾き、そのCDを贈ってくれたという。現在、神社ではピアノで演奏された「越天楽」が流れている。ピアノの曲が流れる神社というのも珍しいが、実際訪れると違和感なく耳に入ってくるから不思議だ。

 山下さんの猫のエピソードは30年ほど前の話だが、これをきっかけに現在にいたるまで、神社には全国から御利益を求める人々が訪れている。最近多いのは、九州地方の人だという。

「熊本地震以降は、熊本県や大分県、鹿児島県など、九州の方の御祈願が多くなりました。地震がきっかけでいなくなってしまった猫が多かったようです。最近では奄美大島の方が、『こちらにお参りした結果、猫が帰ってきました』ということで、お礼の参拝にいらしてくださいました」(宮崎さん)

 実際に参拝に来る人すべてと話すわけではないため、どのくらいの猫が帰ってきているのかははっきり分からないそうだが、絵馬を見る限りでも「無事に帰ってきました」「見つかりました」といった報告は散見される。最近では、迷い猫だけでなく、「飼い猫が健康でありますように」「長生きしますように」といった、猫の健康祈願に訪れる人も少なくないという。確かに猫の像や絵馬はかわいらしく、愛猫家ならば一度は訪れたい場所と言えそうだ。

 実は自身も猫好きだという宮崎さん。現在も14歳になるおばあちゃん猫を飼っているそうで「御利益なのか、おかげさまで長生きしてくれています」と笑顔で話す。

 猫にまつわるエピソード、猫の像に猫の絵馬、そして猫好きの宮司が待っている神社。猫好きにとっての新たな「聖地」になりそうだ。(文・横田 泉)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と「会話」、研究進む 捜索救助や爆弾検知に応用も

CNN.co.jp


アトランタ(CNN) 米ジョージア工科大学の研究者が、犬の思考を人間の言葉に変換して音声や文字で伝達できるという技術を開発した。災害現場での捜索救助や爆弾検知、障害者介助といった分野への活用が期待される。
この技術を開発したのはコンピューター科学者で犬の訓練士でもある同大のメロディー・ジャクソン准教授。専用のハイテクベストを犬に着せてセンサーを起動させ、スマートフォンに信号を送って音声または画面の文字で言葉を伝える仕組み。センサーは犬が噛んだり鼻で押したりすると起動する。
同プロジェクトは全米科学財団や米国防高等研究計画局(DARPA)の助成を受けている。
ジャクソン氏は愛犬「スカイ」を訓練してこのベストの実験を行っている。フリスビーとボールの違いを教えられたスカイは、「これはフリスビー」「こっちはボール」と訓練士に教え、「警報が聞こえたよ」「呼び鈴が鳴ったよ」と知らせることもできる。

この技術を応用すれば、爆弾探知犬が爆薬の種類をかぎ分けて、発見した爆薬がC4なのか、それとも危険度が高く慎重な扱いを要するTATPなのかを人間に知らせることもできるという。
災害現場では、がれきの下敷きになった人を見付けて犬がセンサーを起動させ、「もうすぐ助けが来ます」と知らせたりもできる見通し。カリフォルニア州で実際にこのベストを介助犬に使ってもらう実験も行われている。
言葉を話せない人や聴覚に障害のある人の介助犬が、周りの人に「すみません、飼い主があなたの助けを必要としています」と話しかけるといった使い方も想定される。
中にはたった27秒でベストの使い方を覚えた犬もいるといい、訓練可能な犬なら簡単に使いこなせるはずだとジャクソン氏は話している。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。