動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年07月30日

療法食と通常食、何が違う?

産経ニュース

ペットの高齢化や飼い主の健康意識の高まりとともに、「健康への配慮」を大きく打ち出したペットフードが増えてきました。店頭でも、「太りすぎ」や「毛のつや」など、気になるポイントを明記したものが目立つようになってきました。一方、病気になったときに動物病院で出される食事を「療法食」といいますが、「健康に配慮した食事」との違いを知っていますか?

 似ているように聞こえますが、この2つは大きく異なります。健康に配慮した食事は、あくまでも「健康維持」が目的であるのに対し、療法食は「治療の一環」として、獣医師が用いるものです。

 最近、肥満は病気の一種であるとの考えが広まってきているため、減量を目的とした療法食というものもあります。これについて、詳しくお話ししましょう。

 肥満解消に大切なのは、体の余分な脂肪だけを減らし、健康的に減量することです。絶食はもちろん、通常のフードの量を減らすことは望ましくありません。「太らせたくない」とカロリーを減らすことばかりにとらわれると、筋肉や骨などを維持するタンパク質やビタミン、ミネラルなどが不足してしまうからです。こうなると、筋肉が減少し、リバウンドしやすい体質になることもあります。

ペットの高齢化や飼い主の健康意識の高まりとともに、「健康への配慮」を大きく打ち出したペットフードが増えてきました。店頭でも、「太りすぎ」や「毛のつや」など、気になるポイントを明記したものが目立つようになってきました。一方、病気になったときに動物病院で出される食事を「療法食」といいますが、「健康に配慮した食事」との違いを知っていますか?

 似ているように聞こえますが、この2つは大きく異なります。健康に配慮した食事は、あくまでも「健康維持」が目的であるのに対し、療法食は「治療の一環」として、獣医師が用いるものです。

 最近、肥満は病気の一種であるとの考えが広まってきているため、減量を目的とした療法食というものもあります。これについて、詳しくお話ししましょう。

 肥満解消に大切なのは、体の余分な脂肪だけを減らし、健康的に減量することです。絶食はもちろん、通常のフードの量を減らすことは望ましくありません。「太らせたくない」とカロリーを減らすことばかりにとらわれると、筋肉や骨などを維持するタンパク質やビタミン、ミネラルなどが不足してしまうからです。こうなると、筋肉が減少し、リバウンドしやすい体質になることもあります。

この点、療法食では、カロリーを抑えたうえで、必要な栄養素がしっかり確保できるように設計されています。特に猫の場合、急激な食事制限をすると、全身の脂肪が肝臓に集まってしまう肝リピドーシスという病気になってしまう危険性があるので、絶食や無理な減量は避けてください。

 ペットの健康を維持するための減量で思わぬ結果を招かないよう、獣医師と定期的に相談をしながら取り組んでくださいね。(ロイヤルカナン ジャポン  獣医師 福山稔)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:11 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫カフェで広がる「男性お断り」 「ナンパ」「盗撮」が増えてきた...

J-CASTニュース


「男性お一人様での入店はお断りしております」――。猫とのふれあいが楽しめる「猫カフェ」の一部店舗が、女性客のために「男子禁制」の方針を打ち出していることが、ネット上で物議を醸している。

こうした猫カフェの対応について、ツイッターなどでは「納得いかない」「男性差別」といった不満が相次いでいる。だが一方で、猫カフェを訪れる女性に対し、男性客が「ナンパ」や「盗撮」などの迷惑行為に及ぶケースもあるという。

猫カフェで広まる「男子禁制」の動き(画像はイメージ)
「男性がいると落ちつけない」という女性の声

猫に囲まれて過ごせる癒しの空間として、ここ数年で店舗数が急増している猫カフェ。その人気に性別は関係ないようで、公式サイト等で「男性のお客様も大歓迎」などとアナウンスしている店も多い。実際、ネット上にも「意外と男性の方が多い」「男性ばかりで驚いた」といった声が数多く出ている。

だが、そんな猫カフェの中には、「男子禁制」の方針を掲げる店も少なくない。

神奈川県内のある猫カフェのオーナーは16年7月29日のJ-CASTニュースの取材に対し、「女性のお客様からの要望もあり、男性客だけでの入店を断っています」と話す。

「猫カフェの性質上、床に寝転がったりすることもありますので、男性からの視線が気になる女性は多いようです。過去にトラブルが起きたことはないですが、『男性がいると落ちつけない』という声はよく聞きます」
この店では、一時的に男性だけでの入店を許可したことがあったが、その時期は「目に見えて女性客が減ってしまった」という。

また、都内のある猫カフェでは、平日に限り「男性の入店を全面禁止」している。この店のオーナーは取材に対し、

「女性が1人でくつろいでいるところに、見知らぬ男性が来たら緊張してしまいますよね。店内も狭いですし、女性のお客様の気持ちを考えて、平日は男性のお客様のご利用をお断りすることにしました」
と説明した。記者が「利用したい男性客の気持ちはどう考えるのか」と質問すると、「休日に来ていただければいいんじゃないでしょうか」とだけ答えた。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急増する「ミックス犬」の魅力とは?

@DIME アットダイム


■連載/ペットゥモロー通信

どんどん増えているミックス犬の魅力とは?
最近ミックス犬と呼ばれる犬が人気で、様々な場所で見かける機会も多いと思います。

ミックス犬とは、その名の通り違う犬種同士を交配して生まれた犬のこと。特に元々人気のある犬種、チワワ、トイ・プードル、マルチーズ、シーズーなど人気の犬種同士を交配させていることが多いです。

ミックス犬の飼い主がよく挙げる魅力は、2犬種の性質を兼ね合わせているため、様々な愛らしい側面を感じられること。また、どちらの遺伝子を多く受け継いだかによって体系や性格も成長過程で変わってくるため、どう成長するかが楽しみでもあります。

また一般的にミックス犬は、純血種に比べて体が強い子が多いと言われています。これは、交配させる時に遺伝子がより強いものを残す働きをするからといわれており、この結果、純血種に多いとされる病気になりにくく、長生きにもつながりやすいといわれています。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)
?
HP:http://petomorrow.jp/
Twitter:https://twitter.com/PETomorrow
Facebook:https://www.facebook.com/petomorrow/

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/


posted by しっぽ@にゅうす at 07:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

捕獲したディンゴを海洋公園の島の害獣ヤギ退治に

日豪プレス NICHIGO PRESS


グレート・バリア・リーフ、ペロラス島の自然回復に

 はるか昔にグレート・バリア・リーフの島に放牧されたヤギが増えすぎ、島の生態系を荒らしているため、所轄のヒンチンブルック・シャイア役所は大陸内陸部で捕獲したディンゴを島に放す計画を進めている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同役所は、「4頭の野犬をペロラス島に放し、害獣のヤギを退治させるが、この野犬が害獣化するおそれはない。去勢してあり、しかも時限活性化毒を埋め込んであり、時が来ればこのディンゴらも死ぬことになっている」と語っている。

 同シャイアのラモン・ジェイヨ・シェア長は、「カウンシルは島を預かる者として、害獣駆除の義務がある。ここはグレート・バリア・リーフ海洋公園の一部であり、その義務は重い」と語っている。

 ペロラス島は、タウンズビルとケアンズの間の区域の沖合い15kmのところにあるパーム群島の一つであり、カウンシルのマット・バックマン主任害獣駆除責任者は、「荒削りな地形の面積4平方キロはごくまれな沿岸性原生雨林が茂っているが、1800年代に灯台守や難破船の船乗りのために放された山羊が300頭にもなっており、原生雨林を食い荒らしている。山羊は植物を根から食い荒らすため、傾斜地は裸地になり、表層土が雨に流され、その上山羊に踏み荒らされる。また、ワナやヘリコプターからの射撃もうまくいかなかった」と語っている。

 この試みを指導しているベン・アレン、リー・アレン両博士らは2年の計画で2頭をすでに島に放しており、本能のままに狩猟をさせる。リー・アレン博士は、「野犬が羊や山羊の牧場に多大な損害を与えるように、島でも野犬が野生害獣化した山羊を狩ってくれる」と語っている。

 1993年、リー・アレン博士は、国防軍のショールウォーター・ベイ訓練区域内のタウンゼンド島に16頭のディンゴを放すプロジェクトに参加したことがあり、「70平方キロの島で3,000頭の野生化した山羊を駆逐するのにわずか2年だったが、その後、ディンゴを駆逐するために10年から15年かかった」と語っている。

 今回のプロジェクトでは、2年後に戻ってきてディンゴを射殺する計画が組み込まれており、それに失敗しても4頭には害獣駆除に用いられる1080と呼ばれる毒薬のカプセルが埋め込まれており、2年経つとこのカプセルから毒薬が体内に注入されるようになっている。

 また、ディンゴは人間が餌づけしない限り、島を訪れる人々に危害を加えることはほとんど考えられない。
■ソース
Death row dingoes set to be the environmental saviour of Great Barrier Reef’s Pelorus Island


posted by しっぽ@にゅうす at 07:47 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に予知能力があるのか検証してみました

ネタリか


解明できない犬の予知能力

犬と一緒に生活している方々は、『えっ?何でそれが分かったの?』と、愛犬の予知能力とも呼べる不思議な能力に驚いたことがあるかもしれません。
野生の動物は勿論の事、人間と一緒に住むようになった現代の犬にもそんな不思議な能力があると言われています。

賢そう

こうした予知能力は人間の想像でしか説明できず、全てが仮説で終わってしまい、未だに解明できていないのが現状ですが、解明できてしまったら逆に面白みが無くなるかも知れませんね。
それもまた犬の魅力となっていますので、それはそれで良いのではありませんか?

主人の帰宅を予知する

『主人の帰宅時間もまちまちであるのにも関わらず、何故か愛犬が出窓や玄関ドアの前に座り帰りを待っていた』

この様な経験はどなたでもあるかと思います。
そしてこうした行動には一応仮説があるのです。

嗅覚説

個体差もありますが、犬が家の中にいる状態でもおよそ800m先にいる主人の匂いを嗅ぎ分ける事ができ、それで帰宅が分かると言う説です。
これは外の風向きが家に対して向い風であると言う条件が付きます。

聴覚説

犬は人間の4倍の聴力がある言われています。
開放された室内にいた場合に限定されますが、主人が普段通りの帰宅方法で、家の中が静寂であると言う条件なら帰宅時間が分かると言う説です。

テレパシー説

これは仮説中の仮説と言っても良いと思いますが、主人が帰宅を強く意識した時に犬も同時に主人の帰りを頭の中で閃き予知すると言う説です。
何処の国の人かは不明ですが、『シェルドレイク』という人が帰宅予知事例から統計を取った結果、動物が特定の人物に対してテレパシーを発揮し易いという傾向を発見したのだそうです。
1人だけに反応=78%、2人に反応=17%、3人以上に反応=5%、78%は主人、17%は犬とある程度の関係のある人、5%は何らかの関わりのある人、という内容で調査したとされています。
この内容はどうでしょうか?
私自身テレパシーは存在しないと思っていますのであまり信用していませんが、ただ、信じる信じないは皆様のご自由です。

地震予知能力

地震予知犬

この地震予知能力についても諸説ありますが、実際に科学的に研究を行った事例があるのでご紹介しますね。
これは興味深い話です。

研究は麻布大学の太田光明教授をリーダーとするチームで行われ、犬や猫と同居している家庭に対し、2011年3月11日に発生した東日本大震災の直前に、ペットがどの様な行動を取ったのかアンケート調査を実施したそうです。
その結果、犬が18.6%、猫が16.6%の異常行動の現象が見られ、その異常行動のうちの約80%が地震発生前の24時間に集中していたと記録が残されています。
その異常行動の内容は以下の通りです。

<犬の場合>そわそわする飼い主に体を密着させる激しく吠える怖がって震える<猫の場合>そわそわする隠れる飼い主に体を密着させる普段と違う場所に移動する何かを怖がる

この様に、犬も猫も似た様な異常行動を取ったそうです。

実は私も東日本大震災を経験した一人です。
私の自宅は大した被害はありませんでしたが、震度5強の揺れを体験しました。
あの時は、
「家が壊れるのではないか!」
「もしかしたら死ぬのではないか」
と覚悟する程の揺れでした。
あれ程の大きな揺れを体験した事は今まで一度もありませんでした。
数日前から余震が多かったので、『もしかしたら大きな地震があるかも知れないと』嫌な予感はしていました。
そして実は私の愛犬も、地震発生の1時間くらい前に同じような異常行動を取っていました。

その日も余震は朝から何度もありました。
昼寝をしていた愛犬が突然立ち上がり、部屋のあちらこちらに移動したり、小刻みに体を震わせたりするのです。
その都度私は愛犬の身体を抱きしめたり、『大丈夫、大丈夫、怖くないよ』と言い聞かせていました。

そんな事をしばらくしていると・・・
やって来ました!あの激しい揺れが・・・
愛犬は大急ぎでテーブルの下に避難して床に伏せて震えていました。

避難

それ以来、愛犬は小さな地震でも反応して避難する様になり、彼にとってはその出来事がトラウマになってしまいました。

私が『地震だ!』と言って驚いた事で、地震と言う言葉は怖いと記憶した様です。
それから数ヶ月、愛犬は地震と言う言葉を聞くだけでテーブルの下に避難する様になってしまいました。
それ以来私は【地震】と言う言葉を発していません。
また、テレビやスマホから流れるアラートを聞く度に同じく反応してしまいます。
可哀想に、よほど怖かったのでしょう、アラートの音も怖い物と覚えてしまった様です

まとめ

犬って人間の様に喋れない代わりに、人間には無い優れた能力が多くあります。
予知能力を始めとして、帰巣能力、病気探知能力、観察力、優れた動体視力、嗅覚、聴覚、骨をも砕く鋭い歯。
その気になれば人間の指など簡単に咬み切れます。
でも心から可愛がってあげればそんな事は絶対にしません。
主人や家族に沢山の癒しをプレゼントしてくれます。

犬とお話し

私は愛犬が生きている間、一緒に世間話をしたいと言う夢があります。
【犬語翻訳機】か、スマホで愛犬と話が出来るアプリなどを作ってくれれば嬉しいのですが・・・。
あれば直ぐに買ってしまうでしょうね(⌒∇⌒)
でもそんなことは、やはり無理でしょうか?
『それが出来ればどんなに楽しいだろう』と思いながら期待せず待つ事にします。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:44 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEKAI NO OWARIが動物殺処分ゼロプロジェクト始動、支援シングル&ライブ決定

音楽ナタリー


SEKAI NO OWARIが、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンと動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」を始動。プロジェクト支援シングル「Hey Ho」を、10月5日にリリースすることが明らかになった。

ピースウィンズ・ジャパンは、殺処分ゼロ活動に実績のある認定NPO法人。SEKAI NO OWARIは彼らと協力しながら動物殺処分ゼロに取り組み、「Hey Ho」の収益を譲渡シェルターや譲渡スペースの建設などの支援に充てていく。またプロジェクトの一環で10月8日と9日に東京・東京国際フォーラム ホールAで支援公演を開催する。

なおシングルの表題曲「Hey Ho」の作曲はNakajin(Sound Produce, G)、作詞はFukase(Vo)とSaori(Piano)が担当。シングルは「SEKAI NO OWARI 全国ツアー2016『The Dinner』」千葉・幕張メッセ公演のライブ音源を収録した特典CD付きの初回限定盤AとB、期間限定盤の3種類が用意される。なお初回限定盤の特典CDの内容はAとBで異なる。

SEKAI NO OWARI「Hey Ho」収録内容

CD(全仕様共通)
01. Hey Ho
02. 未定
03. Death Disco -remixed by melodysheep-

初回限定盤A LIVE CD
・The Dinner -Selected LIVE CD Version A

初回限定盤B LIVE CD
・The Dinner -Selected LIVE CD Version B

SEKAI NO OWARI 動物殺処分ゼロ支援プロジェクト「ブレーメン」支援公演

2016年10月8日(土)東京都 東京国際フォーラム ホールA
2016年10月9日(日)東京都 東京国際フォーラム ホールA


posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと安全に(3)強いかゆみ 犬から皮膚病

ヨミドクター


「何かペットを飼っていませんか?」

 4年前、強いかゆみが治まらず、近所の皮膚科を訪れた静岡市のB子さん(48)は、医師に聞かれて驚いた。

 「まさか、犬の皮膚病がうつったの?」。B子さんは数日前から、首の左側に1円玉くらいの赤みが出て、そこだけがかゆかった。痛みはなかったが、赤い部分はほじくり返したくなるようなかゆみだったので、たまらず受診した。

 カビの仲間(真菌)が皮膚に感染して起こる「皮膚糸状菌症」だった。人間と動物が共通してかかる感染症の一つで、犬や猫にとっては珍しい病気ではない。動物に感染すると、毛が抜ける、皮膚が赤くなったりはがれ落ちたりする、などの症状が出る。

 人間には、動物の患部や抜け落ちた毛、はがれた皮膚などに触れることで感染する。飼い犬の主治医で杉山獣医科副院長の杉山和寿さんによると、真菌の感染力はあまり強くないので、健康な大人に感染するのは珍しいが、免疫力が落ちていると感染しやすく、子どもや高齢者が発症しやすい。かゆみが体中に広がったり、頭に感染して髪が抜けたりすることもある。

 かゆみが出る2週間ほど前から、B子さんと一緒に暮らすブルドッグの肩の毛が抜けていた。ただ、皮膚が弱く、よく獣医師にかかっていただけに、「今回もいつもの皮膚病かな」としか考えなかった。

 一方、B子さんにはアレルギーがあり、ブルドッグの短い毛が触れるとしょっちゅう肌がかゆくなった。普段は毛を払うとかゆみは治まるが、「今回はなかなか止まらないな」と感じていた。後から考えると、当時、まだ小さかったブルドッグを抱きかかえ、アパートの階段を上り下りしており、その時にうつったようだ。「何げない生活の中で感染したことにびっくりした」と振り返る。

 専用のボディーソープで患部を洗い、皮膚科で処方された抗真菌薬を塗ると、かゆみは治まり、1週間ほどで赤みも消えた。

 ただ、真菌の仲間には、動物では症状が軽いが、人間に感染すると皮膚が 壊死えし したり、脳炎や肺炎を起こしたりする種類もある。国内で人間への感染はまだ報告されていないが、ペットからはすでに見つかっているものもある。

 杉山さんは「ペットの皮膚の異常には、人間にとって深刻な病気の原因が潜んでいる可能性がある。ペットのためにも、症状を甘く見ないで早めに獣医師に相談してほしい」と注意を呼びかける。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする