動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年07月22日

猫すべて引き取ります…殺処分 県内0へ

読売新聞


◇安佐北のNPO


 引き取り手のない犬や猫の保護に取り組むNPO法人「犬猫みなしご救援隊」(広島市安佐北区)は21日、県庁で記者会見し、県動物愛護センター(三原市本郷町)に持ち込まれる殺処分対象の猫を、8月1日から、全て引き取ると発表した。犬の殺処分については、神石高原町のNPO法人が今年度から「処分ゼロ」の取り組みを始めており、県内で犬猫の殺処分ゼロがスタートすることになる。

 救援隊は既に、広島市と呉市で、殺処分の対象となる猫を全て引き取っている。県動物愛護センターからの引き取りを行うことで、県内での全ての引き取りが可能になるという。

 同センターへは、県民から野良猫や飼うことが出来なくなった猫が持ち込まれる。2015年度、県や市の施設に持ち込まれた猫は県内で2929匹に上り、新しい飼い主の手に渡らなかったなどして、うち1132匹の猫が殺処分された。

 同センターには毎日数匹の猫が来る。8月1日以降は随時、安佐北区にある救援隊の施設に移動して不妊手術を行い、終生、施設で生活する。また、新しい飼い主を探す取り組みも行う。

 救援隊の施設には、既に1000匹程度の猫が生活しており、同センターから猫が運ばれるようになれば、自然減などを加味すると、1500匹程度が生活することになる。飼育などにかかる費用は全国からの寄付などでまかなうという。

 救援隊の中谷百里理事長(54)は「人と動物の共生できる町を目指して一緒になってやっていけば県民の意識も変わる」と話した。

2016年07月22日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫たちの尊い命 救いたい 動物愛護団体「ハッピーボイス」代表 甲斐めぐみさん(44)

西日本新聞


安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」ならぬ“猫特需”を意味する「ネコノミクス」との新語も生まれるほどの昨今の猫ブーム。愛くるしい瞳、もふもふした体、ひょうひょうとした性格…。そんな猫を求める人でペットショップはにぎわい、書店には写真集などがずらりと並ぶ。

 その裏側で、多くの捨て猫や野良猫の命が殺処分によって消えている。「人間の都合で、尊い命を奪わないでほしい」。ペット飼育のマナー啓発や譲渡をあっせんする動物愛護団体「ハッピーボイス」の代表を務める甲斐めぐみさん(44)は、警鐘を鳴らす。

 ハッピーボイスは2011年2月設立。拠点は佐賀市金立町の甲斐さんの実家庭にある3棟のプレハブだ。総額350万円のローンを組んで建てた冷暖房完備の「猫ハウス」には新たな飼い主を待つ約100匹の猫が常時、暮らしている。夏は2万5千円、冬は3万5千円の光熱費のほか、えさ代や病院代など、毎月多額の費用が掛かる。寄付もあるが、ほとんどを自身で負担している。

 “本業”は20年前から続けるトラック運転手。ハッピーボイスの活動のため4年前、深夜に働ける運送会社に転職した。夜8時から早朝まで動きっぱなしの激務。「動物病院は昼しか開いてないし…。給料も良いし一石二鳥です」と笑うが、稼ぎの8割も、私生活も猫にささげる日々だ。

 原点は苦い経験にある。小学3年の時、捨て犬を拾い、初めて世話をした。「かわいくてしょうがなかった」。それ以来、捨て猫や犬を見つけては家に連れて帰った。

 当時は不妊や去勢の手術の知識もなく、繁殖力の強い猫は急激に増えた。1回の出産で生まれる子猫は4〜6匹。1年間に3回妊娠することもある。家中に猫があふれ、知らないうちに死んだ猫が何匹もいた。

 「不幸な思いをさせてしまった償いなんです」

 捨て猫が増えるのは「飼い猫が子猫を産んだが育てられない」「野良猫に餌をあげたら子猫を産んでしまった」という理由がほとんどだという。「負の連鎖を断ち切るためには、手術が唯一の方法。正しい知識で、世話をしてほしい」と訴える。

 だからこそ、野良猫に不妊・去勢手術をし、地域で飼う「地域猫」の取り組みに力を入れる。それは少しずつだが、実を結び始めた。県の統計では、2012年度は2090匹の猫が殺処分されたが、15年度は826匹に減少。「まだまだ道半ば。活動をやめる時は、殺処分される猫がいなくなった時です」

 ハッピーボイスは26、27日、佐賀市内で飼い主がいない猫への不妊・去勢手術を格安で行う。

=2016/07/18付 西日本新聞朝刊=


posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットに“遺産”を譲りたい! あなたの愛犬や愛猫を路頭に迷わせない方法

ヘルスプレス


一般社団法人ペットフード協会の調査によると、2015年10月現在、全国の犬の飼育数は約991万7000頭、猫の飼育数は約987万4000頭と推計される。飼い主の年代は犬・猫ともに50〜60代が多く、犬の平均寿命は14.85歳、猫は15.75歳だ。

 この数字を見るに、高齢者世帯でペットが飼われている割合が高く、その分、飼い主よりもペットのほうが長生きする可能性も高いといえる。

 では、ペットより先に飼い主が死んでしまったとき、遺された愛犬や愛猫はどうなってしまうのか? 自分の死後、大事な家族を守る方法はあるだろうか?

最良の方法は“託す相手”を見つけること

 ペットの行く末を案じたとき最良の方法は、生前に信頼できる相手に世話を依頼することだ。そのためには、普段からペットと面識をもってもらい、好きな食事や遊び、持病の有無や気をつけてほしい点などを知らせておく。

 口頭だけでなく、ノートなどにまとめてもいい。そのようにして飼い主に何事かあった際には、スムーズに引き渡しができるよう手配しておくのだ。

 託す相手は、家族や親族を筆頭に、友人、ペット仲間、懇意にしている動物病院などが候補に挙がるだろう。高齢の犬や猫なら老犬・老猫ホーム、NPO団体や一部のペットショップなどが引き受けてくれたり、一時的に預かってくれる場合もある。

 いずれにせよ、新しい飼い主が託すに足る愛情と環境をもっているかを見極めが肝心だ。そして、のちのち揉めることのないよう文書化しておくのが良いだろう。いわゆる「遺言書」だ。

故人の「遺産」であるペットについて遺言書に記載する方法

 「遺言書」とは大げさに聞こえるかもしれないが、「故人の希望を伝える書面」と考えればいい。

 飼い主が死亡した場合、そのペットは「遺産」のひとつとして数えられる。ペットは生き物とはいえ、法律では「人以外=物」として扱われる。

 そのため、ペットが故人の遺産を相続することはできない。ペットは「譲渡」の対象となり、遺言書に記載することによって「遺贈」として引き取られるのだ。

 言うまでもなく、ペットの世話には手間もお金もかかる。その生涯の負担を考えるならば、相応の金額を遺産として譲るかわりにペットの飼育義務を負ってもらう「負担付遺贈」という方法がいいだろう。引き取り手は遺言が執行されたときに、指定された遺産を受け取ることになる。

 その後に続くペットの世話がきちんとなされるかどうか、それを判断するために「遺言執行者」も選任しておこう。遺言執行者は、引き取り手がきちんとペットの世話をしているか確認し、それが履行されていないときには家庭裁判所に遺言の取り消しを請求することもできる。

 これら遺言の形式で注意しなければならないのは、いずれも「遺言者の一方的な意思」として扱われる点だ。文書はあっても、引き取り手が拒否してしまえば、なんの強制力もない。

 きちんとした約束事として遺贈をしようとするなら、生前に飼い主と引き取り手の双方合意を得て行う「負担付死因贈与契約」を結べばいい。こちらは「契約」であるから、飼い主の死後、引き取り手からの一方的な放棄はできない。

 また、一部でも負担(ペットの世話)が履行された場合は、原則契約取り消しも不可能だ。もちろん、契約の執行者も指名できるから、遺言より確実に“死後の安心”は確保できる。

 同様に、飼い主が生きているうちに財産もペットを譲る「生前贈与契約」もある。長期入院などペットの世話ができなくなってしまったときには検討できるだろう。

ペットのためのお金を「信託」で準備する

 飼い主がペットのためのお金を準備するなら、「信託」を考えてみてもいいだろう。信託を利用すれば、相続財産とは別にペット用の資金を管理することができるので、間接的ではあるが確実にペットに遺産が贈与できる。

 ペットのための信託を始めるには、飼い主を代表にした管理会社(合同会社)を設立する必要がある。設立した管理会社にペットに残したい資金を移した後、飼い主は信託開始の条件を設定し、会社と信託契約を結ぶ。

 また、ペットを託す相手を決めておく。そうして信託が始まったときには、管理会社から新しい飼い主へ預けていた資金が飼育費用として渡るのだ。

 信託監督人を選んで、飼育費が適正に使われているかチェックすることも可能だ。万が一適正でないと判断されたときに備えて、資金の支払い中止や別の飼い主への譲渡なども契約に盛り込むことができる。

 信託は「生前贈与契約」に似ているが、その他の遺産と分けて管理することができるので、相続の際に揉めずに済む。ただし、会社設立など素人には煩雑な手続きが必要なので、専門の行政書士などに相談するのがベストだろう。

より簡易に保険に加入する方法も

 契約や遺言など面倒くさい、より簡単に資金を用意したいと考えるなら、ペットの保険を選ぼう。

 アスモ少額短期保険の「入院保障付生命定期保険 ペットのお守り」は、飼い主が死亡したり重度の障害状態になったとき、最高300万円の保険金が支払われる。保険金の受取人が直接その世話ができなくても、新しい飼い主を捜す資金や引き取り施設への入居費用に充てることができる。

 まとまったお金が用意できなくても、毎月定額の預金をしていると思えば、あまり負担にもならないだろう。

 平成25(2013)年9月に施行された改正動物愛護法では、飼い主は飼っている動物が命を終えるまで適切に飼養する“終生飼育”の責任を負うことを定めている。自分が生きている間はもちろん、自分がいなくなった後にも“家族”への責任があるのだと認識していかねばならない。
(文=編集部)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:35 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝川クリステル、獣医師にドクターカー贈呈「すごく希望が沸いてきました」

ORICON STYLE


フリーアナウンサーの滝川クリステルが代表理事を務める一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」が、北海道で活動する猛禽(もうきん)類専門の開業獣医師・齊藤慶輔氏へ「ドクターカー」を寄付することとなり、21日、都内で贈呈式を行った。

 動物愛護や保護を目的とした同財団は、三越伊勢丹グループとチャリティキャンペーンを実施。寄付する「ドクターカー」をバックに滝川は「酸素注入器や保育器、まるでオペ室のような設備が完備されています」と紹介し「野生動物に対するドクターカーは日本では初、もしかしたら世界的にも初めてかもしれません。これからこの車がたくさんの野生動物の命を救えるかと思うと、すごく希望が沸いてきました」と念願かない笑顔を浮かべた。

 「私の守備範囲は北海道全域」と話す齊藤医師は「片道8時間、往復で16時間というケースもある。それを半分の時間で治療できるのは延命、救命につながる。私の夢であったドクターカーがきょう、ようやく実現しました。ありがとうございます」と感謝した。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターたちの動物愛☆積極的に動物愛護ボランティアに参加するスターたち

コリトピ


最近、動物保護法の改正が話題になりながら、動物保護のボランティアに積極的に参加しているスター達が関心を集めています。
動物が好きなスター達は、SNSや寄付、グラビアなどを通して大衆に動物愛護への関心を呼びかけたりしています。
そんな中でも、特に動物保護センターを直接訪ねてボランティア活動を実践しているスターたちを集めてみました☆


☆ チャン・ナラ
彼女は、芸能界を代表する寄付天使としても有名。さらには、捨てられた動物たちの保護施設に何度も寄付をし、またセンターのインテリアを直接直したりと動物保護に熱心な姿を見せています。





☆ ホン・スア
ホン・スアは、これまで捨て犬保護のために、力を尽くしてきました。さらには、今月22日にはソ・イニョンとともに動物保護のため、ボランティア活動を行う予定としています。
彼女は、最近自身のSNSに「多くの犬たちをお世話するには、手が足りません。少しでも助けになればと、私もドッグフード、ダニの治療剤など渡してきました。人間に捨てられて捨て犬たち、二度も捨てないでください」と呼びかけてたりもしていました。




☆ アン・ヘギョン&ぺ・ダヘ
親友のこの2人も、これまで数回にわけて捨て犬センターにボランティア活動に通っています。アン・ヘギョンは、4年前捨て犬ラッキーを引き取ったのをはじめ、捨て猫も引き取って一緒に育てています。
また、動物保護団体に定期的にボランティア活動と動物関連のイベントに出席しています。





# 「SISTAR」ヒョリン
ヒョリンも、定期的に捨て犬や捨て猫のためにボランティアに通っています。
昨年MBC「僕は一人で暮らす」を通して、動物保護センターでボランティア活動をする姿が公開されたりもしました。また、先日には捨て猫の看病のために一晩中付きっ切りだったことも、伝えられ話題を集めていました。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:25 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする