動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年07月24日

熊本の被災ペット、収容限界に 東京で譲渡会も

Yahoo! ニュース


熊本地震発生から3カ月がすぎた。熊本県動物管理センターは地震以降、特別措置として殺処分機を止め、飼い主とはぐれるなどした犬猫の引き取り手を探している。すでに収容限度を超えているが、譲渡はあまり進んでいない。

【写真】熊本県動物管理センターに収容され、新たな飼い主を待つ子猫たち。数匹は譲渡会で行き先が決まった=3日、熊本市東区

 熊本市は政令指定都市として「殺処分ゼロ」に独自に取り組んでいるが、熊本県では従来通り犬猫を殺処分してきた。だが地震発生後、飼い主とはぐれたとみられる犬猫が数多く保護されたため、最初の震度7を記録した4月14日の翌日から殺処分機を止めた。

 県は7月1日までに犬328匹、猫462匹を保護。飼い主を探すなどしてきたが、同日現在でも同センターには犬48匹、猫74匹、各保健所にも犬が計81匹、猫が計45匹保護されている。同センターの石原貢一所長によるとセンターでは犬40匹、猫30匹程度の収容が限界という。

 熊本県では狂犬病予防法に基づいて犬は3日間保管した後、飼い主が名乗り出ない場合は殺処分できるが、「地震で不幸にも迷子となり、飼い主が見つからない子たちを何とか助けたい」(石原貢一所長)という思いで、のべ300人以上のボランティアらと犬猫の面倒を見てきた。

 打開策は新たな飼い主への譲渡。だが、個人譲渡会でも成犬・成猫は多くが残ってしまう。県内の登録動物愛護団体には既に犬約100匹、猫約300匹を渡しており余力は少ない。

 今後、被災者の生活再建が進むと、転居などに伴い飼育を断念するケースが出てくることも想定される。石原所長は「殺処分機を再び動かすような事態は望まないが、いつまで今の形で続けられるかはわからない」と話す。

 県外の団体への譲渡は、飼育管理状況が把握できないため、県は認めていない。状況を打開しようと、5月以降、東京都渋谷区などで動物シェルターを運営する一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」が地元の動物愛護団体と連携を始めた。いったん県内の団体に譲渡された犬猫をミグノンが引き取る形で、間接的に団体譲渡を実現。これまでに熊本県から犬30匹、猫46匹を連れてきた。

 ミグノンでは毎月第2日曜と第4土曜に東京・北参道のシェルターでの譲渡会で新しい飼い主を探しており、次回は23日に開催する。問い合わせはメール(info@rencontrer-mignon.org)へ。(太田匡彦)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:46 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本地震被災の雌犬、24日譲渡会 県愛護センター

徳島新聞

徳島県動物愛護管理センター(神山町阿野)が、熊本地震で被災した熊本市動物愛護センターから受け入れた譲渡候補犬「さやか」の飼い主が見つからない。譲渡会では子犬の人気が高く、推定4〜6歳で、人に換算すると40歳前後の雌のさやかは敬遠されているという。24日の譲渡会で再び飼い主を探す。

 さやかは体長80〜90センチ、体重約10キロの白い雑種。人懐っこく好奇心旺盛で、力強くリードを引っ張る元気良さがある。2015年4月、熊本市愛護センターに保護され、飼い主を探していた。

 今年4月14日の地震発生後、同市内で迷い犬が急増。熊本のセンターではさやかを収容できなくなったため、県動物愛護管理センターが同月末、受け入れた。

 県愛護センターはこれまで他の譲渡候補犬、猫と共に計4回、さやかの譲渡会を開いた。今後も飼い主が見つからない場合は、動物愛護団体やボランティア団体に協力を要請する。

 担当者は「被災地から受け入れたという思い入れがある。早く飼い主が見つかってほしい」と話している。

 環境省によると、地震後、西日本の27自治体が熊本のセンターから譲渡候補犬計29匹を受け入れた。このうち譲渡先が決まったのは6月末時点で約半数にとどまっている。

 県動物愛護管理センターで犬、猫を譲り受けるには、正しい飼い方を学ぶ講習会の受講などが必要。問い合わせはセンター<電088(636)6122>。
【写真説明】熊本市動物愛護センターから受け入れた譲渡候補犬「さやか」=神山町阿野の県動物愛護管理センター



posted by しっぽ@にゅうす at 06:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護猫と里親の懸け橋 里親募集施設がオープン イオンモール幕張新都心

千葉日報


保護猫と里親の懸け橋に−。イオンペット(本社・市川市本八幡、小玉毅社長)は22日、千葉市美浜区豊砂のイオンモール幕張新都心に「pecos(ペコス)幕張新都心店」をオープンさせた。市動物保護指導センター(稲毛区)から引き取った保護猫と、ペットを望む里親との出合いの場となる施設で、同社では神奈川県横須賀市に次いで2カ所目となり、県内では初めて。同社では「親のいない子猫たち。家族として責任感を持ち、終生飼い続けてほしい」と願う。

 同社は不幸なペットを減らそうと2008年、埼玉県で民間企業としては初めて、保護活動の団体登録を認められており、市の動物愛護センターをはじめ、行き場を失った動物を抱える事業所と協力して里親募集施設「neco.LIFEHOUSE(ねこライフハウス)」を開設。保護犬や保護猫を引き取り、里親と結びつける事業を進めている。

 環境省の14年度の統計によると、国内の犬と猫の殺処分数は約10万頭。うち8割が猫で、さらにその7割が子猫。同店では昨年12月、犬と猫の里親募集施設を開設してきたが、施設の改装に伴い、子猫に特化した里親募集施設としてリニューアルオープンさせた。

 里親を希望しながら、平日に開かれる市動物保護指導センターの譲渡会に参加できない人へのニーズにも応える。

 22日の「にゃんにゃんデー」に合わせてオープンしたこの日、同センターから引き取った生後2カ月ほどの子猫6頭がお目見え。温度管理や湿度管理、衛生管理が徹底された施設内で子猫たちは元気いっぱい。

 家族として迎えたい人は、申し込みをして飼育環境の確認を受ける。生活環境や猫の性格などの審査・マッチングを経て、猫の習性やしつけなど飼育に必要な情報を講習。終生飼い続けてくれる里親に無償で譲渡される。避妊去勢手術やマイクロチップ代などは実費。

 同店の長谷川輝美プロジェクトチームリーダーは「殺処分を減らしたいという思いから、まずは子猫に特化させた。かわいいというだけでなく、家族に迎えることで(里親には)ストレス解消などさまざまな効果もある。責任感を持って飼ってほしい」と話す。

 友人が猫を探しているという東京都江戸川区内のパート女性(38)は「すごく良い取り組み。猫ブームで飼いたいという人も多いのでは」と話していた。

 問い合わせは、neco.LIFE HOUSE、電話043(298)1122。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被災ペット救え 米子で映画上映、収益を愛護団体寄付

日本海新聞


熊本地震で飼い主と一緒に暮らすことが困難となったペットを支援しようと、鳥取県西部の有志が28日、米子コンベンションセンターで映画「犬に名前をつける日」を上映する。収益を現地で活動する動物愛護団体に寄付し、環境の改善に役立ててもらう。

上映会のポスターを持つ青木さん
 動物保護活動に関わってきた江府中教諭の青木高志さん(53)=伯耆町溝口=の呼び掛けで、「映画で熊本の動物愛護活動を支援する会」が発足した。

 熊本地震の被災地では、避難所の中にペットを連れて入れない状況などが報じられた。青木さんは、東日本大震災で行き場を失った動物たちに「何もできなかった」との思いがあり、「今回は何とかペットたちを支援したい」と話す。

 映画は、愛犬を亡くしたテレビディレクターの主人公が、犬の命をテーマに映画を撮り始め、自分ができることに気付くというストーリー。小林聡美さんや上川隆也さんらが出演する。

 青木さんは「いろいろ考えさせられる映画で、ペットについて考えるきっかけにしてほしい。熊本の動物たちの少しでも役に立てば」と話している。

 ◇ ◇

 上映は午後7時半から。同6時45分から山田あかね監督のトークショーがある。チケットは千円。問い合わせは050(5307)3064、青木さん。(高塚直人)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペットロス」 ペットとの別れが来たときどのように受け止めれば良いか

OVO [オーヴォ]


家族としてのペットが増える日本

若い世代の所得の伸び悩みや就労形態の多様化が、結婚に対する考え方の変化や、出産に対する意識の低下を招いています。
これらの結果、日本は少子化の問題を抱えることになっています。

それに反比例して増えているのがペットです。
犬と猫だけの数字ではありますが、2014年時点で、犬が1034万6000頭で猫が995万9000頭という調査結果が発表されています。
ちなみに日本の総人口は1億2691万人ですね。
ひとりで複数頭を飼われる人もいますので、正確な計算にはなりませんが、約16%の人が犬か猫を飼っていることになります。
犬と猫だけで2000万頭を超え、さらに、その他の種類のペットが加わると、どれほどの数字になるのでしょうか。

更に言えば、日本の15歳未満の子どもの数は1633万人です。
いまの日本では、子どもの数よりもペットの数のほうが多いのです。

ペット産業は2014年には約1兆4412億円の見込みです。
ペットの健康食品、グッズ、医療、保険など需要はこれだけの経済効果を生み出しています。

これらのことから、ペットを必要としている家庭が多いことがわかりますし、もはやペットというよりは「家族」に近いかたちになってきているのではないでしょうか。

愛するペットに出会うと必ずやってくるもの

2000年前のお釈迦様がといた言葉「四苦八苦」この世に必ずある8つの「苦」。
その一つが、「愛別離苦」です。
愛するものとの間で、必ずやってくる別れの苦しみです。

それはペットとて例外ではありません。
愛すれば愛するほどにその別れは苦しいものとなるでしょう。
しかも、家族の中でも、ペットを「子供」のようにかわいがる人たちが殆どですから、それはあたかも我が子との別れのようなものです。そして人間よりもペットは短命です。
そう考えると、愛するペットとの別れというものは、激しい「喪失感」を感じてもおかしくありませんよね。

・不眠や早朝覚醒
・憂鬱感や無力感
・食欲不振や過食
・情緒不安定

このような症状が続くようであるならば、「ペットロス症候群」かもしれません。
ペットが死んでしまったことで、会社や学校に行けなくなるというのは、あり得ることなのです。

ペットロスを乗り越え 前を向くために

大なり小なりネガティブな出来事が起きたとき、どう考えますか?
「忘れたい」ではないでしょうか?
愛するペットとの別れです。悲しくて当たり前なのです。
それを忘れようとしたり、紛らわせようとしたりするほうが、悲しみは長引きます。

“ちゃんと悲しむ”というのは”愛するものと別れる儀式”であり、必要なことなのです。
身内の間で葬儀をするのもよいですし、日記に書くのもよいです。友人に話して涙するのもよいことなのです。
感情を表現するということが、愛するペットとの別れを思い出にして、前を向いて自分の人生を歩むために必要なことなのです。

<筆者略歴>

「ペットロス」 ペットとの別れが来たときどのように受け止めれば良いか 画像2
青柳 雅也:心理カウンセラー

青柳 雅也:心理カウンセラー 名古屋生まれの岐阜県海津市育ち。IT関連技術者として約18年間、そのうち管理職として6年間の経験を持ちながら、人生を自分の夢の為に使う事を決意し、2010年起業する。活動は、個人カウンセリングや企業のメンタルヘルスケア、専門学校や大学では心理学の講師、心理学講座「青い柳のココロカフェ」の開催、コラム執筆など多岐にわたる。

(青柳 雅也:心理カウンセラー)


posted by しっぽ@にゅうす at 06:44 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする