動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年12月01日

犬や猫を殺処分から救え 全国初、条例案を12月県議会に提案【茨城】

東京新聞


県議会最大会派のいばらき自民党は、飼い主の飼育放棄などで県が処分を余儀なくされる犬と猫を減らすため、「県犬猫殺処分ゼロを目指す条例(仮称)」を十二月一日開会の県議会定例会に提案する。県によると、施行されれば、犬猫の殺処分防止をテーマにした条例は全国初となる。県の犬の殺処分数は二〇一二年度まで、全国の都道府県で八年連続のワーストを記録。以後一五年度まで二番目となっている。条例制定を機に汚名を返上し、動物愛護の先進県を目指したい考えだ。 (酒井健)
 条例案は全十二条で、罰則のない理念条例。前文で「犬や猫の命を尊ぶことが、ひいては人間の命の尊厳の確保につながる」とうたっている。
 条文では、飼い主に対しては一三年施行の改正動物愛護法と同様、犬や猫が天寿を全うするまで飼育し、できなければ責任を持って代わりの飼い主を見つけることなどを求めている。
 ペット販売業者に対しては、法律よりも一歩踏み込み、客に「最後まで責任を持って飼うことを促す」よう規定している。飼い切ることが困難と思える場合には「販売しない」ことも努力義務として掲げている。
 また、県にも法律の趣旨に準じ、犬をつないで飼うことなど、適正な飼育の普及・啓発と、市町村に対する支援を義務付けている。
 県動物指導センター(笠間市)によると、殺処分数が多い背景には、人口十万人当たりの犬の飼育頭数が全国七位と多いこと、温暖な気候と広い土地のため、放し飼いの犬が繁殖し野犬化しやすいことなどが考えられるが、はっきりした原因は分からない。ただ「『犬がまた、子を産んでしまった。引き取ってほしい』などと安易にセンターに持ち込もうとする意識の低い飼い主がいることも事実」と担当者は指摘する。
 近年は、全国的な動物愛護の機運の高まりに加え、改正法の施行で県が飼い主からの安易な引き取り要請を拒否できるようになったこともあり、犬の殺処分数は減少。半面、猫の殺処分数の減少は緩やかで、一二年度以降は犬を上回るようになった。
 猫は飼い主の有無が判別しづらいが、センターに持ち込まれる猫の95%は飼い主の分からない子猫。「野良猫が納屋で子どもを産んでしまった」などと説明されることが多いという。
 このため条例案では「所有者のいない猫を新たに生じさせないための地域住民などによる取り組み」に対する県の支援を明文化した。野良猫に避妊・去勢手術を施して地域に返し、住民らが世話をする「地域猫」活動などを想定している。
 また県が、ふるさと納税制度などを活用し、啓発活動などの政策推進の資金に、全国からの寄付を充てることも定めた。
 条例案が可決されれば、県は、法律に基づいた県動物愛護管理推進計画を改正する際、趣旨を反映させる。プロジェクトチーム座長を務める県議の舘静馬さんは「県民や関係者と一体となって条例を実りあるものにしていきたい」と話している。
 条例案は十二月二十二日の定例会最終日に採決される見通し。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物愛護の精神育む 「命の授業」講師、県募集 /高知

毎日新聞


県内各地の小学校で実施される「命の授業」(動物愛護教室)で、県が講師を務めてもらう動物愛護推進員を募集している。県は授業を増やして動物愛護の意識をより育みたい考えだが、現在、推進員の数が不足しており、積極的な応募を呼び掛けている。

 命の授業は県が2006年度から実施。動物について学ぶことを通じて命の大切さを児童らに考えてもらうことを目的に、今年度も19校で開催されている。実際に犬の心音を聞いたり、紙芝居を使って動物について学んだりするなど、過去にさまざまな内容の授業を行ってきた。

 講師を務めるのは、動物の適正な飼い方などを指導するために、県が委嘱する動物愛護推進員。だが現在県内で登録するのは34人で、うち講師を務めるのは10人ほどだ。

 県は高知市と共同で、犬や猫を可能な限り殺処分せず新たな飼い主への引き渡しを促進する「動物愛護センター(仮称)」を共同設置する計画を進める。だが、県食品・衛生課は「授業を通じて実際に動物を飼うことの責任について学ぶことで、動物愛護センターに来る動物を少しでも減らすことが大切だ」と話す。報酬無しのボランティアで、県の研修を受けると推進員になることができる。任期は来年6月から3年間。問い合わせは同課(088・823・9673)。【岩間理紀】




posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫が癒やしに 患者へアニマルセラピー 千葉県がんセンター

千葉日報


千葉県がんセンター(千葉市中央区仁戸名町)は、日本動物病院協会(JAHA)の協力を受け、センター内の談話コーナーで患者向けのアニマルセラピーを開いた。患者は犬や猫とふれ合い、癒やしのひとときを過ごした。

 患者の精神的安定を図り、治療に前向きに取り組んでもらおうと、年3回実施している。

 柴犬やマルチーズ、アメリカンショートヘアなど7匹が訪問した。犬と猫がコーナーに現れると、患者は大喜び。目を細めながら、なでたり声を掛けたりしていた。

 家で犬を飼っているという患者女性(50)は「しばらく動物に触れていなかったからうれしい。病気のことをしばらく忘れられた」と満面の笑み。同センターの永田松夫病院長は「心が落ち込んでいる中で治療してもいい効果が出ない。患者を癒やしてくれてありがたい」と感謝していた。

 JAHAは、アニマルセラピーを「人と動物のふれあい活動(CAPP)」と呼んでおり、ボランティア活動として1986年に始めた。病院をはじめ、学校や高齢者施設にも訪れており、延べ訪問回数は1万8281回(今年3月末現在)に上る。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「必ずペットと避難」80% 訓練経験は4%、預け先など課題も多く

産経ニュース


災害時にペットと「必ず一緒に避難したい」と考える飼い主は80.5%に上る一方、一緒に避難訓練をしたことのある人は4.2%だけ。ペット保険会社「アニコム損害保険」(東京)が契約者を対象に実施したこんなアンケート結果をまとめた。ペットを家族の一員と考える人が多い一方、万一の備えは課題も多いようだ。

 アンケートは9月にインターネット上で実施し、約3500件の回答があった。約8割は犬の飼い主で、猫が1割程度。災害時に「できるだけ一緒に避難する」(15.8%)も含めると96%超が同行避難を望んでいた。

 「ペットのための防災対策をしている」は60.9%。準備しているのは複数回答で「水とフード」が71.9%と最多で、「避難用のケージ」(58.9%)や、避難先で人に迷惑を掛けないよう「落ち着いてケージに入れるしつけ」(25.3%)などが挙げられた。

一方、「住んでいる地域のペット防災対策が分からない」と答えた人は76.9%に上った。

 環境省はペットの同行避難を推奨している。ただ、同省によると、4月の熊本地震の際、ペット連れで避難所に行って他の避難者とトラブルになった人や、遠慮して車中泊をする人もいた。

 アニコム損保の担当者は「自治体のホームページで情報を集め、遠方の親戚や友人など緊急時の預け先を決めておいてほしい」と話している。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:37 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺処分ゼロを目指して!保護犬・保護猫の飼い主には優遇のペットシッターサービス

PR TIMES


株式会社ペチカ(本社:神奈川県中郡大磯町、代表取締役:渡邊 厚雄)は、「シッターが選べるペットシッターサービス」を2016年11月30日(水)より提供開始することを発表致します。動物愛護センターや動物愛護団体等で保護犬・保護猫の里親になられた方には割引サービスを実施しております。

◼︎サービス説明
近年、ペットを長時間お留守番させないといけない状況や旅行・出張などペットのお留守番に悩みを抱えた飼い主が増えてきています。そうした中、留守中のペットをお世話して欲しい、またお世話だけではなく、ペットシッターがいない時間もペットの様子を確認したいなど需要が高まってきています。

『ペチカシッター』では、お世話できない飼い主に代わり、獣医や動物看護師など専門知識を持ったシッターはもちろん飼育経験豊富なシッターがお世話を対応します。シッターがいない時間、外出先のスマートフォンからリアルタイムで留守中のペットの様子を見ることができるネットワークカメラを無料で提供します。
また、ご自宅に入られるのが不安な飼い主様に向けて、シッターの自宅で預かるサービスも同時に提供いたします。シッターの自宅で預かるため、広々とした空間で、夜間にペットを一人にさせないため安心して利用して頂くことが可能です。

サイトではペットシッターの顔写真・保有資格・経歴・スケジュールなどの詳細情報見ることが可能です。これにより、どんなペットシッターがいるのか事前に確認でき、飼い主の条件に合ったペットシッターを絞り込むことができます。

当社のペットシッターは、厳しい基準で選考にあたり、採用の際は独自の研修を行っております。また、身分証明証の控えと身元保証人を義務付けておりますので、技術はもちろんのこと安心・安全なシッター選びを可能にしております。

■保護犬・保護猫の飼い主さま
当社では動物愛護センターや動物愛護団体等で保護犬・保護猫の里親になられた方には登録料と初回基本料金を無料(4,000円相当)、2回目以降の利用時には基本料金を10%OFFで提供しております。
里親向けのサービスを充実することで、保護犬や保護猫に目を向けて頂き、殺処分問題の解決に向けての第一歩に繋げます。

犬や猫などのペットの命は飼い主に依存しています。『ペチカシッター』では飼い主の「どうしようを解決する」ことで、飼育放棄しない人とペットが幸せに暮らせる社会の実現に向けてサポートします。

サービス詳細説明URL  https://wannyan-call.pechika.jp/

■サービス概要
ジャンル:ペットシッターサービス
サービス名 :ペチカシッター
URL :  https://wannyan-call.pechika.jp/
対象エリアは東京・神奈川・埼玉の一部に限定させて提供させて頂きます。

■今後について
飼い主さまのご意見などを元に、より良いサービスを目指すと共に提供エリアの拡大と下記のようなサービスを追加で行ってまいります。
・駆けつけサービス「わんにゃんコール」の同時提供
・獣医による無料の電話相談
・その他、現状のサービスの改善

■株式会社ペチカについて
ミッション すべては『飼い主のどうしよう』をなくすために。
社名 :株式会社ペチカ
本社 :〒255-0002 神奈川県中郡大磯町東町3-3-3 エクセル湘南D号
代表者 :代表取締役 渡邊 厚雄
設立 :2015年3月
登録番号 : 動保護第160023号 種別:保管
URL:http://www.pechika.co.jp

■事業内容
・緊急時に駆けつけるペット見守りサービス「わんにゃんコール」の運営
・ペットシッターサービス「ペチカシッター」の運営
・ペット情報メディア「ペチカコラム」の運営
・ペチカ 公式facebook : https://www.facebook.com/pechika.jp/
・ペチカ 公式twitter : https://twitter.com/pechikajp


posted by しっぽ@にゅうす at 07:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする