動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年12月08日

【これから子犬を飼う人へ】あなたには時間に余裕がありますか?

ネタりか


日本の現状

子犬

日本では犬をペットとして迎える時、子犬から飼いたがる人がほとんどですよね。

犬を飼おうと思った時、まず誰もがペットショップを思い浮かべて、実際に足を運ぶ人がたくさんいるでしょう。日本にはペットショップの数が多く、子犬の生体販売が当たり前になっていて、たくさんの子犬がショーケースの中で過ごしています。その外見はもちろん、仕草や行動など子犬は小さくコロコロとしていて、成犬では味わえない子犬独特の可愛らしさを持っています。
そんな姿を見てしまうと…「子犬の頃の可愛らしさも味わいたい!」と思ってしまいますよね。

また、、「子犬から飼わないと自分に懐かないかもしれない」という思い込みをしている方がいることも理由として挙げられるかもしれません。

故に、多くの人が成長した犬や老犬などではなく、子犬から飼い始めたがるのです。
もちろん子犬の可愛らしさにとても癒されることでしょう。しかし、子犬から飼うには時間や根気が必要だということをしっかり理解していますか?

子犬を飼うには時間が必要!

子犬のうちにやらなきゃいけないことがいっぱい

犬は1歳を迎えるともう立派な成犬、人間で言う成人に値すると言われています。つまり、その1年間がその子犬の性格だったり、癖だったりとどんな犬になるのかが決まる大事な時期になるのです。
「犬の譲渡は生後49日以降」と決められているので、お家に子犬がやってくるのは大体2〜3ヶ月齢であることが多いでしょう。残りの9〜10ヶ月でいろんな経験をさせることが大切です。

そして子犬期には社会化させたり、トイレを覚えてもらったり、お留守番に慣れさせたり…とたくさんのことを飼い主と愛犬が二人三脚で頑張っていかなくてはいけません。

社会化〜お散歩デビュー

子犬2

社会化

生後4週から13週の間は子犬の感受性がとても豊かで穏やかな時期で、この時期を社会化期と言います。この時期に他の犬や他の人にたくさん触れあわせたり、車や電車などの様々な音を聞かせたりと、様々な刺激に触れさせ経験させることで、犬は人の世界に適応できるようになっていきます。

生後13週というとまだワクチンが終わっていない子もいると思いますが、ワクチンが完了していないと「散歩させていけない」だけで「外に出していけない」わけではありません。スリングに入れたり、抱っこして外のいろんな刺激を経験させましょう。

怖がっていたり嫌がっていたら無理をせず、少しずつゆっくりしていけば良いですが、生後16週を過ぎてしまうと今度は逆に不安や恐怖を感じやすい時期に突入してしまい、恐怖で人に唸ったり、ビクビクして怯える犬になってしまいますので要注意です。

お散歩デビュー

お散歩では危険を回避できるよう、リーダーウォークやマテを覚えさせると良いでしょう。しつけは根気よく継続していくことが大切です。

お留守番に慣れさせる

子犬4

飼い主さんも仕事やお出かけで家を空けることがあるでしょう。その時にひとりでお留守番がしっかりできるようにお留守番に慣れさせる必要があります。知らない場所に連れてこられて不安な上に、いきなり何時間も何時間もひとりにされたら誰だって怖がります。少しずつお留守番の時間を延ばしていって慣れさせる必要があるので、これも時間と根気が必要になります。

トイレトレーニング

子犬3

ここでトイレトレーニングなどもしっかりとしておくことが必要になります。このトレーニングが世の飼い主さんの一番の悩みどころではないでしょうか。すぐ覚えてくれる子もいれば、なかなか覚えてくれず粗相してしまう子もいます。トイレトレーニングは時間と根気が本当に必要です。

しかし、上手くいかないからと怒鳴ったり怒っってはいけません。それは飼い主さんを怖がるようになり、排泄をすることに対しての恐怖心もめばえてしまい、排泄を我慢することを覚えてしまうので好ましくない結果になってしまいます。

また、散歩する時についでにトイレさせようと考える方もいるようですが、散歩は基本的に排泄の時間ではなく、運動だったり刺激に触れさせる時間と考え、お家で排泄を済ませてから散歩に出かけるとより良いと思います。
雨の日や老犬になって足腰が弱くなったときもお家でトイレできれば問題もありません。

あなたにはこの時間が割けますか?

社会化、お留守番、トイレトレーニングは代表的なものにすぎず、子犬の時期にはまだまだいろんなことが待っています。
後回し後回しにしているとあっという間に時間は過ぎていき、あっという間に成犬になって手遅れになってしまうかもしれません。これは飼い主ではなく、犬自身が可哀想です。社会化期に十分な経験をしてこなかったために、ずっとビクビクしながら生きていかなきゃならない。お留守番を最初から長時間させられてストレスを溜めてしまい、病気になってしまう。子犬は特に敏感で、体調を崩しやすいことも知っていますか?

「子犬を飼う」ということを今一度、よく考えてください。

保護犬という選択肢

保護犬

もうすでに成犬になっている子が多く、子犬独特の可愛らしさはありません。
しかしすでに性格はできあがっているため、自分に合った子を探しやすいでしょう。いろんな施設をめぐって、運命の1匹に出会えるかもしれません。保護犬というと自分に懐いてくれないイメージがあると思いますが、そんなことはありませんよ。
新しい環境に最初は戸惑うかもしれませんが、一度経験しているはずなので、トイレやお留守番などのしつけは子犬ほど大変ではないでしょう。

保護犬は人間の勝手な都合で捨てられてしまった犬たちです。深い傷を負ってしまった犬たちに愛情を注いで、不幸な犬を1匹でも減らすことにつながります。

まとめ

人と犬

子犬から犬を育てるということは時間や労力、それだけでなくお金ももちろん掛かります。
子犬を可愛いからと飼うのではなく子犬の大切な時期や育て方を詳しく知って、子犬を第一に考えてあげる飼い方をしましょう。



posted by しっぽ@にゅうす at 07:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリー伊藤が行政による野良猫の「処分」を主張「県庁の怠慢ですよ!」

livedoorニュース


7日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、テリー伊藤が、行政による野良猫の「処分」を訴えた。

この日は野良猫が引き起こすトラブルを取り上げた。山梨県庁の敷地内には現在20匹ほどの猫が住み着き、植え込みにフンをしたり近所の飲食店に迷惑を及ぼしたりしているという。こうした事態は、「かわいそう」との理由でキャットフードなどを与える市民がいるためだそうで、エサやり禁止の看板を立てても効果がないという。

番組によると、「狂犬病予防法」が存在する野良犬と異なり、野良猫には行政に捕獲を許す法律がない。定期的にエサを与えている人がいる場合、その本人に管理をお願いするしかないのが現状だという。

テリーは、こうした現状について「山梨県庁の怠慢ですよ」と厳しく断じる。県側はエサをあげている人を「悪者」扱いするだけで、野良猫を処分する条例などを作っていないと指摘したのだ。

続けて「(野良猫の)持ち主がいるかも分からないってことありますけど、例えば、忘れ物だったら1ヶ月でも2ヶ月でも自分のところで保管して、そしてその後処分していきますよね?」と語り、「そこの勇気を持たないと。山梨県は自分のところにリスクを背負ってないです」と主張する。

オリエンタルラジオ・中田敦彦が「山梨県が野良猫を処分する風に進めればいいって話ですか?」と確認すると、テリーは「それをしないと、どうしても『カワイイ』が前提になっちゃって」と付け加える。そして、「多分、動物愛護の方が『何言ってんだ!』って言うかもしれないけど、例えば、歩いている赤ちゃんがもしこの猫に噛まれたらどうなりますか?」と例を出して説明した。

中田も「本当に猫が心配で(エサを)与えてるのではなくて、エサを与えるっていうコミュニケーションを味わいたいだけですからね、与えてる人は」と語り、エサやりする側の心理を推測していた。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の健康 家庭でチェック 岡山理科大学専門学校生らアドバイス

山陽新聞


岡山理科大学専門学校(岡山市北区半田町)は11月12、13日の2日間、倉敷市連島町西之浦のヘルスピア倉敷で、「家庭でできる犬の健康チェック」をテーマに初のイベントを開催した。動物の看護や犬のしつけ、トリミングなどを学ぶ生徒と教職員が、犬の体を診るポイントやケアの方法などを飼い主にアドバイスした。それぞれの内容を紹介する。

<体を診る>全身に触れ よく観察を

 動物看護学科の教職員や生徒は、犬の健康状態を診るために、体の部位ごとにチェックするポイントを説明した。

 目は、白目の色を見る。赤く充血していれば、眼球に傷があったり、かゆみがある可能性がある。黄色っぽくなっていれば(黄疸(おうだん))、目以外に不調があるかもしれない。黄色や緑色の目やにが出ていれば、細菌感染や炎症などが起きている恐れがある。

 耳は、赤みや腫れがないかをチェックする。垂れ耳の犬は特にトラブルが起きやすく、外耳炎などに注意する。さらに耳あかの色も健康状態を測る目安になる。黄、茶、黒色など、普段と異なる耳あかが出ていれば、細菌や真菌、寄生虫などの感染が疑われる。臭い場合は要注意だ。

 全身の皮膚を手で触れ、よく観察することも大切だ。いぼや腫瘍、乳腺のしこり、脱毛などが見つかることがある。通常と異なる症状があればかかりつけ医に相談しよう。

 口の中は、歯の表面の歯垢(こう)や歯石、歯茎を見る。歯石を放置していると、うみがたまり、頬に穴が開くこともある。歯茎の色が赤いと炎症、白い場合は貧血などが考えられ、歯茎を指で押して2秒以内に元の色に戻らないようなら、貧血の可能性があるという。歯磨きと同時にチェックするとよい。歯磨き習慣がない犬は、指にまいたガーゼで部分的にふくなど、少しずつ慣らそう。歯ブラシは人間用で代替せず、硬さや大きさが合う犬専用のものを使う方がよい。

 健康のバロメーターとして、平常時の体温や脈拍を把握しておくとよい。犬の体温は平均37.5〜38.9度で、肛門に体温計を入れて測る。脈拍は1分当たり70〜180拍で、後ろ足の付け根に手を当てて数える。

 いずれのチェックも、犬と遊ぶ時など、体に触れるタイミングで少しずつ行うとよい。「普段と体の状態が異なるなど、おかしいと感じる症状があれば、すぐにかかりつけ医に相談を」と呼び掛けている。

<体のケア>ブラッシングで清潔に

 トリミング学科の教職員と生徒は、犬の体を清潔に保つケア方法を指導した。

 犬の体を洗う時、ブラッシングしてからシャンプーをするのが正しい順番だ。柴犬やゴールデン・レトリーバーなど抜け毛が多い犬種は、いきなりシャンプーでは、抜け毛や毛のからまりが十分にとれない。

 ブラッシング前には、体全体をチェックする。毛に黒い粒が付着している場合、ノミやダニのふんである可能性がある。水でぬらしたコットンの上に粒を置き血がにじむようなら、ごみではなくふんなので、駆除や予防を動物病院に相談する。

 ブラッシングは、最初に金属製のピンがたくさんついたスリッカーを使い、毛のもつれや抜け毛を取り除く。力任せにひっかくように使う人が多いが、犬の皮膚が傷付く原因になる。卓球のラケットと同じ持ち方で、ごく軽い力でトントンとたたくように当て、毛を少しずつほぐしていく。その後、目の粗いコームで毛をとかす。

 トリミングサロンなどでは、シャンプー前に肛門腺絞りを行う。肛門の左右にある臭腺から出るくさい分泌液が、便とともに排出されず過剰にたまってしまうと、炎症の原因になる。肛門の左右を触り、ぷにっと膨らんでいたら、液がたまっているサインだ。ただ「トリミングを学ぶ生徒でも、こつをつかむまで時間がかかる」といい、「無理せず動物病院やトリマーに頼んで」と呼び掛ける。

 シャンプー前に全身をぬらす。水が苦手な犬はシャワーを使わず、水分をふくませたスポンジを使うのもお薦めだ。シャンプーの後は十分に洗い流すことが大切で、眉間など比較的毛の少ない部位を触り、ぬるぬるしていないか確認する。

 シャンプー後は耳の水分を拭き取りながら、耳掃除を行う。飼い主が綿棒などを耳の奥に入れると鼓膜を傷つける恐れがある。専用ローションをつけたガーゼを指に巻き、外から見える部分だけ拭き取る。定期的に行うことで、外耳炎などトラブルがないかチェックできる。

<マッサージ>体に刺激 筋肉も伸ばす

 ドッグトレーニング学科は、気軽にできる犬のマッサージやストレッチ運動を、参加した飼い主と一緒に実践した。

 マッサージを行う前に、まずは飼い犬が触れられて好きな部分、苦手な部分を確認する。一般的に足先や口など体の先端部分に触れられるのが苦手な犬が多い。同科教員は「少しずつ苦手な部位をなくしておくと、体のケアをしやすい」とアドバイスする。

 飼い主がいすに座った状態で、犬を足の間に座らせマッサージを開始する。鼻先から頭、体と順番にゆっくり手を動かし、体全体に刺激を与える。耳全体を軽くもむように触るのもよい。

 ストレッチでは、犬の体が動かないよう足で軽く挟んだ状態で、鼻先にフードを示す。フードを前、上、犬の肩付近、尻の付近へとゆっくり動かしてやると、犬がフードを追う動きをするので、首周辺や体側の筋肉をじわじわと伸ばすことにつながる。

 犬は高齢になるにつれ、後ろ足から弱ることが多い。「お座り」と「立て」を繰り返すことで、屈伸運動になる。足を締め付けない柔らかい布製ゴムなどを後ろ足にはめてやるだけでも、後ろ足を意識的に使うようになるという。

(2016年12月07日 10時54分 更新)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫の飼い主に聞く市販のペットフードに対する不満点

@DIME


今や子供の数よりも多いと言われている犬や猫などのペットたち。そんなペットの食事情について、インターネット調査会社のマイボイスコムが『ドッグフード・キャットフード』に関するインターネット調査を実施、結果を公表した。

■犬or猫 飼われているのはどっちが多い?

犬のみを飼っている人は9.8%、猫のみを飼っている人は6.4%、犬・猫の両方を飼っている人は1.4%。これらをあわせ、犬・猫のいずれかを飼っている人は17.6%となった。

■ドライタイプのペットフードをあげている人が約9割

食べさせているえさのタイプを聞いた。1位は「市販のペットフード:ドライ」88.7%。次いで「市販のペットフード:おやつ、スナック」が3割強、「市販のペットフード:ウエット(缶詰)」が2割強となった。「ウェット(缶詰)」「ウェット((レトルト、プラスチックカップなど))」等のウェットタイプは、猫を飼っている人で比率が高くなっている。

犬と猫の飼い主に聞く市販のペットフードに対する不満点

■犬・猫のペットフードにかける費用

犬・猫の市販のペットフードにかける費用は、1ヶ月あたり「1000円〜2000円未満」「2000円〜3000円未満」がボリュームゾーンで、これらを合わせると、市販のペットフード利用者の4割強になる。

■ペットフード購入時に重視する点は?

市販のペットフード購入時の重視点は、「価格」「対象年齢」「嗜好性」「原材料」「安全性」「原産国」が、市販のペットフード利用者の3〜4割で上位を占める。猫を飼っている人では、「価格」に次いで、「嗜好性」の比率が高くなっていた。

犬と猫の飼い主に聞く市販のペットフードに対する不満点

■ペットフードを選ぶときに何を参考にする?

市販のペットフード選定時に参考にする情報は、「商品パッケージの説明」「店頭の情報」「獣医師やブリーダーなど専門家の意見」が、市販のペットフード購入者の2〜3割で上位となった。特に「商品パッケージの説明」は、女性高年代層で比率が高くなっている。

■ここを改善してほしい! 市販のペットフードの不満点

・当たり前ですが、いいものは高いし、安いのは変なものが入っている。(男性28歳)
・種類が多すぎて実際どれが良いのか購入時迷う。(男性33歳)
・缶詰タイプのペットフードをもっと小さくしてほしい。(男性40歳)
・試供品がないので犬、猫の好みに合わないときがある。(女性29歳)
・小粒と書いてあるが、大きすぎるものがある。(女性46歳)
・国産の物は小分けだったり価格も手ごろでよいが、副産物が多くて使えない。(女性46歳)
・別容器で密封保存しなくていいようにチャックやジッパー付きの袋にして欲しい。(女性41歳)
・食べなくなると変えてみたり、なかなか定まらない。値段の差もありすぎで悩む。(女性66歳)

<<調査結果>>
<第2回>(2016/10)http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=21915
<第1回>(2013/2)http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=17517

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2016年10月01日〜10月05日
【回答者数】10,731名

文/編集部


posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬がお腹を見せてくれるのは嬉しいこと♪しかし中には仰向けが危険な犬種も…!

ネタりか


犬が仰向けになる意味

仰向け

ポジティブな気持ち

割と日常的に見かけるしぐさであるため、犬は何気なく仰向けのポーズをしているように思えますが、実は様々な意味を持っています。
どんな意味があるのでしょうか?

服従嬉しい気持ちや愛情の表現安心と信頼おねだり

などの意味があります。
「あなたがリーダーです」「大好きです」「信頼しています」「遊んで♪」などといったメッセージを飼い主さんに伝えたくて、犬は意図的に仰向けになっているのですね。
これらの愛犬からのメッセージを飼い主さんが読み取ってあげれば、愛犬と飼い主さんとの絆がさらに深まるのではないでしょうか。

ネガティブな気持ち

しかし、犬が仰向けになっていても特に意味を持たない場合もあります。

単なる癖背中がかゆい暑い眠い

などの時も犬は自然と仰向けになっています。
この場合は何の意図もなく、飼い主さんに何かメッセージを伝えようとしているわけではありません。

暑いと犬は仰向けになって被毛が薄いお腹を空間に露出して冷やし、体温を下げようとすることがあります。
また、激しい運動をした後や異常に神経を使った後、筋肉や神経の疲れを解くために仰向けになるとも言われています。

仰向けが危険な犬種

愛犬が仰向けのポーズで信頼や愛情のメッセージを伝えようとしてくれているのかと思うと、飼い主とさんしては嬉しい限りですね。
ですが、犬種によっては仰向けのポーズを長時間続けないほうが良いケースがあります。ご自身の愛犬が該当しないか、要チェックです!

軟骨異栄養性犬種

ダックス

ダックスフント、ウェルシュ・コーギー、キャバリア、ペキニーズ、シーズー、ビーグル、コッカ―・スパニエルなど生まれつき軟骨異栄養症の遺伝子を持っている「軟骨異栄養性犬種」と呼ばれる犬種は、腰に負担がかかりやすい骨格をしています。
そのため、体を反らせる仰向けのポーズを長時間続けると腰を痛めてしまい、椎間板ヘルニアを誘発することもあります。
椎間板ヘルニアとは脊椎の椎骨の間にある椎間板というクッションが飛び出して神経を圧迫し、激しい痛みや痺れを生じる病気です。特にダックスフントは、全犬種の中でも椎間板ヘルニアの発症率が群を抜いているので要注意です。

短頭種犬

パグ

パグ、フレンチ・ブルドッグ、シーズーなど鼻の短い短頭種犬は鼻腔が狭く、鼻腔から咽頭、喉頭など上部気道が詰まりやすいため、長時間仰向けでいると気管虚脱を誘発する可能性があります。

気管虚脱は肺への空気の出し入れを行う気管が押しつぶれてしまい、呼吸が上手くできない状態になる病気です。
愛犬が仰向けで寝ている時に「荒い呼吸をしている」「いつもと違ういびきをかいている」などの異常がある場合は、仰向けのポーズによって気管が狭くなり、息苦しさを感じているのかもしれません。念のため、かかりつけの動物病院で診てもらうと良いでしょう。

まとめ

仰向け2

元来警戒心の強い犬が急所であるお腹を見せてくれるということは、本当に安心をし、心を許している証拠。
特に意味を持たない場合もありますが、犬は仰向けになることで飼い主さんに信頼や愛情のメッセージを伝えようとしています。

とはいえ、中には仰向けのポーズが苦手な子もいます。
たとえ愛犬が仰向けのポーズをしなくても、飼い主さんは落ち込まずに愛犬を観察してみて下さい。犬は感情豊かな賢い動物ですから、仰向けのポーズ以外の様々なしぐさで、信頼や愛情のメッセージを飼い主さんに伝えようとしているはずです。

愛犬が仰向けでお腹を見せてスヤスヤ…いわゆる「へそ天」で寝る姿は愛おしく、いつまでも眺めていたくなってしまいます。
ですが、犬種によっては仰向けのポーズを長時間続けることで腰や気管に負担がかかり、椎間板ヘルニアや気管虚脱を誘発してしまうことも。愛犬が軟骨異栄養性犬種や短頭犬種である場合は、十分に気をつけてあげて下さい。

関連記事▼

愛犬が仰向けに寝るのは信頼されている証!?


posted by しっぽ@にゅうす at 07:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。