動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年12月26日

住民17人・猫80匹超の島、猫の避妊手術開始

読売新聞


志々島(香川県三豊市)で23日、住民らが協力して島にすむ猫への避妊手術を始めた。

 人と猫との共生を目指す取り組みで、県内では男木島(高松市)に続いて2例目。

 志々島の自治会によると、住民17人の島には80匹以上の野良猫が生息。ふん尿による悪臭や農作物が荒らされる被害に悩まされていた。

 同じ悩みを抱える男木島で6月、犬や猫の殺処分ゼロを掲げる公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)と住民が協力して猫への避妊手術が行われたことを志々島の人々が知り、同基金に依頼した。

 この日は、前日に島で捕獲した68匹のうち35匹に手術を実施。同基金に派遣された獣医師は猫に安定剤や麻酔を打ち、手術台に運んだ。その前後には、避妊手術をした証拠として、耳の先を桜の花びらのようにカットしていった。自治会の山地常安会長(64)は「これをきっかけに人と猫が仲良く暮らせる島になれば」と話した。

 残りの手術は24日に行い、健康状態を判断した上で再び放すという。同基金の佐上邦久理事長は「瀬戸内海のほかの島々でも繁殖してしまった猫で困っていると聞く。『被害イコール殺処分』という図式ではなく、共生していくという選択肢もあると知ってほしい」と話していた。

2016年12月24日 06時22分 Copyright c The Yomiuri Shimbun



posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫避妊手術 志々島でも

読売新聞


◇男木島に続き2例目


 志々島(三豊市)で23日、住民らが協力して島にすむ猫への避妊手術を始めた。人と猫との共生を目指す取り組みで、県内では男木島(高松市)に続いて2例目。

 志々島の自治会によると、住民17人の島には80匹以上の野良猫が生息。ふん尿による悪臭や農作物が荒らされる被害に悩まされていた。

 同じ悩みを抱える男木島で6月、犬や猫の殺処分ゼロを掲げる公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)と住民が協力して猫への避妊手術が行われたことを志々島の人々が知り、同基金に依頼した。

 この日は、前日に島で捕獲した68匹のうち35匹に手術を実施。同基金に派遣された獣医師は猫に安定剤や麻酔を打ち、手術台に運んだ。その前後には、避妊手術をした証拠として、耳の先を桜の花びらのようにカットしていった。自治会の山地常安会長(64)は「これをきっかけに人と猫が仲良く暮らせる島になれば」と話した。

 残りの手術は24日に行い、健康状態を判断した上で再び放すという。同基金の佐上邦久理事長は「瀬戸内海のほかの島々でも繁殖してしまった猫で困っていると聞く。『被害イコール殺処分』という図式ではなく、共生していくという選択肢もあると知ってほしい」と話していた。

2016年12月24日 Copyright c The Yomiuri Shimbun

posted by しっぽ@にゅうす at 07:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護ネコたちの猫カフェオープン 「ネコの正しい飼い方知って」 大津

産経新聞


気軽にネコとふれ合える猫カフェ「ねこのおうち」が今月、大津市馬場にオープンした。出迎えるのは、動物愛護団体などから引き取られたネコたち。経営者の平井都さん(34)は「カフェを通じて、ネコの正しい飼い方を広めていきたい」と話している。

 高校時代に動物病院でアルバイト経験があるほど動物好きの平井さん。インターネットサイトで育児放棄されて衰弱したネコを見かけたことをきっかけに、「不幸なネコを一匹でも減らしたい」と、昨年7匹のネコを引き取り、猫カフェを開くことにした。

 ネコたちは当初、人になれずに平井さんにかみつくこともあったが、平井さんが根気強く接することで、徐々に警戒心を解いていったという。今ではすっかり人なつっこくなり、客たちの差し出すネコジャラシにじゃれつく姿も。

広告

inRead invented by Teads

 24日に家族で訪れた近くの小学2年、西村音那さん(8)は「かわいいネコとたくさん触れあえて楽しかった。また来たい」と話した。

 カフェでは、ネコを飼いたい人と保護されたネコを仲介する活動もしており、平井さんは「たくさんのネコが今も命の危機にさらされている。ネコの正しい飼い方を広めていきたい」と話している。

 月曜定休。詳細は、ホームページ(https://www.neconeko.org/)。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平野亜矢子さん、小田原で野良猫・犬専門病院開業 神奈川

産経ニュース


■「不妊手術で救える命多い」

 野良猫や保護犬を専門に診療する「Swingどうぶつ病院」を4月、古里の小田原市に開院した。手掛けるのは主に、繁殖しすぎて殺処分される犬猫を減らすための不妊手術だ。この半年間、県内や静岡県からボランティアらが持ち込んだ600匹以上を手術し「想像以上のペース」と驚く。農林水産省や環境省によると、こうしたクリニックは全国でもまだ珍しい。

 整形外科医の父の影響で医学に興味を持ち、小学校で動物の飼育係をした経験から、卒業アルバムに将来の夢を「獣医師」とつづった。ただ動物福祉に関心があったわけではなく、大学時代は解剖学研究室に所属。当時は年間40匹の犬を使う解剖実習も「必要なことだと割り切っていた」。

広告

inRead invented by Teads

 獣医師になって2年目の平成20年、「自分がやりたいことは何か」と進むべき道に思い悩んだ。見聞を広めようと見学した犬猫の一時保護施設で、医療を十分に受けられずに殺処分される現実を目の当たりにし、強い衝撃を受けた。昨年、動物愛護団体が鹿児島・徳之島で行った猫の一斉不妊手術に参加し、手術を必要とする猫がどれほど多いかを実感した。「病気の治療よりも救える命は多い。特化した獣医師がもっといても良い」と開院を決めた。「社会的な理由で命を落とす動物を減らしたい」と目を輝かせて語る。

 同じ研究室出身で、上野動物園で獣医師として働く夫(35)、「わんわんのお医者さんになりたい」という長男(5)との3人暮らし。34歳。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。